にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

前原誠司「我われが目指す内政の基本的な考え方は【社会民主主義】だ」

前原誠司「我われが目指す内政の基本的な考え方は【社会民主主義】だ」

民主党代表選挙、前原さんがちょっと優勢のようですね。
今回は、前原さんに是非とも頑張って欲しいです。

応援したい理由は、
自民党の西田昌司先生がお薦めされている本に「日本財政 転換の指針」がありますが、
https://www.youtube.com/watch?v=ctj9dCBd8YA


この本を書かれている井出英策先生をブレーンとし迎えたのが、
民進党の前原誠司さんです。

詳しくは、↓
(拙ブログ:2017/01/14)
頑張れ民進・前原誠司さん!積極財政で自民・西田昌司さんと意見が一致
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5171.html


ということで、
新自由主義の代表的な政治家・前原誠司さんの変節を応援したといなぁと
思っていたのですが、井手英策先生のことは良く知らないままだったのですが、、

たまたま、井手英策先生のブログ(2017-08-06)を読みました。

「前原誠司は本当に変わったか?」から考える。
https://ameblo.jp/eisku-ide/entry-12299134875.html

このブログにこんなことが書かれています。

<<実際、対談のなかで、
前原さんは「我われが目指す内政の基本的な考え方は社会民主主義だ」と明言した。

正直言って、こっちが面食らったが、ともかく、こちらの政策が改憲よりも重要だと言っているわけだ。
たとえ自民党が改憲を打ち出してきても、僕たちは生活保障で立ち向かう、そういうことだ。

 これが「豹変」だったかと言われるとそれはちがうと思う。
少し踏み込むけれど、ご本人の著作に書いてあることだから、彼の生い立ちを見ておきたい。

 前原さんは若い時分にお父上が自ら命を絶たれ、大変な苦労をされている。
彼は困っている人へのとても温かい眼差しをもっている。

だけど、若いときに苦労をして成功を勝ち得た人は、
往々にして、弱者に厳しい面も持っている。

それは冷たさから来るのではない。
自分自身が歯を食いしばって頑張って成功を手にしたとき、
弱者が弱者でいることが「努力不足」「自己責任」に見えてしまうからだ。

 僕が前原さんと出会ったときも、その傾向の一端があった。

正確に言えば、弱者に救いの手を差し伸べることへのためらい、
リベラルの格差是正論への違和感があった。

だけど、僕と出会い、彼は「弱者救済」とはちがう、新しい言葉を得た。

 そう、「言葉を得た」という表現がとてもしっくりくる。

お金なんかで人間を区別しない、誰もが後ろめたさを感じることなく、
堂々と生きていける社会をめざす、そのための尊厳ある生活保障だ。

この思想に触れてからの前原さんは躊躇なく、
財源論という「政治のタブー」にあえて切り込み、
一貫して「社会民主主義」的な内政を主張し続けている。

「変わった」のではない。「出会った」ということだ。>>


僕なんかが思ってたより、前原さんはずっと真剣に考えておられるようですね。

「社会民主主義」って言葉を使うということは、
前原さんは、サンダースさんに意識されているのではないでしょうか?


◯アメリカが「社会民主主義」に変わる?!
バーニー・サンダース民主党大統領候補ってどんな人?
http://www.webdice.jp/dice/detail/5012/


拙ブログでもサンダース候補を応援していましたし、
日本版サンダースブームが起きて欲しいです。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5127.html

あと、原口さんも良いように変わっているのかも、、

原口議員「本当のリベラルで、新保守主義や新自由主義と戦う勢力が結集できれば」
https://abematimes.com/posts/2713481/


このブログのなかでも、新自由主義者として、
竹中平蔵さんの次くらいに、前原さんの批判を書いてきたので、
とても感慨深いです。

(拙ブログ参考)

2011/08/28
●前原さん「TPPは時間をかけずに結論を出すことが大事」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1030.html

2011/06/07
●「前原誠司さんは、インテリジェンスのセンスなし」(手嶋龍一)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-720.html

でも、いいところも以前からありました。

TPPも反対すべきことは反対しておられました。

拙ブログ:2011/12/17
●【前原誠司氏を断固支持!】
民主党政権時のTPP事前協議内容を暴露
「あまりに日本に不公平だったので妥協しなかった」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3430.html

また、外務大臣時代は、外国人献金問題で、
潔く辞任されたのも良かったと思います。


拙ブログ:2011/03/11
●前原さんに感謝したいこと
(外国人から献金をもらったら辞任すること)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-287.html


なので、民進党代表に前原さんがなった場合は、
ご自身の著書で書かれている

・「八ツ場ダム」の反省
・トランプ、サンダースが出てきた真の理由

ということを
自分たちも間違ってきたことを真摯に国民に説明したうえで、
アベノミクスを批判すれば、
(ブーメラン・ブーメランとネトウヨに批判されずに)

外交・安全保障のリアリストかつ「社会民主主義者」として、
人気がでるかも知れません。

そうなれば、自民党の政調会長に就任した岸田さんが考える政策にも、
良い影響を与えてくれるのではないかと期待もしています。

あの稲田さんは、政調会長時代は、完全に財務省に取り込まれましたから、
そんなことにならないように(笑)

(拙ブログ:2015/06/24)
●西田昌司「稲田朋美さんにずいぶん進言してきましたが、
財政削減の修正は、ないでようね。」(諦め顔)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4952.html

私が、
総理に絶対してはいけないと思っていた前原さん、
逆に総理になって欲しいと思っていた稲田さん

この変化が面白いですね。

やっぱり、野党も【京都】の前原さんに頑張ってもらいましょう。

民進党・前原さん、頑張ってください!!!



  1. 2017/08/13(日) 18:16:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「次は岸田内閣」内閣

ほんと、パーッっとしないばかりか、
河野太郎さん、野田聖子さんの入閣で、
保守層の支持もかなり失ったのではないでしょうか、、、

例えば、遠藤健太郎先生もボロクソに評価されています。

◯【悲報】安倍内閣史上最低
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4917/

<<安倍首相に対する国民的不信は、いよいよ増すばかりであり、
曲がりなりにもあった「らしさ」を捨てて衆愚に迎合し始める内閣に、
もうあとはないかもしれません。

 岸田文雄外相を政調会長に据える人事は、
安倍首相自身が「次は(文句しかいわない)石破茂ではなく(宏池会だけど)岸田だよ」
と示したようなもので、本当に安倍内閣の終わりが見え始めたことを、
私たちも覚悟しなければならないのです。>>


拙ブログの予想は、やはりほとんどハズレでしたね。。。

◯8月の内閣改造予想
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5208.html

予想で少し当たったのは、
伊吹文明さんの入閣や要職起用がといいと思ったんのですが、
伊吹さんが安倍さんからの要請を辞退されましたね。。

もし、
・岸田官房長官
・伊吹文明文部大臣
・城内実外務大臣

くらいが実現していれば、
世間も保守層も、まずます期待してくれたんじゃないかと思いますが、、、
(せめて、菅官房長官だけは外せば・・・)

逆に、岸田さんを政調会長にしたということで、
次は、石破さんでなく、岸田さんが総理というコンセンサスが
できつつあるので、安倍さんは近い将来きれいに身を引くつもりなのかとも
感じる内閣改造でした。

とはいえ、外交・安全保障では安倍総理に頑張って頂くのが一番だと思いますし、

参考:ダイヤモンド・オンライン 2017.8.2
◯安倍総理続投が日本の国益、辞めれば習近平が大喜びする理由
北野幸伯:国際関係アナリスト
http://diamond.jp/articles/-/137190


財務省の息の掛かった、石破さん、野田聖子さんが
総理になるよりは、安倍総理に続けてもらうのが断然良いと思います。

●【森永卓郎】財務省派に倒閣されるくらいなら、安倍一強の方がマシ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5204.html


評判の悪い河野太郎大臣ですが、
どうせ外交は、外務大臣でなく、安倍総理がされるので、
それ程悪影響はないかと思います。

西田昌司さんとの対談では、まぁまぁ普通の人でしたし(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=W6UX4m5_ZBk


野田聖子さんにしても、
郵政民営化反対で活躍された方なので、
そういう良いところがありますし、
「橋下総務大臣」とかが誕生するよりは、
ずっとマシだということで、、

髙橋 洋一先生も、野田聖子さんを入閣させたのは、
安倍さんの思惑どおりではないかと解説されています。

◯内閣改造で「安倍首相の次」の条件が見えてきた
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52521


安倍総理も、西田昌司先生の提言は真剣に聞いてくれている
ようですし、やっぱり、現状では安倍総理が一番だと思います。

【西田昌司】『真アベノミクスを求める要望書』で提言した内容[桜H29/8/1]
https://www.youtube.com/watch?v=FqrwaZeX2Sw


ということで、
安倍総理、これからも頑張ってください!!


しかし、気は早いですが、近くあるかも知れない、
「岸田内閣」も予想してみます。(笑)

以前から、拙ブログで「岸田総理」推しでしたが、
(野田聖子総理誕生を阻止するため)

(拙ブログ参考:2017/03/03)
●次の総理は、岸田文雄外相でどうでしょうか?(すべては中国対策のため)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5185.html

ただ問題は、岸田さんが、財務省寄りなのかよくわかりませんが、

こちらの記事によると、

◯岸田氏 高まる存在感 「ポスト安倍」へ足場 (毎日新聞2017年8月3日)
https://mainichi.jp/articles/20170803/k00/00m/010/126000c

<<岸田氏は最近の講演で、首相が意欲を示す憲法改正について
「今は9条の改正は考えない」と急がない立場を表明した。

アベノミクスに対しても
「今の経済政策における格差といった負の側面に適切に対応することが重要だ」
と語るなど、独自色を鮮明にし始めている。>>


格差に着目しているのは、良いと思います。

そして政調会長として、二階幹事長と連携されると思いますが、
二階さんは財政出動派ですし、

自民党の当選2回の衆院議員でつくる「日本の未来を考える勉強会」が
『消費増税の凍結を提言』したのに対して、
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS02H4P_S7A800C1PP8000/

二階さんは、
二階氏は「こういう提言を積極的にしてほしい」と応じたそうです。

ウォール・ストリート・ジャーナルが中原元日銀委員の
こんなインタービュー記事を配信しています。


日本、100兆円のインフラ投資で物価押し上げを=中原元日銀委員
http://jp.wsj.com/articles/SB11630407895137984137804583295153916102068


元日銀委員が財政政策を提言してくれています。


まったく期待はしていませんが、
民進党の代表になるかも知れない前原さんも過去を反省していますし、

(拙ブログ:2017/01/14)
●頑張れ民進・前原誠司さん!積極財政で自民・西田昌司さんと意見が一致
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5171.html


一応、新自由主義と戦う気配も出てきましたし、、

原口議員「本当のリベラルで、新保守主義や新自由主義と戦う勢力が結集できれば」
https://abematimes.com/posts/2713481/


世の中、「反・財務省」、「反・新自由主義」
そんな流れなんですね。

(民進党には期待してませんが・・・)


ということで、
岸田内閣はこんな布陣でどうでしょうか?

外交・安全保障での安定性は維持しつつ、
プライマリーバランスを破棄して、財政出動するための内閣です。

総理大臣      安倍晋三 => 岸田文雄
官房長官      菅義偉  => 林芳正 (岸田派)
財務大臣兼副総理  麻生太郎 => 谷垣禎一
外務大臣      河野太郎 => 城内実
防衛大臣      小野寺五典  留任(岸田派)
文部大臣      林芳正   => 伊吹文明(岸田派)
経済再生担当    茂木敏充 => 二階俊博
総務大臣      野田聖子 => 二之湯智

【自民党】
幹事長       二階俊博 => 麻生太郎
政調会長      岸田文雄 => 西田昌司

麻生さんは完全に外すと面倒そうなので、
幹事長にしてみました。(笑)

参議院議員の西田昌司さんが政調会長にはならないと思いますが、
それくらいのポジションに起用してもらいたいです。

あとは、私の住む京都が選挙区の国会議員と
妻の実家の選挙区の城内実さんを依怙贔屓しています。(笑)

(参考)
「西田昌司×林芳正政策対談」vol.1「過った消費増税のタイミング」
https://www.youtube.com/watch?v=s5F2oeyHJog

(拙ブログ:2013/01/13)
●「西田昌司×城内実 外交対談」【靖国参拝、憲法改正は当面、見送るべき】
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-kiuchi.html

「インフラ整備はスピードが命」西田昌司×二之湯智 地方創生対談 VOL.3
https://www.youtube.com/watch?v=P1xo8VVAUOQ


岸田さん、安倍さんに続く総理の準備を頑張ってください!!!

  1. 2017/08/07(月) 13:18:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月の内閣改造予想

毎度当たらないですが、内閣改造の顔ぶれ予想です!
(予想というか、願望ですが。。。)

正直、この支持率低下は、安倍総理自身の責任だと思いますし、
特に、女性の支持率が下がっていますので、
「安倍総理の顔も見たくない!」って人が増えているのだと思います。

私自身も、ちょっと生理的に嫌いになってきました。

加計学園の問題は、興味もないので、調べてもないのでが、

森友学園の問題については、
支持者を裏切ったという意味でも、
私も相当、根に持っています。

(拙ブログ参考:2017/02/26)
●森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5183.html


ここまでくると、
噂されている小手先の内閣改造をしても、ほとんど支持率は上がらないと思いますし、
近いうちに、安倍内閣も終わりだなぁ。。。

とは言え、

他にポスト安倍で良さそうな人はいないですし、
外交・安全保障では素晴らしい成果を出されていると思いますので、
やっぱり、当面は安倍総理には頑張ってもらいたいです。


●【森永卓郎】財務省派に倒閣されるくらいなら、安倍一強の方がマシ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5204.html



ロシア政治経済ジャーナルの北野さんは、
東京都議選の結果について、こんな風に書かれています。

2017年07月04日
【RPE】★ロシアから東京都議会選挙を見ると
http://archives.mag2.com/0000012950/20170704063904000.html


<<日本国民は、安倍総理に、


「景気をどんどんよくしていってほしい」

「日本を、北朝鮮や中国から守ってほしい」


などと考えているでしょう。

ところが総理は、

「憲法改正をして歴史に名を残す」

とか、

「北方領土返還を実現して、歴史に名を残す」

とか、考えているかもしれません。

もちろん、「憲法改正」も「北方領土返還」もいいのですが、


「国民が【今】それを切望しているか?」


と聞かれれば、そうでもないでしょう。

一方、小池都知事は、都民の声に耳を傾けました。

それで勝ったのです。


安倍総理に今必要なのは、「自分がやりたいことをやる」と

いう「エゴ」をおさせて、「国民は何を望んでいるのかな?」

と問うことなのです。>>


是非、安倍総理に参考にして欲しいです。


で、最近はちょっと期待できる動きがあります。


例えば、噂が先に出過ぎた橋下徹さん、小泉進次郎さんが入閣しても
既にサプライズ感がなく、
むしろ、国民をバカにしている感があって、支持率アップにならないだろうと、
いう雰囲気になってきました。

週刊女性2017年8月1日号
◯<安倍政権>支持率ガタ落ちの末期症状
「小泉進次郎を入閣させても止まらない
http://www.jprime.jp/articles/-/10183


おそらく、この状態では、
橋下さん、小泉進次郎さんも入閣しないと思います。

新自由主義的政策が進まないためにも、
これはとても良いことだと思います。


そして、昨日のニュースで、
安倍総理は、岸田外務大臣、公明党の山口代表と内閣改造に向けて
会談したようです。

◯安倍首相、公明側に入閣希望求める 改造めぐり党首会談
http://www.asahi.com/articles/ASK7P3SDBK7PUTFK00B.html


◯安倍晋三首相と岸田文雄外相が会談 内閣改造・党役員人事で意見交換か
http://www.sankei.com/politics/news/170720/plt1707200042-n1.html


これも良いことだと思います。

これまで、
麻生さん、菅さん、甘利さんを重用してきて、
それで成功してきましたが、

今、世間は、この人達の傲慢な態度も嫌いになっているのだと思います。

なので、この骨格を変えずに、
稲田さんや金田さんを外したところで、何も支持率アップはならないと思います。


もう一つ良いところ、
「憲法改正」を一旦引っ込めるのではないかと。

昨日の二階さんの発言です。

改憲案提出「首相は慎重におやりになる」 自民・二階氏
http://www.asahi.com/articles/ASK7P7VHTK7PUTFK04J.html


<< 二階氏は「憲法改正は政府の方針がどうあれ、国民がどう考えるかが大事なポイント。
慎重の上にも慎重でなくてはならない」と強調した。>>



ということで、
私の内閣改造案です。

記者会見では、
「憲法改正」は慎重に出直すことを宣言したうえで、

「消費税増税の失敗」を認め、
未だ半ばのデフレの完全脱却を目指すために、
プライマリーバランス目標を凍結し、
3年間の積極的な財政出動を約束する。」


国民所得を80万円増やす経済政策を実行する
【アベノミクス2.0内閣】

とやるのはどうでしょうか?


ようはですね、藤井聡先生の著書で、
安倍総理が帯にコメントを書かれている

◯国民所得を80万円増やす経済政策
──アベノミクスに対する5つの提案
https://www.amazon.co.jp/dp/4794968248


これまた帯で安倍総理の国会答弁を引用されている

◯プライマリー・バランス亡国論
https://www.amazon.co.jp/dp/4594077323/



これをそのままやります!宣言 をしてもらう。



内閣はこんな布陣でどうでしょうか?

====================
安倍総理大臣

官房長官      菅義偉  => 岸田文雄

財務大臣兼副総理  麻生太郎 => 谷垣禎一

外務大臣      岸田文雄 => 城内実

防衛大臣      稲田朋美 => 石破茂

経済再生担当    石原伸晃 => 平沼赳夫

国土強靭化担当大臣 松本純  => 二階俊博

地方創生規制改革  山本幸三 => 西田昌司

拉致問題担当大臣  加藤勝信 => 中山恭子(日本のこころ) 

国土交通大臣    石井啓一 => 太田昭宏(公明党)

厚生労働大臣    塩崎恭久 => 公明党2枠目:女性
                 (子育て・介護支援担当大臣)

【自民党】

幹事長       二階俊博 => 伊吹文明

====================

理想というより、これでも現実的にできるのではないかという
観点で考えました。

ポイントは、菅さん、麻生さんは支持率低下の原因にもなっているので、
完全に降りてもらう。

かわりに、ソフト路線の岸田さん、谷垣さんに
これに反対できる人はいないような気がします。


二階幹事長も、イメージが悪いので外したいですが、
とは言え、幹事長を単に外すと面倒そうなので、
土木利権が得意そうなので、「国土強靭化担当大臣」で
がっつり公共事業を進めてもらう。

「二階ペーパー」に深く関与されているのは、
藤井聡先生ですし、「国土強靭化」での二階さんはかなり期待できると思います。

参考:2015-07-09 二階ペーパーが日本を救うか?
http://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20150709

そして、二階幹事長の代わりには、
伊吹文明さんを幹事長に。

伊吹さんも財務大臣経験でありながら、
財政出動を理解されています。

(拙ブログ参考:2013/03/25)
●高橋是清ファンの伊吹衆院議長
「景気が持ち直したような雰囲気だが、アベノミクス、期待の域を出ていない」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3496.html

谷垣さんの財務大臣が体調的に無理であれば、
伊吹さんが財務大臣、
谷垣さんが法務大臣(副大臣)とかでもいいと思います。

あまりにも、反・財務省的な人を大臣にするのは難しいと思うので、
財務大臣の経験者がいいかと思います。


あと、公明党は2枠に増える噂があるので、
厚生労働大臣を新自由主義者でない人にしたいので、
公明党に渡す。
子育て・介護支援担当大臣とかを兼務して、女性にすれば、
公明党も喜ぶのではないかと。


あとは、
お友達内閣と言われないように、重鎮や反安倍的な人を入れておく。
(石破さんとか)


そして、できるだけ西田昌司先生、藤井聡先生とのパイプがある人で、
積極的な財政政策ができる人で固める。

郵政民営化に反対した人(平沼さん、城内さん)を大臣にして、
新自由主義との距離感を明確にする。

==
(参考)
◯西田昌司×平沼赳夫 保守対談
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-hiranuma.html

◯西田昌司×城内実 外交対談
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-kiuchi.html

◯西田昌司×石場茂ふるさと創生対談
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-ishiba.html

◯「西田昌司×谷垣禎一 自民対談」
http://www.shukannishida.jp/nishidavision-tanigaki.html

◯司会:中山恭子 
【日いづる国より】藤井聡、安全保障をも覆す経済政策のデマ
https://freshlive.tv/channelsakura/130881

◯藤井聡×太田昭宏「太田国土交通大臣に聞く築土構木:前編・土木への思い」
https://www.youtube.com/watch?v=2q_eaA0Xue8

==


そして、この内閣で大型補正予算を成立させて、
景気上昇の雰囲気が出てきたところで、

安倍さんの縁起がいい12月解散総選挙をやって、
「消費税5%に戻します!総選挙」とする。

安倍さんが嫌いになった女性も、
「今回は、安倍さんで!!」という雰囲気にできると思います。

これで、共産党に流れていた票も自民党に戻ってくるでしょう。

あとは、安倍総理が5年前の2012年の自民党総裁選挙で、
訴えていたことを、再びアピールしてくれるだけでいいと思います。

(拙ブログ参考:2012/09/21)
●「新幹線や東名高速道路、無駄な投資だったんですか?
あれで日本は成長したんですよ!」(安倍晋三)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2924.html

(拙ブログ参考:2012/09/20)
●安倍さんは6月の時点で
「現在のデフレ状況が続けば、消費税は上げない」を明言
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2920.html

5年前の総裁選挙で約束した
「現在のデフレ状況が続けば、消費税は上げない」

この約束を破って、消費税を8%に上げたのは安倍総理です。

だから、消費税を5%に戻す責任があると思います。


安倍総理、5年前を思い出して、頑張ってください!!!



  1. 2017/07/22(土) 20:14:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【訃報】「黒部の太陽」故石原裕次郎さんが演じた主人公モデル 笹島信義氏が死去

7月3日のニュースですが、とても残念でした。

○笹島信義氏が死去 「黒部の太陽」主人公モデル
https://this.kiji.is/254575091739215357?c=92619697908483575

心よりご冥福をお祈りいたします。


映画「黒部の太陽」は、
藤井聡先生が絶賛しておられて、
私も、全国公開されたときに、観に行ってきました。

(拙ブログ 2012/08/06)
●【感動】裕次郎の映画「黒部の太陽」を観てきました
 ダム建設は日本の誇りです!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2730.html

めちゃくちゃ感動しました。
もう5年前なんですね。。。

私は45歳なのですが、
石原裕次郎の凄さ、というのを全然知らなかったのですが、
この映画を観て、何故、国民的スターなのか理解できました。


これから、
国土強靭化やリニア新幹線、全国の整備新幹線など事業を
どんどんやって欲しいのですが、

その土木工事に対する国民の意識を変えるうえでも、
是非、テレビでも放送して欲しいです。

次の衆議院選挙では、
これをキャッチフレーズに戦う政党が出てほしいですね。

●【日本を土建化せんといかん! by 中野剛志先生】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2705.html

  1. 2017/07/14(金) 21:42:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じぇじぇ、のん、24歳の誕生に岩手県知事と一夜限りの“バンド”を結成

ちょっと嬉しいニュースでした。


○のん、岩手県知事と一夜限りの“バンド” 夏野菜ドレスで魅了
https://mainichi.jp/articles/20170713/orc/00m/200/059000c

<< 女優・のん(24)が13日、都内で行われたイベント
『岩手(ロック)な夏野菜スペシャルディナー』に出席。
岩手県内の若手生産者がこの日のために結成した
ロックバンド・いわて夏野菜ストーンズに参加し、
会場を盛り上げた。

 のんにとって岩手県は、
主演のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の舞台になったゆかり深い地。


岩手県産の安全で安心な農畜産物をPRする「純情産地いわて宣伝本部長」を務めている。

 夏野菜を散りばめたドレス姿で登場したのんは、
達増拓也岩手県知事と共にバンドに参加。タンバリンを鳴らしながら、
オリジナル曲「真夏の恋はベジタブル!」
「ヤバいぜ!岩手の夏野菜」の2曲を楽しそうに口ずさんだ。 >>


岩手県知事の達増拓也さんは、約束どおり、
能年玲奈改め「のん」さんの支援をしっかりされていますね。


東スポ 2016年08月09日

○達増岩手県知事が能年玲奈改め“のん”の
バックアップを再度約束「恩返しができれば」
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/577854/



私もあまちゃんファンだったので、
のんさんには、頑張ってもらいたいです。


(拙ブログ:2016/12/07)
●じぇじぇ、能年玲奈改め「のん」の復帰作のアニメ映画が大ヒット!
を報道しないテレビ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5167.html



達増知事の岩手県が提唱する【アマノミクス】は、
拙ブログでも、度々紹介しております。


(拙ブログ:2014/09/08)
●【アマノミクス効果は継続!】
三陸鉄道が大幅黒字に 「あまちゃん」効果続く
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4497.html


(拙ブログ:2014/03/13)
●じぇじぇ! 岩手は【アマノミクス】という政策理念を提唱、
もちろんTPPには反対です。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4199.html



達増知事は、佐藤健志さんとの交流が深いようで、
本日も、佐藤さんのこちらのブログを紹介されていました。


○炎上政治はどこに行くか、または安倍内閣の支持率急落
http://kenjisato1966.com/%E7%82%8E%E4%B8%8A%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%81%8B/


このブログ記事も面白いので、是非どうぞ


安倍内閣の支持率急落の

「短期要因」は、

森友・加計学園問題、度重なる失言やスキャンダル


「長期的なトレンド要因」は、

緊縮財政志向+消費増税によるデフレ脱却の失敗



じゃ、安倍内閣がこれから、方向転換して、
積極財政によるデフレ脱却という方向に行く可能性があるかというと、、、


人々を味方と敵に峻別し、
敵を攻撃することで自分の正しさをアピールする
【炎上政治】をやっている限りは無理でしょう。。とのこと。


私もそう思います。


達増知事のような方々が、国会議員にも増えてほしいですね。。


新たな国政政党として、

反・東京一極集中、そして地方再生を旗印に、

「都民セカンド」って政党名はどうでしょうか?


炎上する政党名ですね(笑)


達増知事、頑張ってください!!




  1. 2017/07/14(金) 21:40:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ