にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

トランプはまだ信じるな!『一つの中国』を認めた背景は?


日米首脳会談は大成功でしたね。

ゴルフ外交の成果は、髙橋 洋一先生の解説がわかりやすいと思います。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50965


その成功の様子は、
「正義のミカタ」でも解説されていました。

安倍総理にとても近い
元TBSの山口敬之さんが解説されていましたが、

この番組が始まる1時間程前に、
安倍総理は、フロリダ現地から、山口さんに電話も掛けてくれたそうです。

ほんまかいなぁ&それは言ったらあかんのと違う(?笑)的な
トランプさん、安倍さんの親密さを物語る話をされていまいた。

でも、番組が始める前に安倍さんが電話したということは、
この番組でリークされることを想定しているのでしょうね。


こちらで見れます。番組冒頭の4分くらい〜です。
https://www.youtube.com/watch?v=6ymC0nt_Uoo


こんな話がありました、

・記者会見で厳しい顔で出たのは、トランプさんと打ち合わせをしてわざと。

・エアフォースワンのコックピット連れてもらい、
  離陸の時は、トランプさんと並んでいた。(12分頃)


そして、ほんこんさんからは、するどい質問が、

・これは、中国への抑止力になるんじゃないですか? (13分20秒あたり)

・二人のツーショットの写真は、軍事費に換算するといくらか?(31分50秒あたり)
https://www.youtube.com/watch?v=6ymC0nt_Uoo&t=31m50s


お笑い芸人さんとは思えない素晴らしい質問ですね。(笑)


ちなみに、「ロシア政治経済ジャーナル」の北野幸伯先生は、

共同声明の中身は、「何兆円もの価値」がある!と解説されています。

こちらのダイヤモンドオンラインの記事をどうぞ

◯安倍・トランプ会談大成功の理由を安保・経済・戦略から読み解く
http://diamond.jp/articles/-/117755


基本的には、大成功でしたが、同時に、

<<トランプは安倍総理との会談の前日、
習近平との電話会談で「『一つの中国』の原則を尊重する」と明言、中国政府を歓喜させた。>>

ということで、
【安倍総理の「成功」は、油断すればすぐに水の泡に】
ということにも触れておられます。

北野先生は、こんな記事も書かれています。

◯騙されるな日本。いつから米国は「信用できる国」になったのか
http://www.mag2.com/p/news/239070


◯日本は利用される。突然「一つの中国」を認めたトランプの思惑
http://www.mag2.com/p/news/239190


大成功した日米首脳会談のあとだけに、
是非、日本政府の方に読んで頂きたいです。



さて、気になる『一つの中国』の原則を尊重する」と明言した理由ですが、、

遠藤健太郎先生は、2月11日のブログで、
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4596/


<<中共共産党がトランプ大統領に繋がる人脈と聞いて辿っては失敗を繰り返してきた中、
ついに繋がったようで、
日米首脳会談前にトランプ大統領が習近平国家主席にようやく電話をかけました。


 二人を繋いだのは、案外昨年十一月十八日記事
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4495/
で申したような事情のあるイヴァンカ・トランプさんかもしれません。

春節の挨拶を無視したトランプ大統領を尻目に、
中共人民に向けて祝意を伝えたのもイヴァンカさんでした。

 彼女が安倍首相を高く評価したらしいからとのぼせ上っている場合ではありません。>>


拙ブログでも紹介しましたが、イヴァンカさんには、中国共産党のスパイが近づいているかも
しれません。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5162.html


「勝って兜の緒を締めよ」ですね。

安倍総理、油断せずにお願いします。


そして、私自身も、トランプさんを信用していません。
そもろも、やり方が橋下徹さんと似てますよね。

基本的に嫌いです。(笑)

反グローバリズム、対中国の意味で、
トランプさんに頑張って欲しいです。



あと、拙ブログで批判しています、カジノ法案ですが、

●「安倍-橋下接近」カジノ法案を急ぐ理由は?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5168.html


これも、大統領就任前のトランプー安倍会談後に出てきたので、
トランプさんの影を感じます。

大前研一さんが指摘されています。
http://www.news-postseven.com/archives/20170122_484812.html

<<これまでは国会に提出されるたびに廃案や継続審議になって3年も“店晒し”にされてきた
同法案が突然昨年11月30日に審議入りし、
極めて短い審議時間で可決・成立したのは、実に不自然だった。

その疑問を解くカギは、
11月18日の安倍晋三首相とドナルド・トランプ次期米大統領の会談にある。

 大統領選挙でトランプ氏に大口の選挙資金を提供した
献金者の1人にシェルドン・アデルソン氏という人物がいる。

ラスベガス・サンズ会長で、
トランプ氏と同じカジノ・不動産開発を手がける世界有数の資産家だ。

ユダヤ・ロビーの大物としても知られ、
トランプ氏の“インナーサークル”の人物である。 

(中略)

そういう背景を踏まえると、
安倍首相がニューヨークのトランプタワーを訪れた際に
トランプ氏だけでなくユダヤ教徒の長女イヴァンカ氏と
その夫ジャレッド・クシュナー氏が同席していた理由は想像がつく。

すでに内外のメディアでも報じられているように、
おそらく「ファミリー・ビジネス」のミーティングを行なっていたのだろう。

その只中に通訳だけ連れて飛び込んでいった安倍首相は何を言われたか?>>


この大前さんの推測も眉唾な感じだと思いますが、

トランプ会談後の「カジノ法案」の動きは本当に異常だと思います。


これは、私の妄想ですが、
こんな取引の可能性もないでしょうか?


トランプさんからすると、安倍さんから大きな譲歩を得るために、
安倍さんを喜ばせるためには、何をさせてあげれば良いかを考えた。


それは、
「憲法改正」と「靖国神社参拝」


これをやれば、安倍さんの支持層は、めちゃ喜ぶ。


年内にトランプさんも訪日するでしょうし、
一緒に「靖国神社参拝」するストーリを持っているのではないでしょうか?


そりゃ、保守層は盛り上がるでしょうね。


今回の安倍さんの訪米で、アーリントン国立墓地で献花されています。
http://www.sankei.com/politics/news/170211/plt1702110011-n1.html


さらに、憲法改正ですね。

例えば、トランプさんが「日本は憲法を改正すべきだ!」って
いい出しても、なんら不思議ではない雰囲気ですよね。

トランプさんが「憲法改正」を後押しすることを後ろ盾に、

「憲法改正」と「カジノ法案」に反対する公明党を切り、

「憲法改正」と「カジノ法案」を推進する「維新の会」と連立を組む。


そして、その兆候があります。

青山繁晴さんが解説されています。(1/23放送 「真相深入り!虎ノ門ニュース」)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid2006.html#sequel

施政方針演説で、総理は今回、本当はすごく踏み込んだ演説をされた。

<<ところが総理は、「日本のこころ」の方には事実上何も触れず、野党の「維新」を持ち上げた。
 施政方針演説で、教育の完全な無償化をやるべきだと、いわば突然おっしゃった。

 僕は党側の議員だが、話はなかった。

 知らないところであったのかもしれないが。
 でもはっきり言って、僕は総理と距離近いと思うけど、そういう話はなかった。


 教育の完全な無償化は「維新」の主張。


 野党の主張をそのまま盛り込んだ。
 だから重大な施政方針演説。

 「維新」と連携を強めるということ。

 今秋におそらく解散総選挙になる。
 早ければ11月解散12月選挙。


 その時に「維新」ともっと手を組むという意味。 >>

(関連ニュース 2017年1月25日 )
教育無償化での憲法改正 安倍首相が前向き
http://www.news24.jp/articles/2017/01/25/04352423.html



「憲法改正」と「靖国神社参拝」で、
安倍さんの支持層が喜んでいる時に、


「教育無償化での憲法改正」という訳のわからない憲法改正が実現し、

そして、アメリカ企業と日本の利権を握る人が儲かる
カジノが推進される。。。



なんてことになるのでは?


そういう訳で、
私は、トランプさんも、安倍さんも全く信用はしていません。

でも、対中国の安全保障のためには、
本当に感謝しています。

そのあたりを冷静に見ていきましょう!!


スポンサーサイト
  1. 2017/02/14(火) 22:35:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トランプの『一つの中国』容認より心配なのは、「中国人労働者に1年で永住権」を与える安倍政権 | ホーム | 「建国記念の日」、雪の金閣寺に行ってきました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5178-a5a164e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)