にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

「安倍-橋下接近」カジノ法案を急ぐ理由は?

また、本当に嫌なニュースが流れていますね。。

○橋下徹前大阪市長、24日に安倍晋三首相と会談へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00343949.html

すると、すぐさま、橋下さんは、安倍さんを応援するツイートを!

○蓮舫氏「息をするようにウソ…」に、橋下徹氏がツイッターで批判 
「蓮舫さんなんか二重国籍問題ではバリバリの嘘つきだ」
http://www.sankei.com/politics/news/161208/plt1612080012-n1.html

なんと、露骨な、、、

憲法改正に協力するから、
カジノを進めてね。ということなんでしょうかね。。

というか、そんな爽やかなバーターでなく、(笑)

元々、新自由主義政策を進めるために、
保守層にウケる、「憲法改正」を抱き合わせでやっているのでしょうか。

安倍さんがどうなのかは、良くわかりませんが、
少なくとも、菅官房長官-橋下ラインは、そうなんだと思います。

(拙ブログ:2014/02/04()
●菅官房長官「橋下氏の執念だ」と理解。
菅さんが推す人は、ヘイゾウ、堺屋、ワタミ、そして舛添さん?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4130.html



このいわゆる「カジノ法案」の早期採決のやり方は、本当に異常ですよね。

公明党も慎重なのに、

○カジノ解禁で異例の分裂“下駄の雪”公明党の屈辱
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6868


自民党議員でも反対の人が多いのに、
とにかく、急いでいます。

自民・山本一太議員
「(法案では)マネーロンダリングを遮断することはできないと思いますし、
十分な審議もせずに成立させることは自民党にとっても大事な安倍政権にとってもマイナスだと思います」
http://www.news24.jp/articles/2016/12/07/04348458.html


自民でカジノ法案に強硬に反対していたのは、
西田昌司先生です。

西田先生は、「マネーロンダリング」の問題を指摘されています。

「カジノ法案の問題点」西田ビジョン特別編
https://www.youtube.com/watch?v=_W7lgJnH51U


マネロン対策を法案に盛りこまなければ、
「私は当然、反対ボタンを押さざるえない」とまで、語っておられます。
https://www.youtube.com/watch?v=_W7lgJnH51U&t=10m10s


除名覚悟でしょうか、、、


軽々しく言える言葉ではないと思います。

カジノに関する懸念は、
他にも色々な方面で語られています。

ギャンブル依存症の話しは、
よく話題になるのでいいのですが、、、

そもそも、カジノが得意なアメリカ企業を儲けさせるものではないかと、、

こちら↓
○カジノ合法化「早く」 露骨な介入の意見書/在日米国商工会議所が発表
http://news.livedoor.com/article/detail/9599918/

「カジノ大手の米サンズ
「日本に100億ドル規模を投資する計画に変化ない」」
(『産経ニュース』2016年4月5日配信)
http://www.sankei.com/economy/news/160404/ecn1604040044-n1.html


「「日本版カジノにぜひ」IR法案の行方にらみ
米カジノ王、日本進出に熱い視線」(『産経WEST』2016年10月22日配信)
http://www.sankei.com/west/news/161020/wst1610200038-n1.html


海外のカジノ企業にしぼり取られる・・・

TPPがダメだったので、せめてカジノでアメリカに貢ぎたいのでしょうか、、、


稲村公望先生の懸念は、
カジノと売春が裏表、何でもカネという人身売買が行われている。

○『日本にカジノはいらない』~知らされていない恐ろしい現実を稲村公望氏が語る。
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/0b878a90abec67770593b7bd86d75048


安倍総理にも、焦りがあるのかも知れませんね。

「アベノミクス」で掲げたものが、ほとんど失敗に、、

本日の、三橋貴明公式メルマガの青木泰樹先生の記事も素晴らしいです。

【青木泰樹】安倍総理の三つの誤算
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/12/10/aoki-33/


「成長戦略」の目玉、TPPがなくなったので、
「カジノ」でもやるか、という感じでしょうか、、

最低ですね。。


本日の「正義のミカタ」でもカジノ法案について説明です。

これを高橋洋一先生が解説しています。

すぐに消えますが、動画で見れます。↓ (1:05:46~)
https://www.youtube.com/watch?v=elcA7s4oIpY&t=1h05m46s

高橋先生は、TPP賛成、維新と近いので、当然、カジノも賛成派です。
「反対派は、騒ぎ過ぎ、カジノが決まった訳でない」と

今回の法案は、ただのプログラム法案で、
「1年以内に、法律を用意しなさい」というだけ、
だから、こんな法案はとっとと通して問題ないと、

嫌なら、これから「カジノ」を対象外にもできるし、
懸念事項があれば、これから作る法律で整備すればいいのだと。

むしろ、「パチンコ」を衰退させるには、
「カジノ」を作った方がいいかも、みたいな。


これが、相手の作戦です!!


TPPの交渉参加でも使われた【ラクダの鼻】作戦です。


中野剛志先生が解説された
【ラクダの鼻】については、詳しくは、拙ブログで確認して下さい。


●【塩崎厚労相の爆弾発言】残業代ゼロ法案は小さく生んで大きく育てる
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4864.html


つまり、
【はじめのわずかな譲歩が命取りになる】

ということ。 肝に銘じましょう。


で、最初の話題に戻りますが、

じゃ、どこにカジノを作るか?の話題も解説されています。

候補の大阪は、2025年の大阪万博に合わせてやりたい。
https://www.youtube.com/watch?v=elcA7s4oIpY&t=1h17m00s


まだ先のように思えますが、

このロードマップでいくと、2020年あたりに、業者選定

カジノ法案


莫大な利権ができるのでしょうね。

しかも、その利益は、日本でなく、アメリカ企業にもたらされるのなら、
日本人として、こんな悲しい話はないです。


ひょっとしたら、安倍さんは、トランプさんに頼まれたのかも知れないですね。
TPPの代わりに、「カジノやれ」と。


そうなると、

「安倍-橋下接近」は、WIN-WINの関係だと思います。

売国奴として、、、 そうでないと信じたいですが。


(ヤフーニュース) カジノ法案がついに衆院通過。
ウォール街で日本を売り込んできた安倍晋三首相こそ売国奴ではなかったか。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161207-00003911-besttimes-pol


とにかく、カジノ法案に反対しましょう!!

【はじめのわずかな譲歩が命取りになる】

スポンサーサイト
  1. 2016/12/10(土) 19:55:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【"隠れ共産党"宣言】JA新聞 2016.12.28 | ホーム | じぇじぇ、能年玲奈改め「のん」の復帰作のアニメ映画が大ヒット!を報道しないテレビ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5168-b241d55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)