にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

亀井静香、投票前日のトランプ選対本部で演説「この戦いは必ず勝つ!」

拙ブログで期待していた

●【成功を祈る】NYで亀井静香ートランプ会談が実現するか?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5158.html

残念ながら、会談は実現せず、帰国されていました。

しかし、投票前日にトランプ選対本部にいて、
激励して、大盛り上がりだったようです。

亀井静香氏“幻のトランプ会談”語る 「首相とはウマ合う」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/193874

トランプ氏との会談実現しなかったが...「影の男として役立ちたい」
無所属の亀井静香氏が残念な“帰国報告”
http://www.sankei.com/politics/news/161115/plt1611150059-n1.html

一部抜粋しますと、

<<トランプタワー14階の選対本部に入りましたからね。
だだっ広いフロアでボランティアが有権者に電話をかけまくっていた。

その場で「この戦いは必ず勝つ。
連続13回、一度も選挙に落ちたことがないオレが言うんだから間違いない」
と演説をぶったら、盛り上がってね。

最後はスタンディングオベーションですよ。ものすごい活気だったね。
選対の幹部ともずいぶん話をした。みんなホワイトハウスに入る連中です。 >>


<<最後は「安倍晋三首相とトランプ氏との間がうまくいくよう、
影の男として少しでも役に立てればと思っている」と締めくくった。>>


大分、話を盛ってるような気もしますが(笑)


早々にトランプと安倍総理の会談がセットできたのも、
亀井さんの根回しのお陰かもしれないですね。

感謝、感謝


いよいよ安倍総理とトランプ次期大統領の会談ですね。

大成功、間違いなし!と思っていましたが、

安倍総理は、TPPでトランプを説得すると言っています。。。。やばい、、、

本日の「ロシア政治経済ジャーナル」で解説されています。

【RPE】★安倍総理の「TPP説得」は、トランプに嫌われる確実な方法
http://archives.mag2.com/0000012950/20161117000000000.html

トランプさんとどうつきあったらいいかも解説済みです。
http://diamond.jp/articles/-/107231?page=5


トランプの特徴、8つの中で、7、8が重要です。

7.パットが上手(らしい)
8.スキーの名人を良く思っていない、自分より上手いと見せつけられるのも嫌い


そう、安倍ートランプ会談を成功させるのは、簡単です。

トランプさんの得意な、ゴルフの話をしましょう!

高橋洋一先生が解説されています。

安倍・トランプ会談、親交深めるカギはゴルフ談義!?
http://diamond.jp/articles/-/108295


ベストスコアは60台だそうです。すごい!!

トランプさんは、欧米にゴルフ場をいくつも持っているそうです。

会談後に、
「次は、トランプさんのゴルフ場でゴルフの約束もしました!」
とニコニコと二人で握手さえすれば、大大成功だと思います。


そして、1ヶ月後には、プーチンと会談です。

これも、北方領土は完全に棚上げで、経済協力だけでもいいので、
友好関係をがっつり掴んで欲しいです。

前述の高橋洋一先生の記事には、
http://diamond.jp/articles/-/108295

<<安倍首相は、ロシアのプーチン大統領とは
お互いを「トゥイ」(=ロシア語で親しい相手を示す表現)と呼び合う仲だ。

これまで、安倍首相がプーチン大統領と実際に会って行われた日ソ首脳会談は、
2013年4回、2014年3回、2015年2回、
2016年は12月のプーチン大統領訪日も含め4回の予定だ。>>


普通に仲が良い友達でも、これだけ合わないですよね。

あの、ドゥテルテ大統領でさえ、プーチンは憧れの人です。

比大統領、プーチン氏との会談熱望=APECで「友達になりたい」
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016111600839&g=int


安倍総理は、
トランプとプーチンと友達。となったら、

これだけで、すごい外交の切り札だと思います。

これって、ヒラリーが大統領だったら、ありえなかったですよね。

安倍総理は本当にラッキーだと思います。


世界平和の夢

それは、日本主導で、
【日米露同盟】を作ることです。


台湾出身の評論家の黄文雄先生も、メルマガで

日本と台湾が「トランプ大統領」を大歓迎すべき、これだけの理由
http://www.mag2.com/p/news/228016


<<安倍首相は戦後日本外交の巧者であり、これほど世界を回った首相はいません。

安倍首相の努力によっては、
アジアで日米露の三国同盟という新しい展開も夢ではありません。

日本も台湾も、トランプ大統領の誕生は大きなチャンスなのです。>>

と書かれています。


さらに、エマニュエル・トッド
「問題は英国ではない、EUなのだ」 21世紀の新・国家論
https://www.amazon.co.jp/dp/4166610937

P183に、「米露こそ日本のパートナー」で、
「日本はアメリカの尊厳を傷つけない仕方で、ロシアと関係を構築すべき」と
書かれています。

こんなことは、超難しいはずなのに、
トランプ大統領の誕生で、簡単にできそうですね。


大統領選挙前の2016/11/04に拙ブログで
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5157.html

「プーチン&トランプでノーベル平和賞をW受賞してもらいましょう!!」
と書きましたが、

「安倍&プーチン&トランプでノーベル平和賞をトリプル受賞してもらいましょう!!」
に変更します(笑)



安倍総理、トランプさんとのゴルフ談義、頑張ってください!!!

スポンサーサイト
  1. 2016/11/17(木) 21:29:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トランプの長女・イヴァンカさんに中共スパイが接近? プーチンも安倍首相は用無し? | ホーム | トランプの次は、フランスのルペン!【反グローバリズム連携で世界平和に】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5161-b04daa99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)