にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【豊洲新市場問題】橋下徹&藤井聡「建物を作るときに地下を作ることは普通にあること」

豊洲新市場問題のから騒ぎ・・・

何か地下空洞が悪者になっていますが、
どうしてなんでしょうかね。。


珍しく橋下さん、藤井さんの意見が一致しています(笑)


○橋下徹氏 豊洲市場には「空騒ぎで終わる」
http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/20/0009507822.shtml


<< 「日本国民は大きな誤解をしていて、空騒ぎに終わるのでは」との見通しを示した。


 橋下氏は「最初の専門家会議で出た対策を全部やると1000億円かかるという話だった。

その後、土地の値段の3割ほどに抑えようとの議論になった。

合理的方法としてあの地下空洞がでてきた。
大騒ぎしているのは何なのかなと思うんです」と語った。

橋下氏はまた、
「建物を作るときに地下を作ることは普通にあること。
地下を作ることをいちいち知事に報告するまでもないと思ったかもしれない」とも付け加えた。>>



そして、藤井聡先生もメルマガで号外でこの件について解説されています。


○号外【藤井聡】築地移転・豊洲問題:
「地下室」の方が「盛土」よりも衛生的で安全である、という技術論
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/09/16/fujii-214/


<<少なくとも「技術的な一般論」を言うなら、

  「都民」のためには、
  現在の「地下室有りケース」の方が、
  より衛生的で、しかも、安全である

と、結論づけられるものと思います。

(なお、本件については、地盤工学がご専門の京大教授の同僚の先生に確認し、
詳しいところ、ご教示いただきました。。。というか、その同僚曰く、


「普通考えたら、脆弱な地盤の上に建物たてるんやったら、地下室つくらな危ないやろ。

しかも、衛生の点から言うても、地下室ある方が地下水と地上階が遮断できるからむしろええで。

だから今回の施工は、メチャクチャ普通の施工やと思うけどなぁ」

という風に教えていただきました)。 >>



ということで、【メチャクチャ普通の施工】ということです。



これを藤井先生は、9/17(土)の関西ローカル(!)の「正義のミカタ」でも解説されました。
(高橋洋一先生もフォロー)

今なら、こちらで見れます。 (1時間24分39秒~1時間31分29秒)
https://youtu.be/v-w7Uo-VryU

文字起こしされているブログもあります。
http://dametv2.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-7b97.html


「正義のミカタ」出演者は、藤井先生、高橋先生の話しに納得したのですが、

最後は、司会の東野さんが
「何故皆さん東京で喋らないんですか??(笑)お願いしますよ、
ホンマに。なんで関西だけなんですか。」


東京には、呼んでもらえないそうです。(笑)


が、ちゃんと東京MXの番組「週間リテラシー」でもこの両先生が解説されていました。

○週刊リテラシー20160917
https://www.youtube.com/watch?v=ukKVwjrXEDc


面白いのは、藤井先生の紹介のされ方が、
「大阪都構想反対の急先鋒!(笑)」


横で聞いていた高橋先生は、大賛成派で爆笑してました。


この二人の関係は不思議ですね。


財務省的には、この二人セットで動かれると、本当に嫌でしょうね。。


藤井先生、高橋先生が東京のテレビにもジャンジャン出演されますように。(祈り)


スポンサーサイト
  1. 2016/09/21(水) 22:05:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビル・クリントン失言「ヒラリーは結構頻繁に倒れている」そのヒラリーに会う、安倍総理のギャンブル | ホーム | 米副大統領「日本国憲法、アメリカが書いた」当時の日本共産党「非武装条項に強く反対」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5151-9f791831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)