にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【大注目!】北海道補選の候補者プロモーションビデオを観れば勢いがわかる

衆参ダブル選挙の判断を左右すると言われる
大注目の北海道5区衆院補選ですが、


当初は、故町村信孝氏の弔い選挙として娘婿の和田義明氏の圧勝の予想だったと思いますが、
どうも、野党の圧勝になりそうな勢いですね。


まずは、日刊ゲンダイ 2016年4月14日の記事を

●安倍官邸が真っ青に 「衆院40議席減」自民調査結果の衝撃
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/179351/1


ゲンダイなので、かなり盛っていると思いますが(笑)、
事実に近いと思います。



野党に大変厳しい遠藤健太郎先生は、本日のブログで
こんな風に書かれています。
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4237/

<<
衆議院議員北海道五区補欠選挙(二十四日投開票)が告示されたその日に、
いわば「約束破り」の足を出した日本共産党が候補者陣営から注意され、
野党統一の足並みは早くも乱れていますが、
ならば与党の楽勝かと思えば和田義明候補の評判があまりにも悪いようです。

 自民党の下村博文総裁特別補佐(前文部科学相)が現地入りしていますが、

その顔色は極めて悪く、

ともすれば安倍晋三首相の街頭演説もないまま投開票日を迎えるかもしれません。


 なぜ(故・町村信孝前衆議院議長の後継候補のうち)
娘婿のほうを選挙に立てたのなら「町村」姓を名乗らせなかったのか分かりませんが、
自民党は、決して落としてはいけない重要な補選で失敗する可能性があります。

 北海道の皆さん、頑張ってください。>>


【与党の和田義明候補の評判があまりにも悪い】


で正直、この選挙は気になりますが、
その候補者については、全然調べる気もなかったのですが、
たまたまこの記事を見付けました。


○選挙での候補者PVは、新しい時代に入った
http://blog.voicejapan.jp/archives/4635.html


北海道5区衆院補選の候補者PVの解説です。


3分程で見れるので、是非見比べてみてください。


○和田よしあき「SCRUM!みんなでチカラを合わせて」北海道5区
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=v4kdaBeFy1o


○池田まき「ずっと平和を。もっと安心を。」PR動画
https://youtu.be/cP-sU9JCO9k


確かに、先入観なく選べと言われたら、
野党の女性候補者を選ぶ人が多いと思います。


この記事へのコメントです。


<津田 大介

北海道5区補選の候補者PVの比較。違いは確かに歴然。時代は少しずつ変わっているのだな。 >


<堀江 貴文
PVこれから大事になって行くよねー >



さて、話はそれますが、

こういう勢いは、映像に出てきますよね。


今、勢いがあるといえば、
私も遠くから(笑)応援しているサンダースさんです。


●私はサンダース候補を推薦します(藤井聡、宮崎哲弥、そして高橋洋一)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5127.html


●【号外!】ユダヤ人(?)のサンダース氏がNY予備選前にバチカン訪問
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5131.html


このサンダースさんを世田谷区長 保坂展人さんも応援されている感じです。


○バーニー・サンダースの勢いが止まらない 若者の熱い支持は世界を変えるか
http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/barnie-sanders_b_9666856.html


この記事のなかで、サンダースさんの演説中に
目の前に小鳥が飛んでくるシーンを紹介されています。

こちら↓

○演説中のサンダース議員、目の前に小鳥が
https://youtu.be/yC0dpTctiyQ


こんなカッコいいハプニングが起こるのは、
「やっぱ、持っている」感じがします。


映像の力は大きいと思います。
NYで勝てば、いよいよ主役は、トランプからサンダースに移ると思います。


で、話を戻しますが、


私が期待しているのは、

北海道補選で、自民党には大敗北して欲しいです。


で、勢いに乗って、民進党には良い政策案を作って欲しいです。


「エッジの効いた、正直なマニフェストを作っていきたい」山尾政調会長が会見で
http://blogos.com/article/171708/



とにかく、しっかりとした野党が出来てほしいです。

そして、危機感をもった自民党から、また良い公約がでることを期待しています。


伊勢志摩サミット前に、どーんとびっくりインフラ投資プランがでるような気配です。

本日の三橋貴明さんのブログを是非ご覧ください。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12150081560.html


<< 消費税増税で国民経済の崖から転がり落ち、国民の貧困化が続き、
ようやく自民党で財政拡大という正しいデフレ対策のための「まともな動き」が出てきました。

 最近、こういうエントリーを上げると、

「三橋は自民党を支持するのか!」(そもそも、党員ですが)

「三橋は自民党支持に誘導しようとしている」
 とか、意味不明なご批判を受けるのですが、わたくしは「政策」を支持、もしくは批判するだけで、
党とか政治家に依存した言論はしていませんよ。(以前はその傾向があったので、改めたのです)


 誰誰に任せれば、大丈夫。

系の、チャンネル桜の討論でも批判した「救世主待望論」は、もうやめましょうよ。

「誰誰に任せる」あるいは「何党に任せる」という発想が、
そもそもダメなのだと、さすがに学習したわけでございます。


 安倍政権あるいは自民党の政策であったとしても、
敬愛する○○先生(もう、そんな人はいませんが)の推進する政策だったとしても、
間違っていれば容赦なく批判するのが、主権者として正しい態度だと思うのです。



 逆に、自民党や安倍政権が推進している、だけを理由に「全て批判」するのでは、
以前の社会党や民主党と同じですね。


そもそも、自民党は与党であり、政策実現可能性が高いわけです。


「正しい政策」が実現に向かう可能性が高いにも関わらず、
「自民党だから」批判するなど、意味不明です。


 その種の「オールオアナッシング」で物事を考える人は、
是非とも「正しい政策」を「即座に」我が国で実現する方法をお示しくださいませ。


「十年後までに政権交代して~」とかでも別にいいですが、随分と悠長だとは感じます。


 ちなみに、なぜ三橋が自民党員として安倍政権の経済政策を猛烈に批判しているかといえば、
そちらの方が「キツイ」と思うからです。


だって、共産党からの批判なんて、年がら年中続いているわけで、誰も気にしないでしょう。


 これまでの左派文化人的では全くない、安全保障や経世済民を重視する人間から、
容赦なく批判されるのが、安倍政権にとっては一番嫌だと思いますよ。

>>


私も三橋さんのご意見に全く同感です。


なので、民進党がんばれ!!!

そして、安倍総理には、伊勢志摩サミット前に大胆な景気対策をぶちまけて欲しいです。


とりあえず、こちらを↓

○北陸新幹線延伸とリニア新幹線
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12149405928.html


安倍総理、頑張って下さい!!
スポンサーサイト
  1. 2016/04/14(木) 23:37:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<「川内原発を止めろ」に対して【反原発】活動していたアイドル千葉麗子さんの考え  | ホーム | 【号外!】ユダヤ人(?)のサンダース氏がNY予備選前にバチカン訪問>>

コメント

さすがに…

どんなに頑張っても民進党では無理だと思いますよ…
  1. 2016/04/15(金) 01:26:49 |
  2. URL |
  3. 大吟醸 #MFDTJgvY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5132-5c7aef08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)