にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

私たちの愛するトルコとエルドアン大統領は、決してイコールではない

日本・トルコ合作映画『海難1890』12月5日(土)!!

めちゃ楽しみです。
http://www.kainan1890.jp/

拙ブログでも、トルコが親日国であることを書いてきたので、
とても嬉しいです。

(拙ブログ:2015/01/07)
●【祝】トルコが「エルトールル号」を再現し親善航海へ! 
日本で「エルトゥールル号」の映画撮影へ!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4668.html

(拙ブログ:2011/10/24)
●親日国のトルコ地震 
(「1985年トルコによるイラン在住日本人救出」を忘れずに)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1348.html


ところが、中野剛志先生が、
トルコの危うさを1年以上前に指摘されていたので、
私も、安倍総理とエルドアン大統領が親密すぎるのを気にしていました。

こちらの記事↓

(拙ブログ参考 2014/06/18)
●【イラク情勢】混乱の原因はトルコのクルド人政策?
中東の火薬庫になるトルコに原発を売り込む日本
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4382.html

さて、本日のブログのタイトルは、
遠藤健太郎先生のブログ記事から拝借しました。
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4088/

同じく遠藤先生のブログでも、

○露国機はどこで撃たれたか
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4086/

==(引用開始)==

米国の情報当局から入った話では、
露国機が土国軍にシリア領空で撃墜されたのは間違いないようです。

 露国機が土国領空に入ってしまった時間はごくわずかであり、
ほとんどシリア領空を飛んでいていきなり撃ったとすれば、

エルドアン大統領がシリアの統治安定に関する実行力を代わりに見せねばなりません。

「露国が嫌い」では(日土関係を考慮すれば「よく分かる」と申したいところですが)
済まないのです。

 それより、この混乱も何やら創出されたもののような気がしてなりません。

==(引用終了)==

とあります。

「岐路に立つ日本を考える」ブログでも、
トルコのきな臭さを伝えておらえれます。

<<○トルコ、米、NATOによる包囲網に対するロシアの出方
http://ameblo.jp/minna4970/entry-12100391389.html

 「トルコ政府はISに武器を供与している」と報じた
トルコ紙「クムフリイェット」 の編集長のジャン・ジュンダル氏と
特派員のエルデム・ギュル氏がトルコ政府によって逮捕されたことが報じられています。>>


<<○トルコ軍によるロシア爆撃機の撃墜の背景
http://ameblo.jp/minna4970/entry-12099656206.html

エルドアン大統領の息子のビラル・エルドアンが
ISから密輸した石油の販売の利権を保持している >>

エルドアン大統領、恐ろしや、、、、

昨日の朝日放送「教えてニュースライブ!正義のミカタ」でも、

「ロシア軍機撃墜…ロシア怒りはアメリカに!対「イスラム国」で連携が崩壊?」
という解説で、

トルコのバックにアメリカが?
ISは、トルコ経由で石油を売っている話をしていました。

残念ながら、まだ動画がアップされていません。
http://bobscat.blog.fc2.com/blog-entry-40109.html


やはり詳しくは、ロシア政治経済ジャーナルの記事が
とてもわかりやすくまとまっています。

【RPE】【プーチン激怒】★トルコがロシア軍機を撃墜した理由
http://archives.mag2.com/0000012950/20151125185320000.html

【RPE】★ロシア軍機撃墜~プーチンは、「アメリカの関与」を疑う
http://archives.mag2.com/0000012950/20151128163757000.html

ここは冷静に、

「私たちの愛するトルコと
 エルドアン大統領は、決してイコールではない」

を忘れずに、日本政府には対応してもらいたいです。
スポンサーサイト
  1. 2015/11/29(日) 17:08:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ベネッセ】「日本語がまだ」な今こそ!【英語の始めどき!】 | ホーム | 【大阪府】小西副知事が退職「維新の急進的な手法に疲れた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/5125-3adccadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)