にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【佐藤健志・推薦】敗戦70年目の映画「野火」【藤井聡・ボブマーリー好きに推薦】小説「火花」

本日、三橋貴明の 「新」日本経済新聞の
佐藤健志先生の記事です。


「野火」という映画が公開されるそうです。。。

敗戦70年目の「野火」
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/07/22/sato-52/

==(転載開始)==


塚本版「野火」に、パノラマ的な戦闘場面はありません。
状況の説明もなし。

戦争、とくに一方的な負け戦が、
兵士の心身をどのように破壊してゆくかという点だけを、ひたすら描き続けるのです。

このような描き方は、いわゆる「エンターテインメント」の枠に収まらない点で、
低予算映画ならではのものですが、原作の精神にも忠実なものと言えるでしょう。

プレスシートに収録されたコメントで、塚本監督はこう語ります。

「映画は一定の思想を押しつけるものではありません。感じ方は自由です。

しかし、戦争体験者の肉声を身体にしみこませ、
反映させたこの映画を、今の若い人をはじめ、少しでも多くの方に観てもらい、
いろいろなことを感じてもらいたいと思いました。そして議論の場に使っていただけたら幸いです」(表記を一部変更)

(※)塚本監督のコメントは、映画のオフィシャルサイトでもご覧になれます。
下記URLにアクセスのうえ、「イントロダクション」のページをどうぞ。
http://nobi-movie.com


戦争は多くの側面を持ったものであり、
単純に肯定することも否定することもできません。

ただし戦争が〈人間の破壊〉を伴うことは、否定しがたい事実です。


敗戦から70年目にあたるうえ、安保法制をめぐる議論が繰り広げられている今夏、
法案に賛成の方も反対の方も「野火」をご覧になってはいかがでしょう。

映画と原作では、終盤の展開に違いがあり、結果的に作品としてのニュアンスも異なるのですが、
両者を比較するとさらにいろいろ見えてくると思います。


==(転載終了)==


そうですよね。

つい戦争を「全肯定」か「全否定」のどちらかで考えてしまいがちですが・・・


昨日更新された「週刊西田」のこちらの動画(9分3秒)にも共感しました。

●週刊西田一問一答
「時の政府ではなく、日本国として本大戦の総括は必要では?」
https://www.youtube.com/watch?v=71zucok4ZIw


敗戦の教訓は活かさないと、ご英霊にも申し訳ないです。。



さて、話は変わって、芥川賞を受賞した小説「火花」ですが、

これってどうなんだろうって思っていたのですが、


「正義のミカタ」の中で宮崎哲弥先生も
高く評価されていました。

こちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=0pO6uBNYUWA


そして、同じく「正義のミカタ」に出演されている
藤井聡先生の昨日のfacebook投稿です。

==(転載開始)==

「ジャマイカの英雄は
 エビシンゴノビーオーライと世界い向かって唄い続けている」


小説「火花」の最後のページのワンフレーズです。


このラストシーン以来、
「エビシンゴノビーオーライ」が頭に流れてしまってしまっておりますw

  https://www.youtube.com/watch?v=jGqrvn3q1oo (No Woman No Cry)

だからやっぱ、今日も明日もこれからもがんばろう、という気分になっております。


......ですので、実はこの小説、
ボブマーリーのお好きな方には、特に、凄く良いかもしれませんw 

少なくともそんな方は、是非ご一読を!

(注1:エビシンゴノビーオーライは everything's gonna be alright。
 つまり、「何もかもうまくいくさ」です。
 ちなみに歌詞全訳はこちら。http://lyrics.red-goose.com/no-woman-no-cry-bob-marley/)

==(転載終了)==



「火花」面白そうですね。読んでみたいと思いました。


everything's gonna be alright。
 つまり、「何もかもうまくいくさ」です。


いい言葉ですね。


今の日本、世界は悪いことだらけのようですが、
並行して、すごく良いことが起きる予感もありますよね。


例えば、日本の若者はスゴイチャンスです。(世界がうらやむ)

本日の三橋貴明さんのブログ記事です。

○若者が貴重になる国の幸運
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12053201013.html


ところで、たまたま昨日知ったのですが、

マヤ歴が2012年12月で終わりで、当時盛り上がりましたが、
実は、閏年補正をすると、2012年でなく、2015年9月3日にあたるそうですね。



もうすぐじゃん!!

スピリチュアルな感じですが(笑)

こんなことが起こるような気にもなりますね。

○アセンション  ~ 次元上昇、新生地球を迎える準備   
http://yama-heiwa.moo.jp/sub-7-peace-3-2-asennshonn.html   


everything's gonna be alright。 と信じて。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/07/22(水) 12:50:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/22のツイートまとめ | ホーム | 07/21のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4984-0bd4897a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)