にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【吉報】世界を変えるイラン核交渉最終合意【アメリカ激怒?】自民が「東京裁判検証チーム」を設立か

【イラン核交渉最終合意】

世界は本当に激動していますね。

アメリカとイランが和解へ、
イスラエルは残念。。


これは、「安保関連法案」にも大きく影響を与えるでしょうね。



私は、「集団的自衛権行使容認」に以前から賛成です。
憲法改正せずに、解釈の変更だけでいいと思います。


でも、安倍政権が強引に「安保関連法案」を通そうとしているのには、
反対しています。

国民は、「集団的自衛権行使」にはそれなりに理解を示しているのに、
強引なやり方で、国民の反感をかっていると思います。


それと、もう一つ私が懸念しているのは、

「安保関連法案」が日本の安全より、アメリカ共和党とイスラエルからの
強い要望なのではないかと、疑っているからです。


詳しくは、拙ブログ 2015/05/03↓

●【感謝】安倍総理の米議会演説の成功 
 【心配】共和党-イスラエルがイランを攻撃したい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4869.html



「イラン核交渉最終合意」の日本への影響は、
本日の「ロシア政治経済ジャーナル」で解説されています。


【RPE】【重要】★世界を変えるイラン核交渉最終合意ー日本にとっては?
http://archive.mag2.com/0000012950/20150716000000001.html


==(転載開始↓)==


▼米ーイ和解は、なぜ日本にとって「吉報」なのか?




アメリカとイランの和解は、日本とってとてもめでたいできごと
です。


今、日本最大の話題は、「安保関連法案」でしょう。


反対派の主張は主に、「アメリカの戦争に巻き込まれる!」です。


で、「アメリカの戦争に巻き込まれる」とは、具体的「中東戦争」

を想定しているのでしょう?



なぜかというと、「北朝鮮」「中国」などとの戦争は、「巻き込
まれる」のではなく、


「日本自身の戦争」だからです。



「集団的自衛権行使容認」「安保関連法案支持」の私自身、


「中東に自衛隊が派遣させられる危険性」については、「そのと
おりだ」と思っています。



そして、アメリカがはじめそうな「中東戦争」、ナンバー1は、「
イランとの戦争」だったのです。


日本とイランの関係はこれまでとても良好で、これをぶち壊すこ
とは、日本の国益を大いに損ねるものでした。


ところが、今回の和解で、「アメリカーイラン戦争の可能性」が
ほとんどなくなった。


これは、「安保関連法案反対派」の主張を弱める結果になります。


==(転載終了↓)==


そして、「編集後記」では、
このように 締めくくられています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
安倍総理は、本当に「運がいい」ですね。

驚きです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

全文はこちら↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20150716000000001.html





いや、安倍総理は本当に運が良いですね。。


「靖国参拝」でアメリカを含めて世界から孤立したのに、
クリミア問題のお蔭で、プーチンが一番の悪者になり、

「消費増税」、「円安の物価高」なのに、
「原油安」のお蔭で経済への影響が緩和され、


「アメリカ議会演説」前は、韓国が「安倍談話」で攻めていたのに、
「AIIB」のお蔭で、アメリカから大歓迎になり、、


結局は、靖国神社参拝のご加護でしょうか、、、


誤解のないようにですが、
私も、靖国神社には何度も参拝していますし、
日本がダメになった原因は、アメリカの占領政策のせいだと確信しています。


でも、このタイミングで、政権与党の自民党がこんなことをすると、
アメリカがどう思うでしょうか?


○自民党が「東京裁判」検証組織の立ち上げを検討、韓国人に衝撃
=「許しがたいことだ」「殺人者が自らの罪を再検証すると言うようなもの」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150617-00000006-rcdc-cn


昨日、たまたまこんな記事を見付けました。


○<「失望」から「絶望」へ >
アメリカは既に「ポスト安倍づくり」を始めている?!
http://www.excite.co.jp/News/society_clm/20150714/Mediagong_10652.html


東京裁判検証の安倍政権に米国はとうとう呆れた。
なんと安倍政権の「第4の矢」は、米国オバマに向けて引くらしい。

政府は「東京裁判検証チーム」をつくるという。
「戦後70年談話」のこの年に、先の大戦の終戦処理にいちゃもんをつけようというのだから、
いわれた側が黙っていようはずがない。

「安倍靖国参拝」(2013.12)では米国政府に「失望した」と言わしめ「反省」したはずが、
ここでまた同じ相手に弓をひくというのだから尋常ではない。

米国の反応がいよいよ「絶望した」に変わるは必至だ。
戦後70年たったいまも、我が国憲法を「GHQの押し付けだから」といって止まない面々は、

一方でその米国に面従背腹するから、もはや底が見えている。

この恩知らずが、と米国は激怒するだろう。
なにしろポツダム宣言すら読んだことがない宰相である。

昨今のニッポンの政治家の劣化現象にごうをにやし、

とうとう米国は真剣にまっとうな我が国の政権づくりに動き出すと、
ある在米ジャーナリストは語る。

「矢」はブーメランになって帰ってくるのか。
==


なんとも信憑性がない記事ですが(笑)

==============================
とうとう米国は真剣にまっとうな我が国の政権づくりに動き出すと、
ある在米ジャーナリストは語る。
==============================

支持率が下がっていますので、今なら簡単に政権交代させることが
できると思います。


安倍総理はラッキーですが、
逆に、ラッキーを全然活かしきれてないとも言えると思います。


どうか、安倍総理が暴走しませんように。。。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2015/07/16(木) 12:35:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/16のツイートまとめ | ホーム | 07/15のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4978-aad47b35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)