にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

安倍総理へ「安保関連法案」危機の乗り越えるためには、アメリカに二階さんを差し出す(笑)

本日のロシア政治経済ジャーナルの記事

【RPE】【支持率急落】★安倍総理が、現在の危機を克服する方法
http://archive.mag2.com/0000012950/20150702000000000.html

も、とても面白いです。

安倍総理が今、恐れているのは、

「安保関連法案」を

「強行採決しなければ」アメリカのパワーで政権が崩壊するかもしれない。

「強行採決すれば」民意で、政権が崩壊するかもしれない。


ということだと思います。


安倍総理の性格だと、強引に「強行採決すれば」を選ぶような気がしますが・・・


ここで秘策があります。二階さんに活躍してもらいます。


最後の部分を転載します。

==(転載開始)==


安倍総理は、この危機をどう超えることができるのでしょうか?



▼安倍―ケネディ会談シュミレーション




要するに、「約束を守れなくても『続投』」ということで、アメリ
カの了解をとりつければいいのです。


どうやって?


たとえば、総理は、ケネディさんを食事に誘います。



ケネディ「最近、どうですか?」


総理「安保関連法案で大変です」


ケネディ「今国会で成立できそうですか?」


総理「・・・・強行採決も可能ですが、それをやると、支持率が
急落して政権崩壊につながりかねません。

国民は、この法案の意義を十分理解していないのです。」



ケネディ「こんなこと聞くのは失礼かと思いますが。

政権が崩壊したら、次は誰が総理になるのかしら?」


安倍「二階俊博総務会長が最有力候補といわれています」


ケネディ「・・・・3000人を率いて最近訪中された方ね」


安倍「二階さんは、『自民党の小沢一郎』と呼ばれています。
オフレコでお願いしますよ!」


ケネディ「・・・小沢さんて、あの『私は、人民解放軍の野戦軍司令官
です!』と宣言された方ね。

そんな人が、総理になったら、日米関係はメチャクチャになるわねえ」


安倍「実際、今自分が去ったら、親中派が政権を乗っ取って、日米同
盟そのものが破壊される可能性があります。

鳩山さん、小沢さん時代の悪夢が再現されます」


ケネディ「・・・・それは困るわね。

では、安倍さんはこれからどうしたいの?」


安倍「これからがんばって『安保関連法案』の国民理解が深まるよう
努力します。

しかし、それでも法案への支持が上がらなかったら、今国会での成立
ではなく、もう少し時間がほしいのです。

強行採決をすれば、私は『独裁者』『軍国主義者』のレッテルをは
られ政権は崩壊します。

そうなれば、親中派・二階さんが総理になり、日米関係は大変なこと
になりますから。」


ケネディ「・・・・わかりました。大統領と話してみるわ。

『親中派の勢力が増していて安倍さんがピンチに陥っている。

安倍さんが去ったら親中派内閣が誕生する可能性が高いから、少し
時間をください』と。

そういうことよね?」


安倍「トラスト ミー」


ケネディ「・・・・・そのフレーズは、縁起が悪いわ。

でも私は安倍さんを信頼しているから、がんばってくださいね!」




▼安倍総理、アメリカ、国民によい解決策




この会話はなんだったのでしょうか?


つまり、「今年の夏に成立させる」というアメリカとの約束を破って


『安倍続投の方がマシ』ということをアメリカに納得してもらう。



そのために、「親中派の二階さんが力を増している」という「事実」
を伝えるのです。


アメリカは、小鳩政権の「悪夢再現」を恐れるでしょうから、「今国
会でダメでも仕方ない。それでも安倍続投の方がマシ」と考えることで
しょう。


すると、どうなるか?


安倍総理は、あせって、急いで、無理して、独裁的手法で、報道機
関に圧力をかけて「安保関連法」成立をする必要がなくなります。


時間を得た安倍内閣は、じっくり時間をかけて「安保関連法案」の重
要性を説明したらいい。


(実際、「安保関連法案」を成立させようという時期に、中国との関
係改善に乗り出したのは、軽率でした。

国民が中国の脅威を感じなければ、「安保理関連法」の意義も理解で
きないでしょう。)



さきほどデータをあげましたが、長期的にみれば49%が「安保関連
法=必要」と考えている。


ですから、時間をかければ、過半数の理解を得ることは、それほど
難しいことではないでしょう。


国民は時間を与えられ、じっくりこの問題を考えることができます。


それで、「安倍は独裁者、軍国主義者だ」などという批判もなくなるで
しょう。


以上、「安倍総理が現在の危機を克服する方法」でした。


「役に立ちそうだ」と思われた方は、ぜひ安倍総理にお伝えください。


==(転載終了)==

全文はこちら↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20150702000000000.html

なるほど、面白いと思いませんか?

是非とも、安倍総理の支持者の方には、真剣に考えてほしいです。


個人的には、「安保関連法案」は、
オバマ大統領というより、共和党との約束なのではないかと感じています。

(拙ブログ参考)
●【感謝】安倍総理の米議会演説の成功
 【心配】共和党-イスラエルがイランを攻撃したい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4869.html


であれば、共和党への説得も必要になりますが、
これも同じく、親中派の二階さんを差し出せばいいと思います。


ですが、

断っておきますが、私は二階さんのことが嫌いでもありません。

昔の政治家らしく(笑)
国土強靭化には熱心に取り組んでくれると思います。


(拙ブログ 2012/05/24)
●自民調査会「国土強靱化」の基本法案策定 6月上旬の国会提出を目指す
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2433.html

 自民党の国土強靱(きょうじん)化総合調査会(会長・二階俊博元経済産業相)は23日、
東日本大震災を踏まえ、内閣に首相を本部長とする「国土強靱化戦略本部」を設置し、
大規模災害を想定した基本計画を策定することを盛り込んだ「国土強靱化基本法案」をまとめた。
自民党は6月上旬の国会提出を目指す。
===



あと、もう一人の首相候補は谷垣さんですよね。

谷垣さんも親中派のイメージが強いですが、
個人的には、京都チームとして、西田昌司先生、藤井聡先生の力が
より発揮できるのではないかと思います。

詳しくはこちら↓

(拙ブログ 2013/10/11)
●ポスト安倍は、谷垣さんでどうでしょう?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3922.html


最近、谷垣さんと安倍総理との関係も微妙になってきました。


テレビ朝日 2015/07/01

○安倍総理と谷垣幹事長に亀裂? 圧力発言処分で
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000053765.html

安倍総理は周辺に
「谷垣さんのグループも、死んだふりしてるけど、そうでもないんだな」とつぶやいています。

さらに、先日の会期延長の判断でも、
短かくしたかった官邸の意向を自民党側が押し切る形で戦後最大の延長幅となりました。

政治スタイルの違う安倍総理に対して、これまで一歩引いてきた谷垣幹事長が、
ここへきて自分のカラーを出し始めたことで、両者のバランスに微妙な変化が生じています。
==


谷垣さんは、そこまで露骨な親中派ではないですし、
性格的にも、どこかにベッタリや、独裁的にものごとを進めることはないと思います。


であれば、アメリカもそれほど拒否反応示さないような気もします。


安倍総理、アメリカを懐柔するために、
うまく二階さんを使って下さい!!

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/07/02(木) 12:47:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/02のツイートまとめ | ホーム | 07/01のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4966-6def9799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)