にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

自民党の長尾たかし【沖縄メディアは特殊】は「メディア弾圧」か「メディア批判」か

なかなか線引きが難しいですが、、

本日の遠藤健太郎先生のブログ記事では、

○中共の盗聴と記者の盗聞き
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3870/

==
 https://twitter.com/hyakutanaoki
 ▲ツイッター@百田尚樹:質疑応答で、
一部の議員から「偏向報道するマスコミを、
スポンサーに圧力をかけてこらしめるのはどうか?」と質問されたが、

私は即座に「それはやってはいけません」と答えている。


ドアのガラスに耳をつけていた記者は、その発言も聞いてるはずだが、それは記事にしない。
/私が本当につぶれてほしいと思っているのは、朝日新聞と毎日新聞と東京新聞です。
==


【私は即座に「それはやってはいけません」と答えている。】

これが本当なら、メディアのやり方も汚いですね。。。


もう一つ、自民党の長尾たかし先生も厳重注意となりましたが、


○自民党の長尾敬氏、「沖縄メディアは特殊」発言を認め趣旨を説明
http://news.livedoor.com/article/detail/10281144/


これは、「メディア弾圧」なのか、「メディア批判」なのか??


これを藤井聡先生が解説されています。

○藤井聡先生の2015/6/28のfacebook投稿

==(転載開始)==
「メディア弾圧」と「メディア批判」は全く違うものですが、表面的には類似しています。とりわけ、公権力者側がメディアと対峙する時には、その線引きは必ずしも容易ではなくなってきます。

今回の「自民党若手国会議員らの会合での報道機関への言論封じ問題」においては、
その難しい問題が問われているように思います。

過剰に、政治家のメディア批判を非難するのは、かえって逆言論封殺につながり、
結果、マスメディアの暴走、という戦後日本を堕落させてきた最大の問題が助長されかねないからです。


ついてはそんな事にご関心の方は、少々長文ですが、下記、ご一読ください。

......
今回の件で、自民党は青年局長が更迭、三名が厳重注意という判断を下されたそうです。
そこで問題になった発言は、文字通り、公権力(政府)、あるいは、公権力に準ずる勢力(政党助成金を受け取っている政党)からの「圧力」を通して、言論を封じることを推奨するものでしたから、それは大いに問題だ、と自民党が判断した、という事を意味しています。

もちろん、これは橋下維新側からの当方に対する言論弾圧
http://satoshi-fujii.com/150504-4/
http://satoshi-fujii.com/150504-4/
と同様の構造を持つ発言ですから、厳しく批判されてしかるべきであると考えます。

ただし、以下の発言も、問題視されたと、報道されています。
「沖縄の特殊なメディア構造をつくってしまったのは戦後保守の堕落だった。
 左翼勢力に完全に乗っ取られている」

この発言の「報道機関が、左翼勢力に乗っ取られている」という事態は、
 「起こりうる事態」
であり、上記のような「公権力をつかって言論を封じるべし」という趣旨の発言とは異なるものです。

万一、「左翼勢力に完全に乗っ取られている」という事態が
 「真実」
であったとするなら、それを公言することが禁止されるなら、それこそ、
 「言論弾圧」
と言われても仕方ないと言えることになります。

もちろん、特定の報道機関を、政治勢力そのものであると断定的に論ずる以上は、その
 「根拠」
を示すことが求められます。

もしも、上記の発言の前後で「根拠」についての発言が不在であったのなら、
その発言が不適切だとして非難されてしかるべきとなり得ますが、
「根拠」さえ示されているなら、
ならびに「左翼勢力」および「乗っ取る」という言葉の定義が論理的に示されているのなら、
上記発言は問題とはならないはずです。

というよりもむしろその発言は、公権力者側からの圧力ではなく、
 「メディア批判」
に分類されることになります。

そしてそういうメディア批判は、非難されるよりもむしろ、
 「推奨」
されてもしかるべきだ、ということになります。

いずれにしても、現在公表されている情報だけでは最終的な結論を下すことはできませんが、
 「公権力者側からのメディアへの批判」と
 「公権力者側からのメディアへの圧力」
とは、紙一重の関係にあります。
そして、その両者を厳密に区別しながら、

圧力でない形で徹底的に批判していくという姿勢は、
メディアこそが強大な権力を握っている今日の実情においては、極めて重要であると考えます。

政治に関わる言論を吐く者は、政治家であれ言論人であれ、
この一線を注意深く見据えながら、必要に応じて「メディア批判」を徹底的に進めるべきであると考えます。

さもなければ、第四の権力、あるいは、
第一の権力とすら言われる今日のマスメディアの暴走を止めることはできなくなってしまうでしょう。

しかし、繰り返しますが、

「公権力からの報道弾圧・言論弾圧」は絶対に避けねばならないのは、
この自由主義社会の前提中の前提なのです
(メディアに圧力をかけるとかつぶすという発言は、マジで、論外です)。
以上(かなりややこしくて恐縮ですがw)、
ごくごく一般的な、言論人の常識的見解を解説差し上げました。

==(転載開始)==


どちらにしても、公権力者側の発言は要注意ですね。


私には、権力はありませんが、

バランスをとって(笑)、朝日、毎日、東京新聞を応援してみます!

(拙ブログ参考)


頑張って、毎日新聞!!

●毎日新聞に藤井聡先生が登場
【「景気刺激」にすぐ頼るけど…公共事業って効果あるの?】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3142.html


●橋下市長「経済を良くするなんて、自治体では無理だ」
毎日新聞「知事就任から5年。生活・経済、乏しい成果」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3254.html


●【毎日新聞】放射能はさしあたり人の身体は破壊していないが、
“放射能幻想”は人の心を確実に破壊して
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1787.html



頑張って、東京新聞!!

●【東京TPP新聞】日米の事前協議では、
コメの協議は議題にされず、今後もされない見通し
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3446.html


●【TPP後発国の「条件不利」爆弾】
東京新聞発~日経新聞経由~岸田外務大臣までの流れ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3420.html


頑張って、朝日新聞

●【頑張れ朝日新聞の良心派!!】
元テレ朝の丸川珠代議員(自民党)の上司はバリバリの保守
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4505.html


●【祝・朝日新聞】(藤井聡)国土強靱化 防災と経済織り込み議論を 
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4207.html


●【米世論『日米安保を維持』が急減!】
朝日だけが見出し記事。「朝日の記事が正しい」と産経の記事
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4095.html


●【拡散希望・朝日新聞】TPP「日米国民のためにならぬ可能性」
 ノーベル経済学賞のスティグリッツ教授
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3493.html


●【朝日新聞】「産業競争力会議」にて
「労働市場の流動化」の議論「正社員を解雇しやすく」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3397.html


●【グッドジョブ!朝日新聞調査】
「主要な火力発電所、地震高確率地域に6割」現在、火力への依存9割
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3369.html


●【祝】日本の成長否定する【朝日新聞】が、
【中野剛志氏】にインタビューし【成長】を語らせる。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3307.html


●テレビ朝日が報道
【ノーベル賞学者が“アベノミクス”を高評価】世界のために頑張ろう!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3132.html


●「何かのために sengoku38の告白」 (朝日新聞出版)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4023309206


●【週刊朝日】「ツアーバス事故は小泉首相の市場規制撤廃のせい」と京大教授が指摘
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2758.html

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

スポンサーサイト
  1. 2015/06/29(月) 12:48:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/29のツイートまとめ | ホーム | 06/28のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4960-98f89503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)