にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

自民勉強会(安倍シンパ)「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」(リベラル派)小林よしのり講演中止

この自民党の同日(6/25)に行われた2つ勉強会が話題になっていますね。

安倍総理に近い勉強では、、、

○「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」 自民勉強会
http://www.asahi.com/articles/ASH6T5W6FH6TUTFK00X.html

出席者によると、議員からは
「マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番。経団連に働きかけて欲しい」
「悪影響を与えている番組を発表し、そのスポンサーを列挙すればいい」など、
政権に批判的な報道を規制すべきだという意見が出た。
===

○百田氏「沖縄2紙つぶせ」発言は「雑談の中で冗談として言った」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150626-00000104-spnannex-ent

出席議員からは、安全保障関連法案に対する国民の理解が広がらない現状を踏まえ、
報道機関を批判する意見が噴出。
「マスコミをこらしめるには広告料収入をなくせばいい。
文化人が経団連に働き掛けてほしい」との声が上がった。
===


沖縄2紙は酷いと思いますが、
自民党の議員から「経団連に働きかけ、マスコミ懲らしめを」なんて発言がでるのは、
もっと酷いと思います。


そして、自民党のリベラル派の勉強会は中止になっています。

○小林よしのり氏「ああ、負けたんだなと」 勉強会中止
http://www.asahi.com/articles/ASH6T4RNHH6TUTFK00F.html


○小林よしのり氏を招く自民党の勉強会が中止に 党内の異論封じか
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/25/yoshinori-kobayashi-ldp_n_7667306.html

小林氏は朝日新聞の取材に「会合中止は国会が空転しているから、と説明されただけだ。

執行部への抵抗勢力になるのが怖くなり、負けたんだと思う。
自民は全体主義になっている」と語った。
==


【自民は全体主義になっている】は、本当にそうだと思います。


稲田朋美・自民党政調会長の過去のTPP発言なんかも、
どこへ行ったんでしょうね。(笑)


●【産経新聞の記事】
TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ。(自民党 稲田朋美)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1438.html


安保法制も冷静な議論は大切だと思いますが、
政権のこんなやり方では、国民の信頼は得られないと思います。。。


本日の施光恒先生のメルマガ記事、
【「有権者教育」と保守】はとても興味深かったです。

日本の「保守」は、たんなる反サヨクになってしまい。。。

自民党の勉強会にも、とても通じる内容です。

どうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2015/06/26

「有権者教育」と保守
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/06/26/se-59/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


From 施光恒(せ・てるひさ)@九州大学


6月17日に国会で、選挙権が得られる年齢を
「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げる公職選挙法の改正案が
、成立しました。
来年夏の参議院通常選挙から、18歳以上が有権者となるようです。

ということは、高校三年生も、18歳の誕生日を迎え次第、有権者になるんですね。
なんか違和感もありますが、
高校2年生ぐらいまでにしっかり
「有権者教育」(主権者教育)をやっていかなければならないということです。

ただ、政府や自治体にしても、学校教育の側でも、
「有権者教育」として提案されるのは、「模擬選挙」や「ディベート」などが多いんですね。


児童・生徒たちが、実際の政党や候補者の見解を学び、
どこに投票するのがいいか議論したり、
その結果に基づき、投票の「予行演習」を行ってみたりするなどの試みです。


私は、こういう試みは大切だと思うのですが、これだけじゃないだろう、とも感じます。
「模擬選挙」や「ディベート」といった試みは、
いかにも「リベラル」というか、「啓蒙主義的」というか、「市民」派というか、
そういう人々が好みそうだなと思います。


それで先日、私は、産経新聞の地方版のコラムに次のような記事を書きました。
かなり違った「有権者教育」の提案です。

施 光恒「18歳選挙権 『おかげさま』の自覚」(『産経新聞』(九州・山口版)2015年6月18日付)
http://www.sankei.com/region/news/150618/rgn1506180018-n1.html

保守の側というか、「市民」ではなく「庶民」「国民」の側というか、
もっと落ち着いた、常識的な「有権者教育」の側面もあるだろうと思い、それを提案したわけです。

政治思想的に言えば、
啓蒙主義の流れを汲む「リベラル」派の考え方では、人間の理性や知性を重視します。

人間の理性や知性を、すべての物事の出発点として捉えるわけです。

そして、社会や国といったものは、人間が、自分たちの権利や利害を守るために、
設計し、作り上げたものとみなします。


対照的に、保守主義の見方では、社会の文化や伝統、風土、慣習などが、
人々の精神や各種能力を育んできたと捉えます。

例えば、日本人の場合、日本語や日本文化、日本の風土が、
日本人ひとり一人の知性や感受性を作りあげてきたことを強調するわけです。

「リベラル」と保守との間では、このように人間や社会の捉え方が大きく異なっているため、
当然ながら、「有権者教育」に対する見方も変わってきます。

「リベラル」の立場からすれば、「よき有権者」とは、
「自分たちの権利や利害を主張し、他者と議論を交わし、政治に強い関心を持ち、
積極的に政治参加し、社会を合理的に変革していく人々」といったイメージでしょう。


他方、保守の側からすれば、「よき有権者」とは、例えば、次のようにいえるでしょう。
(上記リンク先の拙コラムからの引用です)。


「人は、自分自身だけで存在しているのではない。
他者の厚意や、国や地域の伝統文化の蓄積、先人の苦難のうえに今の自分がある。

つまり、「おかげさま」で生きている。

自分の権利や利害を主張するだけでなく、地域や国のあり方、文化伝統に大いに関心を持ち、
さらなる発展に貢献し、次世代へ引き継ぐ義務や責任も負わなければならない。
こうした自覚を持つ者こそ、よき有権者である」。

こうした類の理想的有権者像に基づく保守の立場からの有権者教育というのも、
もっと提案されていいと思います。

ですが、残念ながら、この種の有権者教育の提案は、あまり目にしません。

例えば、「保守」を自認する産経新聞や読売新聞も、
18歳選挙権をテーマとする社説をそれぞれ書いていますが、
保守の側からの有権者教育の提案は、ほとんどなされていません。

社説 18歳選挙権 若者が国を考える契機に 『産経新聞』2015年6月18日付
http://www.sankei.com/column/news/150618/clm1506180003-n3.html

社説 若者の政治参加を促進したい 『読売新聞』2015年6月18日付
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20150617-OYT1T50141.html

産経新聞は、「国家や社会の一員であることの意識を強く持つ必要がある」と書いてはいますが、
これだけでは十分ではないでしょう。

読売の社説は、「リベラル」派の新聞の社説とあまりかわり映えしません。

両者の社説にみられる「保守らしさ」とは、
せいぜい日教組の政治介入に対する警戒心を表明しているぐらいだといってもいいかもしれません。

「リベラル派」の提案だけでは、「有権者教育」のごく一部だけしかカバーできません。
「有権者教育」が、一面的なものとなってしまう恐れがあります。

保守の側も、有権者教育のあり方を積極的に提案していくべきです。

しかし、産経と読売の「有権者教育」の社説にみられる
「保守らしさ」が日教組に対する警戒心だけというのは、少々さびしいですね。
(´・ω・`)


他の面でもそうですが、日本の「保守」は、たんなる反サヨクになってしまい、
保守としての役割を十分果たしていないのではないかと懸念してしまいます。

だらだらと失礼しますた…
<(_ _)>

(転載終了)
===

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/06/26(金) 17:49:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/26のツイートまとめ | ホーム | 大統領にTPAが付与されたことは「劇の第2幕の始まり」にすぎない(ウォールストリートジャーナル)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4956-9e89513d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)