にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【東野幸治】我々、石平チルドレンは、中国の宥和に混乱しています。

先々週(2015年6月6日)の「正義のミカタ」はめちゃ面白かったです。

こちら(すぐに削除になると思います)

○ニュースライブ 正義のミカタ 2015年6月6日
https://www.youtube.com/watch?v=A_uxvP9S_-8

いつもは、石平さんが、中国をボロクソに言われるのですが、(笑)
今回は、富坂聰先生が中国は日米に宥和的になっているご意見です。

確かに、【AIIB事件】以後、ごろっと変わりましたね。


東野幸治さんには、
是非、この記事をお薦めしたいです。

ロシア政治経済ジャーナルの北野幸伯先生です。↓

○「AIIB」後~米国の逆襲で、激変する日米中ロのパワーバランス
http://diamond.jp/articles/-/72774


AIIB以後の動きがすっきりと分かります。是非どうぞ。


最後の部分だけ転載します。

==(転載開始)==

 では、日本はどうふるまうべきなのか?「大原則」は2つである。

1.日本は、安倍総理の「米議会演説」路線で、
ますます米国との関係を強化していくべきである。

結局、日米同盟が強固であれば、中国は尖閣・沖縄を奪えないのだから。


2.しかし、中国を挑発したり、過度の批判はしない。
これは「バックパッシング」、つまり米国にハシゴを外され、
(米国抜きの)「日中戦争」になるのを防ぐためである。


 中国を批判する際は、「米国の言葉を繰り返す」程度にとどめよう。
日本は、米国に利用されたグルジアやウクライナ、中国に利用されている韓国のような立場に陥ってはならない。

 日本が目指すのは、あくまで「米国を中心とする中国包囲網」の形成である。
だから、米国が先頭に立って中国の「南シナ海埋め立て」を非難している現状は、
日本にとって、とても良いのだ(もちろん、油断は禁物だが)。

==(転載終了)==


ひとまずは、日本にとって良い動きになっています。
油断せずに。


安倍さんは、サミットもうまくいったようです。

●【RPE】★G7エルマウサミットは成功だったのか?
http://archive.mag2.com/0000012950/20150611000000001.html


安倍総理、外交はこの調子で頑張って下さい!!

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/06/16(火) 12:50:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/16のツイートまとめ | ホーム | 06/15のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4939-721c9a91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)