にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【感謝】安倍総理の米議会演説の成功 【心配】共和党-イスラエルがイランを攻撃したい

拙ブログで度々ご紹介していました
安倍総理の米議会演説についてですが、

はじめの頃は、「安倍談話」のとっかりのつまずきから、
嫌な予感の部分が大きかったです。

青山繁晴さんはかなりご心配でした。

こちら↓

●【青山繁晴】中韓は政治的に利用するから、
【安倍談話】は出しませんと言えばいい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4670.html

●【青山がズバリ最終回】中韓の狙いは、
アメリカ議会の演説で縛り『安倍談話』の方向を決めてしまう
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4801.html


ところが、安倍総理には、AIIBの神風がふきました。

●【安倍総理のアメリカ議会演説は大チャンス!】
アンパンマンの第一回絵本を読もう
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4823.html


●【完コピ推薦!】安倍総理の米議会演説草案&麻生財務大臣で良かった、AIIB見送り
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4828.html


↑のブログで「ロシア政治経済ジャーナル」の↓記事を紹介させてもらいました。

○【安倍総理必読】アメリカをがっちり味方にする議会演説のやり方
http://archive.mag2.com/0000012950/20150409171216000.html

このなかでどんなことが書かれていたかというと、

【間違い1】日本の実績、安倍内閣の実績を延々と話してしまう

【間違い2】中国、韓国の悪口をいってしまう。

【間違い3】歴史問題で弁明してしまう


アメリカを味方につけ、
日本を中国の脅威から守るための演説にすべきだと。


このことが、私の頭にありました。

そして、演説の当日は、
会社でこっそりと米議会演説の全文をプリントアウトして読みました。

こちら↓

○首相の米議会演説の全文
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS29H1E_Z20C15A4M10600/


不覚にも泣きそうになりました。

TPPと構造改革の部分は、スルーしましたが(笑)

本当に良かったですね。


感動といえば、ブータンのワンチュク国王の
日本の国会での演説を思い出しました。


●【致知】ワンチュク国王(32歳)の演説/
「力を備えた日本から、世界は大きな恩恵を受けるでしょう」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3188.html


この演説をまだご覧になっていない方は、是非どうぞ (13分)
https://www.youtube.com/watch?v=FtxuPyRNszY&app=desktop

2011年11月の演説です。

東日本大震災後、そして民主党政権時代、、
日本が完全に自信を無くして頃です。

このワンチュク国王から日本人はどれだけ元気と勇気をもらったでしょうか?

決して、ブータンの自慢話なんかされていません。
でも、日本人はブータンが大好きになったと思います。


さて、話しを戻しますが、
安倍総理の米議会演説の評価についても、
まずは、アメリカ人になったつもりで聴いた方がいいと思います。


「ロシア政治経済ジャーナル」の北野幸伯先生も
絶賛されていました。

【RPE】★安倍総理の米議会演説は、成功か?失敗か?
http://archive.mag2.com/0000012950/20150501194751000.html

~~(引用はじめ)~~


▼安倍演説は、「歴史的」であった

詳しくみてきました。


覇権を狙う中国の最重要戦略は、「日米分断」である。


だから日本は、「アメリカを味方につけなければならない」。


これが演説の「目的」でした。


そして、安倍総理は、そのミッションを見事にはたされました。


一日本国民として、総理のすばらしい演説に、心から感謝申し上げ
ます。


北野幸伯


~~(引用おわり)~~

全文はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/20150501194751000.html


その他の先生方の評価ですが、、

青山繁晴さんも歴史的な勝利だと(安倍さんの英語はあれですが(笑))

こちら↓

○青山繁晴「ザ・ボイス」
中韓の逆根回しを粉砕!安倍総理米議会演説は日本外交の稀に見る勝利!
(文字起こし)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1716.html#sequel

(音声)
https://www.youtube.com/watch?v=-7TlzAoPDVk


西村真悟先生も

○安倍総理、よく健闘されたなあ
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1093


そして、
英語学習のコツの本も出版されている
国際派時事コラムの泉 ユキヲ先生も絶賛です。

<国際派時事コラム>日米はともに戦勝国だ @ 安倍総理演説
http://archive.mag2.com/0000063858/20150501073000000.html


今回「remorse」という単語も、上手に選んだことも高く評価されています。


そして、昨日の「正義のミカタ」でも小西克哉先生が
「remorse」という単語を使ったのは良かったという解説。

これが安倍総理が得意でない英語で
直接、演説した大きな効果であったと。

こちらで見れます。

○ニュースライブ 正義のミカタ 2015年5月2日
「安倍総理訪米、日米ガイドライン、ネパール大地震」のミカタ
https://www.youtube.com/watch?v=BPcCYhwAzBA


かなり、安倍総理の英語力を笑いのネタに使われいましたが、、、
それも成功だった余裕なのでしょう。

この「正義のミカタ」での解説では、

演説自体は、成功だけど、
アメリカを持ち上げ過ぎの心配、
日米ガイドラインは、日本での国会をすっ飛ばして、
アメリカと約束するやり方は、国会軽視ではないかと、
という懸念の声も大きかったです。


これから集団自衛権に関する法案を通す必要があるのですが、
野党、マスコミはそのあたりをついてくると思います。


こんな記事もあります。

日刊ゲンダイ 2015年5月2日

○オウム麻原彰晃「死刑執行Xデー」5月16日説が流れる理由
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/159514

~~(引用はじめ)~~

「5月16日執行説には、政治的な思惑もあるようです。
安倍内閣は、5月15日に“安保法案”を閣議決定する予定ですが、
世論調査では“集団的自衛権”に反対する声が圧倒的。

安倍政権は、あまりメディアに大騒ぎして欲しくない。

そこで、死刑執行説が流れているのです。
もし、翌16日に死刑が執行されたら、メディアは麻原一色になるはず。

しかも、翌17日は“大阪都構想”の住民投票日だから、
17日以降は大阪都構想の話題で持ちきりになるのは確実。

結果的に安保法制の閣議決定は大きく扱われないでしょう」(霞が関関係者)


~~(引用おわり)~~

このあたりは、安倍政権は
狡猾ですので、やってきそうな感じもします。

話題をそらすのはうまいですよね。

憲法改正についても、こんな意図があるという噂も、、、

●【青山繁晴】自民も驚いた『改憲スケジュール』
「真の狙いは、消費増税10%だけの参院選にしない」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4753.html


さて、一つだけ私も心配なことがあります。

それは、日本とイスラエルと共和党の関係です。

今回の米議会演説を実現させたのは、
ジョン・ベイナー下院議長(共和党)の功績が大きいようです。

ネタニヤフ首相の議会演説を実現させたのも、ベイナー下院議長です。

青山繁晴さんの解説だと、
安倍総理がイスラエル訪問の時に、たまたま共和党のマケインさんらと
話しをしたのが、米議会演説に繋がったような話ですが、、、

そんなたまたま話をして、
意気投合して、「じゃ今度、米議会で演説してね。」なんて話にはならないと思います。

そこには、共和党、イスラエルがイランを攻撃したい、
その軍事的協力を日本に求めている思惑があるのではないかと。


そのあたりを遠藤健太郎先生が解説されています。

こちら↓

○安倍首相眼中にオバマなし
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3795/

~~(引用はじめ)~~

 安倍晋三首相の訪米は劇的な歓待を受けて成功し、
日米首脳会談と連邦議会上下両院合同会議での演説から安倍政権の今後が見えました。
いわゆる「安倍談話」の方向性もこれでほぼ間違いなく見えたと申せましょう。

 問題なのは、韓国が政官民を挙げて妨害しようとまでした議会演説がなぜ成功したか、
なぜ集団的自衛権を超えた集団安全保障の議論にすり替えられてまで
日米ガイドラインの改定がされたのか、ということです。

 簡潔に申しますと、私が一月十三日記事( http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3645/ )で
イスラエル(以国)との関係強化を再度批判し
「(以国が)米国に何らかのサインを出す」としたことが関係しています。

安倍首相の議会演説を中韓の妨害をはねのけて実現させた最大の功労者は、
ジョン・ベイナー下院議長(共和党)なのです。

 ベイナー議長こそが以ベンヤミン・ネタニヤフ首相の議会演説を実現させた張本人であり、
安倍首相訪米のあとに以国を訪問します。

つまり、ベイナー議長が安倍首相に歴代首相初の議会演説を実現させるべく
安倍・ネタニヤフの蜜月演出を企画したと申して間違いありません。

 その意図は、共和党がイランへ(義国)の攻撃を模索しているということに始まり、
わが国に軍事的協力を求めるものです。

だから話が自衛権から集団安全保障に飛躍しているわけですが、
私たちは日本国憲法(占領憲法)がこのままでよいのかという大問題を国会に問わなければなりません。

 また、義国との関係を本当に壊してしまってよいのか、
油田開発と中韓の「反日」工作への対抗が後手になっている問題は今後、
義国でも噴出するに違いないこと(既にそのサインは発せられている)で、
この選択以外に外交交渉の余地が本当にないのか、もう一度問わねばならないのです。

そもそも義国は北朝鮮と同種の類いではありません。

 すなわち、安倍政権になってわが国は対中共のみならず多くの場で外交問題の鍵を手にしているのです。

~~(引用おわり)~~


心配です。

イスラエルとの関係を急ぐのは気を付けた方がいいと思います。

そして、日本とイランとの良好だった関係も大切にすべきだと思います。

メルマガ 「国際派日本人養成講座」の記事
「アバダンの日章旗 ~ 出光「日章丸」、イランへ」

~欧米石油資本の包囲を脱すべく、
 出光佐三は世界最大級のタンカー「日章丸」をイランに向かわせた。~

を是非読んでほしいです。
こちら↓
http://archive.mag2.com/0000000699/20150405080000000.html
http://archive.mag2.com/0000000699/20150412080000000.html


最後のところを転載します。

==(転載開始)==


 モサデク首相は出光の初代イラン駐在所長となった佐藤又男を招き、こう言って握手を求めた。

__________
 日本人の偉大さはつねにイラン人の敬服の的であり、その勇猛果敢な精神に感嘆している。
不幸にして今次の大戦には敗れたけれども、いつの日か再び立ち上がる日のあることを確信している。

お互いに東洋人として手を取り合っていきたい。
日本がイランの石油を買う決心をされたことは感謝に堪えない。

日本はイランの救世主であると思っている。
ぜひこのことを日本に伝えて、われわれイラン国民の真意を汲んでほしい。[1,p234]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 イランは謝意を表して、最初の買い付け分の代金を無償とし、その後、半年間の代金は半額とした。

 イランは自国の石油資源を国有化こそしたものの、輸出できずに座して死を待つ状況だった。
日本の出光が初めて石油を買い付けに来てくれたのは、まさにイランにとって「救世主」だった。

日本国内においてもイランから輸入された石油により、
石油製品価格は急速に値下がりして、その後の高度成長を支えた。

 これこそが佐三の言った「広い大道をゆっくりと歩いているような、ごく自然な歩み」であった。

==(転載終了)==


イランとの友情も裏切ってはいけないと思います。

良い方向に進みますように。



====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/05/03(日) 14:41:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<05/03のツイートまとめ | ホーム | 05/02のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4869-2d6005e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)