にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【驚愕】橋下市長「自治会組織が大阪都構想反対を表明した途端に、補助金停止の指示」

いわゆる大阪都構想の住民投票ですが、
昨日は拙ブログで、嬉しいニュースをお伝えしました。

大阪市内の自治組織が反対を表明し、
【回覧板を回すなどし、住民投票での反対を呼びかける。】

こちら↓

■谷垣幹事長「大阪都構想は『羊頭狗肉』」と批判、
大阪市内自治会「回覧板で住民投票での反対を」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4840.html


私も今、京都で町内会長をやっているので、
橋下さんの過去の町内会をバカにした発言には心底怒りを感じていました。


橋下市長がタウンミーティングでの発言

「町内会に平松さんの選挙の時に現金100万円配られたのご存じですか。
領収書なく配っています。どのように使われたのか全く分からない。
全町内会に100万ずつ配っているんです。」



詳しくは平松前市長の名誉棄損罪で刑事告訴の記事をご覧ください。

●【大阪地検特捜部が正式受理!】
平松前大阪市長が橋下市長を名誉棄損罪で刑事告訴
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4805.html


そして、一夜明けて、本日(2015年4月17日)の朝日新聞の記事です。

○橋下市長、補助金停止を一時検討 反都構想の自治会組織
http://www.asahi.com/articles/ASH4J56DBH4JPTIL013.html

 大阪市の橋下徹市長(大阪維新の会代表)は16日、
大阪都構想への反対方針を決めた市の自治会組織「地域振興会」(地振)に対し、
補助金停止の検討を指示した。

市幹部の説得で最終的に見送ったが、
来月の住民投票を前に反対論を封じる姿勢が強まっている。

(中略)

地振は14日、全24区の代表者を集めた会合で
「十分な説明がなく、拙速に大阪市を廃止しようとしている」
として都構想に反対することを決めた。

 この動きを受け、橋下氏は16日、維新幹部らに宛てたメールで
「反対運動をやると全市民参加を前提としている町内会等の地域団体への
補助金が止まる可能性がある」という趣旨の文書を地振側へ送るよう要求。

市幹部には、地振などで構成する地域活動協議会の補助金支出のルールに
「構成メンバーの政治的中立」を盛り込む検討を指示した。

しかし、市幹部が「構成団体の政治活動まで縛れない」と説明し、断念したという。

===


驚愕です。
これが日本の大都市、大阪市長がやることです。


これに対して、藤井聡先生のコメントです。

○恐ろしい報道「自治会組織が反対を表明した途端に、市長から補助金停止の指示」
http://satoshi-fujii.com/150417-2/

恐ろしい報道です…..もし、これを恐ろしいと思う人が、
少ししかいないのだとしたら…..我々は文字通り、
すさまじく恐ろしい世の中に住んでいることになります。
==


そうなんです。

橋下さん、こんな「補助金停止の指示」だすのは、
別に、独裁キャラの変な人ですむのですが、、、

こんな指示が出ても、恐ろしいと思う人が少ないのが問題なのです。。。


私たちは、

何百万ものユダヤ人を収容所へ移送した
ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンがどんな人間であったかを
知る必要があります。

「どんだけの極悪人」かと思ったら、
【実に普通の陳腐な人】だったそうです


映画『ハンナアーレント』を観れば分かります。

あらすじより、

~~(引用はじめ)~~

1960年代初頭、何百万ものユダヤ人を収容所へ移送した
ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンが、逃亡先で逮捕された。

アーレントは、イスラエルで行われた歴史的裁判に立ち会い、
ザ・ニューヨーカー誌にレポートを発表、
その衝撃的な内容に世論は揺れる…。

「考えることで、人間は強くなる」という信念のもと、
世間から激しい非難を浴びて思い悩みながらも、
アイヒマンの<悪の凡庸さ>を主張し続けたアーレント。

歴史にその名を刻み、波乱に満ちた人生を実話に基づいて映画化、
半世紀を超えてアーレントが本当に伝えたかった<真実>が、今明かされる─。

~~(引用おわり)~~


詳しくは、映画評論家 藤井聡先生の解説をどうぞ


●【藤井聡の映画評論】『ハンナアーレント』
「究極の悪」とは凡庸な「思考停止」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4035.html


その藤井聡先生の本が発売されます。

 <凡庸>と言う悪魔  ~21世紀の全体主義~
http://www.amazon.co.jp/dp/4794968191


その本について、藤井先生の本日のコメントです。

○<凡庸>という悪魔:
「都構想を巡る言論戦の本質」にご関心の方は、是非、ご覧ください
http://satoshi-fujii.com/150417-4/


この本の目次をご覧ください。↓

======================
【目次】
◆序 章 全体主義を導く「凡庸」な人々」

◆第1部 全体主義とは何か?──ハンナ・アーレントの考察から
  第1章 全体主義は、いたって特殊な「主義」である
  第2章 ナチス・ドイツの全体主義
  第3章 〝凡庸〟という大罪

◆第2部 21世紀の全体主義──日本社会の病理構造
  第4章 いじめ全体主義
  第5章 「改革」全体主義
  第6章 「新自由主義」全体主義
  第7章 グローバリズム全体主義

◆おわりに 「大阪都構想」と「全体主義」
======================


そう、おわりに、

【「大阪都構想」と「全体主義」 】

です。


ちなみに、
維新は住民投票の広報予算になんと4億~5億円!を見込んでいるそうです。


○ビラもCMも無制限 大阪都構想の住民投票運動「解禁」
http://www.asahi.com/articles/ASH4D46JMH4DPTIL00H.html


で、こんなCMがバンバン流れるんでしょうね。↓

CM 「Change OSAKA!5 17」
~都構想で、大阪をもっと住みやすく。~ full HD
https://m.youtube.com/watch?v=gMLldXHJQuk


橋下さんの気持ち悪い(笑)にこやかな笑顔のCMです。

こんなCM(15秒)を見て、
なんも考えずに、大阪都構想の住民投票に賛成する人がいれば、、、


それはまさしく、

「究極の悪」とは凡庸な「思考停止」

でしょう。

ナチス戦犯アドルフ・アイヒマンと同じように、、、


どうか気づく人が増えますように。祈り。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2015/04/17(金) 18:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/17のツイートまとめ | ホーム | 04/16のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4842-e68e1757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)