にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

アジアインフラ投資銀行(AIIB)を日本はどうすべきか?


本日(2015年03月31日)チェックした記事が
アジアインフラ投資銀行(AIIB)に関するものが多かったので、ご紹介します。


まずは、【欧州が米国を捨て、中国についた】インパクトは?

国際関係アナリスト、北野幸伯先生の
ダイヤモンドオンラインの記事です。

○パワーシフト~欧州が米国を捨て、中国についた日
AIIB参加に動いた欧州諸国の思惑
http://diamond.jp/articles/-/69203


最後はこのように締めておられます。

~~(引用はじめ)~~

そして問題なのは、すでに十分強力なこの大国が、
「きわめて反日的である」という事実なのだ。

日本は、「米国の衰退」と「中国の浮上」という現実をしっかり認識し、
行くべき道を慎重に見極める必要がある。


~~(引用おわり)~~

さて、日本はどうすべきか?


まずは、遠藤健太郎先生のブログ記事

○AIIBに手を出すな!
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3760/


 しかし、AIIBについて、わが国が米国に比べまったく焦る必要がないことは、前出の過去記事で簡単にご説明したとおりであり、日欧米分断の底意が潜むとされるAIIBが発足するからこそ欧露各国が日本の立ち位置を確認したがっているのです。

 一部で報じられているほど、AIIBに慎重な姿勢をとる安倍内閣は米国に盲従していません。米財務長官が中共の国務院総理とこの話をしていますが、少なくとも私の知る限り、中共が融資するどころではないことを「米政府はどこまで分かっているのか」と首相官邸が心配しているほどです。

 にもかかわらず、与野党を問わず国会議員の中には「AIIBに参加しておかないと大変なことになる」と言い出す者がおり、麻生太郎副首相兼財務相や菅義偉官房長官が会見でいちいち牽制しなければならない事態にあります。

 わが国までこれに参加してしまえば、必ず欧露各国から非難と失望の声を浴びることになるでしょう。なぜなら、彼らは「(AIIBのその謳い文句と)実態はほぼ異なるであろうことも折込み済み」で日本にしっかりしていて欲しいからです。

 ずいぶんと勝手な話ではありますが、これがわが国にとっていわゆる「損して得取れ」ということでしょう。そういう展望が国会議員にないから浮足立つのです。


(転載終了)
===


次は、ブログ「岐路に立つ日本を考える」です。


○アジアインフラ投資銀行への我が国の参加はありえない
http://ameblo.jp/minna4970/entry-12008293819.html


私たちがきちんと認識しておかなければならないのは、AIIBが純然たる国際機関になるわけではなく、
中国共産党流の組織になるという前提です。

世界銀行(WB)、国際通貨基金(IMF)、アジア開発銀行(ADB)などの既存の国際金融機関は一様に主要出資国代表で理事会を構成し、この理事会の議事に基づいて運営されています。

当然国際機関として位置づけられるAIIBも同じ仕組みに基づくべきものであるべきですが、
これに対して中国の楼継偉財政相は「西側諸国のルールが最適とはかぎらない」と、明確に否定しています。

AIIBの最大の出資国は中国であり、本部は北京に置かれ、主要言語は中国語で、
総裁は中国の政府高官経験者が担うことが表明されています。

そしてその総裁によるトップダウンによって融資案件を決定することにすると表明しているわけです。
つまり、実質的には中国共産党直系の組織だと見るべきものです。

(中略)

 そしてこれは、戦後を支えてきた米ドル一極支配に対する明らかな挑戦だともいえます。
中国は人民元を基軸通貨とする経済圏をアジアで構築しようという意図を隠していません。

ですから、米ドル支配を快く思わない欧州勢がこのAIIBに乗ったのは、
そういう意味では国家戦略的な意図もあったともいえます。

米国は当然面白くないはずです。

米ドルが世界的な基軸通貨から転落すれば、
アメリカは従来のように経常収支の赤字を続けていくことができなくなり、米国の没落は必然になるからです。

従ってAIIBにより将来の米中対立は不可避となったと言ってよいでしょう。

この点からも対中戦略的に米国を味方に引きつけたい日本としては、
参加しないことが正しい判断だといってよいと考えます。

(転載終了)
==


なるほど、

先日の「正義のミカタ」で石平先生もAIIBを解説されていました。


他人のふんどしで、
相撲を取り
他国のお金で国益を釣る

石兵


○正義のミカタ 3月28日FULL
ドイツ航空機墜落/歴史認識突きつける中韓/沖縄普天間基地移設問題
https://www.youtube.com/watch?v=_XyvR2iguCQ


でも、この番組でも、
ここまできたら、日本もAIIBに参加になるんでしょうね。って雰囲気でした。

「損して得取れ」
「対中戦略的に米国を味方に引きつけたい日本」

よくよく冷静な判断が必要ですね。


====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 12:55:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/31のツイートまとめ | ホーム | 03/30のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4810-aeffd9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)