にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【祝・外務省のHPで公表へ】1969年発行の中国地図「尖閣は日本領」 

本日は嬉しいニュースです!!

拙ブログでも、2015/01/23にお伝えしました
1969年に中国政府は「尖閣諸島の日本領有を明確に示した地図を作成していた」
事実ですが、

(拙ブログ参考)
●【決定的新資料発見!】
1969年、中国政府は「尖閣諸島の日本領有を明確に示した地図を作成」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4699.html


この時点では、外務省が公表する予定がなかったのですが、
公表する方向になったようです。

外務省と公表に動いてくれた自民党、安倍政権に感謝を伝えましょう!

そして、
この【尖閣諸島の日本領有を明確に示した地図】をどんどん拡散しましょう!!


詳しくは、本日(2015/3/10)の「ロシア政治経済ジャーナル」の記事
「ありがとう、外務省!」をどうぞ!


--(転載開始)--

★ありがとう、外務省!
http://archive.mag2.com/0000012950/20150310000000000.html


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!



北野です。




何かと批判されることの多い外務省。


しかし、私個人は、とてもいい印象をもっています。


たとえば先日、用があって在モスクワ日本領事部にい
ったのですが。


対応してくださったHさんは、「リッツカールトン級」
に親切で驚きました。



RPEには外務省勤務の読者さんもたくさんいるようです。


時々お会いする機会もあるのですが、皆さん国益を考え、
歴史観、大局観をもって、日本のために働いておられます。


もちろん、たまたま私が会った人がすばらしかっただけかも
しれませんが。


いずれにしても、今回はマクロで、外務省に


「ありがとうございます!!!」


とお礼をいいたくなりました。


なんの話でしょうか?


RPEでは2015年2月3日号で、


「中国政府が1969年に発行した地図で、

尖閣諸島は【日本領】になっている!」


という話をしました。


思い出していただくために、一部転載します。




<日本にとって現在もっとも深刻な問題。


それはいうまでもなく、中国が、「日本には尖閣の領有権もない!

沖縄の領有権もない!」


と全世界でプロパガンダしていることです。


「日本に沖縄の領有権がないなんて、そんなバカな!」


と普通の日本人は思います。


しかし、「プロガンダ」を熟知した中国が、100万回、1000万回、1億回
繰り返しているうちに、


世界中で信じる人が増殖していくでしょうから、要注意です。



ところで、私がとても尊敬している朝香豊先生から、超重要
情報を教えていただきました。


なんと、中国で1969年に発行された地図には、明らかに


「尖閣諸島は日本領になっている!」というのです。


許可を得て、ここに転載させていただきます。


(ちなみに朝香先生のブログ

「岐路に立つ日本を考える」

はメチャクチャ有益です。

これを機会に、是非ご一読ください。

http://ameblo.jp/minna4970/entry-11980500798.html



【転載ここから▼】


【拡散希望】尖閣日本領有の決定的新資料発見!



大スクープです。


ジャーナリストの水間政憲氏が、1969年に中華人民共和国政府が
発行している地図において、尖閣諸島の日本領有を明確に示した
地図を作っていたことを明らかにしました。


尖閣周辺に大量の石油が眠っているのではないのかと国連が報
告を出したのも同じ1969年ですので、まさにこの報告が出てから中
国が領有権の主張を完全に変えたことが、よりいっそう明らかに
なりました。



水間氏はこのことを現在発売中のVOICE2月号に発表し、VOICE
に掲載された写真のカラーコピーを中国人に拡散することを求め
ています。


中国のネットにも情報が拡散されることを期待しているわけです。


ですので、ぜひ皆さん、VOICE2月号を購入して、ガンガンと情報
を拡散しましょう。



VOICEの購入ができなかった方は、以下からダウンロードするこ
ともできます。


但し、著作権の観点から、ネットでの拡散限定でご使用下さい。
https://t.co/xi2OHe7f4K


ところで、水間氏が大変気になることを一つ述べています。


このスクープを一面トップでカラー刷りで掲載してみないかと、と
ある全国紙に打診したのに、この新聞社は掲載を見送ったとの
ことです。


水間氏は打診先がどの新聞社か明らかにしておりませんが、水
間氏が打診しているわけですから、朝日新聞や毎日新聞や東京
新聞では恐らくないでしょう。


こんなところからも、我々が思っている以上の闇がマスコミを覆っ
ていることが伺えます。


さらに不思議なことには、外務省がこの地図をウェブページに掲
載するのを拒絶したようです。


私たちが声を上げていかないと、この日本の状況は変わらないこ
とを、こんなところからも理解できるのではないでしょうか。>


【転載ここまで▲】



ここから北野です。


皆さん、是非大拡散お願いいたします。>

(●ここまでRPE2015年2月3日から)




「中国は少なくとも1969年まで、『尖閣=日本領』と認めていた」

決定的証拠が出てきた。


私たちは、とても喜びました。

しかし、一方で、このフレーズでがっかりもしました。


<外務省がこの地図をウェブページに掲載するのを拒絶した>




私はメルマガ2月3日号の最後にこう書きました。


<このメルマガを読んでいる、外務省の方、マスコミの方。

日本のために気概をもって、日本、中国、世界に発信していただ
きたいと思います。

なにとぞよろしくお願いいたします。>



そして、先日、こんなニュースが飛び込んできました。




<中国地図「尖閣は日本領」 外務省公表へ
産経新聞 3月6日(金)7時55分配信
*
*
 自民党は5日の外交・経済連携本部などの合同会議で、尖閣諸島
(沖縄県石垣市)を日本領土として表記した中国の1969年発行
の地図のコピーを外務省に渡した。

 同党によると、尖閣の領有権を主張する中国が当時、日本の領有
を認識していた事実を裏付ける資料で、外務省がホームページ(HP)
で公表する予定という。>




外務省が方針を変えたのですね。


これで私は、外務省に「ありがとうございます!!」といいたかった
のです。


もちろん、それを後押ししたのは、安倍総理と自民党。


ですから、総理と自民党の皆さんにも、感謝です。


国家は、いつでもどこでも強気でいけばよいというわけではありま
せん。


しかし、尖閣をめぐる情報戦については、人材と資金を投入して、
ドンドンやるべきです。


なんといっても、中国は、「日本には尖閣ばかりか沖縄の領有権も
ない!!!」

と世界中で大プロパガンダをしているのですから。


===========================================================

○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」

発行者 北野 幸伯

Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358


=======================================RPE Journal=========

--(転載終了)--


====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/03/10(火) 12:42:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/10のツイートまとめ | ホーム | 03/09のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4773-9221af5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)