にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【青山繁晴】自称『イスラム国』を追い詰めたのは、国を持たないクルド人の女性部隊

昨日、2/11放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

「アンカー」少女の覚悟がISILを追い詰め『百年』を動かす!
クルド人による独立国家樹立へ?

を見ました。

こちらで観れます。

=========================
○文字起こし(ぼやきくっくりさん)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1681.html

○動画(我が国のかたち)
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11988589925.html
=========================


「クルド人の女性部隊」では、他の報道番組などでも、
取り上げられていますので、ご存じの方も多いかと思いますが、


是非、動画で全編ご覧ください。衝撃的です。
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11988589925.html


で、アメリカはどうしているのか?

こんなことが予想されています。

「日本政府高官によると、自称『イスラム国』を追い詰めるために、
『アメリカはクルド人に武器とカネを水面下で与えている』」


「政府高官によると、
『アメリカはクルド人に、国と油田を与える約束をしているのではないか』」


国を持たないクルド人が、
国を持てるのは、ハッピーなことに思えますが、
単純な話ではないのですね。。。


8か月(2014/06/18)ほど前の古い記事ですが、
東田剛先生が、トルコのクルド人政策の問題について書いておられます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/06/18/korekiyo-101/


拙ブログでも紹介したのですが↓

●【イラク情勢】混乱の原因はトルコのクルド人政策?
中東の火薬庫になるトルコに原発を売り込む日本
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4382.html

一部引用します。

~~(引用はじめ)~~

今日の東田先生の記事では、
イラクで、イスラム過激派ISILが攻勢を強めている状況を解説されています。


私も読みましたが、1回読んだだけではわかりませんでした。


ざっくりいうとこんな感じかと思います。


1)ISILはシリアの内戦で、勢力を拡大させましたが、

  ・トルコは反アサド勢力であるISILを支援していた疑い。
  
  ・トルコは、ISILに対して
   北シリアにおいて自治を目指す【クルド人勢力】
   と闘うための武器を供与したとして非難されている。


  【ISILを手を貸していたのトルコ???】


2)イラクでクルド人独立国家ができる可能性が出てきましたが・・・

 
  イラクのクルド人勢力がどさくさにまぎれて、
  石油資源が豊富なキルクークを占領しました。

  ところで、クルド人ってどんな人々?

  全体では2000万人以上いるとされる。
 
 「国家を持たない世界最大の民族」と呼ばれ、
  クルド人は、イラン、イラク、シリアそして【トルコ】にいる。


4)トルコは、国内にクルド人の分離独立運動を抱えているが、
  最近は、クルド人勢力との和解につとめていた。


5)トルコは、【イラク国内の分裂を警戒して反対するアメリカを無視して、】
  イラクのクルド人勢力に接近し、
  クルド自治区における石油開発に巨額の投資を行った


6)クルド人勢力は、イラク国内で最も安全なクルド自治区に加え、
  石油資源の豊富なキルクークを手に入れたことで、
  【独立国家の樹立に動く可能性が高まる】


7)イラクにクルドの独立国家ができると、その影響は国境を越えて波及する。
  シリアや【トルコ】のクルド人勢力も分離独立運動を強めるおそれ。

  もちろん、トルコは、クルド人の独立国家の樹立など、望んでいない。


ん、難しい。。


~~(引用おわり)~~

もし、

『アメリカはクルド人に武器とカネを水面下で与えている』

『アメリカはクルド人に、国と油田を与える約束をしているのではないか』


という話が本当なら、トルコ、アメリカ、クルド人の関係は
どうなるのでしょうか、、、


さっぱりわかりません。。。


トルコは大親日国ですので、
とても大切にしたい国です。

詳しくはこちら↓

●【祝】トルコが「エルトールル号」を再現し親善航海へ! 
日本で「エルトゥールル号」の映画撮影へ!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4668.html


ただし、日々刻々と変わる国際情勢を読まないと、
トルコに接近しすぎるのも、危険なのかも知れませんね。


今、世界史的な動きが起きているのは、間違いないのでしょうね。

中東との関係の良い、日本が世界に貢献できますように。


====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/02/12(木) 12:38:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/12のツイートまとめ | ホーム | 02/11のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4729-cebce985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)