にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【西村眞悟】安倍晋三談話はいらない

メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル(RPE)」の2015/1/9号の
「おたよりコーナー」で私のメールを紹介頂きました!!

こちらです。

~~(引用はじめ)~~

★Oさまからのメール


北野様


毎度のご紹介ですが、

昨日の青山がズバリは、
「選挙大勝、盤石の安倍政権に憂い、自公政権が抱える難題、
  拉致進展は?青山解説」でした。

(動画:ブログ「我が国のかたち」)
http://ameblo.jp/blogdetox/entry-11974413388.html

(文字起こし:ブログ「ぼやきくっくり」)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1666.html


ズバリのコーナーでなく、最初のニュースで、
【安倍談話】について解説されました。

【総理はもうはっきりおっしゃればいいんですよ。
 中韓は政治的に利用しようとしてるから、
 アジアと世界の平和にとって良くないから、談話出しませんと言えばそれでいい。】

だそうです。

青山さんも反日工作の効き目をよく理解されていると思います。
日本の保守層も冷静に対応して欲しいですね。

村山談話、河野談話にみなさん拘りますからね。。。

拙ブログでも紹介致しました。

●【青山繁晴】中韓は政治的に利用するから、
【安倍談話】は出しませんと言えばいい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4670.html

いつもありがとうございます。

~~(引用おわり)~~


紹介頂いて、とても嬉しいです。


そして、RPEのメルマガ本文の記事も
とても重要な内容です。

こちら↓

○【RPE】★2015年、日本の岐路2
((中国、【驚愕】の対日戦略とは?)
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html


とても、すっきりとまとめられて、
分かり易いので、是非お勧めです。

「安倍談話」を出すべきでない理由がよくわかります。


さて、関西の保守層で人気のある政治家の代表、
西村眞悟先生も、「安倍晋三談話はいらない」と
仰っています。

1/8のブログ記事です。一部転載します。↓

==================
○安倍晋三談話はいらない
西村眞悟の時事通信 平成27年1月8日(木)
http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1053

新春、「戦後七十年」の本年、安倍晋三談話をだすとの意向が総理から表明された。
 そして、その内容は、村山富市談話などと整合性をもつ内容になるという。

 そこで言っておく。
 「戦後体制から脱却する」、「日本を取り戻す」と言っている者が、
 その戦後の中から「戦後七十年談話」を出す必要はないだろう。
 
 戦後十年ならば、「もはや戦後ではない」と言っても違和感はない。
 しかし、七十年も経って、戦後からの脱却を唱えている者が、
 戦後にどっぷり漬かったような「戦後七十年談話」はないだろう。
 一体、昨年末の総選挙は何のためにしたのだ。戦後からの脱却を掲げて戦後に逃げ込むためか。
 こういうのを、羊頭を掲げて狗肉を売るというのだ。

 安倍総理大臣、
 村山富市が総理の時、「戦後五十年談話」という祖国に泥を塗る談話を出した。
 その時、阪神淡路大震災が勃発した。

 総理の馬鹿さ加減を示す歴史的文書としての総理談話は、
 あの御仁の「戦後五十年」でもうたくさんではないか。

 貴兄が、それから二十年も経っているのに、
 なおもあの御仁の談話と整合性がある支那・朝鮮が喜びそして原爆投下のアメリカが安堵する
 「戦後七十年」を出したら、
 本年、天変地異が我が国を襲う予感がしてきた。

 それは、大化の改新の際に、天皇が神に誓った誓文にもあることだ。
 即ち、誓いに反することを為したら、天変地異が起こる、と。

(引用者中略)

 この観点から、村山談話や、本年に予定されている安倍談話への動きを観れば、
 これは、支那の「抗日戦争勝利七十年」の大騒ぎに迎合した、
 民族の自覚なき、無国籍の、抜け目のない、その瞬間の自分の安楽にしか関心のない、
 出世主義者の戯言にすぎない。

 安倍晋三君、「総選挙に勝利した」と少々うきうきするのは分かる。
 しかし、注意されよ。
 歴史に汚名を残すな。

(転載終了)
==================

西村眞悟先生も、かなりお怒りですね。


ですから、「安倍談話」を出しても、
日本の保守層は、安倍総理にがっかりします。

とはいえ、安倍総理は、保守層の人気を気にしますので、
その辺を考慮して、談話を出すと思います。

そうすると、実に中途半端な談話ができあがります。

どうころんでも、中国は喜びます。
どうころんでも、日本の保守層はがっかりします。

だったら、安倍総理は男らしく、

中韓は政治的に利用するから、
【安倍談話】は出しません!!
と言えばいい。

でいいと思います。

日本の保守層の方は、
小野田寛郎さんの「母」の口癖も肝に銘ずるべきだと思います。

<「負けて泣くような喧嘩はするな。
 勝つ自信が持てるまで我慢しろ」 >

詳しくは、拙ブログで↓

●ジャンプ葛西選手、亡くなる前の「母」の手紙/
ラストサムライ・小野田寛郎さん、「母」の口癖
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4155.html


さて、西村真悟先生も青山繁晴先生も関西で大人気ですが、

同じく関西ローカルの朝日放送の
「教えてニュースライブ!正義のミカタ」(東野幸治さん司会)では、

中国問題を石平先生が頻繁に解説されています。

年末、12/27放送分はこちら↓ (そのうち削除されると思いますが・・・)

【正義のミカタ】2015年中国が大々的な反日運動を実施?
領土・歴史問題でも日本はピンチに陥る?! 2014年12月27日
https://www.youtube.com/watch?v=46Zyps4o6X0


年明け1回目の昨日(1/10)放送分も、
石平先生が中国の世界進出戦略を解説されていました。

この動画が見当たらないのですが、
とても面白かったです。


何がいいたいかと言いますが、
関西情報ピラミッドは、結構イケテいます。(笑)


しかも、この番組は、あの「朝日!」系列の朝日放送ですからね。

こういう番組が全国でもどんどん放送されますように。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2015/01/11(日) 11:17:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<野茂さん野球チーム 拠点にしている【城崎温泉街】火災の復旧支援へ! | ホーム | 01/10のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4675-5b96bc97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)