にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【英紙ガーディアンの一面トップ】<OECDはきょう、トリクルダウンという考え方を捨て去った>

本日(2014-12-16)の三橋貴明さんのブログ記事

○反トリクルダウン的政策
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11965139487.html

は、是非多くの人に読んでもらいたいです。


一部転載します。

~~(引用はじめ)~~

 総選挙で取り上げるのが遅れましたが、
OECDが「ある意味で決定的」なレポートを出しました。

『【コラム】筆洗
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2014121302000130.html
 「金持ちの富を減らせば、貧しい人は、より貧しくなる」。

英国の名宰相とうたわれたサッチャーさんが政治信条とした考え方だ

▼「金持ちをより豊かにすれば、貧しき人々も潤う」。
サッチャーさんや米国のレーガン大統領は一九八〇年代、
そういう考えで市場原理主義に沿った規制緩和や富裕層への減税などを進めた。

いわゆる「トリクルダウン(したたりおちる)」効果を信じてのことだ

▼その結果どうなったか。

経済協力開発機構(OECD)は今週の火曜日、
「多くの国で過去三十年間で所得格差が最大となった。
格差拡大は各国の経済成長を損なっている」との最新の分析を発表した


▼推計によれば、
格差拡大のために成長率はここ二十年間で米国で6%、
日本で5・6%押し下げられた。

つまり金持ちはより豊かになったはずなのに、貧しき人は貧しいままで、
経済全体の活力もそがれてきたというのだ。

欧米有力紙はこの分析を大きく伝え、

英紙ガーディアンは一面トップでこう断じた。

<OECDはきょう、トリクルダウンという考え方を捨て去った>

▼格差是正の鍵は教育だが、
例えば米国では公立大学の授業料がここ二十年で一・六倍に上がり、
貧困層の進学を妨げているそうだ。

日本の国立大学はどうかといえば、
平成になってからの二十年で一・五七倍

▼日米とも結局、したたり落ちているのは、若い世代の悔し涙なのか。』



 東京新聞は、例によって「それっぽい」書き方をしていますが、
OECDのレポートの肝は「格差反た~い」という話ではなく、
「格差拡大が成長を損なう」という部分です。

 というわけで、原文の方を見てみましょう。

『 所得格差は経済成長を損なうか?
http://www.oecd.org/els/soc/Focus-Inequality-and-Growth-JPN-2014.pdf
 蔓延している所得格差の拡大が社会・経済に及ぼす潜在的な悪影響が懸念されている。最新のOECD 調査によると、所得格差が拡大すると、経済成長は低下する。その理由のひとつは、貧困層ほど教育への投資が落ちることにある。格差問題に取り組めば、社会を公平化し、経済を強固にすることができる。 』

~~(引用おわり)~~


なるほど、そりゃ、日本共産党も躍進しますよね。。


このトリクルダウンについては、
昨日の拙ブログでご紹介したとおり、民主党の前原さんが
安倍政権の批判に使われています。

こちら↓
●【高市総務大臣vs宮崎哲弥】
消費税を8%にしたのは【反省いたしておりません】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4638.html


ということは、これから野党が安倍政権を批判する材料として
どんどん使ってくると思います。

これからは

あのOECDが!!
欧米有力紙が!!

【所得格差は経済成長を損なう】

をネタに使えるのは大きいと思います。


とりあえず、民主党さん、

【トリクルダウンの考えた方は古い!!】

を推し進めて下さい!!


甘利大臣の経済対策は、2世代前だ!!
も是非(笑)↓

(拙ブログ参考)
●(必見動画)【甘利大臣】藤井聡先生は、経済担当の顧問でなく、
その経済対策は一世代前の考えである。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3815.html


さて、勉強してくれるでしょうかね(笑)↓

●【この不景気は甘利の勉強代?】
甘利経財相「デフレ下で消費増税を行うことの影響について学べた」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4593.html


====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2014/12/16(火) 12:34:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/16のツイートまとめ | ホーム | 12/15のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4640-8f92a6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)