にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【松坂大輔は単身赴任】妻「私は日本に帰らない。子供たちを国際舞台で活躍できる人間に育てたいの…」

本日の日経ニュースですが、


○内閣支持率42%、初めて不支持と並ぶ 本社世論調査
2014/12/11 23:06日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H43_R11C14A2MM8000/

【支持率は前回に続き第2次安倍内閣で最低。支持率と不支持率が並ぶのは初めてだ。】


なのに、、ですよ。

同じ日経ニュースです。

○夜8時、開票0%で「当確」の不思議
選挙だ、急げ!(9)最終回
(1/2ページ)2014/12/12 7:00日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80788400R11C14A2I00000/

10日、都内のテレビ局本社で衆院選投開票日の番組会議が開かれた。
4日後に迫る投開票日の速報体制についての詰めの調整だ。
 約1時間の会議の中では、こんなやりとりがあったという。

 「8時の当確リストは何人くらいだ?」

 「すでに200人を超えました。焦点は自民党が単独で3分の2以上の議席を確保するかどうかです」

 「8時当確」とは、投票を締め切る午後8時の段階で流す当選確実の速報のことを指す

===


内閣支持率が最低を更新のままなのに、
自民党が単独で3分の2以上に迫る勢い。

投票率下がるでしょうね。。。

むしろ投票率が史上最低を大きく更新する方が良いような気がしました。

この方は落選して欲しいですが、

●自民300議席越えへの裏で、西川農相、塩崎厚労相の落選危機
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4624.html



さて、本日の施 光恒先生のメルマガ記事です。

元気がなくなる話です!!!

松坂大輔さんは単身赴任なんですね。。
凄く寂しく感じました。

これからは、橋下徹さんみたいに喋る人が、
優秀な人と見なされるのですかね。

いや、違うでしょう。
時代は確実に変わっていると思います。

是非どうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2014/12/12

○【施 光恒】元気がなくなる一本道
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/12/12/se-49/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学



もう約一か月になりますが、高倉健さんが亡くなりました。
私は、網走番外地シリーズなどのヤクザ映画時代の健さんの作品はあまり観ていません。ですので、年配のかたには「まだまだ」と言われそうですが、私も高倉健ファンでした。

特に、「幸福の黄色いハンカチ」、「遥かなる山の呼び声」、「駅 STATION」、「居酒屋兆治」、「夜叉」、「ブラックレイン」、「鉄道員」などは、繰り返し見ました。

無口で不器用、実直で職人肌。必ずしも日は当たらないけれども、一本筋が通っていて、端正な生き方を貫く。人情に厚く、義理は果たす。高倉健さんは、日本人なら男も女も惚れてしまうような人物を数多く演じました。

高倉健さんも、また健さん演じる映画の登場人物も、多くの日本人に愛されたわけですが、残念ながら、今後の日本では、そのような「無口で不器用、実直で職人肌…」の人物は、ますます生きづらくなってしまうでしょう。

今度の選挙、やはり自公が大勝しそうですから、新自由主義的政策がいっそう連発され、グローバル化にも拍車がかかります。(民主や維新などの野党がもし勝ったと仮定しても政策実現の手際が悪くなり、スピードが遅くなるだけで、新自由主義化やグローバル化の方向性はあまり変わらないでしょう)。

「国際競争力」の維持・強化という名目の下、労働賃金は上がらず、雇用は不安定化し、派遣社員はさらに増えていきます。格差社会化が進み、コツコツ努力し、実直に働いても報われにくい社会なります。

実際、「コツコツ努力しても報われない」と感じる若者が増えています。

若者3割「努力報われない」=将来見通し、経済評価好転も-国民性調査・統計数理研(『時事ドットコム』2014年10月30日配信)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014103000808

また、アメリカのように、日本社会でも自己主張がますます重んじられるようになるでしょう。

小中学校でディベート教育を導入しようとか、大学入試でも面接や集団討論を重視するようにしようなどの提案が出されています。英会話能力もますます重視されるようになります。高倉健的な「無口で不器用」気質の人は、まことに生きづらい世の中になってしまいそうです。(高倉健さんはプライベートではわりとおしゃべり好きで、英語もうまかったと聞きますが)。

また、最近の話題では、こちらも考えさせられました。若干、ゴシップ的ネタで恐縮です…(^_^;)

***
松坂大輔に単身赴任決意させた妻の「私は日本に帰らない」
(ヤフーニュース(=『女性自身』)12月9日付)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141209-00010001-jisin-ent

「9年ぶりに日本球界に復帰することになった松坂大輔投手(34)ですが、実は家族をアメリカに残しての“単身赴任”になるのだそうです」と語るのは、ボストン在住のジャーナリスト。12月5日、福岡市内でソフトバンクホークスへの入団会見を行った松坂。3年間で12億円という破格の契約だ。(略)

日本球界への復帰を決意した松坂だったが、倫世夫人(40)は帰国に難色を示したという。夫妻には9歳・6歳・4歳の3児がいるが、倫世夫人は子供たちをアメリカ、特にボストンで育てることにこだわっているのだ。彼女は、知人にはこう漏らしているという。

「子供たちを国際舞台で活躍できる人間に育てたいの…」

松坂一家の“ボストンの家”は高層マンション。(略)「部屋数が12もあり、家賃は月額400万円だそうです。子供たちは地元のセレブの子弟が通う、私立の小学校や幼稚園に通っています」(前出・ジャーナリスト)。

その学費も3人で年間1千万円を越えるという。(略)
***

一応、地元ということでホークスを応援している私としては、松坂投手のホークス加入はもちろん嬉しいニュースです。
(っ`・ω・´)っオウエンスルバイ

どーでもいいことですが、松坂投手の奥さんは福岡出身です。倫世夫人は、私の姉が通っていた高校の卒業生ということで、なんか親近感がありました。松坂投手がホークスを選んだと聞いたとき、「奥さんの出身地だから、そのことも要因の一つかな」と思いました。

ですが、このニュースにあるように、奥さんと子供は、福岡なんぞにやって来ずに、米国のボストンに留まるということです。

個人的感想を少し言わせてもらえば、松坂投手はちょっとかわいそうだなと思います。他の週刊誌記事によると、お子さんたちはアメリカに適応しすぎ、日本語のほうを忘れてしまいそうだということです。

父親は単身赴任で、家族は海外。たまに会う子供は、言語面でも、おそらく感覚の面でも、外国人っぽくなってしまっている。ちょっとつらいですな。(よその家庭のことをとやかくいってスミマセン<(_ _)>)

ときどきネットのニュースなどでも目にしますが、韓国では、父親が韓国内で一生懸命働いて、母親と子供は、子どもの海外留学のためにアメリカなどで暮らす。そういう松坂家のような状態は、割とよくみられるようですね。

今回の松坂家の選択は、今後日本でも、合理的な選択だといわれるようになるかもしれません。

日本社会の新自由主義化やグローバル化が進めば、デフレはいっそうひどくなり、市場は縮小し、日本社会の活力は失われていきます。若年者雇用の不安定化も進行し、少子化が深刻化します。企業はますます「打って出ろ!」と叫び、外需依存体質が顕著になります。

英語化も進みます。小学校で英語が正式教科化され、私立中学の入試には英語が入ってきます。大学入試にはトーフルが必修となり、英語での面接や集団討論なども求められるようになるんじゃないでしょうか。良い大学であればあるほど、英語で行う授業の割合も高くなりそうです。東大なんかは結局、半分以上を英語での授業にしてしまいそうです。

結局、近い将来、高等教育を受けるにも、稼ぎの良い職業に就くためにも、英語が必要ということになるでしょう。

教育熱心で裕福な家庭では、小学生の時から英語研修のために子供を海外にやるところが増えそうです。教育費がますますかかり、経済的格差も生じます。「英語派日本人」と「日本語派日本人」との間で意識の断絶も生まれます。

日本は、現在、政財界が、国民の税金を使って一生懸命そういう社会を目指して「改革」を続けています。

最近の日本、ほんと変ですよね。自分が好み、落ち着ける社会を自らぶっこわそうとしているわけですから…((+_+))。まったく元気がでません…。

先日の佐藤健志さんのメルマガでも触れられていましたが、自民党の今回の選挙スローガンは「この道しかない」です。これって、イギリスのサッチャー首相がかつて多用した”There is no alternative!”(「代案はない!」)のパクリですよね。

「グローバル化は不可避の時代の流れであり、抗うことができない宿命だ!」「新自由主義的改革こそ唯一の解決策だ!」

イギリスの政治学者アンドリュー・ギャンブル氏は以前から強調していますが、こういう一種の「宿命論」を振りかざすのは、新自由主義者の常套手段です。(面白いことに昔のマルクス主義者もそうです。両者とも、一種の歴史法則主義なんですね)。

本来、政治家の役割の一つは、そのために一緒に努力できるような魅力的な将来構想を提示し、国民に問いかけ、皆を鼓舞することです。

明日への活力を引き出す構想の一つも提示できず、「この道しかない」というのでは政治家失格です。

それに、本当に「この道しかない」のであれば、民主主義なんか要らないですね。新自由主義者は、本音では、新自由主義の教義に基づき政策を進められればよく、民主的プロセスなんてなくしてしまえればいいと思っているわけですが。

といっても、民主党をはじめとする左派政党は、国家観や安全保障がダメダメですので、投票の代替案になりませんし。結局、少し前に産経新聞の地元版に書きましたが、選択肢があまりない選挙となり、投票率が史上最低になってしまうのではないでしょうか。

【施光恒の一筆両断】「自公の優位揺るがず 投票率低下は確実」(『産経新聞』(九州・山口版)2014年11月27日付)
http://www.sankei.com/region/news/141127/rgn1411270083-n1.html

三橋さんがよく指摘なさっていますが、日本社会を覆っている根拠のない自虐論を払しょくすべきですよね。

日本人が最も落ち着くことができ、愛着のもてる社会を取り戻す。そのために、一つ一つできることを進めていく。そういう改革だったら、やる気になるんですけどね。

長々と失礼しますた…
<(_ _)>

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

スポンサーサイト
  1. 2014/12/12(金) 12:47:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/12のツイートまとめ | ホーム | 12/11のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4632-5f67a560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)