にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【「停戦合意」の翌日】アメリカはウクライナへの兵器供給、軍事支援を決める

本日(2014/9/16)のメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル(RPE)」の記事、
「★欧米がロシアに【痛い!】追加制裁、プーチン訪日は???」を読みました。

あの「停戦合意」がなされた「次の日」、アメリカはこんなこ
とをしているとは知りませんでした・・・

エゲツナイですね。

~~(引用はじめ)~~

さらに、「停戦合意」がなされた「次の日」、アメリカはこんなこ
とをしています。



<「米などが兵器供給」=NATOと合意─ウクライナ高官


時事通信 9月7日(日)23時50分配信


 【モスクワ時事】ウクライナのルツェンコ大統領顧問は7日、ポ
ロシェンコ大統領が出席した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、
米国など加盟5カ国から兵器供給を含む軍事支援を受けることで合
意したと明らかにした。


 ルツェンコ顧問が交流サイトで公表したところよると、5カ国は
他にフランス、イタリア、ポーランド、ノルウェー。ロシアの軍事
介入にさらされるウクライナに対し、近代的兵器の供給や軍事顧問
の派遣が実施されるという。>


現在、ウクライナと、親ロシア派が内戦をしている。


プーチンの仲介で停戦合意がなされた。


その翌日に、アメリカはウクライナへの兵器供給、軍事支援を決
めた。


なんのために?


つまり、「ウクライナ政府よ、最新の兵器をあげるから、がんば
って戦争に勝利しなさいよ!」ということ。


要するに、アメリカは、「話し合い」ではなく、


「この停戦をうまく使って、陣容を立て直し、準備万端で戦闘を
再開しなさい」


という意志表示をしている。


(そして、停戦は長くつづかず、ウクライナ軍の準備がととのっ
た時点で再開されることでしょう。)




プーチンは、そんなアメリカを批判します。

~~(引用おわり)~~


プーチンでなくても、ロシア国民は怒りますよね。。


日本もプーチンびいきになっていますが、
世界でもプーチンを応援している人が増えているみたいですね。


〇世界中でプーチン大絶賛
「地球を救う救世主だ!世界を変えて!愛してる!」欧米の市民運動がヤバイ!
http://blog.goo.ne.jp/kill_me_deadly/e/79c92a0abc5c95ad18d6a29add633844

かなり偏っている意見だとと思いますが(笑)


こんな状況ですが、
日本のロシアとの付き合い方をRPEで解説されています。

プーチン訪日延期は、「やむなし」の状況ですが、
森元総理がプーチンに会いに行ったのは、良かったようです。


ところで、
「おたよりコーナー」で私の消費税増税に関するメールをご紹介頂きました!!

日本共産党のポスター付きで。(笑)

よほど消費増税反対の動きがないと、
このまま上がりそうですね。。。

信じられないですが・・・

藤井聡先生の本日のメルマガ記事も拡散されて欲しいです。

こちら↓
【藤井聡】問題なのは「政府の借金」ではない,「民間の借金」である.
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/09/16/fujii-108/


でわ、全文でどうぞ↓

RPE Journal==============================================


ロシア政治経済ジャーナル No.1107  2014/9/16


●【RPE】★欧米がロシアに【痛い!】追加制裁、プーチン訪日は???
http://archive.mag2.com/0000012950/20140916000000001.html
===========================================================

では、本題。


欧米がロシアへの追加制裁を決めました。


一方、日本からは森元首相が訪ロされ、プーチンと会談。


欧米とロシア、そして、日本とロシアの関係は今、どうなってい
るのでしょうか?





▼欧米、ロシアに「痛い」制裁





今年2月にウクライナで起こった「革命」。


3月、ロシアはサクッと「クリミア」を併合し、世界を驚愕させま
した。


これに勇気を得たウクライナ東部。(ロシア系住民が多い)


具体的には、ドネツクとルガンスクが独立を宣言。


ウクライナ政府はこれを阻止するために軍隊を送り内戦が勃発し
ます。



クリミア問題もそうですが、ロシアはその後、「ウクライナ東部
の親ロシア派を支援している」


ということで、欧米、そして日本は制裁を強めていきました。


そして、また。





<ウクライナ情勢>EU対露追加経済制裁 資金調達禁止など


毎日新聞 9月12日(金)20時52分配信


 【ブリュッセル斎藤義彦】ロシアがウクライナ東部に軍事介入し
ている問題で、欧州連合(EU)は12日、ロシアの石油大手や軍
事企業を対象に、EU域内での資金調達禁止を柱とする追加経済制
裁を発動した。

米国も12日、金融、エネルギー、防衛の各分野で制裁の具体策を
発表した。

欧米は足並みをそろえ、ロシアに対し、ウクライナ東部の停戦だけ
でなく、不安定化工作をやめるよう圧力をかけた。>






今回は、「石油・ガス」「軍事」「金融」まで制裁がおよびます。


徐々に強化されていますね。


もう少し具体的に。





<EUは12日の官報で、


露石油大手ロスネフチと

ガスプロムネフチ

▽石油パイプラインを扱うトランスネフチ

▽ミグ戦闘機などを製造する統一航空機製造会社など軍事3社

--によるEU域内での資金調達を禁止。

小銃を生産するカラシニコフ社など9社に対しては、軍事転用でき
る民生品の販売や技術提供、融資を禁じた。

EUはまた、貯蓄銀行(ズベルバンク)など政府系金融機関5行へ
の融資を禁止。

深海や北極海での石油生産、シェールオイル開発などの技術援助も
禁じた。>



<米国の追加制裁対象はガスプロムや貯蓄銀行など、防衛、金融、
エネルギー分野の主要企業で、すでに制裁を受けていた企業も含む。>


(同上)





制裁対象が、ロシアを代表する企業におよんでいることがわかりま
す。

(欧州は、冬季にガス供給を止められたら困るので、天然ガス最大手
ガスプロムを制裁リストに入れていません。

しかし、アメリカはガスプロムを制裁リストに入れています。)






▼失望するロシア




EUはこんなこともいっています。




<ただ、ロシアが和平に貢献する場合、制裁を停止・修正できると
しており、月末に制裁を見直す。>(同上)





これなんですが、ロシアは、欧州の制裁に非常に憤っています。


なぜか?


少し前にこんなことがあった。





<露大統領、ウクライナ和平への行動計画を発表


AFP=時事 9月4日(木)8時49分配信


【AFP=時事】ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)
大統領は3日、ウクライナ政府軍と親ロシア派武装勢力との和平に
向けた行動計画を示し、5日までに双方がこれに合意することを期
待すると述べた。>





プーチンが「和平に向けた行動計画」を発表した。


で、どうなったか?




<ウクライナと親ロ派勢力、停戦で合意


CNN.co.jp 9月6日(土)13時36分配信


モスクワ(CNN) ウクライナ東部で続く政府軍と親ロシア派武
装勢力の戦闘を巡る和平協議が5日、ベラルーシの首都ミンスクで
開かれ、ウクライナ政府と親ロシア派の代表が停戦合意書に署名し
た。>




ロシア、EU、ウクライナ、親ロシア派が「停戦合意」に達した。


発案したのはプーチンだった。


で、現在にいたるまで、なんやかんやと「停戦」はつづいています。






<親ロ派、捕虜1200人解放 停戦合意を一部実行


朝日新聞デジタル 9月9日(火)1時40分配信


 ウクライナのポロシェンコ大統領は8日、政府と親ロシア派によ
る停戦合意後の4日間で、親ロシア派に拘束されていたウクライナ
軍の兵士ら計1200人が解放されたことを明らかにした。

訪問先の東部ドネツク州の港湾都市マリウポリで記者団に語った。>






ロシア側は、「和平のために一番努力しているのは俺たちだ!」と
思っている。



ところが、欧米はどういうわけか、「制裁強化」に踏み切った。



さらに、「停戦合意」がなされた「次の日」、アメリカはこんなこ
とをしています。






<「米などが兵器供給」=NATOと合意─ウクライナ高官


時事通信 9月7日(日)23時50分配信


 【モスクワ時事】ウクライナのルツェンコ大統領顧問は7日、ポ
ロシェンコ大統領が出席した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、
米国など加盟5カ国から兵器供給を含む軍事支援を受けることで合
意したと明らかにした。


 ルツェンコ顧問が交流サイトで公表したところよると、5カ国は
他にフランス、イタリア、ポーランド、ノルウェー。ロシアの軍事
介入にさらされるウクライナに対し、近代的兵器の供給や軍事顧問
の派遣が実施されるという。>






現在、ウクライナと、親ロシア派が内戦をしている。


プーチンの仲介で停戦合意がなされた。


その翌日に、アメリカはウクライナへの兵器供給、軍事支援を決
めた。


なんのために?


つまり、「ウクライナ政府よ、最新の兵器をあげるから、がんば
って戦争に勝利しなさいよ!」ということ。


要するに、アメリカは、「話し合い」ではなく、


「この停戦をうまく使って、陣容を立て直し、準備万端で戦闘を
再開しなさい」


という意志表示をしている。


(そして、停戦は長くつづかず、ウクライナ軍の準備がととのっ
た時点で再開されることでしょう。)




プーチンは、そんなアメリカを批判します。





<対露追加経済制裁>露外相「対抗措置」 続くルーブル下落


毎日新聞 9月12日(金)21時15分配信


 【モスクワ田中洋之】ロシアはウクライナ東部での政府軍と
親ロシア派武装勢力の停戦合意を仲介し、緊張緩和への取り組
みを見せていただけに、欧州連合(EU)と米国の追加制裁に
反発を強めている。

 ロシアのプーチン大統領は12日、訪問先のタジキスタンで
欧米の追加制裁について「ウクライナ危機の平和的解決に向け
た努力を損なう。制裁は実際は非効率であり、決して望んだ結
果を生まない」と述べた。

また、停戦合意に基づいて捕虜交換などが始まったことを念頭
に「和平プロセスが気に入らない者がいるようだ」と、痛烈に
批判した。

ラブロフ露外相は同日、「国益保護のため対抗措置を取る」と
言明した。>







「和平プロセスが気に入らない者」というのは、いうまでもなく
アメリカのことです。


プーチンは、「アメリカはウクライナを救いたいのだ」とは思って
いません。


「アメリカは、ウクライナを使って、ロシアを国際社会で孤立させ
たいのだ」


こう考えている。





▼森元首相の訪ロ




さて、こんな混乱のさなか、森元総理が訪ロされました。





<森氏>プーチン露大統領に首相親書手渡す「対話を継続」


毎日新聞 9月11日(木)10時44分配信


 【モスクワ真野森作】ロシアを訪問中の森喜朗元首相は10日深
夜(日本時間11日未明)、クレムリン(露大統領府)でプーチン
大統領と会談し、安倍晋三首相の親書を手渡した。

森氏によると、プーチン氏は「日本との対話はこれからもぜひ続け
ていくし、続けなければいけない」と述べ、ウクライナ危機を巡っ
て悪化した日露関係の改善に前向きな姿勢を示した。>




安倍さんが会えないのなら、森元総理が会われるのは、よいことで
すね。


(韓国での言動が大問題になった舛添さんも、最近訪ロされ、大歓
迎を受けました。)


ところで、肝心の「秋の訪日」について安倍総理の親書には何がか
かれていたのでしょうか?


私にもわかりません。


しかし、森ープーチン会談の日、こんなことがありました。





<ロシア大統領訪日、延期へ


時事通信 9月11日(木)18時36分配信


 【モスクワ時事】ロシアのアファナシエフ駐日大使は、プー
チン大統領の今年秋の訪日が延期されるとの見通しを示した。

11日付の政府発行・ロシア新聞のインタビューで語った。 >





駐日大使が、「訪日は延期される」といった。


ところが・・・。





<露大統領の来日「延期は決定していない」 岸田外相、駐日大使
発言に


産経新聞 9月12日(金)13時25分配信


 岸田文雄外相は12日午前の記者会見で、アファナシエフ駐日ロ
シア大使が、今秋に予定されているプーチン大統領の訪日計画が変
わってしまったと指摘したことについて、「訪日の延期が決定した
趣旨ではないと理解している」と述べた。>





ロシアの駐日大使は、「延期だ」といい、


日本の外相は、「いや、そんなことないですよ」という。



要するに、「まだ決まってない」のでしょう。


ロシア側は、「行きたいに決まってる」ので、


日本サイドが「決めかねている」のでしょう。






▼プーチン訪日延期は?




プーチン訪日が大事なのは、「北方領土」が第1の理由では
ありません。


第1の理由は、中国とロシアを分断することです。


これまで、なんども証拠をあげて書いてきましたが、中国は、



「日本には尖閣ばかりか、沖縄の領有権もない!」



こう宣言しています。


そして、皆さんご存知かわかりませんが、沖縄で「独立の機運」が
高まっています。


これは、偶然でしょうか?





中国は、「領海侵犯」「領空侵犯」を常態化させている。


全世界で、弟子の韓国と共に「反日プロパガンダ」を強力に展開し
ている。




実際の戦闘の前に、「情報戦」が起こります。


イラクを攻める前に、「フセインは悪魔のような男だ!」というプ
ロパガンダが行われる。


今、中国が「情報戦」を開始しているということは、次の段階で

「実際の戦闘」が起こる可能性が高いのです。



その時、中国とロシアが一体化してきたら、日本に勝ち目はない。


だから日本は中ロを分断しなければならない。


そのためにプーチンを日本によびたいのです。



しかし・・・・。


世界情勢は、今年3月から全然違うものになりました。


3月になにがあったかというと、「クリミア併合」。


これで、欧米は、対ロシア制裁を決めた。


それを、どんどん強めています。


これは、「経済戦争」が起こっているということです。



そして、全世界で「プーチンはヒトラーの再来だ!」という強力な
プロパガンダが行われています。


これは、「情報戦」が起こっている。



さらに、ウクライナ東部で、アメリカが支援するウクライナ軍と

ロシアが支援する「親ロシア派」が戦っている。(現在停戦中)



これはなんでしょうか?



米ロを軸とする「戦争」が起こっているということです。


そして欧州は、制裁を強化することで、アメリカ側についている。



中国は、対ロ制裁に明確に反対。


そして、最大のお得意欧州とケンカして困っているロシアに、


「今後30年で4000億ドル分のガスを買いますよ!」


と助け船を出した。



つまり、世界情勢は今、



アメリカ、欧州  対   中国、ロシア





で、真っ二つに割れている。


日本は、対ロシア制裁を支持し、自らも制裁を課すことで、



「日本は、欧米陣営にいるのですよ!」



という意思表示をしました。


他にどうすることができたでしょう?


アメリカを怒らせて、日米が分断されれば、中国が嬉々として

尖閣をとりにくるでしょう。




欧米 対 中ロ の戦争が起こっている。




こんな時期に、プーチンを呼べば、安倍さんにその気がなくても、



「日本は戦時中にアメリカを裏切った、信用できない国」



となるでしょう。


だから、残念ながら、プーチン訪日延期は、「やむなし」なのです。




▼しかし・・・



そうはいっても、中国とロシアを分断する働きかけはつづける必要
があります。


森さんがモスクワにこられたのはよいことでした。


そして、「日本が欧米に同調しているのは、中国が怖いからだ。

中国が尖閣を攻めてきたとき、アメリカの助けなしではどうにもなら
ない。

だから、アメリカには逆らえない」と。



アメリカから文句をいわれない人(たとえば柔道の山下さんとか)に
どんどん訪ロしてもらったらいいですね。




しょっちゅう書いていますが、1937年に日中戦争がはじまったとき、


中国は、アメリカ、イギリス、ソ連 から支援を受けていました。


日本の指導者たちは、世界情勢が全然わからず、大局が読めず、戦
略は何もなく、


国民を敗北必至の戦争に引きずり込んでいった。


同じ過ちを決して繰り返すべきではありません。




ところで、日本はどうやって、中国から尖閣・沖縄を守ることが
できるのでしょうか?


どうすれば、それと同時に、アメリカから自立できるのでしょう
か?


知りたい方は、いますぐこちらをご一読ください。


全部わかることでしょう。






(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)



●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9  )



●国際派日本人養成講座の書評はこちら。

http://rpejournal.com/kokusaiha_nihonjin.html


●【日経ビジネス】の書評はこちら。

http://rpejournal.weblike.jp/nikkei_business_20140203.pdf




↓●おたよりコーナーへ
===========================================================



★Oさまからのメール




北野様

いつも貴重な情報ありがとうございます。
そして、「おたよりコーナー」でのご紹介ありがとうございます。
光栄です!

さっそく、拙ブログでも紹介させて頂きました。

●インド有力新聞【朝日新聞の慰安婦誤報問題】を報道!
小池百合子議員が初の国際発信
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4501.html


話しは変わりますが、、、

ジャーナリストの須田慎一郎氏は、
本日の記事で、消費再増税はほぼ決定だろうと書かれています。

〇“本当の”個人消費、2割超の異常な大幅減?
 無理筋な消費再増税、ほぼ決定的な理由
http://biz-journal.jp/2014/09/post_5981.html

理由は安倍政権は財務省を敵に回さない方針だからだそうです。

この情報も怪しいと思いますが、、、


最近、日本共産党のポスター
「消費税黙っていたら10% ストップ大増税」
に共感します(笑)

http://www.jcp.or.jp/web_download/poster_1/2014_3/2014006_syohizei.pdf

いつもありがとうございます。


↓●編集後記へ
===========================================================


★編集後記



フェイスブックで、本当に助かっています。


子供時代に近所に住んでいた人。


中学校や高校の同級生。


大学時代の友人。


特に、大学時代の外国人の友人(ポーランド人、カンボジア人、
台湾人、アルメニア人など)との交流が復活したのは、うれし
いです。


フェイスブックがなければ、死ぬまで音信不通だったかもしれ
ません。



RPEジャーナル
北野幸伯


=======================================RPE Journal=========
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> 
title="http://melma.com/backnumber_190011/">http://melma.com/backnumber_190011/



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】

title="http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html">http://news.ap.teacup.com/nippon_iikun

i/1139.html



▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
スポンサーサイト
  1. 2014/09/16(火) 12:39:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<09/16のツイートまとめ | ホーム | 09/15のツイートまとめ>>

コメント

偏向ブログ

ウクライナ政府は2008年度の経済危機直後から、ロシア政府と石油について何度も交渉を行ってきている。

金額はロシア側の意向に沿った形で変わらずウクライナの借金が増えるのはロシアにとって侵攻計画の範疇であったと言える。

元々クリミアは旧ロシア帝国がオスマントルコへ侵攻して侵略した国。
国策として、旧ロシアは、ロシア人をクリミアへと大量移住させる。
その後ソ連は、先住民であるクリミア・タタール人に自治権を与えず、第二次世界大戦中にはクリミア・タタール人追放を行い、自治共和国を廃止。
その後ウクライナへ移管されたクリミアを軍事拠点としたいロシアは虎視眈々と狙っている。
ロシアはクリミアを親ロ派政府で固め、癒着し、ロシア軍を配備。ところがクリミアの親ロ派政権が腐敗して崩壊。

親ロ政権の崩壊後、ロシアはすぐにウクライナに対して石油を8割値上げでウクライナへ経済制裁。

ロシア革命後、ロシアの石油を網羅している団体がロシアマフィアであることは世界中に知れる事実。

その後クリミアへはロシア軍侵攻、ロシア系武装勢力が占拠する中でクリミア議会はウクライナの暫定政権を承認した当時の自治共和国首相を解任し、親露派を新首相に任命。
そして自国民保護を名目にロシアは本格的に軍事介入を開始し、以降ロシアが半島を支配。

シリア独裁政権に大きく関わってきたのがロシアだ。
またロシアは世界最大の石油埋蔵国であり輸出国だが、シリア独裁政権を取り込み、石油包囲網を構築。
政府側への武器提供や資金援助はロシアが介入。
シリアはロシアと2007年から2010年にかけて合計数十億ドル規模と言われる大規模武器輸出契約を結んで利権を享受。
シリア政権の混乱の大元はロシア介入であり、その後フランスが反政府へ介入している。

プーチンはクリミアで「戦闘を起こしたくない」と演説していたが、やってきたことはロシア軍侵攻、武力武器介入、実質クリミアの領土を侵略支配。


  1. 2014/09/17(水) 03:29:38 |
  2. URL |
  3. ロシアは言う事と行動が違う #-
  4. [ 編集 ]

誰も、起こった事実や実行した事実以外は、見たことも無いくせに
陰謀や善悪二元論をさも事実のように並べ立てて、
さも自分はまるで神様か聖人であるかのように、
他国や多民族を悪として批判して判断を下し、
懲罰を下す欲求を満たすために、
自分の意見へとコントロールするために世論を誘導して洗脳する人たち。
そういう批判家やブログ主たちは偏向思考やコントロール支配性を省みることがない。

二元論=カルトや共産プロパガンダで利用された典型的な洗脳手段

  1. 2014/09/17(水) 04:01:28 |
  2. URL |
  3. ロシアは言う事と行動が違う #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4510-94a95667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)