にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

セブン-イレブン、サントリー新浪社長(前ローソン会長)の就任で取引見直し?

新浪氏の評判が落ちることを日々、祈っています。

拙ブログでは、
前ローソン会長の新浪剛史氏に批判記事を多く書いておりますが、、

例えば、消費増税については、
セブンとはこんなに違います。

(拙ブログ 2012/01/17の記事)
●セブン&アイ 鈴木敏文会長
 「増税ありきでは消費萎縮。結果として税収も減る」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1742.html


(拙ブログ 2013/08/06の記事)
●ローソンの新浪剛史CEO
 「消費税は予定通り絶対上げるべきだと思う」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3784.html


新浪社長の歴史観は、そして対中国に対してはこんな感じです。

(拙ブログ参考)
●ローソン新浪社長 「日本は侵略戦争をした!」NHKの正月番組で何度も発言
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3072.html


●ローソンの新浪社長「中国出店は計画通り2020年までに1万店」
2012/10/04
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2976.html


で、やたらと政府にくっつきますね。

●東京五輪招致推進委員長はあの【新浪ローソン社長】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3861.html


もちろん、TPPにも賛成、、、

●ローソン新浪社長
「TPPを使って付加価値の高い商品を輸出する」と参加に積極的な意見
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1388.html


あの評判が悪い、太陽光発電 売電事業にも参入、、、

(拙ブログ参考)
●ローソン、国内1千店で太陽光発電 売電事業にも参入
 固定価格買い取り制度を利用
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2441.html


新浪氏は、あの「産業競争力会議」こと、
チーム・レントシーキングのメンバーです。

やりたいことはこちら↓

●【産業競争力会議・民間経営者8人の主張】
「解雇規制の緩和」「TPP推進」「外国人の労働・移民手続き見直し」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3196.html


本当に嫌になります。


で、サントリーの社長になる予定ですが、
これからも政府にべったりと入るみたいです。


次は経済諮問会議メンバーですか、、

こちら↓

〇経済諮問会議メンバーに榊原氏ら 消費増税など議論
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000033976.html

 政府は、経済財政諮問会議の民間議員に新たに経団連の榊原会長などを起用すると発表しました。

 民間議員は、東芝の佐々木副会長と三菱ケミカルの小林社長が退き、新たに経団連の榊原会長やサントリーの次期社長である新浪氏が起用されます。今月16日には新体制での初めての会議が開かれ、年末に安倍総理大臣が判断する消費税引き上げについて本格議論に着手します。

(転載終了)
===


そこで消費税増税にまた賛成するですよね。。。


当然、セブンイレブンは嫌な気分です。

↓の記事を読んで、少し期待が持てました。

サントリーが新浪新社長になって、
ガタ落ちになることを、、、


===
〇セブン、サントリー新浪社長就任で取引見直し検討か 他ビールが営業攻勢、業績に悪影響も
Business Journal 2014.09.06
http://biz-journal.jp/2014/09/post_5941.html

前ローソン会長の新浪剛史氏が10月1日付でサントリーホールディングス(HD)次期社長に就任する人事をめぐり、コンビニエンスストアチェーン最大手のセブン-イレブンが不穏な動きを示しているという。
 セブン社内は「昨日までの商売敵(ローソン)がトップを務める企業と急に仲良く商売しろといわれても無理」(同社幹部)との気分が強く、大口仕入れ先であるサントリーとの契約見直しを求める声すら上がっているという。新浪氏は、さっそく難しい立場に立たされそうだ。

 新浪氏はサントリー創業一族の佐治信忠社長兼会長の誘いを受け、10月にサントリーHDの社長に正式就任する。経済同友会副代表幹事も務め、財界の論客として知られる新浪氏のスカウト人事は、経済界で大きな反響を呼んだ。

「他社のトップ人事に関するコメントは差し控えたい」。今回の人事について、セブンは報道各社の取材に沈黙を守っている。だが関係者によると、セブンやイトーヨーカ堂を傘下に収めるセブン&アイ・ホールディングスを率いる鈴木敏文会長は「世間受けを狙ったサプライズ人事には我慢がならない」と強い不満を周囲に漏らしているという。セブン関係者が説明する。

「これまでコンビニ業界首位のセブンと2位のローソンは、激しい競争を繰り広げてきた。新浪氏はセブンについて『経営が独善的』などと強い表現を使い、鈴木会長の経営姿勢を厳しく批判してきた。セブンや鈴木会長側にすれば、新浪氏の批判をマスコミ向けに自分が目立つために相手を批判するというパフォーマンスと受け止め、苦々しく思ってきた。その新浪氏がトップを務めることになるサントリーが『従来と変わらぬ取引をよろしく』と言ってきても、やはりセブン側は面白くないというのが本音で、不信感を募らせている」
 セブン側のこうした気分を裏付けるエピソードは少なくない。業界関係者の証言によると、「新浪氏はサントリー社長に内定した直後に『御挨拶にうかがいたい』とセブンの鈴木会長に面会を申し入れてきたが、断られた」という。セブン幹部は「昨日まで戦ってきた相手、しかもわれわれを批判してきた相手から握手を求められても、そういう気にはなれない」と本音を漏らしている。

 ビールなど酒類の約4割はコンビニ経由で販売されており、メーカーにとってコンビニ陳列棚の確保は業績に直結する至上命題。特に最大手のセブンは、アサヒビールやキリンビールと並んでサントリー製品を積極的に扱ってきた経緯があるが、セブン内部では「サントリーは信用できない」と同社製品の扱いの見直しを求める声が数多く出ているという。こうした地殻変動をみて、アサヒは「サントリーのシェアを奪う絶好の機会」と営業攻勢をかける準備に入った。キリンも追撃する構えで、販売の大きな砦・コンビニ最大手のセブンをめぐり、サントリーは思わぬ困難に迫られている。
(文=編集部)

(転載終了)
===


サントリー自体も、
韓国押しでしたが、どうなんでしょうかね。。

(拙ブログ参考 2012/07/04)
●サントリー 鏡月グリーンでの「日本海/東海」表記をHP上でも謝罪
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2577.html


サントリーの今後が心配です。。。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2014/09/07(日) 12:39:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<09/07のツイートまとめ | ホーム | 09/06のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4495-d9e1129d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)