にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

ロシアが大好きな国も多い(池間 哲郎氏/『日本はなぜアジアの国々から愛されるのか』の著者)

『日本はなぜアジアの国々から愛されるのか』の著者、
池間哲郎さんの本日(2014/6/2)のfacebook投稿の記事がとても嬉しかったです。

こちらです。↓
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=452559864881205





〇ロシアが大好きな国も多い

 日本人は「ロシア」に対するイメージが甚だしく悪い。シベリア抑留、戦争終結後、突然の日本侵略と極悪非道な行為は許せる物では無い。

 日本人の国際関係情報は欧米などの西側陣営からの報道を通して入って来る。これは注意しないとイケナイと私は思っている。TV番組や映画等でも「ソ連」は常に悪として扱われる。007、ランボーなど世界的にヒットした映画も「ロシア人」は悪魔と描かれ、自然に日本人の心に「ロシア人は悪者」と刷り込まれた。

 ロシアは「悪」と私も何となく思っていた。ところが、モンゴル、ベトナム、ラオス等で「ソ連は立派だった。ロシア人は素晴らしい」と絶賛する声も少なからず聞いて来ました。ラオス、ベトナムでは「アメリカの酷さ残虐さ」を、かなり耳にした。やはり注意しないとならない。偏った情報だけでは真実は見えない。

 これからの日本はロシアとの関係が非常に重要になると考えています。だからこそ「露側」から見た情報も大事だと勉強中です。

 写真 ラオスの子供達 この子達もロシアが大好きだった

(転載終了)
====

池間哲郎さんはカメラマンとして、
貧困地域の支援や撮影のため、200回近くアジアの国々に足を運んでおられます。

そんな池間さんのご意見なので、
とても説得力がありますね。


【これからの日本はロシアとの関係が非常に重要になると考えています。
 だからこそ「露側」から見た情報も大事だと勉強中です。】


めちゃ嬉しい内容でした。

こういう人が増えてロシアに対する日本人の世論が変われば、
日本外交は飛躍的に良くなると思います。


ちなみに、先週の土曜日、5/30放送の
関西ローカル番組の朝日放送「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」
( http://asahi.co.jp/mikata/ )では、

「暴走する中国、ロシアとは蜜月に…日本は大丈夫!?」
を藤井聡先生が解説されていました。

「日本の孤立はまずい」
「大事なのは、ロシアとの付き合い方」
という解説でした。


詳しくは、こちらに書きました↓

(拙ブログ参考)
●【アメリカの致命的「戦略」ミス】
「本能寺の変」での秀吉が与えた教訓とは?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4348.html


少し前ですが、ソチオリンピックの頃には、
NHKでもロシアの重要性を解説されてました。↓

(拙ブログ参考)
●【安倍総理の浮沈の鍵を握るのはプーチン】
ソチで日露首脳会談、NHKでもロシアとの急接近を解説
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4128.html


テレビ東京の人気番組『和風総本家』(2013年12月19日放送)
「世界で見つけたMade in Japan」 では、

東日本大震災の復興支援のお礼として
秋田県知事からプーチン大統領に贈られ秋田犬を紹介していました。


秋田犬と戯れるプーチンの写真はこちらで↓

(拙ブログ参考)
●秋田犬が大好きなプーチンが
「政敵」の元石油大王ホドルコフスキーを釈放!。その訳は、
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4061.html



拙ブログでは、メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」(RPE)の記事から、

・中国包囲網の鍵を握るのは、ロシア。

・「中国-ロシア」の分断させるには、
 アメリカよりも、日本がずっとカードを持っている。
  
・そのためには、【普通に】ロシアとの経済交流を活発化させる。
         日露ともにめちゃメリットがある!!

・そのためには、【とりあえず】「北方領土問題」は棚上げする。
         後で、しっかりと返還してもらいましょう。

ということを紹介してきました。
 

こちらの記事↓

(拙ブログ参考)
●世界3大戦略家が語る、
「中国包囲網」と日本の役割(勝敗のカギを握る国●●●)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3826.html


で、新たにロシアの重要性とし注目されているが、
北朝鮮との拉致問題解決に向けてです。


何故、北朝鮮が拉致問題を進展させたのか?

北朝鮮は、中国と距離を置き、ロシアに接近している。
そのロシアのプーチンと距離が近い安倍総理と交渉したい。


こんな推測をされている方がいます。

政策シンクタンク「真正保守政策研究所」代表、
遠藤健太郎氏の本日のブログです。

以下、で一部転載します。

〇日朝交渉進展で焦る韓国
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post3376/

(前略)

 北朝鮮は、日朝の接近を嫌う中共が協力的に転じることをも望んでいるかもしれませんが、
もう一つ以前から私が指摘してきたのは、

【日露関係を緊密にした安倍晋三首相を北朝鮮は頼りにするだろう】、ということでした。


 何度も申しますが、露中の蜜月関係など存在しません。

クリミア半島の露編入と、中共が南支那海で企む力による領土・領海変更は、
まったく別次元のことです。

露国は、決して中共を支援しないでしょう。
日露の新たな関係構築は、まだ終わっていないのです。

(中略)

私たちも米国もふり払わなければならないのは、
中共主導で韓国が実働部隊と化した「歴史問題をネタにした日米分断工作」です。

 そして、本当にわが国にとって難しいのは、
国際的な資金需要にも影響する日露交渉なのです。

(転載終了)
=====


拉致問題を解決するうえでも、
【ロシア】は非常に重要なようです。


ここで、日本人は
「ロシアは、まずは北方領土を返しやがれ!」

で始めるのでなく、
冷静にこの戦国時代を見極めていきましょう。


世界的には「悪の中露」のようになっていますが、
「悪の中韓!」に替えましょう!


拉致被害者の方々が、1日も早く全員が帰って来れますように。。祈り。

====


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2014/06/02(月) 12:28:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/02のツイートまとめ | ホーム | 06/01のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4351-b13611d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)