にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

この巨大なLNG運搬船満杯で、一般的な火力発電所の燃料をどれくらいの期間まかなえるか?

今日もブログを書く時間がないので、

三橋貴明さんのブログからの問題です。


~~(引用はじめ)~~

【写真 巨大LNG運搬船、通称「さやえんどう」の前で】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010456.html


【写真 「さやえんどう」を上から見た光景】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010458.html


【写真 展望台から見た「さやえんどう」と三菱重工造船所のドック】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010457.html


これほどまでに巨大なLNG運搬船満杯に中東やアメリカ、
豪州などからLNGを運んできて、
一般的な火力発電所の燃料を、どれくらいの期間まかなうことができるでしょうか。


 答えは、「一週間」です。


 300メートル近い巨大運搬船で
何週間もかけて天然ガスを日本に運んできて、

一週間で使い切る。

これが、エネルギー自給率5%未満の国の現実なのです。

「エネルギー安全保障」を無視して
「脱原発」「反原発」などと主張している皆さんには、
是非ともこの「現実」を素直に受け止めて欲しいのでございます。


~~(引用おわり)~~


全文はこちらから↓


●三橋貴明の日本を豊かにする経済学
三橋貴明さんのブログ 2014-04-08 10:22:19
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11816850018.html

===
(転載開始)


 この「基盤中の基盤」である電力について、やたら「外国に依存しよう」「外国に供給してもらえばいいじゃん」などと主張する人が少なくないわけですから、あきれ果ててしまいます。とはいえ、この手のお花畑的な人々は日本にのみいるわけではなく、我が国以上に悲惨な有様になっているのがヨーロッパです。

『ウクライナ問題 欧州けん制も ロシア天然ガス停止警告
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014040702000137.html
 ウクライナ南部クリミア半島を併合したロシアが、自国産天然ガスの輸出を通じ、ウクライナ新政権に経済的な圧力を強めている。ロシアからは、パイプラインでウクライナを経由して欧州にも多量の天然ガスが輸出されており、欧州諸国の対ロ制裁強化をけん制する狙いもある。
 ロシアのメドベージェフ首相は三日、「ウクライナが債務を返済しない場合、天然ガスでの協力は完全停止される恐れがある」と警告。ロシアは一、三両日でウクライナ向け天然ガス価格を合わせて80%引き上げた。返済が滞っており昨年十二月に両国が合意した割引価格を適用できないため、と説明している。
 ロシア国営ガスプロムによると、ウクライナの対ロ債務は三日現在、二十二億ドル(約二千三百億円)。ミレル最高経営責任者は五日、ロシア国営テレビのインタビューで、ウクライナの債務が年末までに最大六十億ドルに膨らむ可能性があると指摘。「いつまでもただでガスを提供できない」と近い将来の輸出停止を示唆した。
 ロシアはこれまでもたびたび、ウクライナ向け輸出をストップさせてきた。二〇〇六年一月や〇九年一月の輸出停止では、欧州諸国へガスが届かなくなり、混乱を招いた。
 ウクライナのプロダン・エネルギー石炭産業相は、値上げを「政治的」と批判する一方、「国内の天然ガス備蓄量は一カ月分しかない。国産の石炭をできるだけ多く使う解決策を早急に模索する」と述べた。ヤツェニュク首相も四日、「スロバキアやハンガリー、ポーランドからの逆輸入」を欧州連合(EU)と緊急協議していると明かした。
 ウクライナは現在、エネルギー全消費量の三割を石炭、四割を天然ガスで賄っている。天然ガスの六割弱はロシア産。しかし、一連の政変で経済が弱体化しており、石炭の急な増産は不可能との見方もある。欧州の市民生活を直撃しかねない状況に直面している。』

 容赦なくきますね・・・。
 もちろん、ロシアの天然ガスや原油に依存しているのは、ウクライナに限らず、ほとんどのヨーロッパ諸国が似たような環境に置かれています(特にまずいのが、フィンランドなど)。

 ドイツにしても、天然ガスの40%、石油の35%をロシアから輸入しています。冬が近づくにつれ、欧州諸国はロシアと融和路線を求めるようになり、対ロシア強硬姿勢を貫こうとすると、アメリカがむしろ「孤立」してしまうように思えます。結局、欧州諸国はロシアと決定的な対立構造になることを防ごうとするでしょう。安全保障(エネルギー安全保障)を他国に委ねるとは、そういう話です。

 ところで、我が国も原発を停止していることもあり、天然ガス依存が高まっています。もっとも、我が国は幸い(?)なことに島国で、ロシア他大陸諸国からパイプラインでガスを購入しているわけではありませんでした。(パイプラインでは、元栓を閉められると一貫の終わりです)

 日本は天然ガスをLNG(液化天然ガス)で「海の向こう」から運んできます。というわけで、原発が再稼働しない状況で、電力会社はLNGの運搬能力の向上に全力を尽くしています。さもなければ、日本のエネルギー安全保障は脆弱化せざるを得ません。

 というわけで、日本一作業服とヘルメットが似合わないわたくしが行ってきました、長崎の三菱重工業長崎造船所香焼工場に。現在、同工場では中部電力などが発注した巨大LNG運搬船、通称「さやえんどう」の建造、艤装が進んでいます。

【写真 巨大LNG運搬船、通称「さやえんどう」の前で】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010456.html

【写真 「さやえんどう」を上から見た光景】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010458.html

 で、でかい! でか過ぎて、カメラのフレームに収まり切りません。
 長さ288メートル、幅49メートル。直径42メートルの球形タンクを四つ搭載し、最大15万3000立方メートルのLNGを運搬可能。

 タンクを白い長方形(に近い)アルミ製カバーで覆い(これが「さやえんどう」)、外洋で風の抵抗を受けにくい形とし、従来型より燃費は25%改善。さらに、タンクにカバーで覆うことで強度を持たせ、軽量化も実現。

 「さやえんどう」も凄かったですが、三菱重工の造船所も物凄い迫力でした。

【写真 展望台から見た「さやえんどう」と三菱重工造船所のドック】
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/image-11816850018-12902010457.html

 さて、本日の締めでございますが、これほどまでに巨大なLNG運搬船満杯に中東やアメリカ、豪州などからLNGを運んできて、一般的な火力発電所の燃料を、どれくらいの期間まかなうことができるでしょうか。


 答えは、「一週間」です。

 300メートル近い巨大運搬船で何週間もかけて天然ガスを日本に運んできて、一週間で使い切る。これが、エネルギー自給率5%未満の国の現実なのです。 「エネルギー安全保障」を無視して「脱原発」「反原発」などと主張している皆さんには、是非ともこの「現実」を素直に受け止めて欲しいのでございます。

(転載終了)
===

====

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2014/04/08(火) 12:44:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/08のツイートまとめ | ホーム | 04/07のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4248-078200b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)