にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【必読】【クリミア】は1954年に「ウクライナ領に編入される」まで【ロシア領】でした。

さて、注目されなくて【注目された大阪市長選挙】ですが、


〇【祝・橋下大阪市長が再選!】
松井大阪府知事「4人に1人が投票した。単に低いとは言えない」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4218.html


【大阪市長選 絶対得票率 橋下氏は17.85%
  市長選史上ワースト4位となった。】

【25%(4人に1人)以下の投票率】

【投票総数の13.53%が白票を含む無効票です。】


でしたね。

こりゃ、誰がどう考えても、橋下さんは信任されたとは
思わないですよね。


じゃ、逆にですよ、

ウクライナ南部のクリミア自治共和国の
ロシアへの編入の賛否を問う住民投票は、


〇クリミア住民投票、ロシア編入承認が確実に-欧米は制裁強化へ
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N2JKOF6K50XX01.html

【投票率は82.7%】

【編入支持が95.5%】

ですよ。


青山繁晴さんも、ロシア兵がいるなかでの選挙結果なんて、
意味がないみたいなことを仰ってましたが、

この圧倒的な数字でも本当にそう思いますか?



メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」  2014/3/24号の記事
「プーチンの論理1(クリミア編入は善である!!??)」を読んで、

超驚きました。

まずは、北野さんの編集後記より、

~~(引用はじめ)~~

本文について。

プーチンは、ほんと「エモーショナル広告の極意」を身に
つけているようです。


「同胞が民族主義者に虐待されたらかわいそうだろ!」


ということです。

それで、ロシア人は心から「編入」を支持しています。

ロシア在住24年の私も、ほんとに驚きました。


RPEジャーナル
北野幸伯


~~(引用おわり)~~


ロシア在住の北野さんの実感です。

話はそれますが、
親日・プーチンの感動的なスピーチをご存じでない方は、
こちらも是非どうぞ↓

●【感動】日本人が知らないプーチンの好意 
震災直後の「フィギュア世界選手権2011」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4191.html



あと、私も知らなかったのですが、


【クリミア】は
1954年に「ウクライナ領に編入される」まで【ロシア領】でした。


あれ、わりと最近まで、
「ウクライナ領」でなく、【ロシア領】だったんですね。。。


ソ連時代は、同じソ連だったわけですが、、
これも悲劇ですね。。。

こういう(↓)ことです。
(注意:あくまでもプーチンの見解ですが・・・)


「ロシア政治経済ジャーナル」から転載

~~(引用はじめ)~~


ロシア人は心から「編入」を支持


▼フルシチョフの鶴の一声で、クリミアはウクライナ領に!


まず、プーチンは、「クリミアはロシアの領土だった」ことを強調
します。


実際クリミアは、1783年(エカテリーナ2世時代)ロシアに併合
されてから、1954年までロシア領でした。



プーチン
「クリミアでは16日、住民投票が民主的な手続きで、国際法に完
全に合致した形で行われた。

有権者の82%が参加し、96%がロシア編入に賛成票を投じた。

結果はまったくもって驚きだ。 」




「国際法に完全に合致した形で行われた」そうです。



この後、プーチンはクリミアの歴史について語りました。


そして、20世紀に話が入ってきます。



プーチン
「心や感覚の中には、クリミアは常に奪うことのできないロシアの
一部だという意識がある。 」




エカテリーナの時代からロシア領だったクリミアは、どうしてウク
ライナ領になったのでしょうか?




プーチン
「ボリシェビキの革命後、異なる意見と天命に従い、ロシア南部の
歴史的な領土の多くがウクライナ共和国に編入された。

住民の民族構成も考えず行われたのだ。

それが現代のウクライナの東部、南部だ。

1954年、クリミアをウクライナに移管する決定があった。 」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんでですか?




プーチン
「指導者フルシチョフ氏の個人的なイニシアチブで行われた。

なぜそうなったのか。

ウクライナのノーメンクラツーラの支持を取り付ける必要があ
ったからであり、1930年代にウクライナであった弾圧の償い
の意味でもあった。

そのようにして歴史が進んだのだ。

だが、私たちにとっては重要ではない。

その決定は憲法的なルールにも違反していた。

決定は非公開だった。 」




独裁者スターリンの死後、ソ連の最高指導者になったフルシ
チョフ。


まだ権力基盤が弱かった。


それで、ウクライナを味方につけるために、「クリミアをプレゼ
ントした」(!)というのです。


確かにロシア人はみんな怒っています。

~~(引用おわり)~~


どうですか?

こんな事実を知っていましたか?


プーチンの意見をそのまま信じる必要はないと思いますが、


【有権者の82%が参加し、
 96%がロシア編入に賛成票を投じた。
 
 そして、ロシア人もそのことを圧倒的に支持している。】


という事実を、ロシア兵がいる中の選挙なんて無効だ、
の一言で片づけていいでしょうか?


どうぞ全文ご覧ください。↓


==(転載開始)==

== RPE Journal===================================================

ロシア政治経済ジャーナル No.1041  2014/3/24

★プーチンの論理1(クリミア編入は善である!!??)
http://archive.mag2.com/0000012950/20140324000000001.html

================================================================


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。




(●全米につづき、全豪津々浦々に「慰安婦像を建てる!」と宣言
した韓国。

そんな韓国に、「倍返し!」したい方は、必ずこちらをご一読くださ
い。↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20140227000000001.html




プーチンは3月18日、クリミアに関する「大演説」を行い
ました。


映像はこちら。

https://www.youtube.com/watch?v=Wo0JgRwJtGc


私たち日本人がなかなか理解できないこと。


プーチンは、ウクライナ領クリミア自治共和国とセヴァストポリ
市を「サクッ」とロシアに編入してしまった。


それを、ロシア人のほとんどが支持している。


これは、いったいなんなのでしょうか?


今日は、再び「プーチン本人の言い分」を聞いてみましょう。


今回の話は、「基礎知識」がないとわかりづらいかもしれま
せん。


まだの方は、まずこちらからご一読ください。




●ウクライナ革命1~これまでの経緯↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20140228000000001.html

●プーチンは、なぜウクライナに【軍事介入】するの?↓
http://archive.mag2.com/0000012950/20140302181000001.html

●プーチン本人、ウクライナ軍事介入を語る
http://archive.mag2.com/0000012950/20140306000000001.html

●クリミアはロシアに編入される。そして、ロシア─ウクライナ戦争へ?
http://archive.mag2.com/0000012950/20140310000000000.html

●クリミア住民投票、96.77%がロシア編入を支持!~各勢力の思惑
とこれから
http://archive.mag2.com/0000012950/20140318000000004.html




さて、3月18日の演説ですが、朝日新聞の超カリスマ記者・関根
さんが「翻訳」を配信してくださっています。

全文を読みたいかたは、こちらから。

http://togetter.com/li/644258


私はプーチン演説から特に重要部分だけ、引用させていただきま
す。


(●【要注意!】

これから書くことは、「プーチンの演説」「プーチンの考え」です。

北野の意見ではありませんので、よろしく。)



▼フルシチョフの鶴の一声で、クリミアはウクライナ領に!


まず、プーチンは、「クリミアはロシアの領土だった」ことを強調
します。


実際クリミアは、1783年(エカテリーナ2世時代)ロシアに併合
されてから、1954年までロシア領でした。



プーチン
「クリミアでは16日、住民投票が民主的な手続きで、国際法に完
全に合致した形で行われた。

有権者の82%が参加し、96%がロシア編入に賛成票を投じた。

結果はまったくもって驚きだ。 」




「国際法に完全に合致した形で行われた」そうです。



この後、プーチンはクリミアの歴史について語りました。


そして、20世紀に話が入ってきます。



プーチン
「心や感覚の中には、クリミアは常に奪うことのできないロシアの
一部だという意識がある。 」




エカテリーナの時代からロシア領だったクリミアは、どうしてウク
ライナ領になったのでしょうか?




プーチン
「ボリシェビキの革命後、異なる意見と天命に従い、ロシア南部の
歴史的な領土の多くがウクライナ共和国に編入された。

住民の民族構成も考えず行われたのだ。

それが現代のウクライナの東部、南部だ。

1954年、クリミアをウクライナに移管する決定があった。 」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんでですか?




プーチン
「指導者フルシチョフ氏の個人的なイニシアチブで行われた。

なぜそうなったのか。

ウクライナのノーメンクラツーラの支持を取り付ける必要があ
ったからであり、1930年代にウクライナであった弾圧の償い
の意味でもあった。

そのようにして歴史が進んだのだ。

だが、私たちにとっては重要ではない。

その決定は憲法的なルールにも違反していた。

決定は非公開だった。 」




独裁者スターリンの死後、ソ連の最高指導者になったフルシ
チョフ。


まだ権力基盤が弱かった。


それで、ウクライナを味方につけるために、「クリミアをプレゼ
ントした」(!)というのです。


確かにロシア人はみんな怒っています。



プーチン
「当然、全体主義国家という条件下で、クリミアとセバストポリ
の人たちは何も問うことはできなかった。

ただ事実の前に立ち尽くすほかなかった。 」



全体主義ソ連だったので、国民の意見は全然きかなかったの
ですね。

恐ろしい。

しかし、当時ロシアとウクライナは一つの国(ソ連)だったので、
問題にならなかった。


ロシア人もウクライナ人も、「私たちは永遠に一緒!」と信じて
いたのです。


ところが・・・。



プーチン
「そのときはただ単純に、ウクライナとロシアは一緒ではない、別
々の国になるなんて思ってもみなかった。

しかし、それは実際起きた。

残念ながら信じられないことに、それは現実になった。

つまり、ソ連が崩壊したのだ。 」



そして・・・。


プーチン
「クリミアが突然別の国になることになったのだ。

そのときロシア人は、クリミアは単に盗まれたのではなく、強奪さ
れたのだと感じた。 」


「数百万のロシア人が同じ国に寝ていたのに、外国で目覚め、1
時間のうちに前ソ連共和国で民族的な少数派になっていた。

世界で最も分割された民族にロシア人はなっていた。」


「クリミア人同様、私も最近よく耳にするのは、91年にクリミア
がまるで1袋のジャガイモのように手から手へと渡されたとい
うことだった。

ロシアとは一体なんなのか?

そうした屈辱について、頭を伏せておとなしくし、じっと我慢して
いた。 」




この言葉に、プーチンのくやしさがにじみ出ています。


冷戦に負けて崩壊してしまったソ連。


外国になっていくクリミア。


しかし、ロシアはあまりにも弱く「頭を伏せて、おとなしくし、
じっと我慢」するしかなかったというのです。


私たちにも、この心情は理解できます。


私たちは戦後70年が過ぎようとする今も、我慢しています。


とはいえ、プーチンはウクライナを独立国家として認めた。


そして、クリミアも「実質的」「法的」に「ウクライナ領」と認めて
いたといいます。


では、いったい何が起こったのでしょうか?



▼ウクライナ民族主義新政権がプーチンを動かした


プーチンは、ウクライナ政権が腐っていたことを非難し、デモを
している人の気持ちを肯定します。




プーチン
「汚職や国の非効率的な仕事、貧困に反対し、平和的なスローガン
を掲げてマイダン(キエフの集会場所となった広場)に集まった人の
気持ちは理解できる。

平和的な集会は権利であり、民主的なプロセスである。

選挙は人々に役立たない権力を変えるために存在する。 」



ところが、ウクライナのデモは、平和的ものではなくなっていきまし
た。



プーチン
「しかし、ウクライナの一連の出来事の背景には、別の目的があ
った。

すなわち、彼らは国家転覆を準備したのであり、権力奪取を計画
した。

しかも、それだけにとどまろうとしなかった。テロや殺人、略奪を
始めた。 」



バックナンバーで、「右派セクター」など民族主義者が、いろいろ
事件を起こしていることお伝えしました。



プーチン
「民族主義者、ネオナチ、ロシア嫌いの人たち、ユダヤ人排斥
者が転覆の主要な実行者だった。

彼らは今現在もウクライナにはっきりいるのだ。

いわゆる新政権は、言語政策を見直す法案を提出し、少数民
族の権利を制限した。」




要するに、民族主義者が非合法的なクーデターを起こし、少数
民族(ロシア人)を弾圧しはじめたと。


そして、プーチンはクーデターの背後に誰がいるのか、断言しま
す。



プーチン
「実際、このような政治家たちや権力の中枢にいる人たちを支援す
る外国スポンサーたちがそのようなもくろみを主導した。」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



外国のスポンサーとは、もちろん欧米のことです。


ところが、欧米の支援によってウクライナの政権についたのは、
プーチンにいわせると、「民主主義者」ではない。


そうではなく、「過激な民族主義者」だというのです。



プーチン
「すでに明らかになったのは、今後ウクライナの進歩的な人たち
は、ナチスに協力したステパン・バンデーラの後継者ということだ。

第2次大戦でヒトラーの手先となった男だ。 」




クーデターで政権についたのは、「ナチスの後継者だ!」というの
です。


そして、過激な民族主義者がクリミアのロシア人の脅威になって
きた。




プーチン
「反乱に参加した人によって、弾圧や懲罰的な脅威もすぐに起きた。

もちろん、その最初の標的となったのが、ロシア語を話す人が多い
クリミアだった。

それに関連してクリミアとセバストポリの住民はロシアに自分たちの
人権と人生を守るよう要請した。キエフで起きたことをさせないよう
要請した。」




これに関して、ロシアがクリミアに介入した二つの理由があげられて
います。


ひとつは、クリミア自治共和国の首相が支援を要請した。


もう一つは、ウクライナのヤヌコビッチ大統領が支援を要請した。


(ロシアは、ヤヌコビッチがいまでも「法的大統領」という立場。)



プーチン
「当然、我々はその要請を断ることはできなかった。

クリミアとその住民を悲惨な状況に置き去りにすることはできな
かった。

何よりも、クリミアの人たちが、自分たちの将来を歴史上初めて
自分たちで決める平和で自由な意見表明の条件づくりを助ける
必要があった。 」




放っておいたら、民族主義者がクリミアのロシア人を虐待するか
もしれない。

だから、助けないわけにはいかなかったと。


これがロシア人の感情をゆさぶり、「介入」は圧倒的に支持され
ているのです。



長くなったので、つづきは次号にしましょう。


お楽しみに!


そして、「日本の我慢も限界だ!」と感じている人は、こちら
をご一読ください。






【北野の新刊でました!】

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)



●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

(詳細は→ http://tinyurl.com/nkam4c9  )



●【夕刊フジ】超カリスマ記者久保木さんの書評はこちら。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131126/dms1311261209012-n1.htm

●【日経ビジネス】の書評はこちら。

http://rpejournal.weblike.jp/nikkei_business_20140203.pdf




↓おたよりコーナーへ
================================================================


★Aさまからのおたより

北野様

お忙しい中、返信のメールを頂きありがとうございます。

移民問題は非常に難しいし、治安が悪くなることも北野様のメル
マガをずっと読ませてもらっているので予想がついています。

移民を受け入れた世界中の国も失敗していて問題を抱えていま
すね。

日本のことを考えてくれている保守の安倍総理が移民受け入れ
の方向で動いているそのことにビックリしたのです。

北野様の著書に安倍総理は日本のことを考えてくれていると書
かれていましたよね。

北野様はこのことをどのように考えていらっしゃるのか知りたく
なってしまったのです。


世界的に日本だけが移民を受け入れていないために外からの
圧力があるのか。

少子化対策なのか…色々理由があるとは思うのですが。

毎年20万人10年で200万人 日本人よりもずっと子供を産
むと思うのでいつのまにか日本人よりも移民の方が多くなって
いたそんな地域も出てくるのでしょうね。

昨日、知り合いの女性と話をしましたら派遣社員として週4日
10時から5時で働きに行っているそうなんです。

高校卒業だと正社員の職はまったく見つからなかったと言っ
ていました。

今の派遣場所はいいけれど、採用条件は大卒者のみ、そし
て派遣法が変わったので3年たったらまた別の所を探さない
といけないそうです。

年齢と共に派遣の仕事を見つけるのも簡単じゃないと話し
てくれました。

移民が入ってきたら今でも仕事を見つけるのが難しい日本
人はさらに大変ですよね。

これから厳しい世の中がさらに厳しくなっていきそうです。


北野様が提案されていた給食にコメをというお話。

京都では取り組みがスタートしそうですね。

和食を積極的に給食に取り入れようという動きのようです。

地方自治体のこういう活動には期待してしまいます。


秋田県が子供の学力向上に取り組み成功させていると聞きました。
早寝早起き朝ごはん、秋田県はお米をしっかり食べているのもいい
のかもしれないですね。

メールに読んで下さり返信も頂きありがとうございます。

お忙しいと思いますので返事とか気になさらないでください。

読んでいただけるだけでありがたいので…。

これからもメールマガジン楽しみにしています。



↓編集後記へ
================================================================

★編集後記


本文について。

プーチンは、ほんと「エモーショナル広告の極意」を身に
つけているようです。


「同胞が民族主義者に虐待されたらかわいそうだろ!」


ということです。

それで、ロシア人は心から「編入」を支持しています。

ロシア在住24年の私も、ほんとに驚きました。




RPEジャーナル
北野幸伯



================================================================


○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」


発行者 北野 幸伯


Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358



アドレス変更・解除は http://www.mag2.com/m/0000012950.html


=====================================RPE Journal=================

==(転載終了)==

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信登録はこちら(完全無料です)
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

====

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

=> http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6

私の「書評」はこちら↓

●【書評の書評】「日本自立のためのプーチン最強講義」
【安倍総理支持の方に読んで欲しい】
http://news.ap.teacup.com/nippon_iikuni/1139.html


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2014/03/24(月) 14:00:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/24のツイートまとめ | ホーム | 【祝・橋下大阪市長が再選!】松井大阪府知事「4人に1人が投票した。単に低いとは言えない」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4219-0d060b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)