にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【日本はTPP交渉離脱の検討!】なんて、アメリカ様はとっくに【O・MI・TO・O・SHI】

おまっとさんです!!


毎週水曜日は、
『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の東田剛先生
(中野剛志先生のそっくりさん)の記事で、

「安倍政権に健全な絶望感を持とう!」の日です。


本日の記事は、「まるで、大人と子供です」です。
( http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/02/26/korekiyo-85/ )


産経新聞ですら、とうとう、
【日本のTPP交渉離脱の検討】なんて文章が出てきて、
私は希望を感じていたのですが、、、


私の考えは、ちょっと甘いみたいです。


~~(引用はじめ)~~


産経新聞は
「日本政府は米国が強硬的な市場開放を要求し続けることから、
今会合で関税協議が進展しない場合に交渉を離脱する案の検討にも着手した」と報じています。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140224/fnc14022409570003-n1.htm


しかし、アメリカ様は、
そんなことはとっくにお見通しですから、
ちゃんと退路は断ってあります。


「アメリカ議会調査局は、

TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、
交渉が妥結しなければ日本とアメリカの関係が後退する可能性がある
と指摘する報告書をまとめました。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140222/k10015444421000.html


しかも、四月には、オバマ大統領が来日。


交渉の途中離脱は日米関係を悪化させるって話も、
TPP反対派は口を酸っぱくして言ってたんですが。


ついでに、靖国参拝による日米関係のぎくしゃくを
利用してやれっていう動きも出ています。当然ですね。


「TPPは日米関係にプラス、靖国参拝は何の得にもならず=米議員団」
http://realtime.wsj.com/japan/2014/02/20/tpp%E3%81%AF%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%80%81%E9%9D%96%E5%9B%BD%E5%8F%82%E6%8B%9D%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%AE%E5%BE%97%E3%81%AB%E3%82%82%E3%81%AA/

~~(引用おわり)~~


それにしても、本当に東田剛先生が、
1年前に予想したとおりに、TPP交渉は進んでいます。。。


こちらを是非読んでください。↓

<参考:一年前に東田剛が書いたこと>
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/02/27/korekiyo-32/


当時は、
TPP交渉参加は、「合コンに参加」するようなもので、
ダメなら離脱したらいい。

というような議論が、テレビタックルなどでもあって、
腹が立ちましたが。。

「合コンに参加」ではなく、
交渉参加は、「結婚を前提にした婚約」でしょうね。

当然、条件を聞いてから、
婚約を破棄したら、相手は怒ります。


まずは、しっかりと、
安倍政権に絶望してみましょう。。。


そして、これからアメリカにいたぶられ続ける覚悟を
持ちましょう。


我慢できずに、
「TPPを梃子にして農業の構造改革を!」なんて言わないように。


全文をどうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2014/02/26

【東田剛】まるで、大人と子供です
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/02/26/korekiyo-85/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


From 東田剛


TPP交渉の閣僚会合の結果はもう出ているんでしょうが、
これを書いているのは24日の深夜。


「甘利!フロマン!よよいのよい」
の野球拳は二度目も不調に終わり、

「大筋合意、先送りの公算」という報道を見たところで、
その時点までの情報を前提にして書いていることを、予め、お断りしておきます。

25日に状況が急変してしまっていたら、お許しください。

http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014022400864&m=rss&utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter


さて、東京新聞の記事によれば、

アメリカは、国営企業や知的財産権の扱いで、
新興国との協議に譲歩し、関税分野の対立だけを残して、
日本を孤立させるという戦略をとっていたそうです。

しかし、アメリカが新興国との協議でガメたので、
むかついた新興国は「関税協議が進まなければ、最終的な判断はできない」
という戦略をとったらしいです。

おかげで、「日本のある交渉担当者は
「関税以外の難航分野ももめていて、正直ほっとした」と胸をなで下ろす」と、
まあ、なんとも情けない状況。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014022402000125.html


いずれにしても、日米二国間の関税交渉で勝負が決まることになり、
日本は、他のすべての交渉参加国から包囲されている状況に変わりありません。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014022302000106.html


だから多国間交渉ったって、

実質、日米交渉になるって言っただろうが・・・。
それから、中国包囲網じゃなくて日本包囲網だとも言ったよな。

「聖域なき関税撤廃を前提としないと確認したから交渉参加!」
「国家百年の計!」とはしゃぎ、
「攻めるべきは攻め、守るべきは守る!」と勇んだ、
あの一年前の興奮はどこへやら。

<参考:一年前に東田剛が書いたこと>
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/02/27/korekiyo-32/


産経新聞は
「日本政府は米国が強硬的な市場開放を要求し続けることから、
今会合で関税協議が進展しない場合に交渉を離脱する案の検討にも着手した」と報じています。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140224/fnc14022409570003-n1.htm

しかし、アメリカ様は、
そんなことはとっくにお見通しですから、ちゃんと退路は断ってあります。


「アメリカ議会調査局は、
TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、
交渉が妥結しなければ日本とアメリカの関係が後退する可能性がある
と指摘する報告書をまとめました。」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140222/k10015444421000.html


しかも、四月には、オバマ大統領が来日。


交渉の途中離脱は日米関係を悪化させるって話も、
TPP反対派は口を酸っぱくして言ってたんですが。


ついでに、靖国参拝による日米関係のぎくしゃくを
利用してやれっていう動きも出ています。当然ですね。


「TPPは日米関係にプラス、靖国参拝は何の得にもならず=米議員団」
http://realtime.wsj.com/japan/2014/02/20/tpp%E3%81%AF%E6%97%A5%E7%B1%B3%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%81%AB%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%80%81%E9%9D%96%E5%9B%BD%E5%8F%82%E6%8B%9D%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%81%AE%E5%BE%97%E3%81%AB%E3%82%82%E3%81%AA/


ジャパン・ハンドのマイケル・グリーン氏も、
一足先に日本に入って、せっせと工作。

「お前らジャップは、俺の言うこと聞いてりゃいいんだよ、
グリーンだよ」と意見交換してから、記念写真をパチリ。
https://www.y-shiozaki.or.jp/livereport/detail.php?id=3294


今回の会合で、仮に、大筋合意が見送りということになると、
アメリカは11月の中間選挙もあって動きが鈍くなるので、
交渉は長期化するだろうと言われております。


つまり、日本は、時間をかけて、
いたぶられ続けるということになるのでしょう。


そして、耐えきれなくなったら、

「TPPを梃子にして農業の構造改革を!」という理屈に逃げ込むんでしょう。


アメリカは、
日本をその方向へと追い込む手も打ってあります。


自動車関税、農産品と同時撤廃 TPPで米が日本に20年猶予案
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140223/fnc14022308020003-n1.htm

さすがアメリカ、手慣れたもんですね。

いやはや、まるで、大人と子供です。
てんで、勝負になってません。


PS
三橋貴明の無料Video「未知の株高と経済ショック」
http://www.youtube.com/watch?v=-l_lXsz2fW8



PPS
 今回の主役は、みんな大好き、ワクワクキン●マン!
http://chokumaga.com/author/124/



※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/


(転載終了)
==========
---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

とても読みやすい本です!!

私も会社帰りの疲れた(笑)、通勤電車でも読めます。

是非どうぞ↓

(☆アマゾン政治部門 1位!外交・国際関係部門 1位!)


●日本自立のためのプーチン最強講義
~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

=> http://p.tl/RBl6


日本自立のためのプーチン最強講義 もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら

新品価格
¥1,680から
(2014/1/17 12:23時点)





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽




スポンサーサイト
  1. 2014/02/26(水) 12:27:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/26のツイートまとめ | ホーム | 02/25のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4171-c9275827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)