にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

第3代ハワイ州知事 ジョージ・アリヨシ(日系)の終戦直後の日本での感動的な体験談

本日の2014年1月15日の

◆ 致知出版社の「人間力メルマガ」 ◆
http://archive.mag2.com/0000192277/20140115081335000.html

を読みました。

感動して、泣けました。

是非、ご覧ください。

=========================
(転載開始)



かつてアメリカの州知事は
白人ばかりがその地位を占めていました。


そんな中、1974年に
日系人として全米初の州知事となった
ジョージ・アリヨシ氏。


新たな道を拓いてきたアリヨシ氏が
初めて両親の母国・日本を訪れたのは
第二次世界大戦後、間もなくのこと。


そこで出会ったある靴磨きの少年との
「感動のエピソード」とは――。


┌──────今日の注目の人───────┐



  「“分かち合い”の精神を
   教えてくれた靴磨きの少年」
         

     
 ジョージ・アリヨシ(第3代ハワイ州知事)


   ※『致知』2014年2月号
     連載「私の座右銘」より


└────────────────────┘


私が最初に日本の地を踏んだのは1945年、
第二次世界大戦が終わって間もなくのことでした。


アメリカ陸軍に入隊したばかりの頃で、
焼け残った東京丸の内の旧郵船ビルを兵舎にして
GHQ(連合国軍総司令部)の通訳としての
活動を行ったのです。


私は日系アメリカ人です。
両親はともに九州の人で、福岡出身の父は
力士を辞めた後に貨物船船員となり、
たまたま寄港したハワイが好きになってそのまま定住した、
という異色の経歴の持ち主。


ここで熊本出身の母と出会って結婚し
私が誕生しました。


私は高校を出て陸軍情報部日本語学校に
学んでいたことが縁で、
通訳として日本に派遣されることになりました。


東京で最初に出会った日本人は、
靴を磨いてくれた7歳の少年でした。


私は思わず、

「君は子供なのに、
 どうしてそういうことをやっているの」

と質問しました。


少し言葉を交わすうちに、
彼が戦争で両親を亡くし、
僅かな生活の糧を得るために
この仕事をしていることを知りました。


その頃の日本は厳しい食糧難に喘いでいました。
それに大凶作が重なり1千万人の日本人が
餓死すると見られていました。


少年はピンと姿勢を伸ばし、
はきはきした口調で質問に答えてくれましたが、
空腹であるとすぐに分かりました。


兵舎に戻った私は昼食のパンに
ジャムとバターを塗ってナプキンで包み、
他の隊員に分からないよう
ポケットに入れて少年のもとに走り、
そっと手渡しました。


少年は

「ありがとうございます。
 ありがとうございます」

と何度も頭を下げた後、
それを手元にあった箱に入れました。


口に入れようとしないことを
不思議に思って、

「おなかが空いていないのか」

と尋ねると、
彼はこう答えたのです。


「僕もおなかが空いています。
 だけど家にいる3歳のマリコも
 おなかを空かせているんです。
 だから持って帰って一緒に食べるんです」


私は一片のパンをきょうだいで
仲良く分かち合おうとする、
この少年に心を揺さぶられました。


この少年を通して
「国のために」という日本精神の原点を
教えられる思いがしたのです。


「いまは廃墟のような状態でも、
 日本人が皆このような気概と心情で生きていけば、
 この国は必ず逞しく立ち直るに違いない」


そう確信しました。
果たしてその後の日本は
過去に類のないほど
奇跡的な復興を遂げ、
世界屈指の経済大国に成長しました。


通訳として日本に滞在したのは僅か2か月です。
しかし、私は今日に至るまで
この少年のことを忘れたことがありません。


日本に来るたびにメディアを通して消息を捜したものの、
ついに見つけることはできませんでしたが、
もし会えることがあったら、
心からの労いと感謝の言葉を伝えるつもりでいます。


  * * *

その後、アリヨシ氏はいかにして
日系人として全米初の州知事となったのか。
州政運営の支えとなった両親の教えとは――。


続きはぜひ『致知』2月号P72~P73をご一読ください。


※まだ『致知』をお読みでない方は、
 この新春正月号(2月号)からのスタートをお勧めします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆人間力を高める2014年に――。◆

月刊『致知』定期購読のお申込みはこちら
⇒ https://online.chichi.co.jp/products/detail.php?product_id=1529

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


───────────────────────────────────────
メルマガ配信登録はこちら(無料)

自社配信版⇒ http://www.chichi.co.jp/mailmaga
まぐまぐ版⇒ http://tinyurl.com/3qc47f3


(転載終了)
=========================



ちなみに、『致知』の最新号 2014年2月号には、
田母神さんが自民党の山谷えり子さんとの対談で登場されています。

こちら↓
http://blog-imgs-42.fc2.com/k/o/p/kopiruakkun/2014011412272610e.jpg


『致知』の読者の方には、
是非、原発問題を冷静に考えてもらって、
田母神さんを応援して欲しいです。

昨日の拙ブログの記事もご参考頂けると嬉しいです。

こちら↓

●【致知・1月号】私はなぜ、原発支持に転向したのか
  ( ロバート・ストーン(映画監督))
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4092.html


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★


【中野剛志先生の有料メルマガ 】

アメリカで影響ある新聞(NewYorkTimes)に
このよう(↓)に安倍総理が報道されているという【事実】


〇12月29日のNewYorkTimesでの安倍総理の風刺の絵
http://www.nytimes.com/2013/12/29/opinion/heng-nationalism-in-japan.html

は絶対に知っておくべきだと思います。


この報道が正しいか間違いかという意味でなく、

【そのように報道されているという事実】を直視しましょう。



中野剛志先生が「靖国参拝」について、
他では見れないスルドイ分析をされていますので、
是非、ご覧ください。


※有料メルマガ(525円/月)ですが、初月は無料です。


〇アメリカの戦略の読み方 (発行日:2014年1月14日 8時)
(安倍総理の靖国参拝がもたらした影響/日米同盟に隠された意図。 )
http://chokumaga.com/magazine/free/124/18/


〇世界史から見た靖国参拝の重大な意味 (発行日:2014年1月7日 8時)
( 靖国参拝に対する各国の批判が暴き出した恐るべき事実 )
http://chokumaga.com/magazine/free/124/17/

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2014/01/15(水) 12:28:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【米世論『日米安保を維持』が急減!】朝日だけが見出し記事。「朝日の記事が正しい」と産経の記事 | ホーム | 01/14のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4094-87527bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)