にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【自衛官が家探し】官舎値上げ方針で1万3000人が転居?「緊急事態の対応に懸念」

おまっとさんです。

毎週水曜日は、
『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の東田剛(中野剛志さんのそっくりさん)先生の記事で、
「安倍政権に健全な絶望感を持とう!」の日です。


本日の記事は、「【東田剛】正しい対中国戦略」です。


「絶望感」への期待外れで
安倍政権を応援されています。(笑)


~~(引用はじめ)~~

さて、日本は、どうすべきか。

 難しく考えることはありません。
 防衛力をガンガン強化すべきです。

 中国が攻勢に出たのは、米国が弱体化したと見たからだけではありません。
 中国は、弱体化した米国に頼っている日本をナメているのです。

 米国の弱体化を、日本の防衛力強化で埋め合わせていれば、中国が攻勢に出られるはずはない。

 中国の挑発をきっかけに、日本が自力で国を守ろうと本気で動き出したら、
中国は戦術の失敗を悟って引くかもしれないし、
(日本に自立してほしくない)米国も本気で中国を抑えにかかるでしょう。

 さて、安倍政権は、従来の政権にないほど、防衛力の強化に向けて頑張っています。
 もっと頑張って欲しいです。

 もっとも、こういうことをやっているうちは、ダメですね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131125-OYT1T00623.htm?from=top

~~(引用おわり)~~


安倍総理、防衛力強化、頑張ってください!!


そして、やってはダメな方のニュースです。
これは私も知りませんでした・・・

こちら↓

=========================
〇官舎値上げ方針で自衛官が家探し…緊急時に懸念
(2013年11月25日15時01分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131125-OYT1T00623.htm?from=top

 国家公務員宿舎の家賃を2倍近くに引き上げる政府の方針に、防衛省が強く反発している。

 自衛隊は大規模災害などに備え、全国の駐屯地や基地から徒歩1時間圏内の宿舎に約3万人の隊員が住んでいるが、防衛省のアンケートでは、値上がりすれば約1万3000人が民間住宅に転居すると回答。幹部からは「緊急事態の対応に遅れが出かねない」と懸念の声が上がる。

 ◆安いけど古い

 「今年に入ってから、ひっきりなしに一戸建てのマイホームを探す自衛官から問い合わせを受けている」。陸自練馬駐屯地(東京都)近くの不動産会社の男性営業社員(34)はそう話す。

 訪れるのは家族を持つ30~40歳代の自衛官が多く、「宿舎が値上げされるので、形の残るマイホームがほしい」と、4000万円台の物件を探す隊員が目立つ。今年の取扱件数は数十件で昨年の2倍以上だという。

(転載終了)
=========================


うーーん。

なんでこんなことするんですかね。。

あの「事業仕分け」(2009年)を思い出しますね。。

こちら↓
===
〇自衛隊の制服までユニクロかよ(笑)
http://hibikan.at.webry.info/200911/article_79.html

必殺仕分け自衛隊もバッサリ制服高すぎ!

 政府の10年度予算概算要求のムダを洗い出す行政刷新会議の「事業仕分け」で26日、自衛隊員の制服について、外国製を含めたコストカットを求め、予算縮減の評決を出した。自衛隊の制服は、模造品による潜入工作を防ぐなどの趣旨で、陸上自衛隊の幹部で1着2万5704円の国産物を使用してきた。防衛省側は、安全保障上の観点から反論したが、仕分け人の結論は縮減。安価なアジア地域からの輸入の可能性が出てきた。

 自衛隊の制服は、記章や、階級章のついたスーツのような服で、54年の自衛隊発足当初の冬服から、国内縫製の制服が使用されてきた。防衛省はほぼ前年並みの89億6900万円を要求したが、仕分け人の厳しい目は、より安価な「アジア製」の制服の可能性を含めた制服採用によるコストカットを求めた。


(転載終了)
===


安倍総理、脱「事業仕分け」でお願いします。


東田剛先生の記事、全文をどうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2013/12/04

【東田剛】正しい対中国戦略
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/12/04/korekiyo-73/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


FROM 東田剛


先週(防空識別圏問題)の続きです。

本件に関するケビン・メア元米国務省日本部長の見解です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131128/amr13112821200003-n1.htm

「日本ははっきりと、中国の脅威に対処する覚悟があると示す必要がある。」
「これは臆測だが中国は、最近オバマ政権は弱くなったからあまり反発しないだろう、と思っていたかもしれない。」
「残念ながら中国は米国と日本、日米安保体制を試している。」

 私も同感ですね。

 他方、ウォールストリートジャーナルの社説は、こう述べています。

「中国は現在、こうした状況をエスカレートさせる可能性もあるが、米国が同盟国や世界の規範を守る意志を示す場合には、中国がそうする公算は低い。中国政府は1996年にミサイル演習を実施して台湾に対して同じような威嚇を行った。当時のクリントン政権が当初気をもんでいた。しかし、クリントン元大統領が同地域に空母戦闘群を派遣した後、危機的状況が緩和した。」

http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303735804579223192684635568.html


この見方は、甘いんじゃないですか。

1996年と現在とでは、米中のパワー・バランスは全然違います。中国は、当時よりも軍事費をおよそ四倍にしています。
他方、今の米国は、冷戦終結後、イラク戦争前の1996年にあったようなパワーも威信も自信もありません。

http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_china-kokubouyosan
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_america-anpo-kokubouyosan

今、米国が空母戦闘群を派遣して、中国とにらみ合ったりなんかしたら、キューバ危機もんです。

というわけで、米国が同盟国や世界の規範を守る意志を示したとしても、中国は、あの手この手で攻勢を執拗に続けるでしょう。

また、中国は、国内に不満がたまっている上、変にネット社会化してますので、軍が対外強硬姿勢へと駆り立てられる可能性も、以前より高くなっています。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9AQ04M20131127/

こうした中で日中間の偶発的なトラブルが、エスカレーションの引き金となる事態は、十分にある。

ここで、忘れてはならないのは、米国の戦略目標は、あくまで「東アジアの現状維持」だということです。

だから中国の防空識別圏設定に反発しましたが、他方で、安倍総理の歴史認識の見直しや靖国参拝にも反発した。
いずれも、東アジアの現状を変更しようとする行為だからです。
米国は、パワー・バランスを考えているのです。

したがって、今回の米国の対中姿勢をみて、単純に「米国は、日本の味方だ!トモダチだ!」と考えるのはポリアンナ症候群だって言うのです。

 さて、日本は、どうすべきか。

 難しく考えることはありません。
 防衛力をガンガン強化すべきです。

 中国が攻勢に出たのは、米国が弱体化したと見たからだけではありません。
 中国は、弱体化した米国に頼っている日本をナメているのです。

 米国の弱体化を、日本の防衛力強化で埋め合わせていれば、中国が攻勢に出られるはずはない。

 中国の挑発をきっかけに、日本が自力で国を守ろうと本気で動き出したら、中国は戦術の失敗を悟って引くかもしれないし、
(日本に自立してほしくない)米国も本気で中国を抑えにかかるでしょう。

 さて、安倍政権は、従来の政権にないほど、防衛力の強化に向けて頑張っています。
 もっと頑張って欲しいです。

 もっとも、こういうことをやっているうちは、ダメですね。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131125-OYT1T00623.htm?from=top

 それから「TPPは安全保障にもなる」とかいう妄想崛起もやめてほしいですね。

 貿易投資協定と安全保障は、関係ないっすから。
 だいたい、尖閣や歴史認識で、こんなに対立している最中に、日中韓FTA交渉の会合を開いているって、何なのよ。
 http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2013112600066

PS
『月刊三橋』会員限定QAと12月号で中国の防空識別圏設定の問題を取り上げています。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php?ts=sidebar


<東田剛がライバル視している中野剛志最新情報>

http://chokumaga.com/magazine/?mid=124

http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=228183&userflg=0

http://amzn.to/17Z0fkf


※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/


(転載終了)
========

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

★★お薦め情報★★

私が尊敬しています
メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」の北野 幸伯さんの新刊

『日本自立のためのプーチン最強講義
 ~ もし、あの絶対リーダーが日本の首相になったら』

が発売になりました!!

私も早速、注文しました。
http://p.tl/RBl6

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2013/12/04(水) 12:42:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/04のツイートまとめ | ホーム | 12/03のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/4021-f711378e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)