にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【祝】オバマ欠席でTPP交渉に遅れ【悲】安倍総理はむしろ早期妥結に努める 【妄想崛起】はやめましょう。

TPP交渉がオバマ米大統領の欠席のため、遅れています。いい感じです。


昨日の日経ニュース↓

===============================
■TPP、難航分野先送り 首脳声明「大筋合意」盛らず
日経ニュース 2013/10/8 20:18
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0804C_Y3A001C1MM8000/

環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国は8日、
インドネシアのバリ島で首脳会合を開き、
年内の交渉妥結に向けて協議を前進させるとの首脳声明を採択した。

ただ知的財産権や環境、国有企業の優遇政策などを巡る米国と新興国の対立は解けず、
焦点である関税の撤廃・削減の調整も難航。
当初想定していた10月の「大筋合意」には至らず、年内妥結は一段と不透明さを増している。

(中略)

 首脳会合は交渉を主導してきたオバマ米大統領が政府機関閉鎖への対応のため欠席し、
議長をニュージーランドのキー首相が務めた。

大統領の不在で歩み寄りの機運が薄れ、
米国とマレーシア、ベトナムなどの対立が解消できなかった。

===============================


このままズルズルと行って欲しい、
少しでも日本に有利な交渉をして欲しいと願うのですが、


安倍総理の考えは別です。

こちら↓
===========================
■首相、豪首脳らと個別会談へ TPP交渉 進展呼びかけ
産経ニュース 2013.10.4 11:00
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131004/plc13100411010006-n1.htm

 安倍晋三首相は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の年内妥結に向け個別の首脳外交に乗り出す。

首相はインドネシア・バリ島で7日に始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)などに合わせ、
交渉参加4カ国と首脳会談に臨み、経済交流の拡大やTPP交渉の進展を呼びかける方針。

日本の経済成長につなげるTPPの早期発効を目指し難航する協議を後押しする狙いだ。

(中略)

中間選挙を来年に控えるオバマ米大統領は年内妥結を強く求めている。

交渉が越年すれば米国の合意に向けた意欲が薄れ、
交渉自体が頓挫する可能性もある。

このため、首相は個別のトップ会談で交渉推進を確認し、
課題が山積する大筋合意後の事務レベル協議の進展を促す考えだ。

===========================


超ゲンナリする記事ですね。。

どこの国の首相なんですかね。。

これも立派な売国奴だと思いますが。。。。


別にアメリカに強気の交渉するなんて、期待してないのですが、
せめて相手(アメリカ)が弱っている時に、時間稼ぎくらいできると思いますが。。


「日本のお家芸・先延ばし!!」も立派な戦略だと思います。


(拙ブログ参考 2013/01/18)
●【祝・日本式曖昧戦術】
アメリカに対し「TPP参加しない!」とやるのも面倒くさいし(笑)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3135.html


(拙ブログ参考 2013/01/25)
●【日本のお家芸・先延ばし】も外から見れば立派な戦略
(でも、その意味を理解しましょう)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3177.html


ということで、
消費増税でも、TPP交渉でも、絶望的な安倍政権ですが、


おまっとさんです。

毎週水曜日は、
『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の東田剛(中野剛志さんのそっくりさん)先生の記事で、
「安倍政権に健全な絶望感を持とう!」の日です。

本日の記事は、「【東田剛】震災ゴジラが凄い!」です。



本日の名言はこちら↓

=============================
「安倍さんの交渉力で、日本に有利なルールになる」なんて話は、
単なる「妄想崛起」だったようです。
=============================


私も安倍総理に「妄想」していましたが、、、、


東田剛先生が超お薦めの『震災ゴジラ』は、読んでみたいと思います。

「震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する」
http://p.tl/tPaU

震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する

新品価格
¥1,890から
(2013/10/9 10:48時点)




でわ、健全に絶望して下さい。↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


 『三橋貴明の「新」日本経済新聞』  2013/10/09

【東田剛】震災ゴジラが凄い!
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/10/09/korekiyo-65/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


FROM 東田剛


APECはオバマ欠席でTPP交渉が遅れ、日本の交渉時間が稼げると少しは期待しましたが、当の安倍総理はむしろ早期妥結に努めていたようで・・・。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131004/plc13100411010006-n1.htm

「年内の早期妥結を日米でリードする」というのは、アメリカへのリップサービスじゃなくてマジだったんですね。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html

もっとも「もはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」とウォール街で言う総理ですから、期待する方が悪い。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925nyspeech.html

「安倍さんの交渉力で、日本に有利なルールになる」なんて話は、単なる「妄想崛起」だったようです。

さて、そんな安倍総理が、米共和党系シンクタンク「ハドソン研究所」から「ハーマン・カーン」賞を受賞しました。
受賞理由は、「今年は、“伝統と決別”し、日本の経済活力を復活させるために必要な改革を進めている力のある“変革型リーダー”として、表彰する」だってさ。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/24/herman-kahn-shinzo-abe_n_3984980.html

なるほど、“伝統と決別”ね。確かに、受賞に値するわ。
さすが安倍さん。で、どこが保守なん?

その総理の受賞記念講演(9月25日)が、これです(安倍総理の訪米時の講演が、いつも共和党系シンクタンクなのは、なぜでしょう?)。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0925hudsonspeech.html

「これからの、インド・太平洋の世紀を、日本と米国は一緒になって、引っ張っていくべきであると私は信じております。目指すのは、自由、民主主義、人権、そしてルールに基づく秩序を尊ぶ世紀です。TPPとは、その背骨をなすものです。だからこそ、私は、TPPの交渉に参加しなくてはならないのだと、決意をしたのです。」

またまた、凄まじいこと言っています。
これぞ、まさに、妄想崛起!

総理、TPPが「自由、民主主義、人権、そしてルールに基づく秩序の背骨になる」という根拠は、何ですか?
もし、そんな立派なものなら、交渉参加の決断の前、総理は、何でそう説明しなかったんですか?そして、なんで秘密交渉にしているんですか?
シンガポール、ブルネイ、マレーシア、ヴェトナムは、TPPで自由民主主義や人権に基づく秩序を作るつもりなんですか?

オバマですら、TPPはアメリカの輸出と雇用を増やすためだとしか言っていませんが。
ていうか、安倍総理以外に、誰がそんなこと言っているんでしょうか?

<参考:TPPは、自由、民主主義、人権、そしてルールに基づく秩序を破壊するものだという根拠>
http://amzn.to/10XzXGK
http://amzn.to/1aao2uo
http://amzn.to/1bicSdb

ところで、こういう保守派にありがちな妄想崛起現象を理解する上で、非常に有効な本が出ました。

それが、佐藤健志氏の『震災ゴジラ』です。
http://amzn.to/151Cl2s

この本の中で、佐藤氏は『ゴジラ』『アキラ』『スカイ・クロウ』『崖の上のポニョ』等の映画やアニメを精神分析的に解読するのですが、その分析結果が、凄い!

日本人が「(アメリカに)去勢された状態を積極的に受け入れることこそ、他国にたいして道義的優位に立ち、ひいては国際的な覇権を獲得する道だ」と思い込んでいることが暴かれてしまうのです。
戦後の平和主義者が「憲法九条を世界に広めよう」とか言うのなんか、まさにそれです。

しかし、佐藤氏は、反体制派・左翼のみならず、体制派・保守派も同じメンタリティであると指摘します。
なるほど、確かにそうだ。
「日米でTPP交渉リードする」とか、「日本は世界の真ん中で活躍できる」とか・・・。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0605speech.html

さらに佐藤氏は、『バトルロワイヤル』等の解釈を通じて、「戦後日本の体制派は、みずからをアメリカと同一視し、『日本』の抹殺をはかることにより、おのれの立場を守りつつ内心の自滅願望を発散、アイデンティティの虚妄性を糊塗してきた」ことを暴露します。

これも、図星でしょう。

他にも、『震災ゴジラ』は、日本人がどうして自ら破局へと向かいたがるのか、その深層心理を明らかにします(ヤバすぎて、ここで書けないこともあります)。

これを読むと、TPPのみならず、構造改革、消費税、英語教育や道州制など、日本が自滅への道をひた走る理由が、よく分かります。

では、自滅は、どうやったら防げるのか。
その答えは、本の中に書いてありますので、ご自分でお確かめください。

PS
10/10で終了します。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php

PPS
妄想崛起したくない方は、この学校で洞察力を鍛えましょう。
http://chokumaga.com/magazine/?mid=124

仙台での講演に行く手もあります。
http://kitekesain.com/evtdisp.php?id=6963

PPPS
「えっ、これが保守なの」って驚き、でも納得する本です。
http://amzn.to/15o1Rit

PPPPS
本物の保守政治家は、孤独に闘います。
http://amzn.to/1b8ngUK



※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/

(転載終了)
===========

どうぞ↓

「震災ゴジラ! 戦後は破局へと回帰する」
http://p.tl/tPaU

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


 拡散しましょう!!

●慰安婦問題が【韓国に勝てる戦に!】
【カリフォルニア州ブエナパークに大注目!!】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3912.html


(拡散希望動画)
動画(9分の動画、再生回数28万超え!!
http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

スポンサーサイト
  1. 2013/10/09(水) 12:31:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10/09のツイートまとめ | ホーム | 10/08のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3917-6abeb92b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)