にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【シリア問題】オバマ大統領が支離滅裂な説明するのは、シリア「反体制派」にアルカイダがいるから?


昨日(9/25)放送の
関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリを見ました。

番組の最初の方で、
【国連総会 オバマ大統領がシリア・イラン問題で演説】

オバマ大統領の
シリア問題についての国連での演説について解説されています。


〇番組の動画はこちら↓
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=a76TqiUfOeo#t=0



〇文字起こしは、こちら↓
http://plaza.rakuten.co.jp/yasotyan/diary/201309260000/



青山さんいわく、

オバマさんの演説
繰り返し聞いても、正直何を言いたいのかさっぱりわからない。。


ロシア、イランにはアサド政権をあんまり支えるなと言い、

サウジのような国々には、
アサド政権が続いた方がいいと反政府に言ってくれと。


それや、なんのこちゃわかりませんね。

その謎を解く、一つがこれだと思います。


メルマガ「 ロシア政治経済ジャーナル」2013/9/25号の記事

「【驚愕】★え~、シリア「反体制派」って、9.11を起こした(とされる)
アルカイダなの???」
です。


是非、ご覧ください。知らなければ、さっぱり理解から取り残されます。

どうぞ↓

== RPE Journal===================================================


ロシア政治経済ジャーナル No.967  2013/9/25


【驚愕】★え~、シリア「反体制派」って、9.11を起こした(とされる)
アルカイダなの???
http://archive.mag2.com/0000012950/20130925062324000.html

================================================================


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



最近シリアネタが多いです。

しかし、シリアは現在、国際関係の中で最重要問題なので、これ
をはずすことはできません。



シリアでは、「アサド政権」と「反体制派」がいることは、皆知ってい
ます。

で、主にロシア、中国がアサドを支援し、主に米英仏が反体制派を
支援している。


ところが一言で「反体制派」といっても、中にはいろいろいるわけで
すよ。


そして、あの「9.11」を起こしたとされる「アルカイダ」も含まれている。


このことは「米英情報ピラミッド」以外の情報ピラミッドでは、「常識」
とされています。


しかし、米英情報ピラミッド内にある日本でそれをいうと、「トンデモ
扱い」される。


それで、私もいままで書かなかったのですが、日本語の記事もでは
じめているので、今回ようやくお話することにします。



今回の情報は、その背景を知っておかないとわけがわかりません。

まず、こちらから、ご一読ください。



http://archive.mag2.com/0000012950/20130621163136000.html
★欧米 対 中ロ、世界大戦としてのシリア問題

http://archive.mag2.com/0000012950/20130830021059000.html
★国連は、「化学兵器を使ったのは【反】アサドだ!」と発表して
いた(証拠つき)

http://archive.mag2.com/0000012950/20130908061111000.html
★世界を二分するシリア問題(どの国が攻撃に賛成?どの国が
反対?)

http://archive.mag2.com/0000012950/20130912185512000.html
★シリア問題、オバマはなぜ弱気になったの?



▼シリア問題のその後


前回シリア問題について書いたのは9月12日でした。

まず、それからこの問題がどう変化したのかを見てみましょう。


一つは、8月21日の事件について、国連の報告書がでました。

「化学兵器の使用があったことは、間違いない」とのことですが、


「使用したのは、「アサド」なのか「反アサド」なのか、断定できな
い」という内容になっています。




<シリア国連報告書、サリン使用を断定

CNN.co.jp 9月17日(火)11時37分配信

(CNN) 国連の潘基文(パンギムン)事務総長は16日、シリアの首都
ダマスカス郊外で先月化学兵器が使用された疑いを巡る国連調査団
の報告書を公表した。


報告書では神経ガスのサリンが使われたと断定されたが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

アサド政権と反体制派のどちらが使ったかについては
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

見解が示されていない。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




この報告書について、戦争をはじめたいアメリカ、イギリス、フラ
ンスなどは、「アサドが使ったことを証明した!」と拡大解釈して
いる。




<政権の化学兵器使用示す=シリア国連報告で米英仏

時事通信 9月17日(火)6時37分配信

 【ニューヨーク時事】米英仏3カ国の国連代表は16日、シリアでの化
学兵器使用を確認する国連調査団の報告書公表を受け、相次いで
記者会見し、同兵器を使ったのはアサド政権であることを報告書が
示したとの

見解を強調した。>
~~~~~~~~~~~~~~~~




「見解」ですからね。

要は、米英仏は、「そういう風に見ている」ということです。

証拠があるわけではない。



一方、アサドを守りたいロシアは、「いや、化学兵器を使ったのは
反体制派だ!」を主張している。

そして、その証拠あつめに奔走しています。




<<ロシア>安保理に証拠提出へ 「反体制派が化学兵器使用」

毎日新聞 9月19日(木)11時42分配信

 【モスクワ田中洋之、ニューヨーク草野和彦】ロシアのラブロフ外
相は18日、シリアの化学兵器使用問題で反体制派武装勢力が使
用したことを示す資料を国連安保理に提出する考えを示した。>




待望の「国連報告書」が出たものの、「どっちがやったのかよくわ
かんな~い」という結論。


結局、報告が出る前と後で、何も状況は変わっていないのですね。



もう一つの動き。


それは、ロシアの提案にアサドが乗って、「化学兵器全廃」に同意
したこと。


こちらは着々と進んでいます。



<シリア>化学兵器の米露合意「完全に順守」 大統領が明言

毎日新聞 9月19日(木)11時40分配信

 【ワシントン白戸圭一、モスクワ田中洋之】シリアのアサド大統
領は18日に放映された米FOXテレビのインタビューで、シリア
の化学兵器を国際管理下で廃棄するとした米露合意について「
合意を完全に順守する」と明言した。>



そして、アサドは、ものすごい速さで情報を出してきました。




<シリア、化学兵器情報の提出を完了 化学兵器禁止機関

【AFP=時事】

シリアは21日、化学兵器禁止機関(Organisation for the Prohibition
of Chemical Weapons、OPCW)への化学兵器に関する情報提供を
完了した。

OPCWが同日、発表した。

OPCWは前日の20日、シリアから最初の情報を受け取り、残りの情
報提出を期待すると述べていた。

現在OPCWの技術事務局が情報を精査している。

シリア政府、化学兵器の情報を国際機関に提出 シリア政府は、8
月21日にダマスカス(Damascus)近郊で起きた化学兵器攻撃に対
する懲罰的軍事行動を回避するため、米露合意に従って9月21日ま
でに化学兵器に関する詳細な情報提供を求められていた。>



しかも、どうやら「ごまかしのない情報」を出してきたようで、アメリカも
驚いているそうです。




<シリアの化学兵器申告、「予想以上の完成度」と米当局が驚き

CNN.co.jp 9月22日(日)11時17分配信(CNN)

シリア政権が20日に化学兵器禁止機関(OPCW)に提出した申告
書について、米当局者らは予想を上回る内容だとの見方を示してい
る。

シリアのアサド政権は同国の化学兵器廃棄に関する米ロ合意に基
づき、21日までに保有する化学兵器の情報を申告するよう求めら
れていた。

米政権高官によると、米当局者からは、申告書の完成度が予想し
ていたより高かったことに驚きの声が上がっているという。>




このことは、アサドの本気度を示しています。

まあ、気持ちわかります。

アメリカが攻めてきたら、フセインやカダフィのように殺されるのは
間違いないのですから。

アサドとしては、ロシアの提案にかけるしかないのでしょう。



いずれにしても、戦争をしたいアメリカ、イギリス、フランスと、ロシ
アの情報戦はつづいています。

今までのところ、ロシアのほうが優勢に見えます。


以上、9月12日からの変化でした。

そして、ようやく今日のテーマにいきます。


▼アルカイダとは?


皆さん、2001年の9.11を忘れることはできないでしょう?

私もはっきり覚えています。


当時通訳をしていた広告代理店の支社長さんが、日本に帰任する
ことになった。

それで、お別れ会があった。

クレムリンの横にあるロシアホテル(今は解体されてない)の、
「上海」という中華レストランにいったのです。

その日、オフィスに行ったら、みんながテレビにくぎ付けになってい
ました。


テレビに映っていたのは、ツインタワーに飛行機が突っ込み、ビル
が崩れていく映像でした。



アメリカは、すぐに「犯人はアルカイダだ!」と発表。

そして、「アフガニスタンのタリバン政権が、アルカイダのリーダー、
ビンラディンをかくまっている」

ことを理由に、アフガニスタン攻撃を開始したのです。


その後、

・アメリカ当局は、攻撃を知っていた

・あれはアメリカの自作自演だ


など、いろいろな「陰謀論」が登場することになります。

それはそれとして、

アメリカの公式的立場は、「9.11を起こしたのはアルカイダだ!」。


つまり、アメリカにとってアルカイダは、9.11を引き起こし、アメリカ
人3000人以上を殺した


「敵NO1」


なわけです。

仮想敵ではありません。

「敵」です。


そして、アメリカ軍は、アフガニスタンでアルカイダと戦っているの
で、

明白な「アメリカの敵」なのです。


でも・・・・。


皆さん、アメリカが、そんなアルカイダを支援しているとしたら、どう
します?????


▼シリア「反体制派」は、「アルカイダ」!!!


「反アサド」「反体制派」といっても、いろいろな勢力がある。


彼らが、「内輪もめをした」ことを、AFP(フランス通信社)・時事が報
じています。




<シリア北部の町占拠、反体制派とアルカイダ系勢力 対立の背景

【AFP=時事】

トルコとの国境沿いにあるシリア北部アレッポ(Aleppo)県の町、ア
ザズ(Azaz)で18日に戦闘になったシリア反体制派「自由シリア軍
(Free Syrian Army、FSA)」と



国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)系武装勢力「イラク・レバント
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
のイスラム国(Islamic State of Iraq and the Levant、ISIS)」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

が停戦に合意したと、イギリスを拠点とするNGO「シリア人権監視
団(Syrian Observatory for Human Rights)」が20日、明らかにした。>




反体制派の


「自由シリア軍」





「イラク・レバントのイスラム国」


が仲間割れして、戦闘になったと。


で、この「イラク・レバントのイスラム国」は、


アルカイダ系武装勢力である!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


とはっきり書いてあります。


もう少し詳しく書きましょう。

アサド政権に反対する勢力の統一組織は、「シリア国民連合」
といいます。


2012年11月につくられました。


「シリア国民連合」をアサド政権にかわる「シリアの代表」と認
めているのは、

・アメリカ

・フランス

・イギリス

・湾岸協力会議(アラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オ
マーン・カタール・サウジアラビア)

など。


「反体制派」にはいろいろな勢力があるものの、一応「シリア国
民連合」が「代表」というコンセンサスはとれているのです。


つまり形式的には「シリア国民連合」に諸勢力が結集していると。


その中に、アルカイダ系の「イラク・レバントのイスラム国」や「ア
ルヌスラ戦線」もいる。


ちなみに「自由シリア軍」は、シリア政府軍(つまりアサド政権)から
離反したリヤード・アル=アスアド大佐がつくりました。


いったい彼らは、なぜアルカイダと共闘しているのでしょうか?


上の記事は、こう解説しています。



<シリアの反体制各派は、安定的な兵器の供給を受けて支配地域を
拡大し「政府軍に匹敵する」ともされる残忍さを示すISISに怒りを募らせ
ており、ここ数か月、反体制派がその大半を支配下に置いているシリ
ア北部を中心に反体制各派とISISの間で緊張が高まっていた。 >

(同上)



「イラク・レバントのイスラム国」(ISIS)は、政府軍(つまりアサド派)と同
じくらい残忍だというのです。


そういえば国連の報告でも、「アサドも反アサドも人権侵害している」と
ありました。

(反アサドは、殺した政府軍兵士の心臓を食べたり、キリスト教の聖職
者を虐殺したり。)


でも、戦いはメッポウ強い。




<反体制各派とFSAにとって、ISISとアルカイダ系イスラム武装組織
「アルヌスラ戦線(Al-Nusra Front)」は以前からジレンマの原因にな
っていた。

実戦の中でISISとアルヌスラ戦線が政府軍に対する有効な戦力で
あることは証明されていた。>

(同上)





シリア国民連合の内部はこんななのにかかわらず、アメリカ、イ
ギリス、フランスは、支持を表明している。


武器も直接供与しようとしている。

(*すでに供与しているともいわれる。)

(*サウジアラビア、カタールは、反体制派に資金と武器を提供
している。)



理屈は、「われわれが支援するのは、『自由シリア軍』でアルカ
イダじゃない」というのです。


これに関連して、二つ問題があります。


一つは、米英仏が「自由シリア軍」に武器を与えた。


しかし「自由シリア軍」と「アルカイダ系」は、同じ「シリア国民
連合」に属している。


アルカイダ系が、自由シリア軍に、「俺たちにも武器を流せ!

俺たちは仲間だろ!」と要求すれば、自由シリア軍はそれを
拒否することができるでしょうか?


「反アサド勢力」の分裂を恐れれば、そうもいかないでしょう。


つまり、米英仏は、「間接的にアルカイダに武器を供与する」
ことになる。



もう一つは、もしシリア国民連合が、アサド政権を打倒したと
しましょう。


そして、シリア国民連合は、新政府を組織する。


その時、大活躍したアルカイダ系勢力を、新政府から排除す
ることができるでしょうか?


常識的に考えれば、難しいでしょう。


そうなれば、アメリカは、「9.11を起こした犯人たちが新シリア
政府をつくるのを、全面的に支援した」結果になります。



「アメリカは、アルカイダ系もメンバーの『シリア国民連合』を
支援している」

というのは、到底アメリカ国民の理解を得られないでしょう。



そんなわけで、アメリカでは、「アサドはひどい奴だ!」という
報道ばかり。


「反アサド派にはアルカイダがいる」という事実は、ほとんど
(意図的に)無視されているのです。


「アメリカ政府は、9.11を引き起こし3000人以上を殺したアル
カイダを支援している!」


このことをアメリカ国民がひろく知れば、オバマは終わりでし
ょう。



日本は、こういうアメリカの欺瞞を知ったうえで、「どう行動す
るのが国益なのだろうか?」と

熟考する必要があるのです。





「もし、プーチンが日本の首相だったら?」






【4刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)






=====================================RPE Journal=================

◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信登録はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html



=========================

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



「ザ・マーケティング」の今月のコンテンツは
“電子書籍で稼ぐ方法”です。


このコンテンツを“2,980円”で手に入れられるのは、

“今月中にご入会された方のみの特権”です。

http://123direct.info/tracking/af/312828/alXZqydo/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



スポンサーサイト
  1. 2013/09/26(木) 19:06:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<09/26のツイートまとめ | ホーム | 安倍総理、米にリニア提案「NY―ワシントン60分以内で結ばれる!」(NY証券取引所で講演)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3891-c1b4eae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)