にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【「おもてなし」へ小学校で英語教育強化】だって、【義家弘介文部科学政務官が言ってる】

本日( 2013/09/20)の『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の記事、
「【施 光恒】ドサクサ紛れのグローバル化」もとても面白かったです。

まず、こちらの記事を引用されていました。

○「おもてなし」へ小学校で英語教育強化 義家文科政務官インタビュー
産経ニュース 9月14日付
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130914/plc13091407390005-n1.htm

 --東京五輪に向けた政府の取り組みは

 「7年後に若者たちが日本を案内、説明できるよう小学校の英語教育を強化していく。
海外留学生の増加計画も充実させたい。

日本の良さである『おもてなしの心』を外国人に語れるようになってもらいたい」

--

なんかなぁ、、と思いますね。。


下村文部科学大臣や義家文部科学政務官には、期待しているだけに、
この英語教育に熱心なのには、悲しいです。


「社内では英語、社外ではルー語」((C)東田剛)の楽天・三木谷社長が、
トーフル導入にえらくこだわっているそうなんです。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130321/dms1303211216006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130417/biz13041717460018-n1.htm


文部科学大臣と政務官は、三木谷のポチか!と感じます。。

(拙ブログ参考)
●【怒】自民の教育提言「アメリカ製の英語テストTOEFLを受験資格として義務付け」で、
莫大なお金がアメリカに?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3568.html


●自民党内で「成長戦略・薬のネット販売」に批判が続出
 「いつから三木谷のポチになったのか」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3660.html


本記事での施光恒先生のご意見はこうです。


~~(引用はじめ)~~

「義家弘介文部科学政務官が…、
東京開催が決まった2020年夏季五輪に向けて『おもてなし』の精神を醸成するため、
小学校での英語教育の強化に取り組む考えを示した」とあります。

じゃあ、英語国であるアメリカとかイギリス、オーストラリアとかは、
すでに「おもてなし」精神にあふれまくってるのか~、などと、ちょっとズレたツッコミをいれたくなります…
f(^_^;)

個人的には、小学校の英語教育には反対です。

日常生活が日本語だけで済む恵まれた日本に住んでいる限り、
週に一、二度、小学校で英語の歌をみんなで歌ったぐらいで、英語がうまくなるわけはありません。

もし、これを拡充して週に三、四度にしたところであまりかわらないでしょうし、
それに、国語をはじめとした他の教科がおろそかになるでしょう。

それよりも、国語の時間を拡充して、日本語の感覚を磨いてほしいと感じます。

よく言われるように、母語である日本語を通じて得られた言語感覚こそが、
英語などの外国語を含めたすべての学習活動の基礎になると思いますので。


それに、政治との関連でいえば、日本語をしっかり学び、
日本語から得られる各種の感覚を共有することが、
日本人としての連帯意識(仲間意識)の基礎になるはずです。

たびたびこのメルマガにも書いてますが、
グローバル化が叫ばれる現在だからこそ、国民の連帯意識の維持や育成はとても大切です。

震災などの災害でも頼りになるのは、国民の助け合いですし、
福祉も結局は国民の間の相互扶助を基盤としています。

民主主義的な話し合いだって、仲間意識がないところでは、なかなか成り立ちません。
(`・ω・´)


日本で最初の近代的な国語辞典『言海』(げんかい)をほぼ独力で作り上げた
国語学者・大槻文彦(おおつき・ふみひこ)(1847-1928)は、国語の意義を次のように説いています。


「一国の国語は、外に対しては、一民族たるを証し、
 内にしては、同胞一体なる公義感覚を団結せしむるものにて、
即ち、国語の統一は、独立たる基礎にして、独立たる標識なり」(『広日本文典序論』)。


国語は、海外に対しては一つの民族(ネイション)であることを宣言し証明するもので、
国内的には、国民の連帯意識や団結心を育むものだということですよね。

現在、小学校の英語教育の強化や、
はたまた幼児からの英語教育の必要性まで主張する人が結構います。

最近、街中で『英語幼稚園』なるものの看板も見ました。

母語である日本語もまだほとんど身に付いていない幼児や小学生の段階で
英語教育に時間を割いてしまったら、日本語の感覚や、
それを基礎とする日本人同士の連帯意識や、社会に対する愛着が、
子供達にしっかりと備わらないんじゃないかと少々心配になります。


~~(引用おわり)~~

です。

全く同感です。

ちなみに、私は英語が喋れませんが、
英語が喋れる人には憧れます。(笑)


全文はこちらからチェックして下さい。


□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2013/09/20

【施 光恒】ドサクサ紛れのグローバル化
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/09/20/se-22/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



=========================

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



「ザ・マーケティング」の今月のコンテンツは
“電子書籍で稼ぐ方法”です。


このコンテンツを“2,980円”で手に入れられるのは、

“今月中にご入会された方のみの特権”です。

http://123direct.info/tracking/af/312828/alXZqydo/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



スポンサーサイト
  1. 2013/09/20(金) 12:40:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<09/20のツイートまとめ | ホーム | 09/19のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3879-5c2c1c94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)