にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

「人口の多い国は経済成長する」神話 中国に続いて【実はインドもヤバい、、】




本日(2013/07/19)の『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の記事
「【柴山桂太】人口大国の憂鬱」を読みました。


中国はともかく、インドの経済状況は悪い印象はなかったのですが・・・


~~(引用はじめ)~~

FROM 柴山桂太@滋賀大学准教授


 FRBのバーナンキ議長が、量的緩和の縮小に言及しはじめたことで、世界中のマネーの動きが慌ただしくなっています。特に影響を受けているのが新興国です。



http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC15007_V10C13A7MM8000/



 特に輸入超過の経常赤字国は、海外からの投資マネーが引き上げてしまうと、とたんに資金不足に陥ってしまいます。新興国には、ブラジルやトルコ、インドなど経常収支が赤字の国がけっこうあります。これらの国がいま、通貨安やインフレに苦しめられています。



 ここで注目したいのはインドです。



 どういうわけか日本のマスコミでは、「人口の多い国は経済成長する」という根拠のない物語が頑なに信じられていて、少しも収まる気配がありません。(逆に「人口の減少する日本はもうダメ」とも信じられています。)

 人口大国の筆頭が中国であり、そしてインドです。

 インドは、人口抑制策をとる中国とは違い、今後とも人口が増え続け、2030年代には世界一の人口大国になると目されています。

 「人口が多い国が発展する」なら、インドはもっとも有望株ということになり、事実、日本企業も盛んに進出しています。

 しかし実態はどうでしょうか。



 インドの経常収支赤字は、過去最悪の水準を更新中です。

http://ecodb.net/country/IN/imf_bca.html



 また財政収支も、赤字続きでやはり過去最悪の水準になっています。

http://ecodb.net/country/IN/imf_ggxcnl.html



 その結果、成長率を超えるインフレに苦しんでいます。

http://ecodb.net/country/IN/imf_inflation.html



 しかも投資ブームの反動で、銀行の不良債権問題も指摘され始めました。

 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGV17002_X10C13A7000000/



 輸出大国となった中国とは異なり、インドは輸入大国(製造業の国際競争力がない)ですので、海外からのマネーの流入がなくなると、通貨危機が起きかねません。ルピー安が続き、当局は防衛に必死です。


 インド中銀は外貨準備を積み上げていますので、すぐに危機が起きるとは考えにくいのですが、それでもインドの「双子の赤字」は簡単には改善しないでしょう。インドの政策当局は、マクロ経済を安定化させるための手段をほとんど失ってしまいました。今後も危ない綱渡りが続くでしょう。


 前回、政治体制の不安定化に人口、とりわけ若年層の急増(ユースバルジ)が関係しているという話を書きました。インドは、ユースバルジが激しい地域です。民族や宗教が複雑に入り交じったインドで、これから政情が不安定化するのは、避けられないと思います。

 そろそろ「人口が多い地域が発展する」という幻想から目を覚ますべきです。二〇〇〇年代のBRICsの発展は、あくまでリーマンショック前の、世界的な信用バブルによって牽引されたものに過ぎません。経済成長が止まれば、今度は多すぎる人口が仇となって、さまざまな政治的、社会的混乱が生み出されてしまうのです。

 新興国の混乱は、これから本格化していくでしょう。来るべきショックから日本の産業や雇用をどう保護・防衛するのか。それこそ、参院選後の重要な政治課題となるべきです。


PS
無料音声を公開中。日本企業が中国から撤退し始めた本当の理由とは?
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE/index_china_mag.php


PPS
世論に流されないようにしましょう。
http://amzn.to/16ByIlH

PPPS
なぜ、TPPは黒い条約なのか?
http://amzn.to/1aao2uo



※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/

~~(引用おわり)~~


よくよく考えないといけないですね。


前の投稿記事でも紹介しましたが、
こちらの日本IBMの記事にもインドについて触れています。↓

■日本IBM、加速するリストラの実態 突然呼び出し即日解雇、
組合活動で査定不利…
月刊誌「サイゾー8月号」 biz-journa 2013.07.18
http://biz-journal.jp/i/2013/07/post_2522.html


~~(引用はじめ)~~


 以上のように、日本IBM内で急速に解雇や給与の減額が進む背景には、
「米IBMで初の女性トップとなった社長兼最高経営責任者(CEO)のジニー・ロメッティ氏が発した、
『全世界で8000人の削減』という号令があると見られています」(IBM関係者)。

 日本IBMの中堅社員は、
「新興国市場の開拓に注力するIBMは、インドや中国では雇用を増やしているので、
狙われているのは日本などの成熟国だと思います。

すでに、客先の情報システムの運用を丸請けするアウトソーシング・サービスでは、
要員を日本から中国やインドに切り替えつつあります」と明かす。

 グローバル企業・IBM内で進む、
こうした世界規模でヒト、モノ、カネを最も安い市場から調達しようとする波は、
IT産業で働く人たちだけの問題ではなく、日本で働くすべての人々に、押し寄せようとしている。

 そして安倍内閣のブレーンの間でも、
「世界の潮流に乗り、高コストな日本の人材からアジアなどの安い人材にシフトさせるため、
雇用規制も保護も取っ払って、企業はどんどん儲けよう」という意図が垣間見える議論が勇ましい。
解雇規制緩和の議論も、その一環だ。

例えば、産業競争力会議の第4回会議で、
民間議員の一人に新浪剛史・ローソン社長は「人材の過剰在庫は存在する」との認識を示した上で、
こんな持論を述べている。

~~(引用おわり)~~~~

全文はこちらで
http://biz-journal.jp/i/2013/07/post_2522.html

拙ブログでも紹介しました。

●(サイゾー8月号)日本IBM、突然呼び出し即日解雇『安倍成長戦略の毒味役?』
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3745.html


産業競争力会議のいいなりになる
安倍政権は心配です。。


柴山桂太先生のような見識をもった政治家が必要だと思いますが、、、

そんな柴山桂太先生を大学院生時代から知っているのが、
自民党の参議院議員(京都選挙区)の西田昌司先生です。

是非、こちらの動画をどうぞ↓

●西田ビジョン「西田昌司×柴山桂太 経済対談」vol.1
http://www.youtube.com/watch?v=xB5003SbDYo




ちなみに私は京都府民なので、
西田昌司先生に一票を投票できます!! (超~幸せです!)


--

=========================

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽




スポンサーサイト
  1. 2013/07/19(金) 12:30:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<07/19のツイートまとめ | ホーム | (サイゾー8月号)日本IBM、突然呼び出し即日解雇『安倍成長戦略の毒味役?』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3746-e70df296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)