にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【試験に出ます】「アーリントン墓地には南軍の奴隷制度維持派の人も埋葬されている」


米国・ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授

「いかなる中国の妨害があったにせよ、
 安倍首相は靖国神社を参拝すべきである。」

と語っているそうです。

こちら是非どうぞ↓


メルマガ「日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信」
2013/06/17号の記事
「【アメリカ通信】中国の地政学と大戦略の失敗」より転載
( http://archive.mag2.com/0000110606/20130617191304000.html )

==(転載始め)==

共同管理人の和田です。

(中略)

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

先週、『週刊文春』(6月20日号)を読んでいたら、
とても面白い記事がありました。

米国・ジョージタウン大学のケビン・ドーク教授(53)が
5月6日に首相官邸に表敬訪問したそうです。
ケビン・ドーク教授は日本近現代史が専門だそうです。

文春誌の独占インタビューに応じ、
靖国や憲法改正など、について語っていました。

その一部をご紹介しますと、

「いかなる中国の妨害があったにせよ、
 安倍首相は靖国神社を参拝すべきである。」

アメリカとしては、日本は弱体化したままのほうが都合が良いですから、
知識人の意見としては、靖国参拝を見合わせろ
という論調が多いなか、このドーク教授の指摘は珍しいですよね。

もし、このまま首相が靖国参拝をしないような状況が続けば、
日本社会は「世俗化」の一途をたどってしまうのでは?
と懸念されます。

「世俗化」とは、政治や社会から道義的な要素が消え、
無責任が野放しになる、ということ。
つまり、民族としての「背骨」を喪失した状態です。

東京裁判で日本人を骨抜きにした米国にも、
このドーク教授のような良心のある知識人がいるのです。

ですから、このような知日家であり、
日本シンパの米国人と、我々はいかにコネクションを発展させるのか?
この点が非常に重要なことなのです。

さらにドーク教授の話を紹介しますと、

「靖国参拝への批判として、
 たびたびA級戦犯が合祀されていることが引き合いに出されます。
 
 しかし、アメリカの戦没者慰霊施設であるアーリントン国立墓地にも、
 南北戦争で奴隷制度を守るために戦った南軍の将校が埋葬されています。

 では、現在のアメリカ合衆国の奴隷制度を支持するのか。
 あるいは、アーリントンで慰霊するオバマ大統領は奴隷制度を肯定しているのか。

 そんなことはありません。」

と指摘しています。
これは、中国からだけでなく、たとえ、米国から靖国参拝反対と言われても、
そっくりそのまま米国人に伝えることができる話です。

<<アーリントン墓地には南軍の奴隷制度維持派の人も埋葬されている>>

これは重要な知識としてみなさんもぜひ覚えておいて下さい。

続いて、ドーク教授は、

「中国や韓国は、憲法改正論議についても口出しをしてきています。
 しかし、日本が憲法を変えず、首相が靖国参拝をしなければ、
 それでは中国は尖閣に攻めてこないのでしょうか?
 
 その保証はありません。」

と述べています。
これも当たり前の議論ですが、日本国内の親中派はこの点からも間違っている。
日本の憲法がどうであろうと、靖国参拝がどうなろうとも、
「国益」に適うのであれば、中国は尖閣に向けて、容赦なくやってきます。

ドーク教授は、安倍首相に表敬訪問したそうですが、
表敬でなく、日米友好、または対中外交のアドバイザーとして
しっかりと関係構築ができていればいいな、と思った次第です。

もちろん、ドーク教授ご自身が、心底そう思っていればのことであり、
また、日本側としては、彼のアドバイス通りにして、
逆に、米国からの信頼を損なう…という場面も、当然、想定されるわけで、
最新の注意を払って、慎重にことを進めなければいけないのは言うまでもありません。

-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-:-

==(転載終わり)==


靖国神社参拝は、
無理することはないと思いますが、

逆に、よきタイミングを逃さないで欲しいです。

「オバマ大統領」が参拝してくれれば、、、


「慰安婦問題」、「南京大虐殺」などの歴史観では、
アメリカを味方につけるのは、難しいでしょうが、

靖国神社参拝については、
アメリカの理解が得られると思います。


その良きタイミングがきますように。祈り。

(拙ブログ参考)

●アメリカ人学者が提言 「首相はもっと頻繁に靖国を参拝せよ」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1007.html


●ジョン・レノンの「靖国参拝」 AKBも靖国参拝、私も
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3068.html


●『ジョン・レノンはなぜ神道に惹かれたのか』
(オノ・ヨーコと靖国神社を参拝している写真も)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1101.html


●野田首相 アーリントン国立墓地 「無名戦士の墓」へ献花 (オバマ大統領との会談前)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2348.html


●【野田総理】靖国神社は行かずに、韓国の国営墓地に参拝
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1342.html





=========================

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽




スポンサーサイト
  1. 2013/06/20(木) 12:32:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/20のツイートまとめ | ホーム | 06/19のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3680-848368d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)