にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【激ヤバ】財務次官に増税至上主義者の木下康司氏【消費税引き上げを阻止する「具体的方法」】

まずは、
本日(2013-06-14 )の三橋貴明さんのブログ記事
「企業の目的と政府の目的を混同する人たち」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11551901999.html )より

~~(引用はじめ)~~

  ところで、日本の緊縮財政至上主義といえば、もちろん財務省ですが、

中でも主計局長の木下康司氏は、前の事務次官だった勝氏並みの増税至上主義者であり、
個人的に危険視していました。

『財務次官に木下氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130613/plc13061321120015-n1.htm

 政府は、財務省の真砂靖事務次官(59)が退任し、
後任に木下康司主計局長(56)を昇格させる人事を固めた。

後任の主計局長には香川俊介官房長(56)を充てる。
通常国会閉会後に発令する。政府関係者が13日、明らかにした。
 7月の参院選を経て、8月には中期財政計画を策定し、
秋には、来年4月に消費税率を8%に引き上げるかの最終判断を控えており、
幹部人事の刷新で、これらの課題に対応する。』


 さあ、大変なことになってきました。
 日本経済の、いや恐らくは世界経済の運命を決する日、
すなわち「消費税の判断」が下される日が近付く中、
「向こう側」も着々と駒を打ってきているわけです。

 わたくし達日本国民は、これまで以上に、
「政府を減収にするデフレ期の増税、絶対反対!」
 という声を上げていかなければなりません。

~~(引用おわり)~~


さぁ、声を上げていきましょう!!!

=========================
【あなた】が消費税引き上げを阻止する【具体的方法】
=========================

について、メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」で提示されています。


具体的な方法のところを転載します。↓

== RPE Journal===================================================

(転載始め)

ロシア政治経済ジャーナル No.934 2013/6/12

【RPE】★【あなた】が消費税引き上げを阻止する【具体的方法】
http://archive.mag2.com/0000012950/20130612194903000.html


▼財政再建に増税は必要ない


こんなこというと、「国が破産する!」という人がいます。

しかし、不景気のときや、弱い好景気の時期に増税しても税収
は増えません。

前回の消費税増税は橋本さんのときでした。

(1997年3%から5%に引き上げ)

それで、税収はふえるどころか、逆に減ってしまったのです。


逆に「減税したら、消費増 → 生産増 → 所得増 のスパイラル
に入って、逆に税収が増えた」ケースもあります。

(例、レーガン時代のアメリカ、サッチャー時代のイギリス、プーチン
のロシア等々)


だから、歴史を見ると

増税 = 増収

減税 = 減収

どころか、全然正反対になっていることが多いのです。

そして、「景気がよくなれば、税収が勝手に増え、財政赤字
も減少していく」というケースもあります。

一番顕著な例は、「ITバブル」時代のアメリカでしょう。

クリントンは、ここ数十年間で、「唯一財政を黒字化させた
アメリカ大統領」として知られています。

ちなみに日本でも税収が勝手に増えています。



<財務省が1日発表した3月の国税収は、所得税や法人税が伸びた
結果、前年同月比

4・4%増の2兆1832億円だった。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


4.4%増。

法人税は?



<法人税は、景気の回復基調を受け、1月決算法人の業績が好調だ
ったことなどから3・9%増の2222億円となった。>(同上)



3.9%増。

所得税は?




<所得税は25・9%増の5405億円だった。>(同上)




25.9%増。(!)

というわけで、景気がよくなれば、税収は勝手にふえていき、財政
再建も成し遂げることができるでしょう。


▼安倍総理の名言


さて、最近安倍総理が、こんな「名言」をいいました。




<安倍首相、消費税率引き上げ延期の可能性を示唆

AFP=時事 6月10日(月)7時58分配信

【AFP=時事】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は9日、参議院議員選挙
を来月21日に実施すると明言するとともに、景気低迷が続く場合は
来年予定している



消費税率の引き上げを遅らせる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


可能性をにじませた。

(中略)


 現行5%の消費税率については、来年は8%、15年には10%に引
き上げるのが基本方針だと強調した上で、経済は生き物であり、実
体経済を上向きにして力強い成長に道筋をつける必要があると発
言。


「(消費増税が)経済成長の足かせになってはいけない」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と述べ、秋に経済指標を検討しながら判断すると付け加えた。>
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





「消費税引き上げを延期する可能性がある!」

といったのです。


▼消費税引き上げを阻止する【具体的方法】


で、ここから最重要部分。

上の発言で、少なくとも安倍さんは「迷っている」ことがわかり
ます。


「消費税あげようかな?」

「それとも延期しようかな?」


と。

こんなとき、決断の一つの指標となるのが、「民の声」です。

「民の声」はどこから来る?

新聞やテレビ局の世論調査???

これだと、「何%の人が消費税増税に反対している、賛成して
いる」とか「乾いた数字」しか出てきません。


首相は、「民は実際何を考えているのだろう?」か知りたいで
しょう。

で、あなたの声を、安倍総理に届けることができます。


どうやって?

たとえば、

衆議院議員・安倍晋三公式HP ご意見ページ

http://www.s-abe.or.jp/contact/contact


首相官邸HPにもご意見欄はありますが、安倍さん個人の
HPのほうが、声は届きやすいのかなと思います。

もちろんご本人は直接読まないでしょうが、一気に同じ内
容が何千通も届けば、絶対報告はあがるはずです。

で、何を書くか?

サンプルですが。


<安倍総理

 日本のために日々奮闘してくださり、ありがとうございます。

 日本は「暗黒の20年」といわれていますが、安倍総理誕生
で、「ようやく長く暗いトンネルをこえるかもしれない」と、期待
で胸を膨らませております。

 「アベノミクス」のおかげで、私のビジネスも、徐々にうわむ
いてきました。

 これもすべて安倍総理のおかげと、毎日感謝しております。

 しかし、一点、「せっかく上向いてきた商売が、またダメにな
るかもしれない」と、恐怖を感じていることがあります。

 それが、来年予定されている「消費税引き上げ」です。

 橋本総理のときもそうでしたが、3%が5%にあがっただけ
で、お客さまの数が激減しました。

 今度5%が8%、そして10%に引き上げられると、「どうなる
のだろう」と考えると夜も眠れません。

 そんな折、安倍総理がAFPとのインタビューで、

 「消費税引き上げを延期する可能性」に言及されたことを
知りました。

 「さすがは安倍総理!民の惨状を知っておられる」と、感
動しました。


 私自身のビジネスで、「消費税引き上げ」が「致命傷」にな
ることもそうですが、私が「引き上げに反対」なのは別の理
由もあります。

 ご存知のことと思いますが、「消費税引き上げ絶対反対」「
TPP絶対反対」「原発再稼動絶対反対」を掲げる、左翼陣営
の人気が高まっています。

 私の周囲にも、「前回は自民党に入れたが、今回は自民党
に入れない」という人の数が増えてきています。

 そういう現状もありますので、国民のため、自民党のため、
そして、総理ご自身のために、ぜひとも「消費税ひきあげ延期」
をご決断いただきたいと思います。

 参院選前に発表されれば、自民党の圧勝は間違いないでし
ょう。

 長くなりましたが、一国民の意見を書かせていただきました。

 どうかご自愛くださり、末永く日本の繁栄のためにご活躍くだ
さい。

 安倍総理がご健勝であることを、日々お祈りいたしております。>



とまあ、こんな感じでしょうか。

ポイントは、「安倍総理を支持し、大好きだが、一点だけ」といっ
た感じにすること。


皆さんも、ある女性から、「あなたは全部ダメ、ダメなところが150
くらいある」といわれたらへこむでしょう。


そうではなく、「あなたは、本当にいい男。私はあなたの好きなと
ころが150個くらいある。

後一つだけ直してくれたら完璧だわ!」

といわれたら、「じゃあ直そうかな?」となるでしょう?


というわけで、「あなたが消費税引き上げを阻止する具体的方
法」とは、



安倍総理の「消費税引き上げ延期発言」を

「大歓迎する」メールを、

安倍総理のHPに送る、でした。

(転載終了)
=======================================================

さぁ、皆さまもどうぞ↓

衆議院議員・安倍晋三公式HP ご意見ページ
http://www.s-abe.or.jp/contact/contact




ちなみに、私はこんな感じで送りました。
ご参考までに↓

==========================================================

安倍総理

初めて投稿させて頂きます。京都在住の●●と申します。

昨年の自民党総裁選挙と衆議院選挙での
秋葉原での麻生大臣との演説を動画を見て、日本の希望を感じ、
また、その選挙結果に涙して喜んだ一人です。

休むことなく日本のために働かれている
安倍総理に日々感謝しております。


私は、参議院議員の西田昌司先生、
経済評論家の三橋貴明先生、京都大学の藤井聡先生を尊敬しておりまして、

その記事などを拙ブログなどでご紹介させてもらって、
微力ながら、正しい経済政策が行われることを日夜祈っております。


私の最近のもっぱらの心配は、
「消費税の増税」です。


本日(2013-06-14 )の三橋貴明さんのブログ記事
「企業の目的と政府の目的を混同する人たち」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11551901999.html )
を読んで、さらに心配してます。

このようなことが書かれていました。


~~(引用はじめ)~~

  ところで、日本の緊縮財政至上主義といえば、もちろん財務省ですが、

中でも主計局長の木下康司氏は、前の事務次官だった勝氏並みの増税至上主義者であり、
個人的に危険視していました。

『財務次官に木下氏
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130613/plc13061321120015-n1.htm

 政府は、財務省の真砂靖事務次官(59)が退任し、
後任に木下康司主計局長(56)を昇格させる人事を固めた。

後任の主計局長には香川俊介官房長(56)を充てる。
通常国会閉会後に発令する。政府関係者が13日、明らかにした。
 7月の参院選を経て、8月には中期財政計画を策定し、
秋には、来年4月に消費税率を8%に引き上げるかの最終判断を控えており、
幹部人事の刷新で、これらの課題に対応する。』


 さあ、大変なことになってきました。

 日本経済の、いや恐らくは世界経済の運命を決する日、
すなわち「消費税の判断」が下される日が近付く中、
「向こう側」も着々と駒を打ってきているわけです。

 わたくし達日本国民は、これまで以上に、
「政府を減収にするデフレ期の増税、絶対反対!」
 という声を上げていかなければなりません。

~~(引用おわり)~~


ということで、私も焦り、メールをさせて頂きました。


安倍総理は、消費税増税法案が可決された
昨年の6月時点で、ご自身のメルマガで書かれたことを信じています。

こちら↓

2012/6/27の安倍晋三元総理のメルマガより、

~~(引用はじめ)~~

昨日、社会保障・税一体改革関連法案が衆院を通過しました。
3党合意についての私の考え方は、すでにメールマガジンでご説明した通りです。

報道等ではあまり触れていませんが、現在のデフレ下では消費税を引き上げず、
法案には引き上げの条件として名目経済成長率3%、
実質成長率2%を目指すという経済弾力条項が盛り込まれています。

つまり現在のデフレ状況が続けば、消費税は上げないということです。
しかし、野田総理のこれまでの委員会答弁は、この点があいまいであると言わざるを得ません。

要は民主党政権を倒し、デフレからの脱却を果たし、経済成長戦略を実施して条件を整えることが大切です。

そして、「その条件が満たされなければ消費税の引き上げは行わないこと」が重要です。
今後、審議は参院に場を移すことになりますが、政府答弁に問題が出てきた場合、
また3党の信頼関係が崩れることがあれば、
参院で野田総理の問責決議案、衆院に内閣不信任案が提出されることがあるでしょう。

その場合、法案成立より『民主党政権打倒』を優先すべきと考えています。
なぜなら民主党政権によって日本の教育、外交、安全保障、経済、
さらに国柄においても日本は危うくなっているからです。

だからこそ、政権を打倒、外交を立て直し、安全保障を確かなものにし、
力強い経済を手にしなければなりません。

さらには教育再生、憲法改正など戦後レジームからの脱却に挑んでいかなければなりません。


~~(引用おわり)~~


安倍総理、麻生大臣の
「デフレ脱却前に消費税はあげない!」をこれからも信じています!!


ご参考までに拙ブログでのご紹介です。


●自殺者15年ぶり3万人下回る 「経済・生活を苦に」減る (15年前に消費増税)
拙ブログ 2013/01/18
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3136.html


●橋本元総理は消費税増税について、
友人が自殺されたこと等を踏まえつつ「謝罪」をしている.
拙ブログ 2012/07/14
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2621.html


 安倍総理の益々のご健勝であることを、お祈りいたしております。

長文失礼致しました。

===================-

皆様もどうぞ↓

衆議院議員・安倍晋三公式HP ご意見ページ

http://www.s-abe.or.jp/contact/contact

=========================
拙ブログからのお知らせ

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日

title="http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html">http://ameblo.jp/minna4970/entry-

11480088015.html

=======================


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)

title="http://melma.com/backnumber_190011/">http://melma.com/backnumber_190011/





▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-

Jmz16o




【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2013/06/14(金) 19:33:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<06/14のツイートまとめ | ホーム | 【医薬品ネット販売解禁】三木谷社長が「産業競争力会議の議員を辞めるぞ」とごねたから>>

コメント

実際 消費税アップを意地でもごり押ししようとしているのは
増税する事で自分への評価が上がる人間=財務長官ですよね

具体的にはいったいどうやって「木下康司の日本破壊作戦」を打破したらいいのでしょう?

 
  1. 2013/09/20(金) 13:24:10 |
  2. URL |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。l

>具体的にはいったいどうやって「木下康司の日本破壊作戦」を打破したらいいのでしょう?

わかりません。。。

本日の「ねずさんの ひとりごと」ブログでは、
「消費税反対!安倍総理支援ツイトーデモ」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2019.html
という記事を書かれています。

上記の記事にもあるように、
【#増税分は新聞解約!】というネタを広げるのは、いいような気はします。

読売新聞は、それを気にして社説で「増税見送るべき」とやっていますので。

(拙ブログ
●【祝・読売社説】消費税率「来春の8%」は見送るべきだ(読売の社外監査役は「元財務省さん」)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3840.html

  1. 2013/09/20(金) 16:22:10 |
  2. URL |
  3. コピル・あっくん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3668-76b4c278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)