にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

安倍首相夫人が国会内で講演し「私は原発反対」、そして「プーチンの離婚」を考える。



安倍晋三首相の昭恵夫人、
なんでわざわざ、こんな発言したのでしょうか、、、

============================
●安倍首相夫人「私は原発反対」 国会内で講演
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/472073.html

(06/07 10:29、06/07 10:55 更新)
 安倍晋三首相の昭恵夫人は6日、国会内で講演し、
安倍政権が世界各国に日本の原発輸出を図っていることに対し、
「私は原発反対なので、非常に心が痛むところがある」と述べた。

首相夫人が政府方針と異なる意見を公の場で語るのは異例だ。

 講演は昭恵夫人が顧問を務めている、
インターネットを通じて地方の情報を発信するNPO団体「ふるさとテレビ」(東京)が主催した。

 この中で昭恵夫人は「原発に使っているお金の一部を新しいエネルギーの開発に使い、
日本発のクリーンエネルギーを海外に売り込んだらもっといい」との持論を披露した。

 また「私は家庭内野党。(周囲の人は)嫌なことは、
だんだん権力を持つと(首相に対して)言えなくなる」と述べ、
最近は夫人自身が耳障りなことを首相に直接伝えていることを明かした。

(転載終了)
============================

どうせ反対するなら、
「TPP断固反対!!」でお願いしたいです。(笑)

私は、すぐの脱原発のデメリットは大きすぎるので、
安全性が高い原発は動かして欲しいです。

(拙ブログ参考)
●【太陽=核エネルギーを国旗としている日本】
「環境主義者も反原発から転向しつつある?」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3289.html


ところで、昭恵夫人の発言で気になったのは、
この部分です。

〜〜引用はじめ〜〜

 また「私は家庭内野党。(周囲の人は)嫌なことは、
だんだん権力を持つと(首相に対して)言えなくなる」と述べ、
最近は夫人自身が耳障りなことを首相に直接伝えていることを明かした。

〜〜引用終わり〜〜

なるほど、、

どんどん、安倍首相に耳障りなことを伝えていきましょう!!

例えば、発表された「成長戦略」について、

本日(2013-06-08)の三橋貴明さんのブログ記事
「瑞穂の国 後編」より、
( http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11547373637.html )

〜〜引用はじめ〜〜

さて、GNIについて正しく理解すると、

「GNIが国民一人当たり150万円増えても、
国民の雇用は全く創出されず、失業率は高まり、
マジョリティの労働者の所得が減少している」

というケースが実現しうることに気がつくでしょう。

 もちろん、GNIを軽視しろ、などと言っているわけではありません。
我が国は世界最大の対外純資産国である以上、GNIを重視するのは当たり前です。

 それはそれとして、現在の日本に必要な政策は、
「国民一人一人が働くことにより、
それぞれが所得を増やしていく政策でしょ?」
 と、言いたいだけです。

 というわけで、
わたくしは安倍政権が「国民一人当たりGNI 150万円増」
という目標を掲げたことについては、

「それって、『瑞穂の国』を実現することに繋がるんですか? 
むしろ、アメリカ型の格差社会に向かってしまい、
瑞穂の国とは遠ざかることになりませんか?」

 という疑問を投げさせて頂きます。

 と言いますか、
安倍政権にせよ、与党の政治家にせよ、
本当に「GNI」の定義を正しく理解しているんですかね。

恐らく、ほとんどの政治家は知らないと思います。

 というわけで、皆さん、
本ブログやわたくしの著作で「GNI」について学んで頂き、
選挙前に容赦ない「質問」「突っ込み」を政治家の方々にぶつけて下さいませ

〜〜引用終わり〜〜

※「GNI」の解説は、三橋さんのブログ全文をどうぞ↓
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11547373637.html

どんどん、安倍政権への政策に対しても、
反対意見を述べていきましょう!!

ところで、
「プーチン大統領の離婚」のニュースもびっくりしました。

このニュースについて、
メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」2013/6/8号の記事
「プーチンの離婚とロシアの弱点」にて解説されています。

下世話な話では、プーチンの愛人は、
体操のオリンピック金メダリスト「アリーナー・カバエワ」という噂があること。

それはいいとして(笑)、

プーチンの離婚問題から、ロシアの弱点、
(矢口さんの離婚問題を経由して、(笑))
そして、安倍総理へのアドバイスについても触れられています。

是非、こちらの記事もご覧ください。

安倍総理、ゆっくりとお体を休めて下さい。

= RPE Journal===================================

ロシア政治経済ジャーナル No.933 2013/6/8

★プーチンの離婚とロシアの弱点
http://archive.mag2.com/0000012950/20130608155020000.html
================================================

全世界のRPE読者の皆さん、こんにちは!

北野です。

プーチンさんが離婚しました。




<プーチン大統領が離婚「2人で決めた」 激務が原因か

朝日新聞デジタル 6月7日(金)3時50分配信

 【モスクワ=関根和弘】ロシアのプーチン大統領(60)は6日、
リュドミラ夫人(55)と離婚することを明らかにした。

大統領としての激務が原因と示唆している。

プーチン氏が私生活について発言するのはまれで、突然の発
表にロシアでは関心が高まっている。>





これについて、モスクワ在住者として知ってること、感じること
を書きます。


▼全国民が知っていた


プーチンさんとリュドミラ夫人が不仲であることは、どこにも報
じられないにもかかわらず、

全ロシア国民が知っていました。

なぜか?


リュドミラ夫人が、公的な場に全然姿をあらわさないから。

たとえば、ロシアではクリスマス(ラジデストヴォ)やキリスト復
活祭(パスハ)などが盛大に祝われます。

この日は、プーチンもメドベージェフも教会に行くんです。


メドは、奥さんと仲良く教会に来ている。

でも、プーチンは、一人で来ている。


どう見ても不自然で、「うまくいってないのだろう」というのは、
常識になっていました。


理由ですが、これもロシアでひろく拡散されているうわさ。

プーチンには、愛人がいると。


お相手は、新体操のオリンピック金メダリスト

アリーナー・カバエワさん。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%90%E3%82%A8%E3%83%AF

ウィキにはこうあります。↓


<2008年にウラジーミル・プーチンとの交際が報じられたが、
否定。

この件を報じたタブロイド紙は突如、資金難を理由に休刊(但
し1週間も経ずに再開)。

2009年12月に男子を出産。

父親が誰かは明かされていない。>



この件に関しては、完全に報道が規制されていて、実際どうな
のかわかんないのです。


まあ、私も聖人ではないので、深入りするのはやめましょう。


ちなみに、人のスキャンダルを聞いたとき、私はどう考えるか、
別メルマガで書いています。

気になる方はご一読ください。


★矢口さんの浮気発覚、離婚報道を見て何を考えましたか?
http://archive.mag2.com/0001606599/20130607122209000.html


いちおうこのメルマガは、「ロシア政治経済ジャーナル」という
ことで、

「政治」方面からこの問題を考えてみましょう。


「離婚」でプーチンの支持率は下がるのでしょうか?

いろいろなロシア人にきいてみると、

「女性の支持率は下がる」という意見が多かったです。

なぜか?


ロシアでは、誰かが離婚すると、その理由はたいてい

・夫の浮気

・夫の暴力

・夫がアル中

などである。

「離婚の犠牲者は『女性』というイメージが強く、特に女性は
夫人に同情するであろう」

とのこと。


それと、熱心なロシア正教徒も、支持しなくなるかもしれませ
ん。

ロシアって、結構キリスト教(ロシア正教)のパワーがすごい
のです。


▼プーチン激務が離婚の原因?


さて、オフィシャルな理由について、プーチンさんと夫人はこう
語っています。




<2人はこの日夜、国立クレムリン宮殿でバレエ「エスメラルダ」
を鑑賞。

その後、国営テレビ「ロシア24」のインタビューにそろって応じた。

「2人は一緒に暮らしていないのではといううわさもある」と問わ
れたプーチン氏は夫人と目を合わせ、

「その通り。私は公人で、それを好きになれず折り合いをつけら
れない人もいる。

リュドミラはもう9年もそれに付き合った。

(離婚は)2人で話し合って決めた」と語った。


夫人も「私たちの結婚は終わった。

それはお互いが会えなかったことに関係している。

夫は仕事に没頭していた。

子どもは成長し、それぞれの生活を送っている。

私は公人になるのは好きではないし、公務であちこちに移動するの
が私にはつらい」と打ち明けた。

さらに、「これは『文明的な離婚』です」と円満な別れを強調した。>

(同上)



要するに「プーチンが、夫人や子供たちと会えないほど忙しいこと
が離婚の原因だった」と。


これがホントの理由かどうかなんともいえませんが、プーチンさん
がメチャクチャ忙しいのは事実です。


欧米のメディアはよくロシアの現状を、「プーチンが『手動』でやっ
てる」といいます。

ロシアは、巨大な「ワンマン企業」みたいなもので、プーチンが一
人で動かしている。


ロシアでは毎年1回、「プーチンの公開インタビュー」が行われ
ます。

プーチンがひたすら国民からの質問に答える。


4時間も5時間もぶっ通しでやるので私もあまりまじめに見ませ
んが、ものすごく印象に残っていることもあります。


地方で、子供を十何人(養子も含め)も養っている子沢山ファミ
リーがあった。

そこの子供が、「遊べる場所がないの」といった。

プーチンはそれを聞いて、即座につくるように指令を出した。

そして、家の前に「ミニ公園」が速攻でつくられた。


あるいは、地方のおばちゃんが、「市長が私にあってくれない」
という。

プーチンが指令を出すと、即座にあってくれ、問題も解決する。



いってみれば、プーチンは「夢をかなえてくれるサンタクロース」
のようになっている。

モスクワばかりでなく、地方の一家庭の問題までプーチンが解
決する。


じゃあ、地方の首長たちはなにやってるの?

全員がそうとはいいませんが、ロシア人がいだいている印象は


「私腹をこやすことに全力をつくしている」。


そして、「プーチンに見つかりませんように!」と祈っている。



これがロシアというか「独裁」の脆弱性でしょうね。




たとえば「アップル」社。

スティーブ・ジョブスさんが亡くなって、即座に問題が起こってい
る。



ロシアも、プーチンがいなくなったらどうなるのだろう?

プーチンに文句いっている人も、「次のリーダー」は浮かばない
し、

明るい展望は描けないのです。


▼プーチンと対極だったレーガン


プーチンの問題は、「優秀すぎて人に任せられないこと」だろうと
思います。

いわゆる独裁型の天才経営者。


この対極にあるのがアメリカのレーガンさん。


彼は、新聞も読まず、ニュースも見なかったそうです。

そして、「探偵物」の小説ばかり読んでいた。


残業もメッタにすることがなく、さっさと仕事を切り上げて
いたそうです。

いわく


「仕事のしすぎで死んだという話はあまり聞かないが。

それでも『念のため』働きすぎないようにしないとね」


だそうです。

スタッフにまかせっきりだったのですね。

それでも(ブッシュパパではなく)「レーガンはソ連を崩壊させた
!」ということで、

ワシントンやリンカーン、ルーズベルト並に「偉大な大統領」と
思われています。


プーチンさんも、もう少し人に任せて仕事を減らせば、離婚を
回避できたのかもしれません。

わかりませんが。


▼安倍さんもご注意を!


ここから余談。

さて、わが国の安倍総理も、周りが働きすぎを心配している
そうです。

余計なお世話かもしれませんが、日本国の動向は、私たち
一人ひとりの生活や未来にも直結しますので、あえて書きま
す。


「働きすぎるといいことないですよ」と。


なぜかというと、働きすぎると、一番大切な時間がなくなっち
ゃうから。


「一番大切な時間?」


家族と過ごす時間のことではありません。(それも大事)

それは・・・。





考える時間





です。

安倍さんも、野党時代、しかも自民党の重要ポストについ
てなかった時に、

「アベノミクス」を考えたのでしょう?


忙しくなったら、考える時間も判断する時間もなくなってし
まいます。


以前「シンプルな戦略が強力な戦略」という話をしました。

そして、「安倍総理がやらなければいけないことはたった
三つだけ」と書きました。

それは、



・東日本大震災、福島原発事故、被災者の救済と被災地
の復興

・デフレ脱却、経済成長

・尖閣・沖縄防衛



これは、どれも大きく、超重要な課題です。

これだけやれば、安倍総理は「偉大な宰相」と呼ばれるで
あろうと。


ところが、プーチンさんも安倍さんも、忙しくしてないと気が
すまないのでしょうね。


枝葉末節にこだわり、物事がどんどん複雑化しています。

先日3本目の矢「民間投資を喚起する成長戦略」の詳細が
発表されました。

とても「シンプルで強力な戦略」とはいえず、市場が落胆し
たのもわかります。



安倍総理には、週5日働いて残業はせず、大切な課題3つ
だけに集中していただきたいと思います。


それが、ご自身の健康のためであると同時に、日本国のた
めでもあるのですから。



ところで、離婚を発表したプーチンの世界戦略とは???

詳しくはこちら。




「もし、プーチンが日本の首相だったら?」



【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


=====================================RPE Journal=================
◎ロシア政治経済ジャーナル
のバックナンバー・配信登録はこちら
http://archive.mag2.com/0000012950/index.html

(転載終了)

========================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


こちらの動画も必見です。(19分)

ニューヨークの独立放送局Democracy Nowで報道されています。

●参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕) 20120614
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8


TPPで得をするのは、【グローバル企業】です、
TPPで損をするのは、【日本およびアメリカ国民】です。


日本のためだけでなく、
世界のために、TPPに断固反対しましょう!!

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2013/06/08(土) 21:04:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<06/08のツイートまとめ | ホーム | 06/07のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3658-61cfcdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)