にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

「7月21日、衆参ダブル選挙」で安倍・麻生・石破で具体的な調整を開始?

昨日の関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”を見ました。
「7月21日、衆参ダブル選挙」で、現時点では調整が始まったみたいですね。。

野党はもちろん大変で、自民党が圧勝すると思いますが、

憲法96条改正、TPP問題があるので、
なかなか自民党を応援しずらいところもあり、、、

「7月21日、衆参ダブル選挙」が近づいている証拠を
ぼやきくっくりさんの文字起こしで確認してください。↓

=============================
■5/8放送 関西テレビ「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”
安倍外交、カギ握る中国の未来…アジアで見た日本経済の真相を青山がズバリ
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1378.html


山本浩之
「さあ、安倍・麻生会談。何か大きな動きがありそうです」



青山繁晴
「うん。まずこれ一昨日ってことは、月曜日、連休の最終日ですね。えー、皆さんご存知のように、安倍さんゴルフなさって、そのあと奥様と都内で食事されてから東京・富ヶ谷の私邸に帰られたんですよ。で、私邸に総理が帰られてから、もう、40分ぐらいしか経ってなかったそうですけど、麻生さんが現れて、えー、そして実際に2人だけで、つまり奥様も挟まずに、2人だけで話したのは1時間35分から1時間40分ぐらいだったそうなんです。えー、中身、僕の責任で申します。中身はズバリこれでした。出して下さい」



村西利恵
「7月21日、衆参ダブル選挙」

山本浩之
「はぁ~」

青山繁晴
「はい。具体的に申しますと、麻生さんは、実はこの一昨日の夜、会う前から、安倍さんに、衆参ダブル選挙をやるべきだっていう提案してました。それを、一気に、まあ、膝詰め談判ていう形で、一昨日の会談で、麻生副総理がおっしゃった。それは、7月21日って日程はまだ最終確定じゃないですよ、7月21日は実際、参議院選挙の日程としてはほぼ確定として言っていいです。あの、総務省にそういう指示が来てますから、もう7月21日で用意してくれと。で、そこに、解散総選挙をぶつける場合も、ま、普通は同じ日ですよね。えー、よけい困りますから、総務省としては」

一同
「それはそうですね…」

青山繁晴
「ね、みんなもこれで大変ですけれども、普通はそうでしょうけど、最終確定とは言いませんが、でもこの日程を念頭に、麻生さんから、衆参ダブル選挙で決断をして、そして、準備を進めるべきだっていうことを言って、そして、安倍さんは、否定したんではなくて、その意義は十分に分かるので、具体的に、つまり前向きにじゃなくて、具体的に検討しますという答えが、あったと、私はそのように聞いてます」

山本浩之
「はあー」

青山繁晴
「で、非常にこれは、重要なことです。えー、なぜかというとですね、えー、参議院選挙終わったあとに、少なくとも憲法第96条に関して、改正するかどうかを具体的に動くともう安倍さんはっきり言ってますよね。で、その判断について参議院選挙だけで私たちが、事前に判断を示すんじゃなくて、本来はここまで大事なことであれば、衆議院選挙で、私たちの意見を述べることもとても大事だと思います」

村西利恵
「そうですね」

青山繁晴
「で、あの、『アンカー』で、今から紹介しますけど前に申した時に、えー、今、安倍さんがせっかく仕事をしようとしてるのに、それを邪魔すんのかというような、メールとかもいただいたんですが、もちろんその考え方も尊重しますけど、それは逆で、むしろ、それ(衆議院選挙)をしないと、政権の正統性が奪われていきます。それなぜかは今お話ししますが、そういう重大なことなんで今回はもう遠慮をせずに、この方々に直接、夕べから今朝にかけて、直接電話をしました」

山本浩之
「あ、直接…」

村西利恵
「それが、安倍総理と石破幹事長」



青山繁晴
「はい。2人だけじゃないんですけれども、安倍総理と石破幹事長、これあえてもう、お名前と、お名前っていうか、名前言ったら分かりますけども(笑)、あの、実際に夕べから今朝にかけて直接お電話したってことを、今、明らかにしました。で、それはどうしてかというとですね、このダブル選挙の件で、このお2人に電話したのは今回初めてじゃなくて、実は3月6日から、1週間の間に、ダブル選挙やるべきだと電話したんです。それはこの番組でやりましたね。はい、出して下さい」



村西利恵
「3月13日のこのコーナーで、青山さんは、1票の格差の最高裁判決の前に格差是正をして、衆参ダブル選挙にすべきだと、提言されていました」

青山繁晴
「はい。皆さんご記憶だと思うんですが、3月6日、に、まず東京高裁が、去年12月の総選挙というのは、1票の間に格差がありすぎて、これ選挙制度のことを言ってるんじゃなくて、その格差がありすぎると、違憲だと。つまり、違憲状態じゃなくて、憲法違反だということを、東京高裁がはっきり言ってしまって、そのあとバーッと同じような判決が出ていくんですよね。中には選挙無効の判決まで出ました。はい。しかしその最初の、3月6日の段階で、すでに僕はこの安倍さんと、石破さんをはじめとする、ま、決定に関わる人たちに電話をして、これを安倍さんが、憲法改正も含めて、国民に重大な問題提起するんだったらよけいに、司法の判断として、政権の正統性が、ないという判断が、出ていて、最高裁でも、それが出る恐れが、十分、可能性が十分にあるから、その前にですね、衆議院を解散して、当然解散の前に、最低限の定数是正やらなきゃいけませんが、それをやってから、その、参議院選挙に臨むってことは結果としてダブル選挙しかないってことを申したわけです。その時の、安倍さんの答えはどうだったかというと、考えますということだったんですよ。但しこれは、消極的な、考えますに、幾分、消極的な、全否定じゃないけど、に、聞こえました。そして石破さんははっきり懐疑的だった」

一同
「ああー」

青山繁晴
「青山さん、そんな簡単に言うけれども、もし定数是正やるんだったら、そのための調整もえらいことだから、そんな簡単に解散なんかできないよ、俺はちょっと賛成できないなって話だったんですね。ところが、夕べから今朝にかけて、このお2人にも直接話を聞きましたら、全部は申せません、えー、僕に守秘義務はありませんけれども、信頼関係で全部は言葉通り言えないけれども、はっきり言いますと、まず石破幹事長、否定的、懐疑的だった石破幹事長は、調整は依然として大変だけれども、しかし国民に信を問わなきゃいけないという、大事の前には、そんな調整はもう小さいことですと。私は努力しますと。近々に安倍さんと2人だけで、この件を話しますと」

山本浩之
「はあー」

青山繁晴
「というのはですね、背景に、皆さんご存知の0増5減ていう最低限の、その定数是正、これに対して、裁判所の一部にはそれでも不十分だって意見ありますけれども、しかし少なくとも憲法違反と明言されるようなことからは少しマシになる、それ安倍さんの意志で今国会で成立するんですね。それを受けて幹事長は、キーワードに書いたとおり、実は決断してますね。そして、安倍総理、あの、総理がおっしゃったことをそのまま紹介できませんが、えー、あえて申しますと総理側近は僕に何て言ったかというと、安倍さんと僕との電話を踏まえて何て言ったかというと、もう検討じゃないと。具体的に、具体的にどうやったら、その、国民がちゃんと投票率も高く投票できるかを、今、準備してますってことだったんですね」

村西利恵
「そうなんですかー」

青山繁晴
「従って、その大きな流れはそこに向かっているんです、もう。ちょっとスケジュール見ますとね」

村西利恵
「6月7月のカレンダーです」



青山繁晴
「はい。えー、国会会期末、6月26日です。そして安倍さんはすでに、参議院選挙が、このへんにあるから、会期末、から延長しませんと、もう言っちゃいました。ね。ということは普通に考えたら、このあたり(会期末)で衆議院解散して、7月21日にダブル選挙になる、可能性が強いです。皆さんこれはいろんなご意見あることを承知で申しますが、僕はやっぱり明るいニュースだと思います。参議院選挙のあとに、改憲を含めて、もう敗戦後初めてのような試みが、いろいろ準備されようとしてる時に、私たちが、えー、衆議院についても、主権者の意志を示せるっていうのは良い機会だと思いますし、刻々とその時期が迫っているのであれば、迫ってると僕は思いますから、私たちはたくさんのことを考えを整理していくべき時期に、入ったということだと思います

(転載終わり)
========================

========================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


こちらの動画も必見です。(19分)

ニューヨークの独立放送局Democracy Nowで報道されています。

●参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕) 20120614
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8


TPPで得をするのは、【グローバル企業】です、
TPPで損をするのは、【日本およびアメリカ国民】です。


日本のためだけでなく、
世界のために、TPPに断固反対しましょう!!

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2013/05/09(木) 18:43:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<施平蔵総理が変える憲法って、ヤバくないですか? | ホーム | 05/08のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3605-6a2ffeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)