にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

三橋貴明「安倍総理は国民との約束を守ると言ったが、これでは守れるはずがないではないか!」



本日(2013-04-20)の三橋貴明さんのブログ記事
「続・非対称な交渉-日米構造協議 再!-」より、

ーー引用はじめーー

 アメリカはTPP交渉にかこつけて、「並行協議」として、
日米構造協議の続きをやろうとしているに過ぎないわけです。

並行協議で決まったことは、TPPと無関係に有効になります。

 すなわち、アメリカはTPPを利用して、
日本の(アメリカのための)構造改革を完成しようとしているわけでございます。

 チャンネル桜の番組の中でも触れましたが、
今回の「並行協議開始」(を勝手に官僚と政府が決めたこと)について、
自民党内でも批判の声が高まってきました(当たり前ですが)。

現実的な問題として、
この安倍政権のおかしな動き(日米構造協議 再!)を止められるのは、
与党の国会議員しかいません。

 皆様、是非ともご地元の国会議員(自民党がベスト)に、

「どういうことなんだ。安倍総理は国民との約束を守ると言ったが、
これでは守れるはずがないではないか!」
 との声を届けて下さいませ。

ーー引用終わりーー

かなり悲痛な感じになってきました。

アメリカはTPP交渉にかこつけて、「並行協議」の内容をブログに書かれていますが、
驚愕します。

◆自動車分野

◆保険:かんぽ生命保険と民間保険会社との競争条件

◆知的財産権:著作権の保護期間

◆政府調達:公共事業への外国企業の参入

◆衛生植物検疫措置:諸侯品添加物の認定基準のあり方

◆その他
 ○透明性と貿易円滑化
 ○投資
 ○規格と基準 
 ○競争政策


もはや、
アメリカにとっては、TPPはどうでもいいかもですね。
「並行協議」で日本がこれらでどんどん譲歩しまくってくれるのですから。

稲田朋美大臣は、元気にされているのかなぁ、、
心配です。

(拙ブログ参考)
●【産経新聞の記事】
TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ。(自民党 稲田朋美)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1438.html

やばい、「日米構造協議 再来!」をどうぞ↓
=================================
■続・非対称な交渉-日米構造協議 再!-
三橋貴明さんのブログ  2013-04-20 07:49:07
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11514772781.html

『並行協議は米主導 TPP「入場料」に市場開放要求
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201304170898.html?ref=reca
 日本が「環太平洋経済連携協定」(TPP)の交渉に参加する際、TPP交渉とともに日米2国間の貿易交渉を進める。日本のTPP交渉参加で日米が合意した時に決まった。日本が米国車の輸入を増やすことや食品に含まれる添加物の基準を緩めることなど、米国が日本に求めてきた「市場開放」のテーマがずらりと並ぶ。(後略)』

ずらりと並ぶ、「市場開放」のテーマは、こちら。

◆自動車分野
 ○スナップバック:相手国のTPP協定違反によって自国の自動車産業が不利益を被った場合、自国の関税率を戻す手続き。
 ・・・・・・・・・・・・問題なのは、現在のアメリカは自動車に関税をかけていますが(乗用車2.5%、トラック25%)、日本はゼロであることです。すなわち、スナップバックはアメリカにとってのみ益をもたらす可能性が高いのです。十年後に一時的にアメリカが自動車の関税を撤廃しても、それを復活させる「道」があることになってしまいます。それに対し、日本側は元々ゼロなので、スナップバックは意味がないわけです。

 ○流通:自動車メーカー別の販売ディーラー網のありかた。
 ・・・・・・・・・・・・ドイツなどは普通に日本国内で販売ディーラー網を築き、ドイツ車をガンガン販売しています。販売ディーラー網への投資が面倒くさいのですね。

 ○財政上のインセンティブ:軽自動車の優遇税制(の撤廃)
 ・・・・・・・・・・・・アメリカ企業も日本の基準に合わせて軽自動車を開発すれば済む話でしょうに。


 ○その他:規制の透明性、セーフガード、基準の決め方、環境対応車の新技術搭載車、日本の「輸入自動車特例取扱制度」(輸入審査を簡単にする車の台数など)、日本以外の国との協力

◆保険:かんぽ生命保険と民間保険会社との競争条件
 ・・・・・・・・・・・・要は、かんぽ生命にがん保険を売らせず、アフラックの日本国内における市場を守りたいだけなのです。アフラックの日本での利益は全世界の八割を占めます。

◆知的財産権:著作権の保護期間
 ・・・・・・・・・・・・著作権の保護期間を50年間から70年に延ばせ、と。二次利用とかどうなるのでしょうか・・・、コミケとか・・・・。

◆政府調達:公共事業への外国企業の参入
 ・・・・・・・・・・・・本ブログユーザーならご存知でしょうが、公共事業の際の仕様書の「英語化」の範囲を拡大しなさい、という話。地方自治体の職員さんが、英語で公共事業の仕様書作れるとは思いませんが。

◆衛生植物検疫措置:諸侯品添加物の認定基準のあり方
 ・・・・・・・・・・・・食品等の安全基準は日本の方が厳しいので、要は「基準を緩和しなさい」という話でございますね。

◆その他
 ○透明性と貿易円滑化
 ○投資
 ○規格と基準 
 ○競争政策

 頭が痛くなってきました・・・・。アメリカ側は言いたい放題です。

 アメリカはTPP交渉にかこつけて、「並行協議」として、日米構造協議の続きをやろうとしているに過ぎないわけです。並行協議で決まったことは、TPPと無関係に有効になります。

 すなわち、アメリカはTPPを利用して、日本の(アメリカのための)構造改革を完成しようとしているわけでございます。

 チャンネル桜の番組の中でも触れましたが、今回の「並行協議開始」(を勝手に官僚と政府が決めたこと)について、自民党内でも批判の声が高まってきました(当たり前ですが)。現実的な問題として、この安倍政権のおかしな動き(日米構造協議 再!)を止められるのは、与党の国会議員しかいません。

 皆様、是非ともご地元の国会議員(自民党がベスト)に、
「どういうことなんだ。安倍総理は国民との約束を守ると言ったが、
これでは守れるはずがないではないか!」
 との声を届けて下さいませ。

(転載終わり)
=================================

========================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


こちらの動画も必見です。(19分)

ニューヨークの独立放送局Democracy Nowで報道されています。

●参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕) 20120614
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8


TPPで得をするのは、【グローバル企業】です、
TPPで損をするのは、【日本およびアメリカ国民】です。


日本のためだけでなく、
世界のために、TPPに断固反対しましょう!!

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2013/04/20(土) 21:36:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【憲法96条改正】安倍総理より、民主党の細野幹事長の方が常識ある人だと思います。 | ホーム | 【ロイター】「国家は破綻する」著者らが研究内容の誤り認める。これが現代の「経済学」の現実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3571-1835a3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)