にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【怒】自民の教育提言「アメリカ製の英語テストTOEFLを受験資格として義務付け」で、莫大なお金がアメリカに?

まだ、見てないかたは、まずこちらをどうぞ↓

日清カップ・ヌードルのテレビCM
(SURVIVE!グローバリゼーション篇 60秒版)
http://www.cupnoodle.jp/cm/0329survive/survive_60s.html


そして、本日(2013/04/19)の『三橋貴明の「新」日本経済新聞』の記事
「【施 光恒】TOEFLもマスト?」より、

~~(引用はじめ)~~

第四に、実はこれが、「大学入試にトーフル義務化を提言」
という今回のニュースを知った時に一番強く感じたことですが、
トーフルを作っているアメリカの民間団体に
日本から莫大な金をみすみす払うのはいくらなんでももったいないということです。

お人よしにもほどがある!!
o(`ω´*)oゲキオコプンプンマル!!
(スミマセン、一度、使ってみたかったもので…)。

たとえ、百歩譲ってトーフル型の英語試験が日本の大学入試で望ましいとしても、
なんで日本から莫大な金を、アメリカにわざわざ流出させなければならないのか、まったくわかりません。


トーフル型の英語試験のもっと使い勝手の良いものを、
日本人が自分たちで工夫して作ればいいだけでしょう。

すべての大学受験者が受験するとなると、
現在の大学入試センター試験以上の規模になるわけですから、受験料だけでも莫大です。

百億単位のカネをわざわざ国外に流出させる必要はありません。


トーフルから(あるいは英検、IELTS、国連英検などのほかの英語能力試験などからも)学んで、
日本人が、より使い勝手のいい英語の共通試験を自分たちで工夫して作って、
それを受けさせるようにすれば、莫大な受験料は流出しないし、
問題作成や試験実施業務などで国内に少なくとも何百人単位の雇用が生まれると思います。

(受験料とか、受験地とかもわれわれ日本人で決められるので、高校生に大変な思いをさせなくてすみますし)。

著作権料の問題もあります。受験産業が発達した日本のことですから、
大学入試にトーフルが義務付けられるとなると、
多くの予備校や出版社が高校生向けのトーフル対策の参考書や問題集を作成するでしょう。

その作成のために、トーフルの過去問を使ったりすれば当然、
著作権料も発生するでしょう。これも莫大な額になるはずです。

「日本版トーフル」のようなものを作れば、
この著作権料も国外流出せずに済みます。

トーフル!トーフル!って、
ルー語でいうところのフールのワンメモリーで言っている連中は、
どこからか頼まれて利権誘導しているんじゃないかとつい邪推の一つもしたくなってしまいます。
ε-(´・ω・`)タメイキ


~~(引用おわり)~~

ほんと、腹が立ちます。。

三木谷社長や橋下市長なんかも、

【英語がしゃべる=教育の成功】ですからね。。。


施 光恒先生の記事、全文を是非どうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□


 『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2013/04/19

【施 光恒】TOEFLもマスト?
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/04/19/se-11/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学



おっはようございま~す(^_^)/

この日清カップ・ヌードルのテレビCM、皆さん、ご覧になったことあります?
よく時代の雰囲気を風刺しているなあと感心しました。
http://www.cupnoodle.jp/cm/0329survive/survive_60s.html
(SURVIVE!グローバリゼーション篇 60秒版)

「明日からわが社の公用語は英語にします!」と言われたビジネスマンが、「いまさら英語なんて」、「俺、トーイック300点」、「英検3級なめんな!」などとつぶやきながら、鎧武者すがたで、西洋人の新しい上司の率いる外国人軍団に突撃していく、というCMです。
(言葉で説明してもわかりにくいですね。スミマセン。ぜひリンク先のCM自体をご覧ください)。

「グローバル化は時代の必然的流れだ!」「世界に打って出ろ!!」みたいに言われて、やれTPPだ、やれ会社の英語公用語化だと、ほんとに良いことなのかよくわからないけど、突き進まないわけにはいかない。もううんざり!だけど取り残されるわけにはいかないし…。ええぃ、しょうがない、突撃じゃ~!!

そういう現代の日本の状況をよく描いていると思いました。
突撃していって、サムライはほとんど無残な討死ですね、きっと…。
こっちは刀と弓矢なのに、向こうは鉄砲とか大砲ですし。

自国のおバカな指導者に追い立てられ、グローバル化の果てのアメリカ基準の枠組みのなかでそもそも圧倒的に不利な戦いを強いられ、多くは滅びていく日本人の将来を物語っているように感じました…。
(ノ_・。)

えーと、本題です。
自民党の教育再生実行本部が、先日、提言をまとめて安倍首相に手渡しました。

その中に教育改革の「目玉」として盛り込まれているのが、すべての大学入試について、アメリカ製の英語テストであるトーフル(TOEFL)で一定の成績を取ることを受験資格として義務付けようということです。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130321/edc13032101310000-n1.htm

トーフルのスコアを、大学入試に義務付けるというこのアイデア、どう思います?

私は、またバカなことよく考えるよなあ、と正直あきれています。

「社内では英語、社外ではルー語」((C)東田剛)の楽天・三木谷社長が、トーフル導入にえらくこだわっているようですね。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130321/dms1303211216006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130417/biz13041717460018-n1.htm

トーフル義務化という案、まずいところがたくさん思い浮かびます。

第一に、不公平が生じやすいところ。金持ちの子弟に圧倒的に有利なんじゃないかと思います。

トーフルって、受験料、結構高いですよね(実施団体のHPによると、225~260ドルとなっていますので、今は2万円ちょっとでしょうか)。

おまけに、過去にとったスコアのうちのいちばん高いものを受験先に提出するという形式ですので、何度も繰り返し受験できる金持ちの受験生が有利になってしまうと思います。

それに、小学生、中学生の頃から、短期の語学留学を繰り返すような金持ちの子が増えるんでしょうね…。

第二に、似たようなことですが、大都市に住む生徒が有利になってしまうこと。トーフルは受験地が限られているので、地域格差も出てくるんじゃないでしょうか。
大都市に住んでいる生徒のほうが、地理的に容易に受験できるので、数多く受験しそのなかから良いスコアを狙うという方法がとりやすいでしょう。

第三に、アメリカの大学や大学院で要求される英語力と、日本の大学で要求される英語力は同じではないので的はずれだということ。トーフルは、アメリカの大学や大学院でやっていけるかどうかみる英語の試験です。日本の大学で求められる英語力とは質が違うはずです。

日本の大学でも英語で行う授業を増やすべきだという声を最近よく聞きますが、そういう意見の人でも、多くの場合、すべての授業を英語にすべきだ!といっているわけではないでしょう。(日本の大学が全授業を英語で行うようになってしまったら、日本は「フィリピン化」します…)

日本人が英語を学ぶのは、英語圏に留学するためとか、ビジネスで必要だとかというだけではなく、もっと多面的な事柄があるはずです。

たとえば、最近は、古い英語教育の典型例として悪しざまに言われる傾向があるようですが、英文和訳という作業は結構大切です。
英語を理解すると同時に、英語を通して日本語を客観的にみる目が養われ、日本語への理解も深まるからです。

私は、「翻訳」というのは馬鹿にできないと思います。非常に重要なのです。
外来の知を、自分たちの文化に合うようにうまく変容させ、適切に位置づけていく。そのことが、自分たちの文化を多様にし、活性化し、国力の増大や社会の活気につながっていくからです。

きちんと調べたわけではないので推測ですが、各国の「国民の平均的英語コミュニケーション能力」と、「外国語の書物を自国語に訳した翻訳本の出版点数」を国際比較した場合、ある国の経済力との相関関係が高いのは、後者のほうではないでしょうか。

第四に、実はこれが、「大学入試にトーフル義務化を提言」という今回のニュースを知った時に一番強く感じたことですが、トーフルを作っているアメリカの民間団体に日本から莫大な金をみすみす払うのはいくらなんでももったいないということです。お人よしにもほどがある!!
o(`ω´*)oゲキオコプンプンマル!!(スミマセン、一度、使ってみたかったもので…)。

たとえ、百歩譲ってトーフル型の英語試験が日本の大学入試で望ましいとしても、なんで日本から莫大な金を、アメリカにわざわざ流出させなければならないのか、まったくわかりません。

トーフル型の英語試験のもっと使い勝手の良いものを、日本人が自分たちで工夫して作ればいいだけでしょう。

すべての大学受験者が受験するとなると、現在の大学入試センター試験以上の規模になるわけですから、受験料だけでも莫大です。百億単位のカネをわざわざ国外に流出させる必要はありません。

トーフルから(あるいは英検、IELTS、国連英検などのほかの英語能力試験などからも)学んで、日本人が、より使い勝手のいい英語の共通試験を自分たちで工夫して作って、それを受けさせるようにすれば、莫大な受験料は流出しないし、問題作成や試験実施業務などで国内に少なくとも何百人単位の雇用が生まれると思います。
(受験料とか、受験地とかもわれわれ日本人で決められるので、高校生に大変な思いをさせなくてすみますし)。

著作権料の問題もあります。受験産業が発達した日本のことですから、大学入試にトーフルが義務付けられるとなると、多くの予備校や出版社が高校生向けのトーフル対策の参考書や問題集を作成するでしょう。その作成のために、トーフルの過去問を使ったりすれば当然、著作権料も発生するでしょう。これも莫大な額になるはずです。

「日本版トーフル」のようなものを作れば、この著作権料も国外流出せずに済みます。

トーフル!トーフル!って、ルー語でいうところのフールのワンメモリーで言っている連中は、どこからか頼まれて利権誘導しているんじゃないかとつい邪推の一つもしたくなってしまいます。
ε-(´・ω・`)タメイキ

「グローバル化」や「ボーダレス化」の推進!って、最近、現代の宗教みたいなもんなのかなとよく思います。一昔前、日本のインテリの間で、「マルクス主義」が一種の疑似宗教みたいだったのと同じ意味で。「かぶれ」ってやつかもしれません…

だとすれば一般国民を巻き込まずに、仲間内だけでやってほしいですね。

相変わらず長々と失礼しますた<(_ _)>



PS
このメルマガとは全く無関係な中野剛志氏と一緒に、
こんな本を書いています。
http://amzn.to/Ud4Pl5

PPS
「ようこそ」のページから「いいね!」してくれた人には
三橋の特別音声ファイルを無料でプレゼントしています。

http://www.facebook.com/mitsuhashipress


メルマガに書ききれない号外記事をアップしていく予定。
「いいね!」を押して、メンバーになりましょう。

※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/

コメントも受付中です!
⇒http://www.mitsuhashitakaaki.net/


(転載終わり)
======================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 12:44:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<04/19のツイートまとめ | ホーム | 04/18のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3568-aaa2cf5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)