にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【TPP大推進の産経新聞で】日本の交渉参加に米議会に反発の声「承認手続きは波乱含みの展開」

あの産経新聞で、
TPPにアメリカ議会の反発があるという記事がでたのは、
嬉しかったです。

ーー引用はじめーー

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加表明を受け、
承認するか決める米議会では、
自動車など国内各産業界の声を代弁する議員らの反発の声が高まっている。

一方、オバマ政権は歓迎ムードが強く、
日本が求める農産物への適用は不明だが、関税撤廃の例外があり得ることも認めた。
今後、議会での論戦過熱は必至で、承認手続きは波乱含みの展開となりそうだ。

ーー引用終わりーー

ちょっと腰砕けになっている
自民党のTPP反対派よりは、

アメリカ議会の方が期待できるかもですね。

この動画が世界中に広まりますように。
ニューヨークの独立放送局Democracy Nowで報道された
こちら(↓)の動画は必見です。

●TPPは貿易協定の衣を着た企業による世界支配の道具
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8


元ネタの産経新聞です。↓
=======================
■【TPP】米議会に反発の声 日本の農業保護「ゆゆしき問題」
産経新聞 2013.3.22 08:54
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130322/fnc13032208570006-n1.htm

オバマ政権は歓迎、承認へ波乱含み

 【ワシントン=柿内公輔】環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への日本の交渉参加表明を受け、承認するか決める米議会では、自動車など国内各産業界の声を代弁する議員らの反発の声が高まっている。一方、オバマ政権は歓迎ムードが強く、日本が求める農産物への適用は不明だが、関税撤廃の例外があり得ることも認めた。今後、議会での論戦過熱は必至で、承認手続きは波乱含みの展開となりそうだ。



 「日本は農業分野を保護する構えで関税撤廃の例外を求めている。これはゆゆしき問題だ」

 19日の上院財政委員会の公聴会。日本の政府・与党がコメなど重要5品目を関税撤廃の例外とするよう目指す動きを批判したロバーツ議員(共和党)をはじめ、議員から懸念の声が次々上がった。

 ハッチ議員(共和党)は、農産物を日本の重要品目と認めた2月の日米首脳会談の共同声明にかみついた。「これまでも通商協定で農産品を関税撤廃から外してきた日本に、また保護できると思い込ませる」と指摘。他の交渉参加国も例外品目を次々要求し始めれば、「TPPの意義が希薄化する」と危ぶんだ。
政権与党の民主党にも厳しい声がある。自動車産業が集積するミシガン州選出のスタブノー議員は「日本が米国車に市場を開放せず、米市場にさらに進出するのは容認できない」とまくし立てた。自動車大手でつくる米自動車政策会議のブラント会長は、日本の参加を認めないようオバマ大統領に要請している。

 一方、オバマ政権は日本の参加承認に前のめりだ。公聴会では議員のけんまくに、「大統領も懸念を抱いている」と答弁した米通商代表部(USTR)のマランティス代表代行は、20日の記者会見では「日本の交渉参加表明を歓迎する」と繰り返し、年内の交渉妥結目標も変わらないとした。

 さらに、「米国が自由貿易協定(FTA)を結ぶ国と実施する項目は再交渉しない」と明言。米国はオーストラリアとのFTAで砂糖を関税撤廃の例外としており、TPPでも同様だとした。原則としてすべての品目で関税撤廃を目指すTPPを主導する米国が、FTAの重要品目については例外を認めた格好だ。

 議会も出身州や支持団体で議員の温度差が大きい。上院財政委の公聴会でボーカス委員長は「(日本の参加表明は)喜ばしい。年内に交渉を妥結させよう」と強調した。ボーカス氏は肉牛産地のモンタナ州の選出で、米国産牛肉の輸入制限を日本が緩和したことを評価する。

 日本の交渉参加問題を含めたTPPについて、米メディアや米国民の関心は今のところ高くない。だが、今後議会の論議が本格化すれば、世論が関心を示す可能性は十分にある。

 議会や産業界には、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」に対し、「為替操作」(スタブノー氏)と警戒する空気もある。オバマ政権としては、日本への反発が強まらないうちに承認にこぎ着けたいのが本音だ。

=======================

========================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


こちらの動画も必見です。(19分)

ニューヨークの独立放送局Democracy Nowで報道されています。

●参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕) 20120614
http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8


TPPで得をするのは、【グローバル企業】です、
TPPで損をするのは、【日本およびアメリカ国民】です。


日本のためだけでなく、
世界のために、TPPに断固反対しましょう!!

---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
スポンサーサイト
  1. 2013/03/23(土) 16:58:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<TPP】「日本の交渉力」という以前に、そもそも日本人はルールを押し付けることに嫌悪感を抱く | ホーム | 国土強靭化路線の骨抜き化を狙う財務省を押さえるには、【麻生財務相】を応援しましょう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3486-f3262a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)