にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

反米の闘士・チャベス大統領「アメリカは過去の原爆投下についてきちんと日本に謝罪すべきだ」

2013年3月5日、ベネズエラのチャベス大統領が亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

しかし、正直、私は全然どんな人が知りませんでした。

メルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」の記事
「「ブッシュは【悪魔】である!」反米の闘士・チャベスの死」

で、とても分かりやすく解説されてます。

ロシアでもチャベス大統領ファンを多かったようです。


~~(引用はじめ)~~

チャベスの名を人類歴史に残した発言。

それは、06年9月20日の国連総会で起こりました。

こんなことをいったのです。



<この場所に昨日悪魔がいた。

いまだに悪臭が漂っている>



「悪魔」というのは、要するにブッシュ大統領(当時)のことです。


驚愕の演説、映像もみれます。↓
http://www.youtube.com/watch?v=g31GSu-LhZI
(●1分50秒くらいからです。)


アフガン、イラク戦争を泥沼化させたブッシュ。

しかも、イラク戦争の開戦理由だった「大量破壊兵器」はなかった。

だから、当時彼の評判はきわめて悪かった。


それでチャベスがブッシュを「悪魔」と呼んだとき、会場で笑っている
人もたくさんいたのです。



09年4月には、アメリカに対し、こんなことをいっています。



<アメリカは過去の原爆投下についてきちんと日本に謝罪すべきだ>



「まったくそのとおりじゃないか!」と思います。

しかし私たちは、韓国や中国のように、68年も前のことをウダウダい
うのはやめましょう。

~~(引用おわり)~~


しつこいですが、
アメリカを敵に回すのはやめましょう。

中国の罠にはハマらないように、
うまくアメリカの衰退を利用して、日本自立を目指しましょう。


(拙ブログ参考)
●アメリカ衰退による、世界戦略と対日政策の変化
【日本自立のチャンス!】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3316.html



それにしても、あのイラク戦争のことも、
日本では、ことさらアメリカ批判は出ませんでしたよね。。

日本に住んでいると、
基本的には、アメリカからの情報の影響下にあるんでしょうね。

ということを意識するだけでも随分と違うと思います。

(というか、
 その当時は、私もあまり世界情勢に興味がなかったので、
 日本がどんな世論だったかも記憶にありませんが。。。)


ところで、プーチンは、
でチャベスのことが大好きだったようです。

こちら↓

~~(引用はじめ)~~


ちなみにプーチンは、「反米つながり」でチャベスのことが大好きだっ
たようです。

テレビでこんなことをいってました。(涙目で・・・)


<ウゴ・チャベスは、生前既に、ラテンアメリカの独立と自由のシン
ボルになった。>


<彼は自国の発展を目指した。

しかし、発展が一般大衆の重荷になることを許さなかった。

彼は全力で、ベネズエラの数百万人の人々を貧困から救うために
努力した。>


<彼は、例外なくすべての国と友好的な関係を築こうと努力した。

しかし、決してベネズエラの国益を損なうことがなかった。

他国にすかれるために、自国民の利益を犠牲にすることは決して
なかった。>



~~(引用おわり)~~


【他国にすかれるために、
 自国民の利益を犠牲にすることは決してなかった。】


日本の政治家と比べて・・・
見習うべき点も多いのかも知れませんね。


「ブッシュは【悪魔】である!」と発言した、
反米の闘士・チャベスの生涯をどうぞ↓


== RPE Journal===================================================

ロシア政治経済ジャーナル No.906   2013/3/8

★「ブッシュは【悪魔】である!」反米の闘士・チャベスの死
http://archive.mag2.com/0000012950/20130308165838000.html

================================================================


全世界のRPE読者の皆さま、こんにちは!

北野です。



(●北野から皆さんにお願いがあります。
詳細は【編集後記】で!)



2013年3月5日、ベネズエラのチャベス大統領が亡くなりました。

日本ではあまり知られていないと思いますが、ロシアではすご
い人気者です。

おそらく、プーチンの次ぐらいに人気のある政治家だと思いま
す。

なぜかというと、チャベスは「反米の闘士」だった。

ロシア人は、ソ連時代ずっと「米帝が世界の諸悪の根源」と教
育されてきました。

冷戦で完敗した今も、アメリカ大嫌いな人が多い。

それで反米プーチンの人気が高い。

チャベスは、プーチンよりもっと過激で、ブッシュのことを「悪魔」
とよんでいた


それで、ロシア人は、チャベスのことが大好きだったのです。

今回は、この「面白いオヤジさん」のことを書きます。


▼ウゴ・チャベスの人生


ウゴ・チャベスは1954年7月28日に生まれました。

両親は教師。

少年時代から野心家で、7歳のときには既に、「将来大統領になる!」
と宣言していたそうです。

夢はかなうものです。



中学生のとき、共産主義者の友達に影響され、社会主義・共産主義
に傾倒していきます。

中学校でそんなこと考えるなんてすごいですね。

私が中学生の頃は、「少年ジャンプ」などを読み、なんも考えていま
せんでしたが・・・。



高校卒業後、ベネズエラ士官学校に入学。

1975年、卒業。

そして、ベネズエラ軍少尉になります。

軍隊時代は空挺部隊にいました。



1989年2月、彼の人生を変える大きな事件が起こります。

ベネズエラの首都カラカスで貧困層の暴動が発生した。

軍が出動し、蜂起した人々にむけて発砲。

多くの死者がでました。

チャベスは、この軍の行動に強い衝撃を受けたのです。


1992年、中佐になっていたチャベスは、クーデターを起こし失敗。

逮捕されたものの、94年には恩赦で自由の身になりました。

その後、これまでの「武力革命路線」を改め、合法的な政治活動
で改革を目指すようになっていきます。


98年、「貧困層のための民主化革命」をスローガンに大統領選
を戦い、見事当選。

以後亡くなるまで約14年間ベネズエラを治めました。


▼チャベスの思想1 ~ 貧困層の味方


ベネズエラは、石油大国です。

原油生産量で毎年10位前後につけている。

人口は2860万人ですから、たいした量といえるでしょう。

しかし、「石油」は、ベネズエラの「長所」であると当時に「問題」
でもあります。

経済の石油依存度が高すぎるのです。

同国の輸出収入の約80%が石油。

そして、石油部門で仕事をしている人は全就労人口の0.5%にすぎ
ません。

そのため、富が偏在し、「貧富の差」が非常に大きいのです。


「資源はあるのに、貧富の差がものすごい!」


こういう問題はロシアにもあります。

たとえば天然ガス世界最大手ロシアの「ガスプロム」。

この会社は、「夢はかなう!」とかいってテレビCMを流していま
す。

しかし、このCMをみるたび、ロシア人は「ガスプロム社員の夢
だけはかなうだろうよ!」とムカついています。


一体、資源大国の民の不満とはなんでしょうか?


「資源は、国に属している。

資源は、国民の共有財産である。

だからその資源を売って得られる利益は、国民で平等に分配
されるべきではないのか?

一部の私企業が、利益を独占するのはおかしい」


という論理。

ともかく、石油大国ベネズエラは、貧富の差がものすごい。

社会主義者チャベスは、「石油があるんだから、貧困層をすく
えるはずだ!」と考えたのです。

大統領に就任するとチャベスは、


・貧困層のための無料医療制度整備

・地主の土地を、農民に与える農地改革

・為替管理

・価格統制

・石油公団への統制強化


などなど、要するに「社会主義路線」を突っ走ります。

だから、貧困層はチャベスを支持している。

それで、彼が亡くなったのを知った大衆は、泣いたりしているので
す。


▼チャベスの思想2 ~ 反米


世界的にチャベスは、「反米の急先鋒」として知られています。

社会主義者ですから「アメリカが諸悪の根源」と考えるのもわか
ります。


彼の特徴は、「思ったことを何でもかんでも口にする」ことでした。

たとえば、アメリカのアフガン攻撃について、こんな発言をしてい
ます。



<この宇宙に存在する最も邪悪な存在!

悪魔の象徴!

それは、ジョージ・W・ブッシュ>



うわ!

すごいですね。



チャベスの名を人類歴史に残した発言。

それは、06年9月20日の国連総会で起こりました。

こんなことをいったのです。



<この場所に昨日悪魔がいた。

いまだに悪臭が漂っている>



「悪魔」というのは、要するにブッシュ大統領(当時)のことです。


驚愕の演説、映像もみれます。↓
http://www.youtube.com/watch?v=g31GSu-LhZI
(●1分50秒くらいからです。)


アフガン、イラク戦争を泥沼化させたブッシュ。

しかも、イラク戦争の開戦理由だった「大量破壊兵器」はなかった。

だから、当時彼の評判はきわめて悪かった。


それでチャベスがブッシュを「悪魔」と呼んだとき、会場で笑っている
人もたくさんいたのです。



09年4月には、アメリカに対し、こんなことをいっています。



<アメリカは過去の原爆投下についてきちんと日本に謝罪すべきだ>



「まったくそのとおりじゃないか!」と思います。

しかし私たちは、韓国や中国のように、68年も前のことをウダウダい
うのはやめましょう。



ちなみにプーチンは、「反米つながり」でチャベスのことが大好きだっ
たようです。

テレビでこんなことをいってました。(涙目で・・・)


<ウゴ・チャベスは、生前既に、ラテンアメリカの独立と自由のシン
ボルになった。>


<彼は自国の発展を目指した。

しかし、発展が一般大衆の重荷になることを許さなかった。

彼は全力で、ベネズエラの数百万人の人々を貧困から救うために
努力した。>


<彼は、例外なくすべての国と友好的な関係を築こうと努力した。

しかし、決してベネズエラの国益を損なうことがなかった。

他国にすかれるために、自国民の利益を犠牲にすることは決して
なかった。>



特に最後の言葉は重要ですね。

日本の政治家は、「アメリカにすかれるため」「中国にすかれるた
め」「韓国にすかれるため」

にしょっちゅう自国民の利益を犠牲にしていませんか?

こういっても、私にクレームしてくる人はいないでしょう。


▼役割を終えて、チャベス去る


世界史、日本史を見ると、時々「時代の流れに乗って」歴史に
登場する人がいます。

チャベスが乗った「時代の流れ」とはなんだったのでしょうか?


私はいつも近現代史をこんな風にわけます。


1945~1991年、冷戦時代=米ソ二極時代

1992~2008年、アメリカ一極時代

内訳


1992~2000年、アメリカ一極時代前期 =ITバブルで空前
の反映


2000~08年、アメリカ一極時代後期 =

アメリカ一極時代は、多極陣営からの攻撃によって終焉す
る。


チャベスは、多極主義陣営の一員としてアメリカを攻撃しつ
づけた。

そして08年、アメリカの一極世界が崩壊した。

つまり、歴史的にみると、チャベスの役割は08年で終わった
のです。


今世界は、新たな時代に突入しています。


米中二極時代。


そして、他の勢力、たとえば日本、欧州連合、ロシア、インド
などは、

「米中どっちにつくのがお得なのかな?」

と考え行動しているのです。


新しい時代には、また新しい役者が登場し、人類歴史をお
もしろいものにしてくれることでしょう。


チャベスさんのご冥福をお祈りいたします。

最後にチャベスの歌を↓
http://www.youtube.com/watch?v=V5pc8HlQYVQ&NR=1&feature=endscreen
(めちゃラテン系・・・)



ちなみに

<アメリカ一極時代は、多極陣営からの攻撃によって終焉する。>


詳細を山盛り証拠つきで知りたい方は、こちらをご一読ください。






「もし、プーチンが日本の首相だったら?」



【3刷決まりました!】

【アマゾン(社会・政治部門)1位!】



●「プーチン最後の聖戦」 (集英社インターナショナル)

(詳細は→ http://tinyurl.com/8y5mya3 )



<プーチン本はいろいろ出ているが、これが独特で面白い。>

(立花隆 「週刊文春」2012年7月12日号)


================================================================

○メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」

発行者 北野 幸伯

Copyright (C) RPE Journal  All Rights Reserved. 358

メルマガ登録はこちら↓
http://www.mag2.com/m/0000012950.html

=====================================RPE Journal=================



TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 17:52:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<政治的ウソの見分け方(国際政治学者・中西輝政氏に学ぶ) TPPは? | ホーム | 【政府の賃上げ要請】連合・古賀会長が「政権への親和性が強い企業の動きだ」と評価を避ける>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3418-27745083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)