にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

安倍首相へ 「決める政治」とドヤ顔ですが、それは議会制民主政治の否定では?【野田さんと同じレベル?】

拙ブログの2012/07/25の記事で、

●野田首相へ 「決める政治」とドヤ顔ですが、
 それは議会制民主政治の否定では?
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2675.html

というのを書きました。
(中野剛志先生の寄稿の転載です。下記に再掲します。)


先日の
「2012年度補正予算が参院本会議で1票差で可決」の時に、


安倍首相が、

「1票差というのは『決められない政治』から『決める政治』への大きな第一歩だ」

と語ったシーンを見ましたが、
とても嫌な気持ちになりました。


安倍さんは、衆議院選挙で大勝利をした時も、
笑顔を出さない姿勢に対して、多くの方が高い評価をされていたと思います。


最近、ちょと浮かれすぎてますようね。


それで、
「安倍 決める政治」で検索したら、

下記のウォールストリートジャーナルの記事がありました。
「決める政治」は野田氏から安倍首相へ

私も同じ思いです。

是非、どうぞ↓
================
■「決める政治」は野田氏から安倍首相へ
ウォールストリートジャーナル 2013/03/04 6:36
http://realtime.wsj.com/japan/2013/03/04/%E3%80%8C%E6%B1%BA%E3%82%81%E3%82%8B%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%80%8D%E3%81%AF%E9%87%8E%E7%94%B0%E6%B0%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%B8/


安倍晋三首相は第1次内閣時代に比べ、「ぶれない」ことを意識しているようだ。
どことなく野田佳彦前首相の政治スタイルを彷彿(ほうふつ)とさせないだろうか。


「安倍首相は野田前首相を研究していた」と自民党筋

安倍首相が就任してちょうど2カ月の2月26日夕、
2012年度補正予算が参院本会議で1票差で可決、
成立したことについて「薄氷を踏む思いの採決だった。

何とか1票差で成立した。
1票差というのは『決められない政治』から『決める政治』への大きな第一歩だ」
と記者団に語った。

「決める政治」と聞いて野田前首相を思い出した。

「決められない政治からの脱却」を訴えた野田氏は昨年夏、
消費増税を含む社会保障・税一体改革関連法を自民、
公明両党との3党合意で成立させた。

与党民主党の支持率が低迷するなかで、
過去の多くの政権がしり込みした消費税増税に「ぶれない」姿勢を貫いた形だ。

ある自民党筋は、
「安倍首相は第2次内閣の就任前、
野田前首相のぶれないスタンスを研究していたようだ」と指摘する。

「第1次内閣時代に周囲の助言を聞き過ぎたことへの反省から、
方針などはほとんど独断で決め、それを頑なに守る」という。


安倍首相は、
先の日米首脳会談を経て環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に意欲を示している。

これに対し全国農業協同組合中央会(全中)の万歳章会長や
自民党の慎重派議員が相次いで申し入れをした。

7月の参院選に不利な材料になるとの見方から参加反対の声も党内には少なくない。


首相は近く正式に交渉参加を表明するとみられるが、
「参加表明にいささかの揺らぎはないだろう」と同自民党筋は強調する。

野田氏は次の総選挙で敗色濃厚だったからこそ、
ぶれない政治スタイルを“捨て身”で貫くことができたのではないか。

一方、安倍首相には7月の参院選でねじれを是正するという大仕事が待っている。
「決める政治」はまたもや正念場を迎えている。

記者: 吉池 威

(吉池記者をツイッターでフォロー: @WSJYOSHIIKE )


================


東田剛というペンネームだ書かれている
中野剛志先生のこの寄稿も是非どうぞ↓

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

 『三橋貴明の「新」日本経済新聞』 2012/07/25
FROM 東田剛 【東田剛】野田首相がやるべきこと
http://www.mitsuhashitakaaki.net/category/higashida/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------------------------------------
●「三橋貴明から経済を学ぼう!
三橋経済塾はコチラをクリック
⇒ https://m-keizaijuku.com/
--------------------------------------------------------------


FROM 東田剛


東田剛と申します。

三橋貴明著『コレキヨの恋文』の登場人物の名前を借りて
書かせていただきます。その方が言いたいことが言えるので、
読者のみなさんには
その方がよろしいのではないかと思ってのことですので、
なにとぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

さて、早速ですが、野田佳彦首相が「待ったなしの課題」とか
「決める政治」とか、語気を強めて繰り返すドヤ顔を見ると、
いらだちを押さえられません。

何を決めるかと言えば、当然、消費税の増税です。

おそらく、野田首相は、
「政治家のリーダーシップとは、ぶれずに決めることだ」
と信じているのでしょう。

あるいは、松下政経塾あたりで
そう教え込まれたのかもしれません。

野田首相は、消費税増税法案を国会に提出する前から、
「ぶれない政治」とか「逃げない政治」とか、
仰っていました。

でも、首相は、ご自分で仰っている意味、
その事の重大さをおわかりになっているのでしょうか。

まだ、法案が国会で審議されていない段階から、
「ぶれない」「決める」ということは、
国会での審議という議会制民主政治において
最も重要な政治行為を否定しているに等しいのです。


もし、国会での審議の過程で、野党からの批判によって、
消費税を増税することが間違いだとわかったら、
法案を撤回すべきでしょう。

つまり、消費税増税を決めてはダメだし、
増税の方針からぶれるべきなのです。

国会での審議がどうであれ、
消費税増税を決めているなら、
国会など要りません。

単に、消費税増税という決めたことをぶれずに執行する
官僚組織さえあればいい。
それこそ、官主導ではありませんか。

政治は、決めることが大事なのではありません。
正しいことを決めるのが大事なのです。

そして、何が正しいのかを見つけるために、
議論をするのです。

大事なのは、議論です。

政治の本質は、
議論する手続きにこそあります。

 しかし、マスコミに登場する評論家や新聞の社説が、
「日本の政治は、何も決められない」という不満を
よく言っていますよね。

そして、国会や党内の議論の結果、方針が変わったり、
状況の変化に応じて判断を先送りしたりすると、
「ぶれた!」と騒いで批判するのがお決まりですよね。
マスコミ世論は、議論なんて面倒なものが大嫌いなのです。

「野田政権は財務省のいいなりで増税するから、官主導だ」
という批判がありますが、違います。

「ぶれない政治」「決める政治」こそが、
官主導なのです。

そして、その官主導の政治を求めているのは、
マスコミ世論なのです。


PS
「東田剛って、誰?」と思われた方は、こちらをクリック!
⇒ http://amzn.to/NP3EEX


PPS
この新メルマガバックナンバーは、
こちらのサイトで公開していきます。
⇒ http://www.mitsuhashitakaaki.net/



---

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽




スポンサーサイト
  1. 2013/03/05(火) 12:56:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【国会で表明】日銀の正副総裁候補が「物価目標2%【2年で達成】」 | ホーム | 長期金利、一時0.600% 9年8カ月ぶり低水準、一方、藤巻健史「安倍財政で日本は【年内にも破綻!】」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3375-bf67dfb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)