にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【その手があったか!】「国交相 復興に向け国が生コン工場建設へ」生コンとは文字通り「生もの」です。

本日(2013-03-04)の三橋貴明さんのブログ記事
「東北復興と市場原理」を読んで、目からウロコがでました。

復興に向け国が生コン不足が深刻だというニュースを目にしていましたが、
こんな解決策があるんですね。


~~(引用はじめ)~~

 現在の被災地における生コンは、
震災前の3倍、4倍にまで高騰していまです。

しかも、生コンとは文字通り「生もの」で、
生産から現地で使用するまで「1時間」しかないのです。(固まっちゃうから)

 というわけで、生コンとは在庫がほぼ不可能な製品になります。

在庫が不可能とはいえ、
「市場」が本当に機能しているのであれば、
現地の生コン会社が次々に大規模生コン工場を建設していってもおかしくはないのです。

何しろ、これだけ需要過多になっているわけですから、
銀行からの負債が増えようとも、設備投資をすれば間違いなく「儲かる」のです。


 とはいえ、現在の日本はバブル崩壊とその後の公共事業叩きにより、
土建産業のみならず資材産業も「疑心暗鬼」になっています。

大規模生コン工場を建設したところで、
復興が終わればまた元の木阿弥になってしまうのでは、
経営者は設備投資の決断をしません。

 すなわち、現在の東北では
「儲かるにも関わらず、投資をしない」状況になっており、
市場がきちんと機能していないのです。

 上記の通り市場が機能せず、供給能力の不足が補えない場合、
例により市場原理主義者、グローバリストたちは、

「そのための自由貿易だ!
外国の生コン産業に自由に日本市場に参入させるのだ!」
 などとアホなことを叫びだすわけです。

 生コン不足は「現在の被災地住民」を苦しめているのです。
今、解決しなければならない問題について、
「外国企業の力を借りて」などと言っているから、
グローバリストの皆様は「国家観が無い」と言われるのです。

と言いますか、国家観が無いからグローバリストなのでしょうけれども。

 生コン不足の正しい解決策は、
もちろん現地の日本企業に設備投資をしてもらい、
中長期的に供給能力を維持、拡大していくことです。

とはいえ、日本特有の事情(バブル崩壊と公共事業叩き)
により企業経営者が怯え、生産が増えないのであれば、

「とりあえずは、政府が不足分を補い、『今』の問題を解決しよう」
 とやっても構わないわけでございますね。

 個人の価値観として、
「市場原理は全てに優先する」
 となると、生コン不足への対処は「規制緩和」「自由貿易」になります。

外国企業の参入を促しても、民間に解決してもらおうという考え方です。

 それに対し、わたくしの価値観は、

「東北復興は市場原理に優先する」

 でございますので、今回の政府の対応を高く評価しているわけでございます。

 皆さんは、いかが思われたでしょうか。

~~(引用おわり)~~


三橋さんのご意見に賛成です!!


こんな(↓)コガコガしい考えを捨てましょう!

(拙ブログ参考)

●【古賀茂明】
「心配は、せっかく減少した建設労働者の数がまた大幅に膨らむことだ」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3153.html


●【建設業人手・資材不足で復興に支障】
だから公共事業を諦める(朝日)?だからTPP(日経)? 違うでしょ!!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3323.html


本日、西田昌司先生と「ビートたけしのTVタックル」で共演される
三橋貴明さんのブログ記事をチェックしてください。

「希臘から来たソフィア 」をバカ売れ!のようです。
(アマゾンの在庫が2日でなくなるほど)

========================
■東北復興と市場原理
三橋貴明さんのブログ記事 2013-03-04 08:52:13
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11483078992.html


 自由社「希臘から来たソフィア 」のAmazon在庫が切れてしまいまして、
ご迷惑をお掛けいたしております。想像を絶する売れ行きでございまして、
一週間は持つと思われていた在庫が二日で無くなってしまいました。

本日中に出版社からAmazonに在庫が入りますので、すぐに復活すると思います。
(ポスタープレゼントはAmazonのみにも関わらず、ごめんなさい)

※(追記) 「希臘から来たソフィア 」のAmazonの在庫が戻りました!


 今週土曜日(3月9日)、三橋貴明のシークレットセミナー
「アベノミクスと日本経済復活の秘策 」が飯田橋で開催されます。
http://hikarulandpark.jp/shopdetail/001004000004/

 最近わたくしが出版した著作や、政治経済政策で疑問に思っていることがあり、
「三橋にぶつけたい!」と思われている方は是非。

 本日はテレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」に出演します。西田先生と共演です!

 本日はTOKYO MX「ニッポンダンディ」に生出演いたします。首都圏の方は地上波9chです。

 さて、三橋は〆切(本日だけで三つ!)でパニック状態でございますので、
ブログは簡易版。

『国交相 復興に向け国が生コン工場建設へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130303/k10015919111000.html

 太田国土交通大臣は、東日本大震災の被災地の建設業者らが集まった会合で、
生コンクリートの不足によって復興に必要な事業に遅れが出ないよう、
国が現地に生産工場を建設する方針を明らかにしました。

 仙台市で開かれた会合には、
太田国土交通大臣や宮城県の村井知事、
それに被災地の建設業の代表らが出席しました。

 はじめに国土交通省の担当者が、
復興に向けた事業が本格的に始まった場合、

一部の被災地では堤防や道路の建設に欠かせない生コンクリートが
不足する恐れがあると報告しました。

 これを受けて、
太田大臣は沿岸部に高速道路の建設が計画されている
岩手県の宮古地区と釜石地区に、
生コンクリートを生産する工場を国の費用で建設する方針を明らかにしました。(後略)』


 安倍総理大臣の「賃上げのお願い」の際も
「うおっ! その手があったかっ!」と思ったわけですが、今回もそうですね。

もちろん、わたくしがあちこちで「大変だっ!」と叫び始める前に、
国交省の方は東北被災地の生コン不足については把握していたわけですが、
それにしても対応が早い。

 すみません、民間で働いているわたくしは、
被災地で生コンが異様な不足状態にあるとなると、

「生コン企業が設備投資をしやすくなるように、
減税政策や長期予算による需要安定化をする必要があるのではないか」

 などと、「民間企業の設備投資前提」で物事を考えてしまうのですが、
政府が生コン工場を建ててしまうという手があったのですね。

 もちろん、市場原理主義者の方々は、
「幾ら生コン不足だからとはいえ、
 政府が生コン工場を建設するなど、許しがたい! 市場に逆らう行為だ!」

 と叫びだすでしょうが、
しょうがないでしょう、現実の東北被災地では「市場」がまともに機能していないんです。

 現在の被災地における生コンは、
震災前の3倍、4倍にまで高騰していまです。

しかも、生コンとは文字通り「生もの」で、
生産から現地で使用するまで「1時間」しかないのです。(固まっちゃうから)

 というわけで、生コンとは在庫がほぼ不可能な製品になります。

在庫が不可能とはいえ、
「市場」が本当に機能しているのであれば、
現地の生コン会社が次々に大規模生コン工場を建設していってもおかしくはないのです。

何しろ、これだけ需要過多になっているわけですから、
銀行からの負債が増えようとも、設備投資をすれば間違いなく「儲かる」のです。


 とはいえ、現在の日本はバブル崩壊とその後の公共事業叩きにより、
土建産業のみならず資材産業も「疑心暗鬼」になっています。

大規模生コン工場を建設したところで、
復興が終わればまた元の木阿弥になってしまうのでは、
経営者は設備投資の決断をしません。

 すなわち、現在の東北では
「儲かるにも関わらず、投資をしない」状況になっており、
市場がきちんと機能していないのです。

 上記の通り市場が機能せず、供給能力の不足が補えない場合、
例により市場原理主義者、グローバリストたちは、

「そのための自由貿易だ!
外国の生コン産業に自由に日本市場に参入させるのだ!」
 などとアホなことを叫びだすわけです。

 生コン不足は「現在の被災地住民」を苦しめているのです。
今、解決しなければならない問題について、
「外国企業の力を借りて」などと言っているから、
グローバリストの皆様は「国家観が無い」と言われるのです。

と言いますか、国家観が無いからグローバリストなのでしょうけれども。

 生コン不足の正しい解決策は、
もちろん現地の日本企業に設備投資をしてもらい、
中長期的に供給能力を維持、拡大していくことです。

とはいえ、日本特有の事情(バブル崩壊と公共事業叩き)
により企業経営者が怯え、生産が増えないのであれば、

「とりあえずは、政府が不足分を補い、『今』の問題を解決しよう」
 とやっても構わないわけでございますね。

 個人の価値観として、
「市場原理は全てに優先する」
 となると、生コン不足への対処は「規制緩和」「自由貿易」になります。

外国企業の参入を促しても、民間に解決してもらおうという考え方です。

 それに対し、わたくしの価値観は、

「東北復興は市場原理に優先する」

 でございますので、今回の政府の対応を高く評価しているわけでございます。

 皆さんは、いかが思われたでしょうか。

========================

TPP反対!に賛同頂ける方は、こちら(↓)もチェックしてください。
今こそ、国民の声を届けましょう!!

=======================
●自民党に向けてTPP反対の行動を行おう!
岐路に立つ日本を考えるブログ 2013年02月28日
http://ameblo.jp/minna4970/entry-11480088015.html
=======================


---

転載ご自由にどうぞ!

メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



スポンサーサイト
  1. 2013/03/04(月) 12:33:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RT【拡散希望/驚愕】  米国市民団体がリークしたTPPの正体  | ホーム | 【宮崎正弘先生の書評】『警察官の本分 いま明かす石巻署員がみた東日本大震災』自衛隊だけでなく、警察も日本の誇りです!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3367-5fba4730
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)