にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【法務省の悲願】夫婦別姓、賛否が拮抗=容認論は減少傾向-内閣府調査

「夫婦別姓」って、興味ある人いますかね。。

子供ができて、
お父さん、お母さんの名前が違ったら、
少なくとも、家族のきずなは離れる方向にはなると思いますがね。。

左翼的には、それが大きな狙いの一つなんでしょうね。

(拙ブログ参考)

●夫婦別姓、人権擁護法案は【法務省の悲願】と法務省が自民党へ説明
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1902.html

恐ろしい、法務省の悲願には、気をつけましょう。

=============================
■夫婦別姓、賛否が拮抗=容認論は減少傾向-内閣府調査
時事通信 (2013/02/16-17:12)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302%2F2013021600242&g=soc

 内閣府は16日、昨年12月に実施した「家族の法制に関する世論調査」の結果を発表した。それによると、選択的夫婦別姓制度の導入について、「法律を改正しても構わない」と容認する意見が35.5%、「改正の必要はない」との反対意見が36.4%で拮抗(きっこう)。容認論は2006年の前回、今回と2回続けて減少し、導入への機運が高まっていない現状が示された。

 選択的夫婦別姓は、法制審議会が1996年に答申した民法改正案要綱に盛り込まれた。その後、自民党、民主党のいずれの政権でも改正を模索する動きはあったものの、反対意見も根強く、法案提出には至らなかった。容認は01年の前々回調査では42.1%で、反対の29.9%を大きく上回っていたが、06年の前回は容認36.6%、反対35.0%とほぼ肩を並べ、今回は逆転した。
 別姓制度を容認すると答えた人のうち、自らが別姓を「希望する」としたのは23.5%にとどまり、「希望しない」は49.0%だった。
=============================

---

転載ご自由にどうぞ!


メルマガにも登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓

メルマガ「にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース」
(ほぼ平日1回配信)
http://melma.com/backnumber_190011/


▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


【●投票後でも観てください!!!】


【必見】安倍晋三VS橋下徹【日本国民の真価が問われる戦い】
http://www.youtube.com/watch?v=E1SD-Jmz16o



【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/




▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


スポンサーサイト
  1. 2013/02/17(日) 17:49:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【太陽=核エネルギーを国旗としている日本】「環境主義者も反原発から転向しつつある?」 | ホーム | 【激ヤバ】TPP賛成58%、反対22%=日本の交渉参加-時事世論調査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/3288-051dcdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)