にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

【祝】『致知』7月号の表紙は【稲田朋美(衆議院議員)】 「日本のサッチャーに!」

『致知』の最新号の表紙は、
稲田朋美さんです!!


$にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

うれしいです。


ほんと、ここ最近は、
女性総理の誕生の予感がありますね。


(拙ブログ参考)


●「稲田朋美と道義大国を目ざす会」応援団長は渡部昇一、
  副団長は金美齢、応援歌はすぎやまこういち
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11227241582.html



●宮崎正弘さんの書評 
~『コレキヨの恋文』は愉しい経済小説 ~このモデルは、小渕優子か、稲田朋美か
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11212386740.html


●【産経新聞一面】サッチャーのいない国 現われるか「なでしこ宰相」
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11211035778.html


●【産経新聞の記事】TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ。(自民党 稲田朋美)
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11071386717.html



●稲田朋美さんの国会質問 名セリフ集
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11037150811.html




本日(2012/6/7)の致知メルマガでも、
「今日の名言」でも取り上げておられます。

~~(引用はじめ)~~


┌───きょうの名言────────────────────────┐


 いまの時代、
最終的に求められる国家リーダーの条件として、
少々の犠牲を払ってでも自らの信念を貫く、
一種の「狂」みたいなものもないといけないのかなと思います。

政治家にとって自分の信念に従って
活動している最中にテロに遭って死ぬのも、
ある意味で幸せな死に方だと思うんです。


         稲田 朋美(衆議院議員)

                『致知』2012年7月号
                  特集「将の資格」より

└─────────────────────────────────┘

◆ 稲田 朋美氏とは?
======================

 「日本のサッチャーに!」と、
 渡部昇一氏をはじめ日本の保守派から
 絶大な期待を集める衆議院議員の稲田朋美氏。

 弁護士時代から靖国参拝訴訟や百人斬り訴訟を担当し、
 日本の名誉を回復するために活動し続けてきました。


「いまの日本の閉塞感は、
  靖國の英霊が篤く弔われていないことにあると思うんです。
  祖国のために命を捧げても、
  尊敬も感謝もされない国に
  モラルもないし、安全保障もあるわけがない。
  そんな国をこれから誰が命を懸けて守るんですか」


いま日本は原発の問題や
 領土問題をはじめとする東アジアの国々との摩擦など
 様々な外患内憂がありますが、
 そのほとんどはリーダーが決断し、
 実行すれば解決できるものだと稲田氏はいいます。


 祖国のために命を捧げた人たちを大切にする国へ。
 そして、誇りある国として未来の子供たちに
 この日本を受け渡していくために
 どんな軋轢が生じても自らの信念を貫く。
 上掲の言葉から稲田氏の覚悟が伝わってきます。

⇒ http://www.chichi.co.jp/monthly/201207_pickup.html#pick1


▽メルマガ自社配信版⇒ http://www.chichi.co.jp/cgi/entry.html

▽フェイスブック「人間力ナビ」好評運営中!
http://www.facebook.com/ningenryokunabi


~~(引用おわり)~~

----
■『致知』7月号表紙の人!
致知出版社編集部ブログ 2012年06月06日(水) 12時12分17秒
http://ameblo.jp/otegami-fan/entry-11270364713.html


『致知』7月号の特集テーマは
「将の資格」です。
http://www.chichi.co.jp/


「将」というと、どことなく戦国武将のような
男性をイメージするかもしれませんが、
今回の表紙は、この方です。

ジャンヘ(゚∀゚*)ノ。



弁護士時代から、
小泉首相の靖国参拝問題や
百人斬り訴訟などを扱い、
日本および日本の先人の名誉を回復するために
尽力されている稲田朋美先生です。

「私は全然政治的な人間でもないし、
 学生時代に生徒会長に立候補するような
 タイプでもなかったんです。

 歴史の真実を知り、
 理不尽な裁判などを通じて、もう黙っていられなくなった。
 言いたいことが溢れ出てきて止まらなくなったんです。
 だから弁護士から政治家への道を選んだのです」
 



対談された佐々淳行先生も渡部昇一先生も
「日本のサッチャーに!」
と応援されています。


(英国を復活させたマーガレット・サッチャー)


「政治家にとって
 自分の信念に従って活動している最中に
 テロに遭って死ぬのも、
 ある意味で幸せな死に方だと思うんです」
 と語る稲田先生。
 
 その熱き原点にある思い、そして混迷する日本を
 政治リーダーはどう導いていったらいいのか!?

 『致知』7月号p8~の
 佐々、渡部両先生との対談をご覧ください。




---

転載ご自由にどうぞ!

●メルマガでも毎日配信しています

登録してもらえると嬉しいです。
登録はこちらから↓
http://melma.com/backnumber_190011/


良かったら、ランキングへのクリックお願いします。
とても励みになります。↓
人気ブログランキングへ






▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

【●放射能について】

【必見】【マンガ「放射能のホントの話」】  無料・拡散自由版です。
http://bitly.com/qNF4v9


「放射能は怖い」のウソ 親子で考える放射能Q&A
http://www.amazon.co.jp/dp/4270006676/

【●大阪維新の会について】

橋下徹という罠【愛国心を利用した詐欺師】 外国人地方参政権にも賛成
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11155880600.html


【●フジテレビ抗議について】

【動画】フジテレビ騒動 政治的観点からの一考察
http://www.youtube.com/watch?v=p59K8y9fZYo


【●TPPについて】

【動画】『TPPで日本をぶっ潰せ!!』 ~ 10分で理解できるTPPの問題点 ~
http://www.youtube.com/watch?v=cNXEucYUFJ0

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽



---

スポンサーサイト
  1. 2012/06/07(木) 12:19:44|
  2. 致知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【致知】最新号の記事 【日本列島強靭化計画】と【放射線ホルミシス効果】 | ホーム | 6月6日に投稿したなう>>

コメント

1. がんばれ 

福井県民が応援しています。
  1. 2012/06/16(土) 12:59:08 |
  2. URL |
  3. トミー  #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:がんばれ 

>トミー さん

日本、福井化計画、頑張って欲しいです。


●【必読】学力・体力日本一 福井県の子育てに学ぶ
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11217399954.html


●福井の中小企業が原子力技術を活用 (メガネのレンズ、錆びにくい刃物)
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11238370322.html
  1. 2012/06/16(土) 15:24:47 |
  2. URL |
  3. のびー@日本人 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/tb.php/2466-af00866e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)