にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【祝】安倍総理大臣と『財務省が日本を滅ぼす』の三橋貴明氏が会食

今回のタイトルは、
前回のブログタイトル
●【【祝】岸田政調会長と『公益資本主義』の提唱者である原丈人氏が面会
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5223.html

をかなり転用できました。(笑)


すでに多くの方がご存知でしょうが、
三橋貴明さんが、安倍総理と会食されました。

詳しくは、三橋さんのブログで、

◯安倍晋三内閣総理大臣との会食
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12335968256.html


引き合わせたのは、岸田政調会長と原丈人氏の面会と同様に、
西田昌司先生です。

是非、上記の三橋さんのブログを読んでもらいたいのですが、

「財務省が日本を滅ぼす 」の本を持った三橋さんと、
安倍総理、西田先生、藤井聡先生の4ショットはめちゃ嬉しいです。


5年前(2012/12/27)拙ブログで書きましたが、

●三橋貴明「一年半前、絶望に押しつぶされそうになりつつ京都に6人が集まったときを思うと、、、」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3053.html


私は、2011年8月に京都で開催された
三橋貴明さん、中野剛志先生、藤井聡先生のトークセッションで、
初めて中野先生、藤井先生のお話を聞いて、とても感動しました。

その時、トイレで中野先生と一緒になって、
西田昌司先生とも連携されているお話が聞けて、
自分の中で尊敬している先生が繋がって、めちゃ嬉しかったんですよね。

この先生達が、日本の政治に影響を与えられたら、
きっと日本は良くなる!!と思いました。

当時は、東日本大震災後の菅直人政権の時で、
次の総理もTPP参加が確実みたいな本当に絶望的な状況でした。。


そして、2012年5月に新婚旅行で、
出雲大社にも参拝したのですが、

その時に、拙ブログで応援している

西田昌司先生、青山繁晴さん
三橋貴明先生、藤井聡先生、中野剛志先生が
日本再生の大きなうねりを作りますように。

とお祈りしました。

その半年後に、安倍政権ができて、
藤井聡教授が内閣参与となられたのは、
本当にめちゃくちゃ嬉しかったです。

多少は、僕のお祈りも効いたんじゃなかと(笑)

ということで、
今回の三橋さんと安倍総理の会食もとても嬉しいのですが、

しかし、三橋さんがブログに書かれていますとおり、
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12335968256.html


<< 財務省主権国家「日本」をなめてはいけません。
現在の日本を財政拡大に転換させるのは、
たとえわたくしが総理大臣の座にいたとしても無理です。

なぜならば、
「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になってしまっているためです。

そのように、財務省のプロパガンダが展開され、多いに成功を収めているのです。

 この空気を変えるためには、やはり「言論」を動かさなければなりません。

特に、緊縮路線を進み続ける安倍政権を、
「正論」に基づき批判しなければならないのです。

 といいますか、安倍総理の支持者の方々こそ(わたくしは違います)、
むしろ積極的に安倍政権の緊縮路線を攻撃する必要があるのです。

何しろ、政治は「結果」が全てです。>>


そのとおりだと思います。


安倍総理の支持者の方々こそ、
安倍政権の緊縮路線を徹底的に批判すべきだと思います。


実際、安倍総理は、
もう一度、「消費増税延期解散」すると噂されていますので、

それまでに、
多くの日本国民が、「財務省の緊縮路線」の間違いに気づく必要があります。


安倍総理の支持者の方々、
三橋さんが安倍総理にも進呈された
『財務省が日本を滅ぼす』を是非、購入して下さい!!
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4093885796/


大ベストセラーにしましょう!!
スポンサーサイト
  1. 2017/12/16(土) 17:07:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【祝】岸田政調会長と『公益資本主義』の提唱者である原丈人氏が面会

私がポスト安倍さんとして期待しているのは、岸田政調会長です。

外交面では、安倍政権で外務大臣を務められて来たので、
あまり心配していないのですが、経済政策でこの政調会長の時に、
たくさん勉強してもらいたいです。

岸田さんは元々、バリバリの消費増税派だと思っていましたが、
衆議院選挙中には、消費税増税の延期の可能性にも触れられて、

(拙ブログ:2017/10/17)
●【祝】NHKで岸田政調会長「消費増税について、条件違ったら増税しないかも」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5219.html

ちょっと期待しています。

そして、最近では、
『公益資本主義』の提唱者である原丈人さんとも面会されています。

引き合わしたのは、
二丿湯たけし 参議院議員(滋賀県選出)さんと
西田昌司 参議院議員(京都府選出)

二丿湯たけしさんのお父様は、
二乃湯智 参議院議員(京都府選出)のご長男です。


週刊西田の表紙にも、写真があります。
http://www.shukannishida.jp/171121.html

その時の様子がブログ、facebookに掲載されています。

西田昌司ブログ
https://ameblo.jp/j-shoujinishida/entry-12328886812.html

二丿湯たけしfacebook



ちょうど本日の三橋貴明さんのブログでも、
『公益資本主義』に触れられています。
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12335700199.html

<< というわけで、日本政府は原丈人氏の「公益資本主義」の精神で、
企業の経営に対する関与を強めなければならないのです。>>



岸田政調会長、頑張って下さい!!!


で、ここからが本題ですが、、

安倍総理は、これから森友学園問題で、
再び、窮地に追い込まれると思います。

拙ブログで森友学園問題の当初から書いてますが、

(拙ブログ:2017/02/26)
●森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5183.html


実は、今から8年程前ですが、
私も森友学園の塚本幼稚園を見学して、とても感動しました。


当時から籠池ご夫婦は、キャラが濃い有名人でした。

人間ですので、欠点がないわけではなく、
誰もが認める素晴らしい人格者ということもないと思います。

教育勅語もパフォーマンス的なところもあったと思います。

調子が良すぎるとか、
安倍総理が言われるように「しつこい」面(笑)もある思います。

籠池ご夫婦も、
安倍昭恵夫人と関係が近くなり、
きっと調子に乗りすぎた面があるのではないかと思います。


でも、籠池夫婦が逮捕され、

◯検察はなぜ”常識外れの籠池夫妻逮捕”に至ったのか (郷原信郎が斬る)
https://nobuogohara.com/2017/08/01/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%B8%B8%E8%AD%98%E5%A4%96%E3%82%8C%E3%81%AE%E7%B1%A0%E6%B1%A0%E5%A4%AB%E5%A6%BB%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%81%AB%E8%87%B3%E3%81%A3%E3%81%9F/

そして、
接見禁止のままで4か月も拘留の状態はあきらかにおかしいと思います。

大阪拘置所には冷暖房もないそうです。

参考

◯<森友>籠池氏、勾留4カ月 元NHK職員立花孝志の見解
https://www.youtube.com/watch?v=X5qllM4c6AA&feature=youtu.be

◯籠池夫妻4カ月勾留のウラ…検察は司法取引で口封じ画策か
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218972

◯籠池夫婦にぐーーんと同情せなあかんよ (小林よりのり)
http://blogos.com/article/263296/

籠池さんの長男がツイッターを再開されています。
フォローは、すぐに5,000を超えました。
https://twitter.com/YOSHISHIGEKAGO1

マスコミに流れない濃い情報を配信されていますので、
是非、フォローしてみてください。

私はfacebookで友達になっています。


これから、安倍総理、そして財務省は追い込まれていくと思います。

残念ですが、
安倍総理が辞任に追い込まれるのは仕方ないと思います。

森友学園問題で、
安倍総理を守るために、裏で増税されまくったら困ります。

◯森友疑惑潰しと増税の裏取引か 怪しい財務省と安倍政権
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/218970

それなら、安倍総理には、財務省を道連れに
プライマリーバランスも一緒に破棄して、
最後に立派に辞任して欲しいです。

ということで、
このメルマガの読者も解除が増えると思いますが、(笑)

解除どうぞ
http://melma.com/backnumber_190011/




  1. 2017/12/12(火) 13:06:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人類はフィクション、つまり、あるストーリーを仕立てて進化した

今日は宣伝です。

こちらの企画の無料動画が公開されています。

不安な個人、立ちすくむ国家、人生100年時代のライフマニュアル

「ザ・ライフチェンジ」
http://infotop-acenter.com/lp/15433/624660

私も早速、限定公開されている冊子2つと
動画の1つ目を観ました。

すごく面白いですね。

動画の中では、こんなことが語られています。

<<人類はフィクション、つまり、あるストーリーを仕立てて、
それに向かって進んできた流れがあり、それによって進化し、特別な生物になりました。

逆にそのストーリーを作る力がなければ、退化していくか、
外界の状況に合わせられずに生きていけなくなる可能性も出てきます。

先ほども申し上げましたが本物の情報に触れていないためにストーリーを描けなくなり、
それが不安を呼んでいるということです。>>


これを聞いて思い出したのが、
『スーパー新幹線が日本を救う』を出された頃の藤井聡先生が、
何度も物語が大事なんだと、言われていました。

こちら↓

【藤井聡】全ては、夢を「イメージ」するところから始まる
https://38news.jp/economy/07427


だからこそ筆者は改めて、本書にまとめた新幹線が全国に整備され、
「新幹線ネットワーク」と呼ぶにふさわしいものがわが国に出来上がっていく「夢」の近未来を、
「イメージ」し続けたいと思う。

――そもそも、人間が人間である最も大切な条件が、
未来を「イメージ」するところにある。

もちろん、イメージしたところでそれは出来ないかも知れない。

しかし、イメージ無きところには何ものも生まれ得ないことだけは確実だ。
すなわち「イメージ」こそが、我々が作り出すあらゆる事物の「母」なのだ。

だからこそ筆者は、
日本国民が全国の新幹線ネットワークを作りあげる「夢」を「イメージ」し続ける事に、
本書が幾ばくかでも貢献できんことを、願ってやまないのである。』

――そんな「夢」を実現するためにも、本書、

『スーパー新幹線が日本を救う』
https://www.amazon.co.jp/dp/4166610775

を一人でも多くの日本国民の皆様にお読み頂きたいと、
筆者は強く祈念しています。21世紀の日本の国づくりに向けて、
どうぞ、よろしくお願いいたします。>>


本物の情報に触れて、
未来を「イメージ」する。

これが大事なんですね。

先日、たまたま観た「情熱大陸」に、
異能の科学者、落合陽一さんが出ていました。

私は、「情熱大陸」もほとんど観ないですし、
落合さんのことを知らなかったのですが、

ちらっと出た、この将来の絵を観て、
とても引き込まれました。

こちら↓
https://abe-yousuke.net/wp-content/uploads/2017/07/C_r8bydUAAACoZK.jpg
ochiai.jpg



単純な絵の違いですが、
どちらをイメージするかで、
高齢化社会の日本の今後が決まるような気がします。

正しい情報により、
良きストーリを作っていきましょう


そういうことで、
興味がありましたら、是非どうぞ

「ザ・ライフチェンジ」
http://infotop-acenter.com/lp/15433/624660


私はハマって、このライフチェンジを提唱されている
大野靖志さんの近刊を本日購入しました。

◯願いをかなえるお清めCDブック
https://www.amazon.co.jp/dp/4763136666


本日は、スピリチュアル押しで失礼しました(笑)


でも、これもかなり売れているようです。
時代の最先端を行っているのでしょうね。

このCDを聞いて、
今年の残りは、お掃除に励みたいと思います!

日本を洗濯しましょう!


  1. 2017/11/23(木) 20:14:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すごく良い選挙結果でした

個人的には、すごい良い選挙結果だと思ったのですが、
最近、意見があう小林よりのりさんのブログを見るとやっぱり同じでした。

2017.10.23(月) 小林よりのり

◯すごくうまくいった選挙だった
https://yoshinori-kobayashi.com/14344/

<<思った通りの選挙結果になった。
立憲民主党の大躍進、その風を受けた辻元清美の速めの当選、
スキャンダルと無所属という圧倒的な不利を大逆転して辛勝した山尾志桜里、
わしが直接応援演説に行って関わったのはこの3点だから100%成功した。>>


ここだけ読んだら、ただの左翼ですが(笑)

小林よりのりさんの応援は、100%成功ですから、
嬉しかったでしょうね。


私のこの選挙に対する理想は、

2017/10/04 拙ブログ
●自民党単独過半数のために、共産党さん頑張って下さい!!
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5215.html

<<
・自民党は、単独過半数をなんとか確保
   そして、安倍さん退陣
   自公連立政権を維持
   外交は、安倍外交方針をそれなりに維持
   選挙結果を反省し、消費増税の公約は撤回
・希望の党は、期待はずれ、小池さんの政治生命終わり
・維新の会 壊滅的敗北、大阪でも議席減らす
・立憲民主党 予想外の検討!
・共産党 大躍進!!!

これくらいになれば、
新自由主義路線に待ったが掛からないでしょうか。

そして、「国民は劇場型の選挙を嫌になっている」
となれば、真っ当な政策論争もできるようにならないでしょうか?

>>

70点くらいで嬉しいです。

結果で、まず嬉しかったことの1つ目は、

「希望と維新の会」の「明確な敗北」です。

これで、
希望と維新の公約にも、深く関わっていたと思われる竹中平蔵さんの
地位も落ちるでしょうね。

新自由主義路線より、
立憲民主党などが掲げる「格差是正」の方が国民は共感してくれると。


そして、希望の党は、
小池さんが辞任するような気がしますし、
その時は、前原さんが代表になる可能性もありますが、

前原さんも社会保障重視ですので(消費増税賛成ですが。。)、
その政策については、同じ井出英策先生の影響を受けている枝野さんと
あまり変わらないと言われていますので、
これまた、内政的には、「格差是正」になると思います。

拙ブログ 2017/08/13
●前原誠司「我われが目指す内政の基本的な考え方は【社会民主主義】だ」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5210.html


前原さんには、ほんの少しだけ期待しています(笑)


また、維新の凋落で嬉しかったのは、
大阪14区で自民党(元民主党)の長尾敬さんも、
初めて選挙区で、維新の候補を破り当選されました。

長尾さんは、元民主党の保守派で、
TPP反対で頑張っておれました。

あの中野剛志先生に考えが非常に近いと言われる
東田剛さんが、熱烈に応援されていました。

拙ブログ 2012/08/29
●頑張れ、民主党の長尾たかし先生!【三橋経済新聞/東田剛】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2825.html



もう一つは、嬉しかったのは、消費増税対策です。

自公以外は、消費増税反対の構図になりましたので、
こういう発言も引き出すことができました。

拙ブログ  2017/10/17 
【祝】NHKで岸田政調会長「消費増税について、条件違ったら増税しないかも」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5219.html


そして、今回の選挙で私が一番応援しました
京都6区の安藤裕先生が、希望の党、山井さんを破り、
初めて小選挙区で勝利しました!!パチパチ


安藤さんは、
消費税5%に戻す提言している自民党
「日本の未来を考える勉強会」の呼びかけ人です。

安藤さんの応援に、
小泉進次郎さん、麻生太郎さん、安倍総理も
わざわざ応援に来られました。

安倍さんの応援演説では、
消費税の使いみちを大胆に変えるのは、安藤さんが以前から訴えていたこと
と紹介されています。16分45秒あたり
https://www.youtube.com/watch?v=5I0f49JWwuw&t=16m45s


そもそも消費増税分を借金返済に使うな!って話ですが、(笑)
それでも、確実に前進はしているのだと思います。

京都は6区全て、
自民党が比例復活を含めて当選されました。

候補者の皆さん、西田昌司先生の考えに近いので、
自民党衆議院議員の中でも、
PB目標破棄に向けて、頑張ってくれるのではないかと期待しています。


最後に、前回のブログ記事で紹介しましたが


●大平正芳(元首相)「政治は60点じゃないといけない」
 保守とリベラルは大変相性がいい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5220.html


今回、京都5区を引退されました谷垣禎一さんも、
大平正芳元総理を尊敬されていたそうです。

西日本新聞 2017年10月23日 
◯衆院選を機に、多くのベテラン政治家が政界を去った
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/367970/

<<谷垣氏の口癖が「楕円(だえん)の哲学」。
師匠格の故大平正芳元首相の持論で、
政治の心構えとして「楕円形のように二つの中心を見いだし、
その二つが均衡を保ちつつ緊張した関係にあること」、

つまり偏らずに公正であることを理想とする考え方である。

大平氏は「何をやるか」ではなく、
「いかにやるか」が政治にとって大切だと考えた。

 民意は示された。
「1強」体制は続きそうだ。

ただ、得票率を見ると、投票した人の約半数は野党に1票を投じている。
現実の民意は楕円のように、二つの中心がある。

 批判合戦はもういい。対話と熟議を尽くす時だ。
「この国を、守り抜く」とは勇ましいが、一つの中心だけでは危うい。 >>


安倍総理にも、
谷垣幹事長時代が、一番安定していたことを思い出してもらって、
これから謙虚に国会運営をしてもらいたいです。


そして、個人的に嬉しかったのは、
私には、幼稚園の年少に通っている娘がいますが、

幼児教育無償化、19年度から=安倍首相【17衆院選】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102300602&g=pol


<<「消費税引き上げと関わりなく、前倒しで進める」>>

ギリギリ1年間だけですが、その恩恵を受けれそうです。(笑)


幼児教育無償化は、前通しでやって、
消費税の引き上げは、ちゃっかりと延期してください(私利私欲・笑)!!!


安倍総理、頑張ってください!!

  1. 2017/10/23(月) 15:22:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大平正芳(元首相)「政治は60点じゃないといけない」 保守とリベラルは大変相性がいい

いよいよ明日が投票ですね。

保守派と思われている方には、
とても共感できるのではないと思う記事を参考ご紹介します。

「報道ステーション」のコメンテーターでもお馴染みの、
東工大教授で政治学者の中島岳志さんのインタービュー記事です。


◯「リベラル」の逆は「保守」ではなく…歴史に耐えるものさしで、
中島岳志さんと現代日本を読み解く政治学
10/20(金) 江川紹子
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/

<<保守は、「こうすれば必ずうまく行く」という左派的な思想はとりません。
だから、丁寧に合意形成をしていくんですね。

なぜかというと、保守政治家には「自分も完全ではない」という認識がある。

間違っているかもしれない。
だから、いろんな人たちの意見を聞いてみよう、と。

少数者の意見に「なるほど」と思えば、
その意見を反映して合意形成をしながら一つ一つやっていく。

これが伝統的な保守政治家のスタイル。
だから、「議論」とか「対話」を重視してきた。

 僕が尊敬している大平正芳(元首相、故人)は、
「政治は60点じゃないといけない」と言っています。

いろんな人の話を聞きながら、
60点くらいに収めるのが、実は一番正解に近い、と。

だから彼は社会党や共産党の話も聞いて合意形成をしていった。
その方が、相手も納得して秩序が安定的に続くだろう、という考えたんですね。


 そう考えていくと、果たして安倍さんは保守なんだろうか。

国会を議論の場と考えず、言い勝てばいい、
というのは、保守の態度ではない。

安倍さんは、中国を嫌っているようですが、
安倍さんと中国共産党は両方ともリベラルから遠いという点では、実は似ている。

 保守は自己に対する懐疑もあってリベラルな態度をとるんです。
実は、保守とリベラルは大変相性がいい。>>


大平正芳元首相の「政治は60点じゃないといけない」は、
私もとても共感しました。

中島岳志さんのことは、
あまり知らなかったのですが、
今回の衆議院選挙では、共産党を応援されています。

参考:

「本当の保守主義を貫くと共産党と共鳴する時代」東工大教授 中島岳志さん
https://ameblo.jp/takumiuna/entry-12260954716.html


緊急対談 衆院選で問われる日本政治の新しい対決軸、
リベラル陣営のリアリズムとは(山下芳生×中島岳志)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2017/10/14/news-7/


西部邁先生もはっきりと
「安倍首相は「真の保守」ではない」と言われていますので、
保守派のなかでも、安倍首相の評価は、かなり変わってきましたね。

ダイヤモンド・オンライン 2017.10.3
安倍首相は「真の保守」ではない!西部邁氏が迷走政治を一刀両断
http://diamond.jp/articles/-/144344


他に、今回の選挙で、
立憲民主党、共産党を応援されている人といえば、

小林よりのりさんですね。

小林よしのり2017年10月16日 14:08一に立憲民主党、二に共産党
http://blogos.com/article/252693/

枝野さん、辻本清美さんの応援演説までされるとは、
一線を超えましたね(笑)

私も、以前は、
小林よりのりさんの変節に失望した一人なのですが、
今はとても共感します。

次に、郵政民営化反対で頑張られ、
民主党政権時代に、売国的政策をストップしてくれた
亀井静香先生ですが、今回で引退されました。

その亀井さんも、辻本清美さんを応援されています。

亀井静香氏、辻元清美氏を激励「初の女性総理なれる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000122-dal-ent


辻本清美さんのことも、
私は、一番キライな政治家という感じでしたが、
この記事を読んでから、ちょっと印象が変わりました。

文春オンライン 2017/04/01
○渦中の辻元清美に訊く「デマと保守」
http://bunshun.jp/articles/-/1908

この記事のなかで、

小林よしのりさんと「なんか最近、波長が合うんですよ(笑)」

と書かれています。

そうなんですよね。

私も、最近、
小林よしのりさんと辻元清美さんに波長が合うです。(笑)

是非、一度、先入観を持たずに読んで見てください。

この選挙の結果が、
日本にとって、良き方向に進みますように。

  1. 2017/10/21(土) 20:03:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。