FC2ブログ

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【正義のミカタ】財務省に騙されるな!「財政再建はとっくに完了している」

前回のブログ記事
【消費増税を凍結せよ・議員対談】安藤裕×山本太郎 
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5230.html

こちらをメルマガ「ロシア政治経済ジャーナル」のおたよりコーナーで紹介いただきました!!
なんとも光栄です。 こちら↓
【RPE】★消費税再引き上げ、読者さんたちの反応は?????
https://archives.mag2.com/0000012950/20181019001000000.html


前回のブログで、
緊急発売される「表現者クライテリオン」増刊号において、
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/img/tirashi.jpg/

宮崎哲弥×高橋洋一×藤井聡 の「正義のミカタ」座談会があることを
お知らせしていましたが、

本日(10/20)放送の朝日放送「正義のミカタ」でも、
このお三方の先生が素晴らしい仕事をされました!!

高橋洋一先生の解説に、東野幸治さんがわかりやすく質問し、、
宮崎哲弥先生、藤井聡先生、さらには、ほんこんさんが加勢しています(笑)

すぐに削除される可能性がありますが、
ネットにもアップされていますので、是非ご覧ください。 40分ごろから
https://www.youtube.com/watch?v=XU1qVzf9qzI&t=56m10s
もしくは、こちらのサイトで
http://jpnews-video.com/seiginomikata/

特に注目して欲しいのは、財務省に騙されるな!の解説です。56分ごろから
https://www.youtube.com/watch?v=XU1qVzf9qzI&t=56m10s

この画像だけでも見てください!!
zaimusyo.jpg


こんな話をされています。

・IMFが日本の財政が問題がないことを発表していること。
 (借金と同じだけ資産がある)

・財務省は増税したいために、借金をプロパガンダに利用している

・来年度予算には、消費増税、増税対策がすでに織り込まれているので、
 来年1月から始まる来年度予算の国会審議が終わる3月までは、絶対に撤回しない。
 (撤回すれば、予算が承認されず、安倍内閣は終了) 撤回は4月以降

・藤井聡先生は、どさくさに紛れて、
 『「10%消費税」が日本経済を破壊する』 http://ur0.biz/MCc2
という書籍を緊急出版することとなりました。と宣伝してました。(笑)


まぁ、安倍さんは、6月の参議院選挙前に、消費増税を撤回するのだろう。
という雰囲気ではありますが、これまた油断できないと思います。

森友学園問題は、まだ一波乱あると思いますが、
財務省が安倍総理の弱みを握っていて、消費増税を撤回させない可能性もあると思います。

とにかく、
財務省に騙されるな!「財政再建はとっくに完了している」という事実が、
多くの国民に知れ渡りますように。


「正義のミカタ」は本当に素晴らしい番組だと思います。
東野幸治さん、ほんこんさん、スタッフの皆さんも頑張って下さい!!!

スポンサーサイト
  1. 2018/10/20(土) 21:27:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【消費増税を凍結せよ・議員対談】安藤裕×山本太郎 

前回のブログ (http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5229.html) でご紹介しました

10月13日(土)京都大学で開催されました
「国際シンポジウム・グローバル資本主義を超えてII  『EU体制の限界』と『緊縮日本の没落』」
に参加してきました。

こういうのには、久しぶりに参加しました。

個人的に印象的だったのは、

・生の藤井聡先生は、カッコよかった!!
 今やレギュラー番組5本の売れっ子ですからね(笑) オーラがありました。

・久々の中野剛志先生の講演「没落について」は、本当に絶望的な気分になりました。(笑)
 すでに日本は手遅れです!! 

・前回のフランス大統領選挙に出馬されたアスリノさんはとてもいい感じの人でした。
 ルペンさんとは違い、フランスの国家公務員(財務上級監査官)として長年勤められてきた
 理知的な感じで、EU離脱を訴えておられます。
 https://www.sankei.com/world/news/181009/wor1810090021-n1.html
 
 フランスも日本同様に閉塞感が強いそうです。(柴山桂太先生のメルマガ記事)
 https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20181016/

・何よりうれしかったのは、自民党 衆議院議員 「日本の未来を考える勉強会」代表の安藤 裕先生
 も参加され、冒頭にご挨拶されていました。
 前日も藤井聡先生宅で、アスリノさん達と食事をされていたそうです。


そして、このシンポジウムで配られていたこちらのチラシが何より元気が出ました。

 緊急発売【消費増税を凍結せよ】表現者クライテリオン 増刊号です。

tirashi.jpg


宮崎哲弥×高橋洋一×藤井聡 の「正義のミカタ」座談会もいいですが、

一番、注目したのは、
【議員対談】 安藤裕 × 山本太郎 です。


拙ブログでも、昔は、山本太郎さんのことをボロクソに書いてましたが、
最近はとても応援していました。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5215.html


異色の対談がとても楽しみです!!

そして、このシンポジウムの翌日にはこのニュースが、、

「来年10月に消費税10%へ引き上げ、首相表明」
https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181015-OYT1T50094.html

ふざけんなよ!!って感じですね。


まだまだ、あきらめたらダメですよ。

青山繫晴先生も怒っておられます。

●これこそが世論工作です ! (青山さんの個人ブログ)
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=925

<<
▼真相は、不肖ぼくを含めての増税撤回論を封じ込めるための世論工作です。
 ぼくは財務省を恐れる理由が一切、ありませんが、同じ立場の国会議員は、ほとんどいない。そのため、増税撤回論はごく一部の少数者による動きです。
 それでも財務省は最近、撤回論が水面下で安倍総理を動かすのを警戒するようになっています。そのための、世論工作です。
 読売新聞を含めオールドメディアは、自分たちのビジネスだけ増税を免れようと安倍総理、麻生財務大臣、財務省に必死に働きかけていて、財務省に恩を売りたい気持ち満々です。

▼ぼくを含めた「われらの戦い」は水面下でまだ、続いています。
 最近、わずかながら前進もありました。それに財務省が気がついたと思われます。
 もちろん大苦戦です。
 泥の中を進む苦闘そのものです。
 財務省、オールドメディアの連携による圧迫の強化で脱落者も出るでしょう。
 しかし少なくとも、このぼくは脱落しません。
 国民と国家のための戦いは永遠です。 >>


そして本日の藤井聡先生のメルマガ記事です。
●【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカニズムを是非、ご理解ください。
https://38news.jp/economy/12508

<<当方はこの度、京都大学教授として、そして、内閣官房参与として
「10%消費税」が日本経済を破壊する
http://ur0.biz/MCc2
という書籍を緊急出版することとなりました。>>


あきらめずに、消費増税を凍結させましょう!!!

  1. 2018/10/17(水) 23:24:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歳出拡大を唱え続ける藤井を「京都学派」と呼んで警戒する財務省

久々のブログ更新です。

本日も京都ネタです。

私は、5年前の2013年12月に京都国際会館で開催されたシンポジウム
「グローバル資本主義を超えて」に参加したのですが、
(拙ブログ 2013/12/03 )
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4019.html


エマニュエル・トッド氏、ハジュン・チャン氏、
藤井聡先生、中野剛志先生、柴山桂太先生が登壇された、豪華なシンポジウムでした。

それが、来週、10月13日(土)に第2弾が開催されます。

こちらです。(私も申し込みました。)

■■ 国際シンポジウム・グローバル資本主義を超えてII ■■
 『EU体制の限界』と『緊縮日本の没落』
  日時:2018年10月13日(土)13:00-18:00
  場所:京都大学 吉田キャンパス
  詳細:https://the-criterion.jp/beyond_global_capitalism2/


詳しくは、藤井聡先生のメルマガ記事をどうぞ!

【藤井聡】仏大統領候補アスリノ氏をお迎えした京都・国際シンポジウムを企画しました。是非、ご参加ください!
https://the-criterion.jp/mail-magazine/m20180924/


5年前のシンポジウムでは、
中野剛志先生のこのギャグが一番記憶に残っています。

「2013年は酷い年でした。とはいえ、一つだけいいニュースがあります。
今年は来年よりは間違いなくいい年です」(笑)

世界はそのとおりになっていますが、
その後、ブレグジット、トランプ大統領が誕生しているわけで、
いよいよ「グローバル資本主義を超えて」に向かいつつあるのだとおもます。

あれから、五年なんですね。。早い。

この5年での藤井聡先生の頑張りは、本当にすごいと思います。


あと、京都ネタで嬉しかったニュースはこちらです。


読売新聞 2018年09月05日
【要求編】歳出圧力、たまるマグマ
https://www.yomiuri.co.jp/economy/feature/CO034991/20180904-OYT8T50126.html

<< 8月10日。西村康稔官房副長官が受け取った緊急提言に、
財務省幹部はいら立ちを募らせた。
「国土強靱化『投資』は財政規律の『例外』とすべき」
「『建設国債』という呼称を『投資国債』と改めるべき」――。
文面には、財務省にとって到底容認できない主張が並ぶ。

 提言の主は、安藤裕衆院議員ら自民党の若手有志たちからなる「日本の未来を考える勉強会」。
指南役は、内閣官房参与を務め、安倍ブレーンと目される藤井聡京大教授だ。
財務省内の一部では、歳出拡大を唱え続ける藤井を「京都学派」と呼んで警戒する。
その影響力は弱まる気配がない。>>


【【歳出拡大を唱え続ける藤井を「京都学派」と呼んで警戒する。】】


「日本の未来を考える勉強会」の安藤裕衆院議員も京都6区です。

三橋貴明さんの「月刊三橋」の最新号は、
「安藤提言で日本が復活する
~骨太の方針を逆手にとってデフレ脱却する裏技」 です。


そして、参院議員には、
安倍総理にも直言できる西田昌司先生もいます。

産経新聞 2018.9.4 23:24

西田昌司参院議員「安倍晋三首相『小さな政府』と反対に舵」
https://www.sankei.com/politics/news/180904/plt1809040039-n2.html



これはもう、「京都学派」に頑張ってもらうしかないでしょう!!


藤井聡先生、西田昌司先生、安藤裕先生、頑張ってください!!
  1. 2018/10/07(日) 18:00:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【西田昌司 国政報告会8/24】(安倍晋三総裁3選に向けた総決起大会)

私は西田昌司先生の後援会の会員になっているのですが、

急遽、こんな案内が届きました。
西田昌司国政報告会2018
(安倍晋三総裁3選に向けた総決起大会)
http://showyou.jp/free/index.html?id=2765

忙しいなか、安倍総理が京都まで来られるのですね。。

安倍総裁の3選は、ほぼ決まったような雰囲気ではありますが、
問題は3選後に、安倍総理が誰の影響を強く受けるのか、ですよね。

正直、安倍総理より良い総理候補がいてくれたら、
その人を応援したいのですが、、、

経済政策で、まともな総理候補がいないのが本当に残念です。。

毎度の京都推しで恐縮ですが、

安倍総理が、いかに京都の政治家を重用するかに掛かっていると思います。

具体的には、
西田昌司参議院議員、安藤裕衆議院議員、
そして、藤井聡内閣官房参与の3名との距離感がどうなるかですね。

〇総理大臣公邸訪問 (西田昌司)
https://ameblo.jp/j-shoujinishida/entry-12336038922.html

〇【三橋貴明】安藤提言
https://38news.jp/politics/12153


西田昌司先生、頑張って下さい!!
  1. 2018/08/13(月) 22:30:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【藤井聡の映画評論】『この世界の片隅に』 ~ この悔しさを忘れている日本人 ~

久しぶりに、藤井聡先生の映画評論のご紹介です。

『この世界の片隅に』です。
終戦記念日の前に、是非どうぞ。

○[2018.8.6放送]藤井聡 あるがまま日本・京都
~週刊ラジオ「表現者」~(KBS京都ラジオ)
https://www.youtube.com/watch?v=fZ_YznTGY68

映画評論は、3分53秒~ 映画解説
https://www.youtube.com/watch?v=fZ_YznTGY68&t=3m53s

私の毎週の唯一の楽しみは、
このラジオ番組です。


また、『この世界の片隅に』は、拙ブログでも紹介したことがあったので、
うれしかったです。

●じぇじぇ、能年玲奈改め「のん」の復帰作のアニメ映画が大ヒット!を報道しないテレビ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5167.html

=====(過去の藤井聡先生の映画評論)======

●【藤井聡の映画評論】『ハンナアーレント』 「究極の悪」とは凡庸な「思考停止」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4035.html


●【祝】裕次郎の映画「黒部の太陽」が全国公開
「関西の高度成長」を支えたのは関西電力と土建屋達です
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2687.html


●【藤井聡の映画評論】『東京物語』 ~戦わず、ただ観賞するべからず~
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2857.html


●【藤井聡の映画評論】『さや侍』 2011年 松本人志監督
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2698.html


●【美しい棚田の風景】「八日目の蝉」/藤井聡、
「新しい国へ」/安倍晋三、だったのに、、、
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3908.html

=============================


  1. 2018/08/13(月) 22:09:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。