FC2ブログ

にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

籠池泰典「野党は連合野党を作り、消費税ゼロを公約にせよ!」

自民党選挙公約で、消費税10%を明記しましたので、
いよいよ消費増税を決定したようですが、、、

2019/06/08  女性自身
〇小さな字でひっそりと…自民党選挙公約で“消費税増税隠し”
https://jisin.jp/domestic/1745377/

記事のとおり「消費増税隠し」という見方が自然だと思いますが、
好意的に考えると(笑)、まだ、消費増税延期もしくは減税までも視野に入れているから、
今の段階では、目立たなくしているのかも知れません。

普通に考えて、消費増税を掲げて参議院議員選挙をすれば、
自民党はかなり負けることは確実だと思います。

だから、反安倍政権の方々も、
どうせ、安倍総理は増税延期するのだから、

野党は危機感を持って、
消費税【減税】を共通公約化すべきだ!と訴えている訳です。

例えば、経済評論家の植草一秀さんのブログです。

〇消費税減税の共通公約化が野党勝利に必須の条件
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-638b03.html


ところが、このタイミングで、
「自民党は消費増税確定!」の参議院選挙だけだと野党が油断してしまうと、

せいぜい、「このタイミングでの増税反対!」くらいでしかまとまらないと思います。


で、この油断した状態で、

6月12-14日に安倍首相がイランを訪問して、
世界に成果アピールできるような結果が出た場合、

6月26日には通常国会が会期末を迎えますが、
急遽、会期を延期して、

6月28-29日には大阪でG20首脳会議があるので、
「世界の首脳と会談し、リーマンショック級が起きる可能性がある状況と認識したので、
 消費税を減税します!!」
と宣言して、

衆参ダブル選に臨めば、安倍自民党は、ボロ勝ちできると思います。


なので、来週のイラン訪問の結果がどうなるかは、
影響が大きいと思います。

安倍総理が世界平和のために貢献できるとうれしいですが、、、


一方、もし予定どおり、消費増税をするならば、
安倍自民党には、ボロ負けして欲しいです。


そして、選挙になるとまた注目されるのが、
「森友学園」問題だと思います。


私は、10年程前に森友学園の塚本幼稚園を見学したことがあります
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5183.html

私も、幼稚園だけでなく、小学校も作って欲しいと思いました。(笑)

ご夫婦ともにああいう濃いキャラですので、
いろいろと強引なこともされたとは思いますが、
それでも、私腹を肥やした訳ではなく、純粋に小学校を作りたかったのだと思います。


「森友学園」問題については、
明らかに、安倍政権、大阪維新の会は嘘をたくさんついています。

その嘘に、財務省、国土交通省が忖度しているのだと思います。

そもそもゴミがなかった説が正しいと思います。

籠池さんの講演動画を見ました。
ご夫婦ともにお元気そうで、良かったです。

こちら↓

〇天下のペテン師・安倍晋三の悪辣非道な犯罪をばらすー籠池泰典「森友学園」元理事長 2019 05 26
https://www.youtube.com/watch?v=i-xicfYMfi8

再生回数 8万もあるんですね。

このなかで、「野党は連合野党を作り、消費税ゼロを公約にせよ!」と仰っています。
https://www.youtube.com/watch?v=i-xicfYMfi8&t=40m10s


野党の皆さんに、もう一度、森友学園問題を訴えて欲しいです。

それは、「維新の会」および「大阪都構想」潰しにもなります。

籠池さん、頑張って下さい!!!
スポンサーサイト
  1. 2019/06/09(日) 17:29:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【祝】MMT・ケルトン教授が6月来日!西田昌司・安藤裕議員と会談へ

まずは、オススメのお知らせですが、

「令和ピボットニュース」のメルマガ登録をどうぞ!
https://a18.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=44&g=1&f=1

詳しくは、こちら↓
【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!
https://38news.jp/economy/13645

拙ブログ「わか日本好きが選ぶ、気になるニュース」も
「オススメ情報」や警戒すべき「アブナイ情報」を伝えることを目指して
やってきましたが、

まさに、「令和ピボットニュース」みたいなものをやりたかったのです!!
これは本当に面白くていいですね。

ということで、
日々更新される「令和ピボットニュース」を読めば、
たまにしか、更新しない拙ブログは、ほとんど存在価値が薄くなりました。(笑)

なので解除してもいいですよ。↓
http://melma.com/backnumber_190011/

その分、「令和ピボットニュース」をどんどん拡散して頂けると嬉しいです!!
https://a18.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=44&g=1&f=1

ということで、ここから本題です。

GW中に、新時代の令和への期待について
3つブログを更新してきましたが、

1.アメリカ様からの良い影響(外圧)

 ●【祝】(2020年大統領選)
 MMT提唱のケルトン教授がサンダース氏の顧問へ
 http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5236.html


2.一般国民の合意(国内世論)

 ●(NHK退位特番)中川翔子
  「格差もいじめもなくなり、喜びを共有できる素敵な時代に」
  http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5237.html


3.まっとうな野党の誕生

 ●山本太郎の「れいわ新撰組」の政策は、保守のど真ん中
 http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5238.html


どんどん良い方向に進んでいると実感してます!!!



1つ目の「アメリカ様からの良い影響」ですが、

私も、まさに「令和ピボットニュース」で知ったのですが、

MMT提唱のケルトン教授が、6月来日!西田昌司・安藤裕議員に会うようです。
https://twitter.com/StephanieKelton/status/1130063559768072192




これは、めちゃめちゃ楽しみですね!!

ケルトン教授が来日までに、どんどんMMTを拡散しましょう!!


二つ目の「一般国民の合意(国内世論)」ですが、

私の姉が最近目覚めて(笑)
MMTやらの動画を兄弟のLINEに紹介してきます。

それが私が見ている動画と同じ。(笑)
(三橋貴明さん、山本太郎さん、西田昌司さんの国会質問の動画など)

京都に住んでいるので、
西田昌司参議院議員・安藤裕衆議院議員の影響もあると思いますが、
MMTに目覚めると、スイッチが入るみたいです!!

ちなみに、姉がお勧めしてきた動画は、

〇【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実
https://www.youtube.com/watch?v=ynVn-3tLhj4

まもなく、再生回数27万回!!ですね。

この動画は、財務省が大変嫌がっているそうなので、
どんどん、どんどん拡散しましょう!!!


そして、3つ目が「まっとうな野党の誕生」ですが、

山本太郎さんの「れいわ新撰組」が
1ヶ月で寄付金1億以上が集まりました!!
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5362946

すごいですね!!

・内田樹神戸女学院大学名誉教授
・脳科学者の茂木健一郎氏
のような方々も支持されていますので、
これから選挙が近づくと、10億円集まるのも夢ではないそうです。


そして、野党統一政策として提案している「消費税を5%に減税!」ですが、

国民民主党の玉木雄一郎代表も、その路線に進みそうです。


〇玉木氏が消費税引き下げによる野党共闘に含み
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2001639.html

<<東京都内で開かれた保守系言論誌『月刊日本』のパーティに出席した玉木氏は、
山本太郎参院議員が他野党との共闘の最低条件に掲げる「消費税5%への引き下げ」
に応ずる用意があるかとの筆者の問いに対し、
「下げる余地はある。私は柔軟だから」と答えた。>>

いい感じですね!!


そして、安倍政権も5%への減税は、マジで考えているようですね。

現代ビジネス 5/25(土) 配信 

〇安倍首相が選挙前に密かに探るという、驚愕の「消費税ウルトラC」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190525-00064836-gendaibiz-pol&p=2

ちなみに、西田昌司先生は、5月23日頃に、安倍総理と1時間半ほど話をしたと、
5月24日の後援会で話されています。

こんな講演↓を自民党議員がしているって信じられますか?W

「アベノミクスの誤算!今こそMMTを活用せよ!」西田昌司 国政報告会【動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ArEcgctHOm8


与党も野党も、「消費税5%減税!」で戦ったらいいと思います。

なんなら、お互いに負けずに4%まで下げてもいいですよ。笑

それで勝利するのは、国民。
負けるのは財務省

ケルトン教授、西田昌司さん、安藤裕さん、山本太郎さん、玉木雄一郎さん

皆さん、頑張って下さい!!!

MMTを理解する政治家を応援しましょう!!


  1. 2019/05/28(火) 22:12:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山本太郎の「れいわ新撰組」の政策は、保守のど真ん中

GW中に、新時代の令和への期待について
ブログを更新してきました。

個人的に思う、
日本が良い方向に変わるための3条件は、

1.アメリカ様からの良い影響(外圧)

 ●【祝】(2020年大統領選)
 MMT提唱のケルトン教授がサンダース氏の顧問へ
 http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5236.html


2.一般国民の合意(国内世論)

 ●(NHK退位特番)中川翔子
  「格差もいじめもなくなり、喜びを共有できる素敵な時代に」
  http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5237.html


そして今日は3つ目の条件

「3.まっとうな野党の誕生」
について書きたいと思います。

ということで、山本太郎さんが立ち上げた
「れいわ新撰組」への期待について書きたいと思います。


私の「れいわ新撰組」の政策への期待は、
適菜収さんの「日刊ゲンダイ」の記事のとおりなので、
こちらを読んで下さい。

以上、笑↓

●改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252283

多くの皆さんが誤解している部分について、転載します。

<<私は以前、週刊誌で山本を批判したことがある。
国会で出される弁当は「ベクレてる(放射能汚染されている)」
などと風評を流すデマ体質の左翼だと当時は思っていたが、
自民党を筆頭に政治家が劣化していく中、
山本のまっとうな部分が目立ってきたのは皮肉な話だ。

 まだ社会的には誤解されている人だと思うし、
私も全面的に信頼しているわけではないが、
政策の9割は高く評価できる。
残りの1割もツッコむ場所があるといった程度の話。>>


あと、統一地方選挙で大躍進した「NHKから国民を守る党」の
立花孝志代表も、山本太郎さんは保守だ。と応援されています。
https://www.youtube.com/watch?v=jiTO9ZRyFZQ&t=2m00s

山本太郎さんがすごいと思うところは、
「れいわ新撰組」にこだわらずに、野党結集を第一に考えて、
それができるなら、「れいわ新撰組」を降ろす考えを示しています。

そのための野党統一政策が
「まずは、消費税を5%に減税!」です。
https://www.taro-yamamoto.jp/signaturerally


どうせ、安倍政権は増税延期するだろから、
このまま野党が「増税延期!」だけを言っていたら、
ダブル選挙は負けること確実。。。

だったら踏み込んで、「まずは、消費税を5%に減税!」を統一の公約にしようと
いうことだと思います。

これに負けじと、
安倍政権が「消費税を5%に減税!」でダブル選挙となれば、
それはそれで、自民党が勝利するでしょうが、
国民としては、ひとまずはそれでハッピーだと思います。

2019.04.23 配信の週刊ポストのネット記事にありましたので、
それなりに可能性はあると思います。

○安倍政権、増税延期どころか「消費税5%に下げる」案が浮上
https://www.news-postseven.com/archives/20190423_1357836.html


安倍政権に、増税延期で誤魔化すだけでは、やばいかも。
と思わせるくらいに、山本太郎さんには頑張って欲しいです。

「れいわ新撰組」がどのような展開になるか、
目が離せません。

山本太郎さんを応援するために、
こちらの2つの動画を是非、拡散してほしいです。

●【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実
https://www.youtube.com/watch?v=ynVn-3tLhj4

再生回数は、20万越え!!
この動画は相当に、財務省が嫌がっているそうです。


そして、もう一つが藤井聡先生が司会で、
山本太郎さんと、自民党の安藤裕先生との対談動画も是非、見てほしいです。


●【別冊クライテリオン特別対談】
安藤ひろし×山本太郎『党派を超えて「反緊縮」を拡大せよ!』
https://www.youtube.com/watch?v=2diD4PaBxYI

こちらは、再生回数がまだ2万です。

これを見れば、山本太郎さんが自民党の議員とも
まっとうに議論できる人であることがわかるでしょう。

山本太郎さんは、こんなツイートもされています。

<<自民党で(ってことは、永田町で?)、
1番経済を理解されている、あんどう裕さん。
総裁選に出ていただきたい、と思った方。
超党派で人々を救済する経済政策を実現したいです。>>

https://twitter.com/yamamototaro0/status/1121955743907737600




野党も自民党も、山本太郎さんから勉強してください!!

山本太郎さん、「消費税を5%に減税!」のために頑張って下さい!!

  1. 2019/05/03(金) 19:16:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(NHK退位特番)中川翔子「格差もいじめもなくなり、喜びを共有できる素敵な時代に」

令和、おめでとうございます!!

本当に時代が代わるって感じですね。
天皇陛下には時代を変える力があるんだなぁ思いました。

4月30日の退位礼正殿の儀、「天皇陛下から国民への最後のおことば」
5月1日の即位後朝見の儀、「 天皇として初めてとなるおことば」
は、NHK特番での生中継を観ていました。

じーんときました。
日本に生まれて良かったと思いますね。ありがたい。ありがたい。

そのNHKの退位特番ですが、
タレントの中川翔子さんが出演されていました。

私も、見た瞬間
「なんで中川翔子やねん。粛々と番組をやってほしい。。」と残念に思いました。

世間の方もそう思った人が多かったと思います。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00000093-dal-ent&pos=3

ところが!、結構いい発言をされていました。笑

動画を探したのですが、良いものがなく
ツイッターでアップされているのがありました。
https://twitter.com/i/status/1123163360294461440

聞き取りずらいので、文字起こしします。
(まさか、このブログでしょーこたんの発言を文字起こしするとは、、笑)

「本日、陛下のお言葉を聞いて、日本語には力が宿ると感じました。
 平和になると書いて、平成。そのように戦争のない時代になったように、
 新しい元号の令和も、陛下が望まれているような平和の願いがこもった
 和の文字が入っていると思います。
 インターネットの普及で、平成は国民一人ひとりが自由と言葉の力を手に入れたからこそ
 どうか陛下が望まれるように、一人ひとりがちゃんとお互いを大事にできるように
 そしてやさしさを持って、どうか、平和には色々な意味があると思います。
 格差もいじめもなくなるような、そして喜びを共有できるような、そんな素敵な時代に
 なって欲しいと国民として願っています。」

いいですね!!
全く同感です。

この発言をNHKでしょーこたんが言ってくれるから値打ちがあります。笑

ネトウヨでなく、
普通の国民が、自然にそう感じているのだと思います。


この番組では、世間のツイッターの発言なども取り上げてましたが、
いつもは、そんなことはどうでもいいと思うのですが、

多くの人が、「みんなが幸せになって欲しい」という趣旨の書き込みをされていたので、
「令和」に「和」の文字が入っていた影響も大きいのだろうなぁと、うれしく思いました。

ますます、「令和」が好きになりました。

確実に時代は変わりますね。良い方向に。 楽しみです。

最後に、ネトウヨ扱いされた(笑)しょーこたんのツイートで締めたいと思います。

<<西暦は2019年だけど日本の起源で数えると 2679年なんだって!>>
https://twitter.com/shoko55mmts/status/1122629512674459648






弥栄!!
  1. 2019/05/01(水) 18:32:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【祝】(2020年大統領選)MMT提唱のケルトン教授がサンダース氏の顧問へ

平成最後のブログ更新です。

書きたいことはたくさんあったのですが、
最近で一番うれしかったのは、
こちらのニュースです。

○MMT「現代金融理論」ケルトン教授、左派サンダース氏の顧問に=米
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019041600733&g=int

拙ブログで、
2016年アメリカ大統領選挙で応援していた
サンダースさんが、2020年にも出馬を表明されたのもうれしかったですが、

そのサンダースさんの顧問に、2016年に続いて、
MMT提唱のケルトン教授が就くことになったそうです!!

4月1日に新元号発表されたとたんに、
MMTが急に話題になりましたが、
「これが元号が代わると、時代が代わるということか!!」と思いました。

拙ブログで応援してきた
三橋貴明先生、藤井聡先生、中野剛志先生、西田昌司先生が
ずーっと訴えられていた
「自国通貨建て国債しか発行していない国は「政府に財政的予算制約はない」という話が、
ずーっと無視されてきたのが、

アメリカ様でMMT議論になると、日本も逃げられない(笑)

これは、本当に滅茶苦茶なチャンスですね!!
夢をみているようです。

中野剛志先生は、東洋経済オンラインの記事でこのように書かれています。

異端の経済理論「MMT」を恐れてはいけない理由
https://toyokeizai.net/articles/-/273275?page=5

<<ならば、現代貨幣理論は、日本でも一大ムーブメントを起こすであろうか。

それに関して、残念ながら、筆者は悲観的である。

権威に弱く、議論を好まず、同調圧力に屈しやすい者が多い日本で、
異端の現代貨幣理論の支持者が増えるなどということは、想像もつかないからだ。

そうでなければ、20年以上も経済停滞が続くなどという醜態をさらしているはずがない。

とはいえ、まもなく元号が改まり、新たな時代を迎えようとしているというのに、
悲観をかこってばかりというのもよろしくない。

(合理的な根拠は何もないのだが)改元を機として人心が改まり、
経済学や経済政策のパラダイムもまた改まることに望みを託して、言論を続けたいと思う。>>


そう私も、合理的な根拠はありませんが、
改元を機として人心が改まる予感があります。

しかし、最低条件は、アメリカ様で、このMMTブームが続いてくれる。
ということです。

このブームが続くための条件が、
2020年のアメリカ大統領選挙だと思います。

そこでサンダースさんです。


サンダースさんは、2016年の大統領選挙の時も、

サンダースさん支持者の4割超が
ヒラリーさんよりトランプ氏を支持すると回答していました。

(拙ブログ参考)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5135.html

もし、ヒラリーさんでなく、サンダースが民主党候補であれば、
トランプさんに勝てたのではないかと言われいました。

そして、最近の2019年3月29日の日経新聞の記事では、

○米民主の大統領候補、トランプ氏と支持拮抗
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO43074600Z20C19A3FF8000

<<世論調査でバイデン氏に次ぐ2位につける
サンダース上院議員も44%とトランプ氏(41%)を上回る。
サンダース氏は中道・穏健派のバイデン氏と異なり、左派系の代表格だ。
ただ、前回16年大統領選の民主の候補指名争いで、
事前に不利とされたミシガン州の予備選で
ヒラリー・クリントン元国務長官を破る番狂わせを演じた。>>

トランプ支持者とサンダース支持者は、結構かぶっているのです。

ということは、サンダースさんが民主党の大統領候補としてMMTで大人気になってしまうと、
トランプさんも、MMTを支持するんじゃないかと思うのです。

MMT vs MMT

の大統領選挙も夢ではないかと思います。

そうなると、さすがに日本だけ、MMTを無視することはできないでしょう。笑

ということで、
サンダースさん、ケルトン教授
日本の未来のためにも、MMTで頑張って下さい!!!

平成最後のお願いです!


日本の皆さん、
MMTを理解している西田昌司先生を応援して、
どんどん国会で話題にしてもらいましょう!!

三橋さん、西田昌司先生の対談動画(三橋TV)は、
めちゃ面白かったです。かなりぶっちゃてます。

●三橋TV第82回【MMTの国会議論を取り上げたら、とんでもない展開に!】
https://youtu.be/EQnqFcU8kzk

●三橋TV第83回【財務官僚や御用学者についてぶっちゃけてみた!】
https://youtu.be/SDbvIB7_ylU

●三橋TV第84回【MMTという地動説は日本を救うか!?】
https://youtu.be/wvHiDYPDMD0


そして、「令和ピポット」へ是非賛同してください!!!

令和ピボット 
https://reiwapivot.jp/

賛同宣言 15,241人
平成31年4月30日 16:00現在




  1. 2019/04/30(火) 16:08:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ