にわか日本好きが選ぶ、気になるニュース

気になるニュースを思うまま書いてます。

じぇじぇ、能年玲奈改め「のん」の復帰作のアニメ映画が大ヒット!を報道しないテレビ

===================
「和の成功法則」の無料動画が公開中です。
(あと、1日で終了です。)

是非どうぞ↓
http://infotop-acenter.com/lp/7844/624660/
====================


 のん(能年玲奈)さんの本格的な芸能活動復帰作である
アニメ映画『この世界の片隅に』が大ヒットだそうですね。
http://lite-ra.com/2016/12/post-2748.html


実はこのアニメの声優が決まったときに、
応援のブログを書こうと思っていたのですが、
書かないまま、大ヒットになって、ちょと悔しいです。(笑)


正直、事務所騒動の話しは、良くわからないのですが、

「あまちゃん」は大好きで観ていましたし、
拙ブログでも、「あまちゃん」ネタで記事を書いてました。


(拙ブログ:2014/09/08)
●【アマノミクス効果は継続!】
三陸鉄道が大幅黒字に 「あまちゃん」効果続く
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4497.html


(拙ブログ:2014/03/13)
●じぇじぇ! 岩手は【アマノミクス】という政策理念を提唱、
もちろんTPPには反対です。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4199.html



岩手県の達増知事は、今でも、のんさんを応援されています。


○岩手県知事「のんに活躍の場を」 
能年玲奈を支援する岩手県の「プロジェクトN」が始動
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1608/09/news106.html



達増知事は、地方に根差す形で、
内需拡大型の経済構造改革を再生しようという理念を持っておられます。


TPPとは真逆の、
【アマノミクス】が発展することを祈ります。


達増知事、能年玲奈さん、頑張ってください!!



もう一つ、「あまちゃん」繋がりで気になるニュースはこちら

○2019年の大河ドラマは「オリンピック×宮藤官九郎」!
https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/257134.html

<<【作・宮藤官九郎さんからのメッセージ】

日本人が初めてオリンピックに出場した明治の終わりから、
東京にオリンピックがやってきた1964年までの、およそ50年。

戦争と政治と景気に振り回された人々の群像劇。
歴史に〝動かされた〟人と町の変遷を一年かけてじっくり描く予定です。 >>


これも楽しみですね!


できれば、あまちゃんの「三陸鉄道」のように、
東京オリンピックの「新幹線」も象徴的に描いて欲しいです。

オリンピックに間に合わせるために、
なんと、着工からわずか5年開通!!


(拙ブログ:2013/09/17)
●東海道新幹線はなんと着工からわずか5年開通!!
【完成に至るまでスピードもまた,超特急】
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3871.html


そんな新幹線も当時は、「世界四バカ」と言われたそうです。


(拙ブログ:2014/10/01)
●【祝・新幹線開業50周年!】建設当時は、「世界四バカ」 根強かった不要論
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4529.html


この大河ドラマが、
「新幹線ネットワーク」構想の世論に良い影響を与えますように。。。

リニアの大阪延伸も、もっと前倒しされますように。


宮藤官九郎さん、頑張ってください!!

スポンサーサイト
  1. 2016/12/07(水) 20:48:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西洋の成功法則で成功しない日本人が、TPPで成功するはずがない。

今日は宣伝だけです。(笑)

「和の成功法則」の無料動画が公開中です。
(あと、二日で終了です。)

この講座も3年目を迎えますが、
私も1年目のオンライン講座を受講しました。

ホント、びっくりする内容が多かったのですが、

これからも、出し惜しみせずに、どんどん情報は出していく方針らしく、
講座で話されていた内容も、この無料動画でもかなり公開されてきています。


ホント、是非どうぞ↓
http://infotop-acenter.com/lp/7844/624660/


こういうセールス動画が苦手な人もいるかと思いますが、私も苦手(笑)


これを申込むと、貰える限定配布の冊子

『誰も書かなかった日本人のための成功法則【2017年版】
~言霊はこうして実現する?』

これだけでも、ダウンロードして読んでもらいたいです。



何故、西洋の成功哲学ではうまくいかないか?

「やり方」と「あり方」を日本人は混同しているからです。


西洋人の「あり方」にあった「やり方」を
日本人が真似てもうまくいかない。


西洋人と日本人の「あり方」は全然違う。


男性に「女性の服を着て街を歩け」と言っても、
スムーズにできるはずがない。と同じこと。



そして、西洋人の「あり方」の特徴は、

     【強欲】

 ※わかりやすくするために極端に定義されていますが・・・


そういうことを理解すると、
TPPなんかで、日本人が成功するはずがないことも良くわかると思います。

涙ぐましく、TPPでも勝てるように努力するのですが・・・


詳しくは、是非、

『誰も書かなかった日本人のための成功法則【2017年版】
~言霊はこうして実現する?』

を読んでください。


どうぞ↓

http://infotop-acenter.com/lp/7844/624660/

  1. 2016/12/07(水) 20:45:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「安倍トランプ会談の成功」、「韓国人慰安婦への批判」は、イスラエルのお陰?

とても嬉しいニュース(!)なのですが・・・

カナダ・イスラエル友好協会が、
ユネスコの世界記憶遺産に登録申請された
いわゆる「韓国人慰安婦」に関する文書に対し、
事実を歪曲したものとして批判する意見書を出してくれました。
http://www.sankei.com/politics/news/161124/plt1611240010-n1.html


こちらのニュースを解説されている
本日の遠藤健太郎先生のブログは面白かったです。

○慰安婦資料に批判の意見書
http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post4503/


イスラエルからの嬉しい援軍なのですが・・・


遠藤先生のこんな予想をされています。

<<また、現段階に於いて確証はありませんが、
イスラエル(以)友好協会が日本の援護射撃に打って出た背景には、
安倍晋三首相が以国のベンヤミン・ネタニヤフ首相と対話を重ね、
経済連携強化を約束し合ったことが関係しているかもしれません。


 米国のドナルド・トランプ次期大統領が当選後、
約三十カ国首脳からの就任前会談を断わりながら安倍首相とだけ会ったのも、
これが関係したと申せましょう。

これは、今後の市場予測にも生かされるはずです。

(中略)

 私は、安倍首相が独走した日以関係の強化に疑問を呈してきましたが、
それは今も変わりません。

どうにも今回の意見書を素直に喜んでいられない何かがあるように思えてならないのです。
それはまた次回の講釈(?)。>>


安倍総理とも仲が良さそうな
イスラエル・ネタニエフ首相は、ちょっと物騒なイメージありますよね。


昨年5月の安倍総理の米議会演説は、
共和党-イスラエルがセッティングしたのでは?との見かたがありました。


(拙ブログ:2015/05/03) 
●【感謝】安倍総理の米議会演説の成功 
 【心配】共和党-イスラエルがイランを攻撃したい
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-4869.html


米議会演説は大成功で、良かったと思うのですが、

そのお膳立てをした共和党-イスラエルの思惑は、
「イランを攻撃したい」

日本に安保法制を成立させて、
日本に軍事的協力を求めたい思惑があるのではないかと。


そうなると、日本も気を付ける必要がありますよね。。


『ロシア政治経済ジャーナル』でも解説されていますが、
トランプ当選を喜んでいるのは、ロシアと【イスラエル】です。


○まさかのトランプ当選に世界が右往左往。一番喜んでる国は何処だ
http://www.mag2.com/p/news/227450

<<オバマ時代、冷遇された国の筆頭はイスラエルでしょう。

オバマは、2013年9月、シリア攻撃をドタキャンした。

そして、イスラエルからみると最悪なのは、
2015年7月、イランと核合意した、要するにオバマは、
イスラエルの宿敵と和解している。

オバマ時代は、イスラエルにとって、まさに「悪夢の時代」でした。


トランプはどうなのでしょうか?

トランプの娘のイヴァンカさんは、
「ニューヨーク・オブザーバー」のオーナーで
ユダヤ人のジャレッド・クシュナーさんと結婚している。

そして、イヴァンカさんは、結婚時ユダヤ教に改宗しています。

ユダヤ人の定義は、「ユダヤ教徒であること」ですから、
イヴァンカさんはユダヤ人。

イヴァンカさんには、3人子供(=トランプの孫)がいますが、
彼らも皆ユダヤ人。


トランプさんは、イスラエルのネタニヤフ首相とも非常に仲がいい。

そして、トランプさんは、
「われわれはイスラエルのために永遠に戦う!」と宣言している。


だから、ネタニヤフ首相、イスラエル・ロビーは大喜びでしょう。


そして、逆に悲しんでいるのがイラン。

トランプさんは、「イランとの核合意を破棄する!」と宣言しています。

シリアに関しては、「アサドのほうがISよりマシ」という立場。

「プーチンにISを退治してもらえ!」ということで、
アサドはサバイバルする可能性があります。>>



トランプの当選で、
米露関係は劇的に改善されて、世界平和になると思っていましたが、、、

(拙ブログ 2016/11/04)
●アメリカ大統領選挙は、【プーチンのアトラクション】
トランプ大統領で世界は平和へ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5157.html


逆に、
【イスラエル・アメリカ vs イラン】 の戦争リスクが
出てきたような気がします。



そこで、やっぱり期待したいのは、
戦争反対派のサンダース支持者さんです。


朝日新聞デジタル 2016年11月22日

○トランプ氏、サンダース支援の民主党議員と会談
http://www.asahi.com/articles/ASJCQ2CCXJCQUHBI006.html

トランプさんが、
サンダース支援の民主党議員トゥルシー・ガバード下院議員(35)と会談し、
外交・安全保障問題で意見交換しました。

米メディアでは、トランプさんが
国防総省か国務省の要職に同議員の起用を検討していると報じているそうです。


これって、すごいですよね。

共和党って、ブッシュ時代の戦争好きってイメージがありますから、
このガバード下院議員を起用したらすごいことのような気がします。


上記の朝日新聞の記事から抜粋

<<ガバード氏はイラク駐留を経験した退役軍人。

大統領選の民主党予備選では、ヒラリー・クリントン前国務長官のライバルで、
軍事力行使に慎重なサンダース上院議員を支援。

「中東に派遣された元軍人として戦争の代償を経験した」として、
クリントン氏がイラク戦争に賛成票を投じたことなどを批判し、
党全国委員会の副委員長を辞任した経緯がある。


 会談後、ガバード氏はトランプ氏の面会要請に応じた理由について
「(保守派の)ネオコンが我々を戦争の激化に引きずり込む前に、
トランプ氏と面会する機会を持つのは重要だ」と述べた。 >>


ガバードさんも
【イスラエル・アメリカ vs イラン】 
の戦争を心配しているのでしょうか、、、


トランプの長女イヴァンカさんは、結婚時ユダヤ教に改宗していますが、
サンダースさんは、ポーランドから移民した、ユダヤ人の父の子供だそうです。


(拙ブログ 2016/04/11)
●【号外!】ユダヤ人(?)のサンダース氏がNY予備選前にバチカン訪問
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5131.html


ユダヤ人と言えば、強力な資金力とマスコミ支配をイメージしますが、
イヴァンカさんやサンダースさんは、そんな感じでないような気がします。


良い意味で、アメリカ、イスラエル、ユダヤ人が連携できますように。。


改めてサンダースさんのこの動画が広まりましょうに。。

湾岸戦争勃発の翌日の米国会議での
サンダースさんの演説がスゴイです。

○空席の国会演説 バーニー・サンダース 1991年 (日本語字幕)
https://www.youtube.com/watch?v=Aw21hsX8Sz0



そして、日本では、イスラエルと敵対するイランも大切な国であることが
広まって欲しいです。


奇しくも、日本では、大ベストセラー小説『海賊とよばれた男』
の映画が12月10日から公開されます。

この話は、イランと日本との友情の話しでもあります。
http://kaizoku-movie.jp/story.html


映画や小説を読む時間がない方は、こちらをどうぞ↓


メルマガ 「国際派日本人養成講座」の記事
「アバダンの日章旗 ~ 出光「日章丸」、イランへ」

~欧米石油資本の包囲を脱すべく、
 出光佐三は世界最大級のタンカー「日章丸」をイランに向かわせた。~

を是非読んでほしいです。
こちら↓
http://archive.mag2.com/0000000699/20150405080000000.html
http://archive.mag2.com/0000000699/20150412080000000.html



安倍総理には、イスラエル・ネタニヤフ首相との関係だけでなく、
イランとの友好も頑張って下さい!!


世界が平和に向かいますように。。

  1. 2016/11/26(土) 21:44:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今、福井が熱い!6年後の北陸新幹線接続で様々な投資 そして、「完全雇用」へ

三橋貴明の「新」日本経済新聞ですが、
今週は、「福井」について、藤井聡先生、三橋貴明先生がたまたま同時に取り上げておられました。

まずは、2016/11/22の藤井先生

【藤井聡】 最大のワイズ・スペンディングは「当初予算の拡充」である。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/11/22/fujii-224/

<<したがって、「当初予算」で財政政策を行う方が、
「補正予算」でそれを行うよりもより強力に「将来の政府投資期待」を醸成し、
それを通して「民間投資」をより強力に喚起することができるのです!

例えば小さな一例を紹介するとするなら、(筆者はたまたま)本日、福井に訪れたのですが、
いま「福井駅」では様々な投資が進められていることに、驚愕しました。

福井駅といえば、これから6年後に北陸新幹線が接続することが予定されているのですが、
この予定が、福井駅前で商売をすれば儲かるのではないか、という「期待」を強力に造成しています。

その結果、駅前では実に様々な投資が進められているのです!


繰り返しますが新幹線が来るのは今から6年も先のこと。

なのに、様々な投資が進められているのは、
新幹線が来るという「期待」が、人々の投資マインドに火をつけているのです(!)。


そして言うまでもなく、福井に新幹線が通るのは、
毎年定常的に支出される「当初予算」が、福井の新幹線投資に充当されているからです。

これが万一、補正予算しか無かったとするなら、
福井に新幹線をつなげるという話はほとんど前に進んでいなかったでしょうし、
その結果、それに付随した新たな投資が強力に進められることもあり得なかったのです。

つまり、今の福井における「期待」だけに基づく投資は「当初予算の拡充」によってもたらされたのです!

これこそ「ワイズ・スペンディング」の一つの具体の形であり、
これは補正予算だけではなしえなかったことなのです。>>


まだ6年先なのに、投資で盛り上がるんですね。

新幹線の威力はすごい!!

デフレ脱却、地方創生なんかは、
整備新幹線と高速道路のインフラ整備を大々的にやりますよ!!
の宣言とその予算をつけるだけで、かなり解決すると思うのですが・・・

トランプさんもそれで、期待されている訳で、、、

ところが、日本ではしけた話になります。。。

京都に打撃か…舞鶴ルートは「投資に見合わぬ」 国交省試算結果
http://www.sankei.com/west/news/161110/wst1611100106-n1.html


コスト、時間を掛けない案ばかりになります。。。悲しい。


そして、2016/11/20の三橋先生の記事

[三橋実況中継]地方から完全雇用に至りつつある日本国
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2016/11/20/mitsuhashi-496/

<<最近で言えば、米沢、高岡、金沢などの経営者の皆様が、
「もはや、給料の問題ではなく、そもそも雇える人がいない」
と、口を揃えたように仰います。すなわち、
地方で「完全雇用」が実現し始めているのです。

労働力調査参考資料に
「都道府県別完全失業率(モデル推計値)」
があります。直近のデータを見ると、
米沢市がある山形県の失業率は2.8%。
高岡市がある富山県は2.5%。
金沢市がある石川県は2.3%。
さらに、福井県は1.6%(!)と、
明らかに「完全雇用」の状況に至っているのです。

それに対し、東京都の失業率は3.4%であるため、
現代の日本は「地方の方が、東京よりも失業率が低い」という、
最近では珍しい状況になっているのでございます。 >>


福井県は1.6%(!)は、藤井先生がいわれている
北陸新幹線の接続の影響が大きいのでしょうね。

素晴らしい。

拙ブログでは、これまでも「福井」が素晴らしい!!と
お伝えしていました。

2013/02/19
●「日本で一番幸せな都道府県」ランキング  今年も1位は福井県(北陸勢が上位を独占)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3301.html


●「幸せつながり」 福井県とブータンが交流
「幸せ度」1位は福井 大阪が最下位
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2092.html


●原発地元の福井が、橋下市長にいらだつ
「まず福井に来て原発を視察するのが先じゃないか」
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2296.html


●福井・高浜町長、あらためて原発「再稼働は必要」
頑張れ「幸せ度」日本一の福井県
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2122.html


(拙ブログ参考)
●【必読】学力・体力日本一 福井県の子育てに学ぶ
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-2217.html



あの民主党の政権交代した時の衆議院選挙でも、自民党が3議席独占しました。
ダメなものを見抜く力もあるのだと思います。

そして、次期総理候補と言われる、稲田朋美先生は福井の選挙区です!!


トランプ大統領が就任初日にTPP離脱すると表明しました。
TPPを「我が国をぶち壊す可能性がある」と批判していますが、
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H25_S6A121C1MM0000/


この稲田朋美先生は、トランプより、5年前にTPPは、こういうことだ!と言っています。

2011/11/07 
●【産経新聞の記事】
TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ。(自民党 稲田朋美)
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-1438.html



素晴らしい。先見の明です!!!


特に↓のフレーズは気に入りました。


「民主党は小泉構造改革による格差拡大を批判して政権を取った。
 それがなぜTPP推進なのか。」


「日本は中国でも米国でもない
 「道義大国」として独自の価値観を世界に発信する責務がある。」


「日本は一握りの極端に裕福な人と多数の貧しい人の国ではなく、
 額に汗し努力した人が報われる、
 頑張りながら報われなかった人も助ける社会を目指すべきだ。」


私は、ずっと稲田先生のファンで講演なども聞いたことがあるのですが、


稲田先生は、所謂、郵政民営化解散で出馬した、小泉チルドレンにあたります。
なので、新自由主義的なイメージを持たれるのを、ご自身も嫌がられている感じでした。

当時、お父様からも、小泉チルドレンとして出馬されるのを反対されたそうで、
ご自身も悩まれたそうです。

それくらい、新自由主義を嫌っている感じでした。


なので、稲田先生が大臣になられた時は、とても嬉しかったです。

きっと、安倍総理にも、こうアドバイスしてくれると期待していました。

「TPP、NO、We Can't!」 

....

変節した稲田先生が本当に残念です。

日本では、このような状況でも、
トランプにTPP離脱するな!と言っています。

右から左まで、新聞の社説で、

読売新聞の社説
トランプ氏表明 「TPP離脱」は誤った判断だ
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161122-OYT1T50207.html

毎日新聞の社説
激震トランプ TPP離脱明言 米国の利益にもならぬ
http://mainichi.jp/articles/20161123/ddm/005/070/076000c


TPPで打撃を受けそうな県知事まで、

「米国の産業が不利になる!!」和歌山県知事がTPP離脱表明のトランプ氏に翻意求める
http://www.sankei.com/west/news/161123/wst1611230027-n1.html


日本人は頭が狂っているのかと思います。。。

トランプさんは、TPP離脱を明言して、
アメリカ人が支持して、大統領になったのです。

トランプ氏「良い大統領になる」 世論調査で50%超
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000088426.html


なので、当然、支持率も50%を超えます。

本日の三橋先生のブログです。

TPPとドナルド・トランプ
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12222060886.html

<<トランプは公約として「TPP反対」を打ち出し、NAFTAについても再交渉し、
アメリカの要求が通らない場合は離脱すると宣言した上で選挙戦を戦い、勝ったのです。
アメリカの民主主義がTPP離脱を容認したにも関わらず、

「翻意を促す」
 って、いつからアメリカは人治国家になったのですか?

 逆の立場で考えればいいのです。

日本国民が民主主義で決めたことを、外国に「翻意しろ!」と迫られたとして、
間違いなく内政干渉でしょ? 

日本国には、
「外圧を利用して、国内を改革する」
 などと、独立国家の国民としてはあるまじきことを平気で主張する連中が少なくないため、
内政干渉について鈍感になっているような気がします。

政治家も、財界も、国民も。

 普段、民主主義、民主主義とうるさい人たちが、
総理や財界の「アメリカに翻意を促す」という内政干渉を問題視しないのは、本当に不思議です。

要するに、自分の頭では、何も考えていないんでしょ。

 それ以上に問題なのは、安倍政権がこの期に及んでも、
TPPについて「今の条件」で批准しようとしている点です。

 トランプは、TPPは離脱し「二か国間貿易取引」を交渉すると明言しています。

すなわち、今後、
アメリカとの間で日米FTA(もしくは日米EPA)の交渉が始まる可能性が高いのです。


 それにも関わらず、現時点でTPPを日本の国会が批准してしまうと、
二か国間交渉の際に、「TPPの日本の譲歩条件が、スタートライン」になってしまいます。

何しろ、国会で批准したわけですから、

「まずは、TPPの条件は(日本側は)飲んでもらうとして、
そこからどこまで譲歩できるの?」

 という交渉になってしまうのです。
国会で批准している以上、そうならざるを得ません。

 すなわち、安倍政権は批准しても発効しないTPPを強引に進め、
将来的な交渉を不利にしようとしているのです。

 日本国の国益を真剣に考えるならば、
TPP批准プロセスは現時点で停止するべきなのです。>>



断固、稲田朋美先生の
「TPPバスの終着駅は、日本文明の墓場なのだ。」を支持します!!


優秀な福井県の皆さま、

稲田先生に、それでもTPP推進するなら、落選させるぞ!
と脅してください!

私も応援します(笑)

  1. 2016/11/23(水) 20:34:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランプが見送りのエレベータの中で安倍総理に言った一言「去りゆくオバマ・・・

安倍-トランプ会談の中身ですが、
なかなか表に出てきませんが、、、


一つは、ゴルフ談義は盛り上がったみたいです。良かったですね。


○スクープ!安倍首相がトランプ氏に提案した「再会談の極秘日程」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50248


<<ここに筆者が紹介したい飛び切りの情報がある。
安倍首相は会談後の会見で明らかにしなかったが、
来年1月20日の大統領就任式前にワシントンを訪れ、
トランプ氏と再会談することを提案したというのである。

トランプ政権の陣容が明らかになった後、
新政権が発足する直前に改めて会談し、
堅固な日米同盟を国内外にアピールするのが狙いである

安倍首相には実は「ゴルフ外交」の先例がある。

・・・
(中略)

今回もその伝でいけば、安倍首相は、
プロ級のトランプ次期大統領とバーニングツリー・カントリークラブでゴルフに興じて、
親密な関係をさらに深めることになる。

まさに敬愛する岸元首相の成功体験に倣うのだ。
因みにトランプ氏へのお土産は、
ホンマのS05ドライバー(ゴールド仕立て)だったという。>>


私もゴルフ談義を期待していたので、嬉しいです。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-5161.html


その会談がどれだけ親密だったかは、

「正義のミカタ」で、
TBSを訳あって退職された(笑)
山口敬之先生が、解説されています。

今なら、動画が見れます。(すぐに消えると思います)

安倍トラ会談の様子は、1時間16分頃から~
https://www.youtube.com/watch?v=HiD2tJMSl7k&t=1h16m

トランプタワーの1階には、
長女のイヴァンカさんとその夫ジャレッド・クシュナー氏が
安倍総理を迎えに来たそうです。

そこで、イヴァンカさん
「父は、セキュリティーの関係で、1階に来られないで、
代わりに私たちが来ましたと。」


なのに、会談が終わった後は、
トランプ自ら、1階まで見送りに来たそうです。
(会談は大成功したのでしょう)


そして、そのエレベータの中で、
トランプが、安倍総理に言ったことは、、

「今日話した内容は、去りゆくオバマ大統領に敬意を表すために、
 一切外に出すのはやめよう」

だ・か・ら、会談の内容が一切表に出ない。


なんと、ジェントルマン!!


徐々にトランプファンが増えてきますね。


トランプ嫌いのモーリー・ロバートソンが悔しそうな表情がまたいいです(笑)

モーリーさんは、トランプが大統領になったら、
アメリカ人をやめることも考えるようなことを言ってましたからね(笑)



もう一つ、山口敬之先生が解説していたのは、
TPPの意義なんですが、

ここには、私は山口先生の意見に明確に反対なのですが、

典型的な解説として、
モーリーさんも補足されていたのですが、1時間8分40秒頃から~
https://www.youtube.com/watch?v=HiD2tJMSl7k&t=1h08m40s

第二次世界大戦が起こった背景には、
保護貿易で、関税戦争が起こって、ファシズムが起こって、、

だから、自由貿易が大切なんだと。


普通なら、この発言で終わって、
テレビを観ている人にも、こう刷り込まれるでしょうね。

【グローバル化  = 世界平和】

【脱グローバル化 = 戦争 】


 TPPは、中国包囲網でもあるから、
 日本の平和のためには、TPP推進もしかたない・・・と。



ところが、この「正義のミカタ」には藤井聡先生がおられます!!

このモーリーさんの発言に関して、
すぐに切り返しました。 1時間9分10秒頃から~
https://www.youtube.com/watch?v=HiD2tJMSl7k&t=1h09m10s

そういう意見が支配的だが、
歴史的な事実は、
ファシズムが起こったのは、ドイツでもイタリアでも、
自由貿易の後でなく、戦争の後に起きている。


藤井先生、素晴らしい!!!


是非、拙ブログを参考にして下さい。

(拙ブログ 2013/08/10)
●戦前の方が日本は【グローバル化】していた。
「戦争の反省」は「グローバル化の反省」から。
http://kopiruakkun.blog.fc2.com/blog-entry-3793.html


次の安倍トラ会談の時には、
エレベータで、安倍総理から、トランプさんにこういって欲しいです。

「去りゆくオバマ大統領に敬意を表すために、
 この発言は、一切外に出すのはやめよう。
 
 「TPP、NO、We Can't!」 」



安倍総理、適菜収さんの新著
「安倍でもわかる政治思想入門」
https://www.amazon.co.jp/dp/4584137595

を読んで、頑張ってください!!



  1. 2016/11/20(日) 19:35:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ